COSMOS(ATOM)は将来性がヤバい-次世代の技術が世界を席巻か

仮想通貨cosmos(ATOM)

COSMOS(ATOM)は2017年に生まれたばかりなのに、すでに時価総額が1000億円を超える仮想通貨です。

しかもトヨタやバイナンスといった世界的な企業がブロックチェーンを使うほどの技術力も有しています。

そんな将来性が高そうなCOSMOS(ATOM)は値上がりが期待できるのかどうか見ていきましょう。

COSMOS(ATOM)とは?

COSMOS(ATOM)を分かりやすく言うと、「複数のブロックチェーンを繋げるハブ」の役割を担う仮想通貨プロジェクトです。

例えば、トヨタではイーサリアム(ETH)とCOSMOS(ATOM)を組み合わせ、自社サービスの幅を広げる実証実験を行いました。

1つの仮想通貨では複雑なシステムを開発できなくもCOSMOS(ATOM)を活用すると幅広いサービスが作れるようになります。

今後、ブロックチェーンが普及していくと共にハブとしての役割は広まっていきます。

COSMOS(ATOM)のヤバい将来性

cosmosのブロックチェーン

すでにCOSMOS(ATOM)はトヨタやフェイスブック、バイナンスなどで技術が採用されいます。

世界的な大企業が使うブロックチェーンに選ばれているのは将来性が期待されいるからでしょう。

しかもブロックチェーンのハブ以外にも将来性が高い理由は3つあります。

将来性①ハードフォークが必要ない
cosmosはハードフォークなし

多くの仮想通貨はブロックチェーンの技術をアップデートする際に、ハードフォークが行われます。

ハードフォークでは元々あったブロックチェーンとは別に新しいブロックチェーン作り、分岐させる方法です。

過去には、ビットコインがビットコインキャッシュやビットコインSVなどと分裂した事例があります。

このようなハードフォークには多くの手間がかかるだけではなく、ブロックチェーンの信頼性を損なうリスクがあります。

将来性②高い処理能力を持つ
Tendermint Core

Tendermint Coreという技術を使い、効率的な処理能力を実現しています。

例えば、Tendermint Coreを使ったEthermint(イーサミント)というツールはイーサリアムのブロックチェーンと比べ最大20倍の処理能力があります。

この技術を活用して、分散型取引所Binance DEXが作られています。

COSMOS(ATOM)のステーキング方法

基本的にCOSMOS(ATOM)のステーキングは個人で行えません。

ステーキングを代行してくれるサービスなどを活用する必要があります。

例えば、日本だとバイナスやCCN(コスモスクラブネットワーク)が有名です。

バイナンスの場合、Trsut WalletでCOSMOS(ATOM)を保有してステーキングを行います。

CCNの場合、投資プランを選択してBTCを送金するだけです。

トヨタがCOSMOS(ATOM)を活用

トヨタは中古車販売のデータ保存や作業効率化をする為にCOSMOS(ATOM)のブロックチェーンを使う有用性があるか検証しました。

実際には、イーサリアムのブロックチェーンをベースにして、サイドチェーンとしてCosmos(コスモス)が採用されています。

つまりイーサリアムの技術を拡張して、利便性を高める役目を担っています。

COSMOS(ATOM)のライバルと比較

実は、ほぼ同じブロックチェーン技術を持っている仮想通貨Polkadot(DOT)があります。

Polkadot(DOT)は時価総額ランキングでCOSMOS(ATOM)を大きく上回り、10位以内にいます。

しかも2020年9月に初上場したばかりの仮想通貨が時価総額5000億円を超えていました。

おおよそCOSMOS(ATOM)の5倍の規模です。

また、技術面においてもPolkadot(DOT)の方が優れている面があります。

Polkadot(DOT)のホワイトペーパーによれば、COSMOS(ATOM)ではサイドチェーンを利用した資産のやり取りは可能である一方でデータのやり取りが難しいとしており、資産だけでなくデータのやり取りも可能にするというのがPolkadotになります。

簡単に言ってしまうと、COSMOS(ATOM)のブロックチェーン上ではトークン(資産)の交換はできても、データ(個人情報など)は他に移動できない仕様になっています。

エンジニアではない私たちが見ると、どうしてもPolkadot(DOT)の方が優秀だと感じますよね。

ただ、COSMOS(ATOM)には過去の実績があるので、明確にどちらが優れているか断定できる状況ではありません。

少なくても手ごわいライバルであるのは間違いないでしょう。

COSMOS(ATOM)のチャート分析&価格予想

▼2020年12月9月時点の価格予想

cosmos chart

COSMOS(ATOM)は短期的には8月に最高値を更新してから下落トレンドが続いています。

12月はビットコインも下落トレンドに突入し、以前より増して売り圧力が強い状況です。

これからビットコインの下落が止まらないと、400円を割る可能性があります。

また、長期的には上昇トレンドが続いており、赤い線が上昇トレンドのラインです。

緩やかな価格上昇ではありますが、チャートは右肩上がりになっています。

しかし、ビットコインの暴落に巻き込まれると、上昇トレンドが終わるかもしれません。

今後、1年間の価格はビットコインに振り回されそうです。

COSMOS(ATOM)を購入できる取引所

COSMOS(ATOM)を購入できる取引所は国内に1つもありませんが、世界中には100か所近くあります。

その中でもおススメの取引所はバイナンスです。

取引手数料は0.1%と安く、100種類以上のアルトコインを取り扱っています。

仮想通貨に興味があるのならバイナンスの口座を開いておいて損はないでしょう。

バイナンスの他に購入できる取引所は山のようにあります。

・BitMax
・OKEx
・Kraken
・KuCoin
・Bittrex

海外取引所ごとに特徴があるので、自分に合った投資ができる取引所を探すと良いかもしれません。

仮想通貨コスモス(ATOM)まとめ

・ステーキングができる
・複数のブロックチェーンを繋げる
・ライバルはポルカドット(DOT)

COSMOS(ATOM)の基本情報

名称 COSMOS(ATOM)
人気度
時価総額 28位
発行日 2017年04月06日
発行元 Tendermint Inc

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2021年02月09日

CCNのおかげで、暗号資産なんて、知らなかった私も勉強できてよかったです

2021年01月21日

CCNはアトムコインの評判を落とすから邪魔なんだけど!!!

意見を投稿しよう!

お名前:

^