KAZMAX(カズマックス)の現在とサロンの評判から見える“本当の姿”

KAZMAX Trader's Salon

カズマックス(KAZMAX)の最新情報

  • 2022年04月08日

    KTS Salonが新規生徒募集開始

    カズマックスが運営を行っていたKTS Salonが30期生の募集を始めました。

    カズマックスのサロン

    現在カズマックスは講師としてではなく、一般サロン生として参加しているとのこと。

    KTSサロンは月額3万円とオンラインサロンの中では強気な価格設定

    サービス内容は株や為替、仮想通貨などの銘柄について講師が展望を解説してくれるとのこと。

    KTSサロンのサービス内容

    また、インジケーターの使い方など自主学習用の資料も用意されているようです。

    サロン生同士の交流もあることから、刺激をもらえる点は魅力ですね。

    ただ、最近はAIを搭載した投資サービスも次々と誕生し人気を集めています。

    例えば、「FXAIパートナーズ」はハイリターンが狙える通貨を最新AIが抽出してくれると話題です。

    トレードで稼ぐことを考えると、そういったAIサービスを利用するのもアリかもしれません。

    悲しいことですが、データ分析で言えばAIに任せた方が安心できるのが現実ですからね。

  • 2020年07月15日

    カズマックス(吉澤和真)の次回公判は7月30日13時半から

    カズマックスの次回裁判期日は7月30日13時30分からだそうです。

    カズマックスは初公判では「薬は第三者にもられた、自分の意思でない」と容疑を否認したようですが、文春砲で逮捕当日の《今日ヤバいのあるから笑笑》というLINEのやり取りを暴露されています。
    はたして、カズマックスの無罪は認められるのでしょうか?

  • 2020年03月30日

    ダウ平均株価の予想が外れ過ぎ

    カズマックス(KAZMAX)はTwitterで価格予想を外しまくっているのに、利益が出ていると言っているようです。

    今までにもカズマックスは価格予想を外し過ぎて、サロンの利用者の不満が爆発しているとのこと。

    カズマックスのサロンには賛否両論あり、稼げているという意見もあるので一概に稼げていないという訳ではなさそうです。

    それでも今回のダウ平均株価の予想については説明が少な過ぎますね。

  • 2019年10月04日

    カズマックスの会社が法令違反

    カズマックス(KAZMAX)がオーナーのPEGM株式会社が法令違反を犯したようです。

    今後、裁判も控えていますが、どのように対応するのでしょうか。

  • 2019年07月03日

    カズマックスがマサ吉に訴訟!

    カズマックス(KAZMAX)がマサ吉に訴訟を起こしたようです。

    今後、カズマックスは裁判に出廷して、今までの疑惑をきちんと弁明してくれるのでしょうか。

  • 2019年06月20日

    本日、カズマックスのサロンが運営会社を変えて募集を再開

    本日、カズマックス(KAZMAX)のサロンが運営会社を変えて、募集を再開しました。

    サロンは、PEGM株式会社という会社で運営されています。

    元々はFIP投資顧問株式会社という投資顧問でしたが、2019年6月13日に社名を変更していました。

    PEGM株式会社は金商を取得している企業なので、サロン内で新しく株などの助言を行えるようになっています。

  • 2019年06月03日

    カズマックスのサロンが前触れもなくサービス終了

    カズマックス(KAZMAX)が利用していたサロンサイトのサービスが終了した、とTwitter上で判明しました。

    これにより、カズマックス(KAZMAX)のサロンは自動的に閉鎖となります。

  • 2019年05月14日

    カズマックスに裁判予告

    Twitter上にて、カズマックス(KAZMAX)が裁判を起こされて、嘘が暴かれるとツイートされていました↓↓

    このツイートに対して、カズマックス(KAZMAX)本人が反論ではなく、個人に対して顔写真を晒して誹謗中傷していました。

  • 2019年03月05日

    企業買収

    カズマックス(KAZMAX)こと吉澤和真のGroundMaster株式会社がFIP投資顧問の現在の株主 になったようです。

    情報源は「ごっつ仮想通貨FX」というサイトです。下記のタレコミが見つかりました。

    カズマックスの企業

    FIP投資顧問を買収してことによって、株の助言に必要な金融商品取引業者への登録の手間をなくしたかったのでしょう。

  • 2019年03月01日

    サロンが再募集

    本日、カズマックス(KAZMAX)のサロンが再募集されました。

    今までは仮想通貨トレードのアドバイスのみでしたが、株や為替のトレードのアドバイスも始まるそうです。

    カズマックス(KAZMAX)は株や為替の助言をする為に必要な金融商品取引業者登録をするようです。

  • 2019年02月06日

    稼げるサロンか

    カズマックス(kazmax)こと吉澤和真氏は、FXや仮想通貨トレードで月利800%という驚異的な成績を叩き出した投資家です。

    彼が運営する「KAZMAX Trader’s Salon」では、自身の投資術などが学べます。

    しかもカズマックス(kazmax)本人の投資タイミングをリアルタイムで公開しているので、同じように投資できれば稼げると評判になっています。

    しかし、カズマックス(kazmax)は深夜や日中お構いなしに投資をしているので、一般の方では真似できないですよね。

    本当に真似できないのか、サロンの成績表を見てみましょう。

    カズマックスのサロン成績表

    この成績表を確認してもらうと、投資の時間帯は日中から深夜にかけてランダムです。

    FXや仮想通貨は価格変動が激しいので、1分の判断ミスで損になります。ゆえに寝る間も惜しんで画面に張り付くと稼げるかもしれませんが、現実味がないですよね。

    特にサラリーマンでは深夜や日中のトレードをやろうとしたら、仕事に支障をきたしてしまうでしょう。これでは稼げても元も子もありません。

    しかもカズマックス(kazmax)が指示した投資のタイミングを少しでも外してしまうと、「お前が悪いだろ」と言っているように思えるコメントがTwitterに残されていました。

    カズマックスのTwitter

    確かに、投資のプロであるカズマックス(kazmax)の理想とした売買ができれば稼げるでしょうが、完璧に真似なんかできないはずですよね。

  • 2019年02月06日

    過去に詐欺商材を販売

    KAZMAX(カズマックス)の経歴について調べてみると、過去に詐欺まがいの情報商材を販売していました。

    その情報商材とは「億万長者クラブお金は拾うものプロジェクト」です。こちらは自動売買システムでした。名前からして怪しさ満点ですよね。この名前の時点で、私は「詐欺だろ!」としか思えませんでした。

    kazmax

    しかも面白いことに過去に有罪判決を受けたことがある投資家「ウルフ村田」が上記の情報商材を薦めていました。明らかにグルですね。

    ただKAZMAX(カズマックス)本人は、「プロデューサーに勝手に作られただけ」「お金も1円ももらってない」とTwitter上で弁明しています。もし本当に勝手に作られたのであれば、肖像権侵害などで訴えればいいですよね。

    しかし、この情報商材を販売する「フォーカレンズ合同会社」の社員の1人に、吉澤和真(KAZMAX)がいました。

    つまり「お金も1円ももらってない」は限りなくに近いと分かります。なぜなら、社員なのに給料がないのはおかしいです。「億万長者クラブお金は拾うものプロジェクト」に間接的に関与し、お金をもらっているのは間違いでしょう。

    もし上記の推測が間違っているとしたら、「フォーカレンズ合同会社」からKAZMAX(カズマックス)が1円も給料を貰っていない場合だけです。

  • 2019年02月06日

    反社会勢力との繋がり

    2018年8月からDMMにて、カズマックス(kazmax)はサロンを開設していました。しかし、1か月足らずでDMMのサロンを閉鎖していました。

    なぜ閉鎖になったのか、その理由はカズマックス(kazmax)が反社会勢力との繋がりがあるからだそうです。この情報はDMM側に「善意の第三者」からタレコミがありました。

    ただ本人は反社会勢力との繋がりを否定していました。

  • 2019年02月06日

    サロンの運営会社は・・

    カズマックス(kazmax)のサロンが開設されている「BLITZ」には、「KAZMAX Trader’s Salon」しか存在していませんでした。

    なぜ1つのサロンしかないのでしょうか。推測ではありますが、カズマックス(kazmax)はDMMから反社会勢力と繋がっていると指摘されて追い出されたので、急きょ新しいサロンが必要となり、「BLITZ」を開設したのでしょう。

    しかも「BLITZ」のサイトドメインは「2018年8月21日」に創られています。DMMでサロンが閉鎖された時期と重なります。

    サロンの住所

    ちなみに、「BLITZ」の運営会社である合同会社DNCの住所は「東京都練馬区豊玉北3-22-9」です。こちらには下記のマンションがありました。

    マンションを事務所にできますが、なぜ普通のオフィスにしないのでしょうか。やはりマンションの方が家賃が安いからではないかと考えられます。

カズマックス(KAZMAX)とは

カズマックス(kazmax)は株、FX、仮想通貨のトレードをしている有名トレーダーです。

カズマックス(kazmax)は過去に「ビットコインFXで、月利800%達成(2018年2月利回り)」や「米大統領選時に、一日で日経225先物+2000万円獲得」といった実績があると公開されていました。

カズマックスは2017年末に仮想通貨の暴落をTwitterで予想し、見事的中したことから仮想通貨界隈で一躍有名となりました。

そんなカズマックスのフォロワーは2018年から比較すると約2倍になっています。

◆Twitterのフォロワーが15万人(2022年4月)

カズマックスをさらなる有名人にしたのはある出来事がきっかけでした。

カズマックス逮捕

カズマックスは2019年11月10日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されました。

東京渋谷のクラブで早朝4時ごろに「カズマックスが違法薬物を使用している」との110番通報が入り、逮捕に至ったようです。

カズマックス逮捕
文春オンラインより引用

逮捕されたニュースだけでも衝撃的でしたが、これだけでは終わらないのがカズマックスです。

カズマックスは資産50億円を自称していたにも関わらず、保釈金が250万円だったといわれています。

保釈金はその人の資産状況によって変動することから、「カズマックスは実はお金がないのでは?」との噂がたちまち広まりました。

資産の詳細は不明ですが、資産50億円が噓っぱちだったのは明らかですね。

カズマックスは決して評判のいい人物ではないため、彼の情報配信を鵜吞みにするのは得策ではないでしょう。

当サイトには「有名トレーダー神7」を独断と偏見で選び紹介している記事もあるので、他のトレーダーと比較してみてもいいかもしれません。

カズマックス(KAZMAX)の基本情報

名称 カズマックス(KAZMAX)
サービス内容 投資アドバイス
サイトURL https://blitz.buzz/kts/
所在地 不明

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

カズマックスがTwitterで裁判抱えてますアピールが痛々しい。確かに誹謗終章はいかんが、反社会的勢力を使って脅迫したのは事実でしょ?

マサ吉2段にカズマックスから訴状が届いたんだって、本当に訴えたんだ!反社のくせに生意気だなマサ吉も反訴するって言ってるから裁判で白黒つけて欲しいね。

マサ吉を訴えるのはいいけど、反訴されたら反社会的勢力とのつながりや、マサ吉を凄い強いヤクザとつながっているという今年の流行語大賞にノミネートされそうな名セリフで脅迫したことが明らかにされてヤバいんじゃないの?

カズマックスすっかり大人しくなったね。取り巻きも減ったというか、まともな奴は反社に近づかない。凄い強いヤクザとつながってるカズマックスとTwitterの中でさえ交流を持つと社会的に抹殺されるのが暴対法。

今でもカズマックス擁護してるTwitterアカウントがいるように見えるツイッタラーランドだけどアレ自作自演だから。時々アカウント切り替え間違えてKAZMAXアカウントでヨイショしちゃんだよ。

もうカズマックス騒動も飽きたね。確かにカズマックスはクソ野郎だけど、SIXAMOもマサ吉も正義の味方でもKAZMAXサロンの被害者でもないからね。集団訴訟でも個別でもいいからサロンで大損した人は訴えればいいと思うよ。投資による損失は無理でも回避くらいは戻るでしょ。

カズマックスを裏切ったSIXAMOの無料サロンは殺伐としたKAZMAXサロンと違ってまったり雰囲気がいいよ、マサ吉2段もいるのが笑える。結局カズマックスが一人で仲間を敵に回して孤立していったみたいだね。マサ吉の脅迫に使った反社とももう切れたみたいだよ。

最悪KAZMAX逮捕あり得るからな。すごく強いヤクザ発言は色々な意味でイタイ

BLITZオンラインサロンはKAZMAXサロン以外にサロンを運営していないKAZMAX専用サイトだ。普通に税金対策に1法人挟んでるだけだろ。

KAZMAXサロンを扱うBRITZオンラインサロンは元反社のSIXAMOの事務所らしいな。

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません