GameFiとは?おすすめ銘柄と探し方まで紹介

GameFiとは?

GameFiはゲームとDeFi(分散型金融)からきている造語です。

簡単にいうと、ユーザーはゲームをすることで現実の利益を得られます

GameFiは別名「play-to-earn(P2E)」とも呼ばれます。

DeFiとGameFiの違いは、ゲームを介して稼ぐのかどうかという点です。

GameFi自体は以前から存在していましたが、2021年現在ゲームで稼ぐことのハードルが下がり、大注目のジャンルです。

特にフィリピン、ベトナム、インドネシアなどの東南アジアで大人気となっており、生活費をGameFiで稼ぐ人も多いのが現状。

GameFiは稼げる可能性が高い

GameFiで生活費を稼ぐ人がいるように、GameFiは稼げる可能性の高い分野です。

GameFiの中でも絶大な人気を誇っているのが「Axie Infinity」というベトナム発のゲーム。

Axie Infinityはゲーム内で仮想通貨を入手したり、NFTのモンスターやアイテムなどを売買することで稼げる仕組みです。

NFT(非代替性トークン)のことで、アイテムの所有権を表したり、それぞれのアイテムに独自の価値を与えられます。

Axie Infinityはもともとイーサリアムチェーン上に構築されたゲームでしたが、スケーラビリティ問題の影響で現在は独自のイーサリアムサイドチェーンRoninで稼働しています。

Axie Infinityの独自通貨(AXS)は7月に入ってからの一か月半で15倍以上に高騰。

AXSの日足チャート画像

GameFiは初期費用が必要な場合が多く、Axie Infinityの場合約6万円が必要ですが、ゲームプレイによって月2万円~3万円の利益が得られるようです。

レアなNFTは高値で売買できるので、運が良ければより多くの利益が得られます。

・ゲームプレイによって仮想通貨を得て稼ぐ
・ゲームで得たNFTを売買して稼ぐ
・独自通貨に投資して稼ぐ

上記のように、利益を得る方法が多岐に渡っている点もGameFiに人気が集まっている理由でしょう。

GameFiの関連銘柄

Axie Infinity(AXS)以外のGameFi関連銘柄には次のようなものがあります。

▼CryptoZoon(ZOON)
CryptoZoonはAxie Infinityと似たようなGameFiです。

cryptozoon

モンスターを孵化させ、対戦させることで報酬を得ていきます。

CryptoZoonでもモンスターを売買することで利益を得られます。

独自通貨のZOONは2021年8月の1か月間で5倍以上に高騰し、注目を集めました。

CryptoZoonはBSC(バイナンススマートチェーン)上で稼働しているので、イーサリアムのAxie Infinityに比べると手数料を安く抑えてプレイできます。

▼CryptoBlades(SKILL)
CryptoBladesは自分で作成したキャラクターで戦闘を行い、その報酬で稼ぐGameFiです。

cryptoblades

キャラクターのレベルを上げることで、得られる報酬も増えていきます。

CryptoZoon同様BSC上で稼働するゲームで、一時はAxie Infinityのユーザー数を抜くほどの人気を誇りました。

独自通貨のSKILLは2021年7月の一ヶ月間で約150倍に高騰しています。

▼The Sandbox(SAND)
The Sandboxは仮想空間内にLAND(土地)を所有し、LAND上にゲームやジオラマを作成するゲームです。

クリエイター目線で言えば、LAND上に作成したゲームや施設を有料で他のプレイヤーに提供できます。

また、不動産収入のように、LAND上の施設を貸したりLANDを売ったりして利益を得られます。

プレイヤーは、The Sandbox内で手に入れたアイテムをNFTマーケットプレイスで高値で転売できるのです。

The SandboxのLANDは世界的なゲームメーカーATARIがLANDを所有していたり、スクウェアエニックス多額の出資を行っているなど、注目度の高いGameFiです。

また、国内取引所のコインチェックとも提携しており、今後コインチェックに上場するとも噂されています。

独自通貨SANDは2021年1月から9月現在まで25倍以上に高騰しています。

GameFiの始め方

プレイするゲームによってGameFiの始め方は大きく異なりますが、下記3つはどのゲームでも共通して必要になることが多いです。

▼メタマスク
多くのGameFiがメタマスクのような外部ウォレットを接続することでゲームが行えます

外部ウォレットの中でもメタマスクが特に人気があり、シンプルで使いやすいです。

DeFiやGameFiに投資するならば今や必需品といえるツールなので、まだ持っていない方は下記の記事を参考に用意しておくといいでしょう。

>>スマホ版メタマスクの使い方を徹底解説

▼初期費用
GameFiではゲームを始める上でモンスターやキャラクターを購入する必要があります

独自通貨の価格が安いゲームを選べば、初期費用を抑えることもできます。

GameFiは公開初期にゲームを始めるほど初期費用を安く抑えられ、稼げる可能性にも恵まれます

▼手数料
GameFiはBSCの場合、1度のトランザクションに数十円の手数料がかかります。

しかし、イーサリアム系のGameFiの場合、数百円から数千円の手数料がかかることもあります。

GameFi今後の行方

>Gameで稼ぐ流れは今後さらに活発になっていくすでに大手取引所がGameFiに注目しているからです。

バイナンスが選出した最も価値のあるBSC上のプロジェクトトップ20の中には、GameFiのプロジェクトが多数選出されています。

上述のCryptoBladesもトップ20にランクインしており、GameFi分野の注目度の高さが伺えます。

また、直近では海外取引所のOKExが、GameFiプロジェクトの開発支援をするべく、1000万ドル(約11億円)のファンドを立ち上げています。

現在仮想通貨トレンドになっているNFTとゲームの相性は非常に良く、今後はGameFiが仮想通貨トレンドをけん引していくかもしれませんね。

現在のGameFiはイーサリアムチェーンやBSCが主流となっていますが、今後SolanaやPolygonチェーンなど他の主力チェーンにも波及していく可能性もあるでしょう。

次に盛り上がりを見せるGameFi関連銘柄の探し方にも触れていきます。

GameFi関連銘柄の探し方

GameFi関連銘柄の探し方は大きく分けて3つです。

▼コインマーケットキャップから探す
仮想通貨のチャートや時価総額ランキングなどを確認できるコインマーケットキャップには、「Play to earn」というアルトコインカテゴリーがあります。

「Play to earn」のカテゴリーにはGameFi関連のアルトコインが表示され、今どのGameFi銘柄に注目が集まっているのか確認可能。

>>コインマーケットキャップのGameFiカテゴリー

▼GameFi関連のアカウントをフォロー
仮想通貨投資をする上でTwitterは利用必須のツールです。

Twitterを駆使して情報収集を行うことで、より最新の有益な情報を手に入れられます。

GameFiについても同様で、中にはGameFiについて専門で情報発信をしているアカウントもあるのです。

そういったアカウントをフォローすることで、将来有望なGameFi銘柄を見つけるきっかけになるでしょう。

>>GameFiの情報発信をしているアカウント

▼テレグラムやディスコードに参加
テレグラムやディスコードなどのSNSアプリも、Twitter同様役に立つことが多いです。

テレグラムやディスコードのグループの中で、日夜GameFiに関する情報交換が行われています。

ただ、日本人グループによるグループばかりではないので、必ずしも日本語が通用するわけではありません。

難しいと感じる方は、次にトレンド化するであろうアルトコインを予測するサービスを参考にするのもありでしょう。

GameFiのまとめ

GameFiはゲームをしながら稼ぐ新しい稼ぎ方。

「遊びながら稼ぐ」ことはすでに現実になっています。

実際にゲームをプレイして稼ぐだけではなく、Axie Infinity(AXS)を筆頭にゲームごとの独自通貨も目覚ましい高騰を見せています

GameFiは大手取引所からの注目度も高く、今後さらに普及していく可能性が高いでしょう。

ADIMA CROWN
NFT関連銘柄のサムネイル画像

NFT関連銘柄一覧

2021年9月現在、NFTの関連銘柄は400種類以上、取引所に上場していない仮想通貨を含めればさらに多く存在しています。

中でも時価総額上位のNFT銘柄を挙げると、例えば次のようなNFT関連銘柄があります。

NFT関連銘柄一覧

仮想通貨の中でも特に歴史の浅いNFT分野ですが、7通貨が時価総額100位以内に食い込んでいるほど注目度は高いです。

中でもエンジンコイン(ENJ)やTezos(XTZ)はすでに国内取引所に上場しており、日本人も手軽にNFT銘柄へ投資できるようになりました。

30倍以上に高騰したNFT関連銘柄

NFT関連銘柄の中でも特に目立った高騰を見せているのが、次の3通貨です。

▼エンジンコイン(ENJ)
エンジンコイン(ENJ)は2021年初から30倍以上に高騰しました。

高騰の背景にあるのは、NFTブームと仮想通貨市場の盛り上がりです。

NFTは2021年に入ってから急激に注目を集め、一躍仮想通貨のトレンドとなりました。

また、2020年末から2021年5月にかけてビットコインが高騰したことで、アルトコインも軒並み高騰しています。

加えてエンジンコインは1月にコインチェックに上場し、国内初上場したことも高騰の要因となっているのでしょう。

▼The Sandbox(SAND)
The Sandbox(SAND)は2021年初から40倍以上に高騰しています。

高騰の要因はエンジンコイン同様NFTブームと仮想通貨市場の盛り上がりだと考えられます。

▼チリーズ(CHZ)
チリーズ(CHZ)は2021年初から90倍以上に高騰しています。

チリーズ(CHZ)高騰の背景にあるのは、提携先の拡大とアメリカに新オフィス設立予定の好材料です。

それに加え、エンジンコインやSAND同様NFTブームと仮想通貨市場の盛り上がりも影響しているでしょう。

上記のようにトレンド化した仮想通貨は、短期間で5倍以上の高騰も期待できるほど爆発力がありますね。

>>トレンド化する前のアルトコインに投資する方法

NFT関連銘柄おすすめランキング

NFT関連銘柄のおすすめトップ5を紹介します。

NFT関連銘柄への投資を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1位▼エンジンコイン(ENJ)
エンジンコイン(ENJ)は、オンラインゲームのプラットフォーム『Enjin』内で利用できる仮想通貨です。

エンジンコインの基本的なコンセプトはEnjinの基軸通貨となり、ゲーム間でアイテムの売買を可能にするというもの。

Enjinのゲームプラットフォームはすでに2000万人を超えるユーザーを獲得しています。

中でもブロックを使って自由に建築などを楽しむマインクラフトは、月間アクティブユーザーが1億3千万人を超えるほど絶大の人気。

また、Enjin内で利用できるゲームであれば、異なるゲーム同士でもエンジンコインを用いてアイテムの売買が可能です。

今後Enjin内に人気ゲームが次々と生まれれば、エンジンコインへの需要も高まり価格高騰に期待できるでしょう。

・公式サイト
https://enjin.io/

・公式SNS
https://twitter.com/enjin

2位▼Axie infinity(AXS)
Axie infinity(AXS)はNFTの中でもGameFiという分野の仮想通貨です。

簡単にいえば、Axie infinityというゲームをプレイすることで稼ぐことができます

ゲーム内容はモンスターを購入し、バトルに勝つと報酬として独自の仮想通貨がもらえます。

独自通貨も取引所に上場済みなので、他の仮想通貨に交換可能です。

東南アジアではAxie infinityにより生計を立てる人がいるほど大人気のゲーム。

今後ゲームのアップデートにより、さらに稼ぎやすい仕組みになればAXSの高騰にも期待は持てるでしょう。

・公式サイト
https://axieinfinity.com/

・公式SNS
https://twitter.com/AxieInfinity

3位▼Sandbox(SAND)
The Sandbox(SAND)はThe Sandboxというゲームプラットフォーム上で基軸通貨として機能します。

The Sandboxは2012年のリリースから世界4000万ダウンロードを達成。

月間アクティブユーザーは100万人以上、世界的な有名タイトル「マインクラフト」もSandbox内にあります。

The Sandboxはゲームの中にLAND(土地)という仮想空間を所有し、LAND上にゲームやジオラマを作成できます。

自分でLANDを保有すれば、LAND上で自分が開発したゲームなどのサービスを提供し、利益を得ることも可能。

日本のコインチェックと提携していることもあり、日本上場が実現すれば高騰にも期待できるでしょう。

>>仮想通貨SANDの将来性と今後コインチェックに上場するのか

・公式サイト
https://www.sandbox.game/en/
・公式SNS
https://twitter.com/thesandboxgame

4位▼チリーズ(CHZ)
チリーズ(CHZ)はサッカーなどのファンに向けたスポーツプラットフォーム「Socios.com」が発行する仮想通貨

スポーツクラブとファンを繋げることが基本的コンセプトです。

スポーツクラブはファントークンを発行し、チリーズはファントークンを取引する基軸通貨としても利用されています。

ファンはファントークンを保有することで、ユニフォームデザインなどスポーツクラブの運営方針に意見できたり、様々な恩恵が受けられるようになります。

スポーツクラブのファントークンは取引所にも上場しており、ファンはファントークンを取引して利益を得ることも可能。

今まではヨーロッパのサッカークラブを中心に提携してきましたが、新たにアメリカに新オフィス設立を発表し、アメリカのスポーツクラブとの提携が期待されています。

メジャーリーグやNBAチームとの提携が実現すれば、高騰する可能性も高いと思われます。

>>チリーズ(CHZ)はどんな仮想通貨?将来性と高騰の可能性

・公式サイト
https://www.chiliz.com/en/

・公式SNS
https://twitter.com/chiliz

5位▼MyNeighborAlice(ALICE)
MyNeighborAliceは大ヒットゲーム「どうぶつの森」のような世界観を持ったブロックチェーンゲームです。

ゲーム自体も手が込んでいて楽しめますが、NFTを収集することで利益を得ることもできます。

ゲームの正式リリースは2022年春頃と言われていますが、リリース前から大きな注目を集めている仮想通貨です。

開発も順調に進んでいるようなので、ゲームリリースと共に高騰に期待できそうですね。

・公式SNS
https://twitter.com/MyNeighborAlice
・公式サイト
https://www.myneighboralice.com/

NFT関連銘柄の将来性・今後

2021年に入ってから注目が高まっているNFT関連銘柄は将来性もあり今後も高騰に期待できます。

その理由は「NFT需要の高まり」です。

NFTはゲームやアート、不動産、トレーディングカードなど今や利用される分野は増えています。

すでに仮想通貨の枠組みを超えて注目されていることからも、今後さらに活用の場は広まっていくでしょう。

また、バイナンスやFTXなど大手の取引所もNFTサービスを開始し、NFTに多額の資金を投じています。

世の中にNFTが認知されるほど、NFT関連銘柄にも注目が集まっていくと予想されますね。

NFT関連銘柄の見つけ方

有望なNFT関連銘柄の見つけ方は主に2つです。

▼コインゲッコーやコインマーケットキャップ
コインゲッコーやコインマーケットキャップでは、NFT銘柄のみを絞り込むことができます

コインマーケットキャップの場合、カテゴリーからNFT関連銘柄のみを表示させられます。

さらに「フィルターを追加」を選択すれば、時価総額や価格、直近の価格変動から絞り込むこともできます。

仮に大きな利益を狙うのであれば、時価総額が高くなく、直近で高騰していないNFT関連銘柄を絞り込むという手もあります。

もちろん時価総額が低い仮想通貨ほどボラティリティが高く、下落する可能性もあるので気をつけましょう。

▼SNSで情報収集
仮想通貨のトレンドで稼ぐならば、SNSでの情報収集は必須と言ってもいいでしょう。

Twitterやテレグラム、ディスコードは優秀な情報収集源になります。

NFT関連銘柄について情報共感を行っているグループもあるので、参加しておくだけで有益な情報を得られます

NFT関連銘柄を取引できる取引所

NFT関連銘柄の中でもエンジンコイン(ENJ)やTezos(XTZ)は国内取引所にも上場しており取引可能です。

しかし、他のNFT銘柄は現状日本では購入できないので、海外取引所の利用が必須となります。

NFT関連銘柄を多く取り扱っている海外取引所は次の通りです。

・バイナンス
・FTX※日本人の新規登録制限中
・KuCoin
・Gate.io

中でもバイナンスは日本人にも人気の世界最大手の仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取り扱い数は300種類以上あると言われており、NFT関連銘柄以外の有望コインにも巡り合えるでしょう。

>>バイナンスの使い方を登録・入金・取引方法から応用まで解説

バイナンスでの購入方法

NFT関連銘柄の購入方法をチリーズ(CHZ)をバイナンスで購入する方法を例に紹介します。

▼国内取引所で仮想通貨を購入
まずバイナンスへ入金するための仮想通貨を国内取引所で購入しましょう。

GMOコインやDMMビットコインは送金手数料が無料ですが、それ以外の取引所をご利用の方は送金手数料の安いリップル(XRP)がおすすめ

ビットコインを送金する場合数千円の送金手数料が必要なところ、リップルならばわずか数十円の手数料で済みます。

▼国内取引所からバイナンスへ入金
国内取引所で購入した仮想通貨をバイナンスへ入金しましょう。

入金アドレスを間違えると最悪資産を失ってしまう可能性もあるので、手動入力ではなくコピーアンドペーストで入力するようにしてください。

>>バイナンスの入金方法とよくある疑問を解説

▼バイナンスでチリーズ購入
バイナンスでチリーズを購入できるのはBNB、BTC、BUSD、USDTペアです。

BTC以外で入金した方はバイナンスのコンバート機能で、トレード可能な仮想通貨へ交換しましょう。

※取引手数料と同じく0.1%の手数料が必要

コンバートするには「トレード」から「コンバート」を選択します。

次に交換元となる仮想通貨を上に、交換先となる仮想通貨を下に選択しましょう。

後はどちらかの数量を入力すれば、もう一方の数量は自動的に反映されます。

バイナンスのコンバート方法

「コンバージョンプレビュー」を押すと、確認画面で現在の交換レートが表示されます。

問題なければ決定を押すと、無事にコンバートが行われます。

チリーズ(CHZ)のトレードができる仮想通貨を用意できたら、「マーケット」→「検索窓にCHZと入力」しトレードするペアを選択しましょう。

バイナンスでチリーズを購入する方法

トレード画面に移ったら注文画面から「注文方法」を選択し、「購入したい価格」「購入したいCHZの数量」を入力し、購入ボタンを押せば注文完了です。

NFT関連銘柄のまとめ

2021年現在、仮想通貨のトレンドと言えるのがNFT関連銘柄です。

NFT自体の需要が高まっていることからも、今後さらに高騰する仮想通貨が出てきてもおかしくありません。

ただ、国内取引所で購入できるNFT関連銘柄は一握りなので、海外取引所をメインで利用した方が稼げるチャンスに恵まれるでしょう。

マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレスとは

マイニングエクスプレスとは、ウクライナにあるマイニング工場を運営する会社です。

個人投資家から少しずつ資金を調達して、マイニング機器の購入や管理を行っています。

マイニングエクスプレスはマイニング機器を活用して2つのサービスを提供しています。

①クラウドマイニング事業
②レンダリング事業

①クラウドマイニング事業
そもそもマイニングとは仮想通貨の新規発行や維持に欠かせない仕事です。

クラウドマイニングでは企業や組織にマイニングを全て任せて運営してもらえます。

専門知識が必要なマイニング機器の購入から管理まで代行してくれます。

マイニングは大量の電気を使うので、マイニングエクスプレスは電気代が安いウクライナに工場を持っているようです。

ウクライナに工場を持つことで、マイニングが盛んな中国やアメリカと比べて電気代は半分で済みます。

また、マイニングはマイニング機器の数で報酬額が決まってくるので、電気代が安い分だけ多くのマイニング機器を稼働でき、競合よりも多くのマイニングが可能となります。

②レンダリング事業
レンダリングとは、コンピュータ上に3DCG(立体的な画像)を構築することです。

レンダリング
※マイニングエクスプレス日本サイト引用

実際にレンダリングはゲームや映画、アニメ、eスポーツの映像作成に使われています。

マイニングエクスプレスではマイニング機器の余力を使って、レンダリングを行っているようです。

上記の2つの事業でマイニングエクスプレスは成り立っています。

2021年現在はマイニングよりもレンダリングの方が主力事業のようです。

マイニングエクスプレスが怪しいと言われる理由

マイニングエクスプレスへ投資を検討しているのなら、怪しいと言われている現状を知っておきましょう。

投資してからでは後戻りできないので、知らないと後悔するかもしれません。

マイニングエクスプレスと比較するわけではありませんが、短期で稼げると高評価を集めているサービスもあるので興味があればご覧になってみてください。

・日本の法律を違反しまくっている
・社長カルロス氏の経歴がブラック
・配当は独自通貨EEXコインで受け取る

▼日本の法律を違反しまくっている
マルチ商法は「特定商取引法」という法律で規制されています。

実際にマイニングエクスプレスが法律違反している部分は2か所あります。

①マルチ商法は契約書が必須なのに存在しない
マルチ商法では特定商取引法に沿って、契約書を交わす決まりになっています。

しかし、マイニングエクスプレスでは契約書の1枚すらありません。

②クーリングオフは基本的に認めていない
クーリングオフは契約日から一定期間以内に解約を申し出ると全額返金される制度です。

しかし、マイニングエクスプレスは基本的に途中解約を認めていません。

そのためもし途中解約する場合には、余計に手数料18%が必要になるようです。

また途中解約する場合、登録後14日以内に申請する必要があるので注意しましょう。

▼社長カルロス氏の経歴がブラック
マイニングエクスプレスの社長カルロスフジヤマ氏は過去に何度も詐欺に関わってきました。

「自分がわからない事業は始めない」とカルロス氏はインタビューで語っているので、他人が損する可能性があると理解していたはずです。

つまりカルロス氏は他人が損するリスクがあると自覚しながら紹介していたのでしょう。

実際に高額配当をうたった投資D9クラブでは日本支部トップを務め、多くの日本人に損害を与えています。

D9クラブは会員数が一気に増え過ぎて対応しきれなくなったから破綻したと言われていますが、それなら融資を受けたりすれば、破綻は免れたはずです。

しかもD9だけでも380,000人の被害者を出しているのに反省する気がないのでしょうね。

▼配当は独自通貨EEXコインで受け取る
マイニングエクスプレスのプラン契約後、報酬はEEXコインという仮想通貨で支払われます。

プランの契約自体はビットコインで支払うのに、配当は価値があるかどうかもわからない仮想通貨になってしまうのです。

マイニングエクスプレスのような高利回りを謳う案件では独自通貨を発行することが多々あり、最終的に無価値同然になってしまうことも珍しくありません。

ちなみにEEXコインとは、イーサリアムエクスプレス財団が発行している仮想通貨です。

名前にイーサリアムが入っていますが、イーサリアムとは全く関係はありません。

マイニングエクスプレスの勧誘実態

マイニングエクスプレスでは他人に紹介して購入してもらえると紹介報酬がもらえるので、強引な勧誘活動が行われています

▼芸能人も参加している?
マイニングエクスプレスはプロ野球選手などの芸能人も投資していると言われています。

プロ野球選手から今日も投資すると受けて500万円あるんやと見せられたそうです。他にもたくさんの芸能人と知り合いのようですごい方みたいです。

参照元:Mining Express(マイニングエクスプレス)」の紹介を受けました

中には芸能人の存在をちらつかせて勧誘を行っている人もいるかもしれません。

▼勧誘に嘘が利用されている
マイニングエクスプレスの勧誘にはありもしないことをでっちあげている人もいるようです。

マイニングエクスプレスの問題点
※引用ツイートはこちら

上記のツイートの中でも明らかな嘘があります。

・EEXはETHムのハードフォーク
・Forbesの5月号に載る

マイニングエクスプレスの独自通貨EEXはETHのハードフォークによって生まれたものでもなければ、何の関係もない仮想通貨です。

また、世界的経済誌Forbesの5月号にマイニングエクスプレスが載ると言っていた人もいたようですが、こちらも噓が確定しました。

この他にも真実とは異なる情報によって勧誘活動が行われていたと判明しています。

残念ながら、マイニングエクスプレスの運営たちは勧誘で使われている嘘を黙認しているのでしょう。

しかも運営側が正確な情報を提供してくれないので、何が真実で嘘なのかも分からない状況です。

これではマイニングエクスプレスに本当に投資して大丈夫かどうか判断すらできませんね。

>>マイニングエクスプレスのセミナー講師佐久間氏とは

元本は本当に2年で2倍に増えるか検証

マイニングエクスプレスは元本が2倍になるまで運用を続けてくれますが、実際のところ何年かかるのか確かめてみました。

契約プランはマスター(20.000ドル)で、ハッシュレートは830MH/sです。

マイニングエクスプレスの実績
※Ameba「投資はギャンブルより儲かる」から引用

上記の画像では、2020年の平均月利は7.9%でした。

平均月利のまま続いてくれるのなら、13か月で元本回収が終わり、26か月で元本2倍になってマイニング終了となります。

あくまでも上記の元本回収の期間は「マスタープラン」をベースで、紹介報酬なしで計算しています。

マスタープランよりもハッシュレートが低いプランを購入すると、その分だけ元本回収の期間が遅くなります。

もっと早く元本回収を済ませたいのなら、紹介報酬を増やすと元本回収スピードは早まります

とはいえプラン料金を回収してから利益に転じることを踏まえると、アルトコインに投資した方が稼げる可能性は高いかもしれません。

中にはアルトコインの急騰予測を行うサービスもあるので参考にしてみてください。

レンダリング事業がブラックボックス

レンダリングはマイニングエクスプレスが市場を独占していると公式サイトに載っていました。

レンダリングの市場規模は3兆円になるので、高い収益を生めると豪語しています。

マイニングよりも100倍の収益力があるらしく、期待されています。

しかし、マイニング事業と違ってレンダリング事業は全てがブラックボックス化しており、現状が良く分かっていません。

それに約3兆円の市場規模のあるレンダリングを大手企業が黙って見ている訳もなく、レンダリング専業企業がすぐにでも出てくるはずです。

そうなればマイニングエクスプレスの地位が奪われる可能性も大いにあると予想されます。

彼らはレンダリングに特化した機器を使うので、マイニングエクスプレスよりも低コストでレンダリングが可能となるでしょう。

しかもウクライナという地政学的に戦争や政治的なリスクを抱えている地域だと、安定したレンダリングができないかもしれません。

マイニングの契約プランは5種類

マイニングエクスプレスの契約プランは、高額プランになるほど利益率が高まります

その理由は高額プランの方が圧倒的にハッシュレートが高いからです。

ハッシュレートは車で言う馬力のようなもので、ハッシュレートが高くなるほどリターンが大きくなる傾向があります。

プラン①100ドル → ビギナー → 4.5MH/s
プラン②500ドル → スタンダード → 22MH/s
プラン③1.200ドル → プロフェッショナル → 50MH/s
プラン④5.000ドル → エリート → 215MH/s
プラン⑤20.000ドル → マスター → 830MH/s

利益率が大きくなると、元本が2倍になってマイニング終了までの期間が短くなります。

ただし、仮想通貨の相場などによってハッシュレートの変動があるので、報酬はかなり変わってくるでしょう。

しかも今はイーサリアムのハッシュレートは上昇を続けているので、報酬は減りやすくなっています。

実際に2021年はイーサリアムの価格上昇やDeFiやNFTの需要が増え、ハッシュレートが爆増しています。

イーサリアムのハッシュレート

2020年から2021年6月の時点で、ハッシュレートは2倍に跳ね上がっています。

つまり契約プランのハッシュレートが変わらないままなら、マイニング報酬は下がっていく可能性があります。

今後もハッシュレートは上昇していくので、マイニングエクスプレスは対応を迫られるでしょう。

紹介報酬の制度は4種類

マイニングエクスプレスの紹介報酬制度は、プラン契約者を増やすほど報酬が増える仕組みになっています。

いわゆるマルチ商法(ネットワークビジネス)で使われている紹介報酬の制度が採用されています。

紹介報酬制度①ダイレクトボーナス
紹介報酬制度②バイナリーボーナス
紹介報酬制度③メガマッチボーナス
紹介報酬制度④キャリアプラン

それぞれの紹介報酬制度について解説していきます。

紹介報酬制度①ダイレクトボーナス
ダイレクトボーナス

ダイレクトボーナスとは、プラン購入者を勧誘できると支払われる紹介報酬です。

ダイレクトボーナスは即時反映されます。

紹介報酬制度②バイナリーボーナス

バイナリーボーナでは2人を勧誘できると、初めて入ってくる紹介報酬です。

自分で勧誘しなくても、自分を勧誘してくれた人から紹介してもらってもバイナリーボーナは成立します。

マイニングエクスプレスの勧誘を始めたばかりの人には優しい紹介報酬ですね。

バイナリーボーナス

左右のグループを比べ小さい方のグループ売上の6%~10%がバイナリーボーナスとなります。

バイナリーボーナスは毎日更新時間に計算されUSDにて支払われます。

紹介報酬制度③メガマッチボーナス

メガマッチボーナス

メガマッチボーナスとは、自分から広がった人がバイナリーボーナスを受け取るたびに支払われる紹介報酬です。

紹介報酬制度④キャリアプラン

キャリアプランとは、自分が勧誘した人の数などによって、報酬がある精度です。

キャリアプラン

ポジションによっては高級車がプレゼントされるみたいです。

・BMW 4 シリーズ
・レンジローバー スポーツ
・ランボルギーニ アヴェンタドール
・ロールス・ロイス ファントム

最高で5000万円クラスの高級車がプレゼントされるなんて嬉しいですね。

マイニングエクスプレスが飛ぶ可能性

ネットやSNS上では以前からマイニングエクスプレスが飛ぶと噂されていますが、具体的に10月に飛ぶという情報も確認できます。

上層部からのリークが真実であるとすれば、上層部はポンジスキームだと知りながら勧誘を行っていたことになります。

上層部がポンジスキームだと知っていたのであれば、罪に問われる可能性も出てきそうですね。

ちなみにマイニングエクスプレスはすでにマイニングが停止しているという情報もあるので、危険な状態だと言えるかもしれません。

ポンジスキームは崩壊するまで分からない

マイニングエクスプレスがポンジスキームかどうか判明する時は、ビットクラブのように創業者が捕まって真相究明された時だけです。

もしマイニングエクスプレスが倒産やサイト閉鎖し飛ぶとしたら、ポンジスキームの真相は闇の中に葬られます。

そもそもポンジスキームだとしたら詐欺がバレないように徹底して重要な情報を隠しています。

つまりマイニングエクスプレスが稼働しているとポンジスキームかどうか判断できません。

▼ポンジスキームかどうか予想できる方法
マイニングエクスプレスがポンジスキームかどうか断定できる方法はありません。

しかし、投資案件がポンジスキームの可能性が高いと予想できる方法はいくつもあります。

下記の項目で当て嵌まっているほど、ポンジスキームの可能性が高まります

・事業の実態が事細かに公開されていない
・年利ではなく、月利ベースで配当が出る
・銀行の金利よりも配当が大きい
・マルチ商法を使っている
・集客の為の何度もセミナーをやっている
・海外に法人登記されている
・法律を守る気配が見えない
・夜逃げできる体制が整っている

上記のほとんどがマイニングエクスプレスに当て嵌まっているので、ポンジスキームではないと断定できる要因がありません。

中身が分かりにくい投資には手を出さない

友人や知人、ネットから紹介される投資案件のほとんどは中身がブラックボックスで、お金を出さないと何も分かりません。

もしかしたら「一攫千金が狙えるかもしれない」という淡い期待を抱かせ、高額な投資を求めてきます。

しかも一見すると凄そうで期待できる言葉を羅列してくるので、どうしても投資したくなってしまうのです。

しかし、飛ばれてしまうリスクを考えると、運営に資金を預けるのは不安要素だと言えます。

運営に資金を預けるのが不安な方は、自分の手元で資産を増やした方がいいかもしれませんね。

ビットクラブ
DeFiの始め方サムネイル画像

DeFiを始める前に用意するもの

どのDeFiサービスにも共通して必要になる場合が多いのは次の3つです。

▼外部ウォレット
DeFi関連のサービスは、メタマスクなどの外部ウォレットを接続して利用できるものがほとんどです。

トラストウォレットやセーフパルなど外部ウォレットアプリは様々ありますが、一番人気なのはシンプルで操作性もいいメタマスクでしょう。

2021年9月現在、メタマスクの月間ユーザーは1000万人を超えていると言われています。

メタマスクはイーサリアムチェーンへ接続する方法として最もメジャーなウォレットですが、BSC(バイナンススマートチェーン)やPolygonチェーンなど複数のネットワークにも対応しています。

▼海外取引所の口座
イーサリアム上のDeFiサービスを利用する場合、国内取引所のみでも利用可能ですが、BSC(バイナンススマートチェーン)などを利用する場合、海外取引所の口座は必須。

それは日本の取引所では購入できない仮想通貨を用意する必要があるからです。

BSCを例に挙げると、DeFiサービスを利用するためには手数料としてBNB(バイナンスコイン)が必要になります。

バイナンスコインは現在日本の取引所には上場しておらず購入不可能。

結果的にバイナンスなどの海外取引所を利用する必要が出てくるのです。

▼手数料(ガス代)
上で触れたようにDeFiサービスを利用するには、利用チェーンごとの手数料が必要となります。

トランザクションの生成に手数料が必ず必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

代表的なDeFiを展開するチェーンとDeFiサービス、手数料に必要な仮想通貨をまとめておくので参考にしてください。

DeFiのチェーン別手数料一覧

DeFiブームを巻き起こしたユニスワップはイーサリアムチェーンなので、手数料にイーサリアム(ETH)が必要になります。

DeFiの基本的な始め方

DeFiサービスを利用し、金利や利回りを得る始め方を1から解説していきます。

今回はイーサリアムの代表的DeFiサービス、Compound(コンパウンド)の始め方を例に解説します。

Compound(コンパウンド)はレンディングという仮想通貨の借り手と貸し手を結びつけるDeFiサービスです。

仮想通貨を貸し出す側は金利を受け取ることができます。

▼メタマスクのウォレットを作成
メタマスクはiOSとアンドロイドどちらも利用可能

まずはメタマスクアプリをお使いのOSに合わせてアプリストアからインストールしましょう。

メタマスクを起動すると、

「Import using seed phrase」
「Sync with MetaMask extension」
「create a new wallet」

上記3つのメニューが表示されるので、「create a new wallet」をタップします。

次にパスワード設定を求められるので、お好きなパスワードを設定しましょう。

スマホの機種によっては顔認証や指紋認証の設定を行いセキュリティを強化することも可能です。

パスワードの設定が終了すると、次にシードフレーズの設定を行います。

シードフレーズはデータを復元する際に必要不可欠なので、必ず紙に書き写すなど厳重に保管しておきましょう。

もし他人に知られてしまうと、メタマスク内の資金を抜かれてしまう可能性もあるので注意です。

「Secure yousr wallet」の画面にきたら「start」をタップ。

先ほど設定したパスワードの入力を求められるので入力してください。

パスワードの入力が終わると、シードフレーズの保管に移っていきます。

「紙に書き写し厳重に保管してください」という注意事項が表示され、「tap to revel your seed phrase」をタップするとシードフレーズが表示されます。

この時番号順に書き写すのも忘れないでください。

「continue」をタップすると、シードフレーズをメモしたかどうかテストがあります。

それぞれ番号に該当するフレーズを下から選び、あてはめてください。

正解できればメタマスクの新規ウォレットは作成完了です。

>>スマホ版メタマスクの使い方とよくある疑問を徹底解説

▼メタマスクにイーサリアム入金
メタマスクのウォレット画面からETHの「receive(受け取り)」を押すと、入金アドレスが表示されます。

メタマスクの入金方法

この入金アドレスを取引所やウォレットの出金先アドレスに指定してメタマスクにイーサリアムを送金しましょう。

▼メタマスクをCompoundに接続
イーサリアムを入金したメタマスクをCompoundに接続し、レンディングを利用する準備を整えます。

まずCompoundの公式サイトにアクセスします。

「App」を選択するとレンディングプラットフォームの画面に移ります。

画面が切り替わるとウォレットの接続を促されるので、メタマスクを選択します。

コンパウンドの使い方

Compoundの接続を許可するかどうかの確認画面が表示されるので、承認を行えばCompoundへの接続は完了です。

▼仮想通貨を貸し出す
Compoundの「Supply Markets」が貸し手、「Borrow Markets」が借り手にあたります。

貸し出しをして金利を受け取る場合、「Supply」を行います。

2021年9月現在、年間利回り0.01~3%で仮想通貨のレンディングが可能です。

コンパウンドの使い方

後は貸し出す仮想通貨を選択し貸し出す数量を入力し決定すれば、レンディングの完了です。

レンディングが終わったら定期的に金利が入ってきます。

おすすめのDeFi関連サービス

DeFiにはCompoundのようなレンディングサービスの他、流動性を提供する見返りとして金利を得られるサービスもあります

ここでCompound以外のおすすめDeFiサービスにも触れておきます。

▼ユニスワップ
ユニスワップのサムネイル画像

ユニスワップはイーサリアムチェーンを代表するDEX(分散型取引所)です。

DEFiブームの火付け役とも言える代表的DeFiサービスと言えます。

ユニスワップは仮想通貨の流動性を提供することで、見返りとして金利を得られる仕組み。

ただ、イーサリアムのガス代高騰の影響もあり、少額での運用は手数料負けする可能性もあるので注意です。

>>ユニスワップの始め方を徹底解説

▼パンケーキスワップ
パンケーキスワップ

BSC(バイナンススマートチェーン)版のユニスワップとも言われる代表的DEXです。

ユニスワップ同様流動性を提供することで金利を得られる仕組み。

また、ステーキングすることでさらに効率的に稼げる機能もあります。

ユニスワップと比較するとガス代も安く手数料を抑えられるメリットもあります。

>>パンケーキスワップの始め方を徹底解説

▼RAYDIUM
RAYDIUMのサムネイル画像

RAYDIUMSolanaチェーン上のDEXです。

Solanaはユニスワップやパンケーキスワップと比較すると、大幅にガス代を安く抑えらえます。

一度のトランザクション手数料はわずか数円レベルなので、手数料負けする心配はほぼありません

直近でSolanaが高騰していることもあり、今注目が集まるDEXです。

▼AAVE
AAVE

AAVEはCompoundと同じようなレンディングサービスです。

0.1%~10%とCompoundよりも高利回りでレンディングすることができます

リスクを抑えたDeFiの始め方

レンディングや流動性を提供するには、仮想通貨を預けるという工程が必要になります。

そのため預け入れている仮想通貨の価格が下落してしまえば損失を負うリスクもあるのです。

そのリスクを抑えるにはステーブルコインでの運用がおすすめ

※ステーブルコインとはドルに連動したUSDTなど、価格変動がほぼない仮想通貨のこと

例えばパンケーキスワップの場合、ドルに連動したUSDC-USDTの通貨ペアの流動性を提供することで利益を得られます。

他の通貨ペアに比べると年利が低く設定されていますが、価格変動を気にせず運用できるメリットは大きいでしょう。

DeFi関連アルトコインも注目

ユニスワップやパンケーキスワップのようなDeFiサービスを利用する以外にも、DeFi関連のアルトコインに投資しても稼げる可能性はあります

2020年からDeFi関連の仮想通貨が次々と高騰しているので、DeFiサービスを利用しなくともDeFiブームの恩恵を受けられます。

例えば、ステーブルコイン関連のTerra(LUNA)というアルトコインは、年始から最大60倍以上に高騰しています。

LUNAのチャート画像

DeFiブームに乗り急騰前のアルトコインに投資できていれば、爆益を得ることも十分期待できます。

>>トレンド化するであろうアルトコインを予測するサービス

DeFi給付金も狙い目

DEFi関連のプロジェクトでは、仮想通貨のエアドロップ(無料配布)が行われるケースも珍しくありません

無料で仮想通貨がもらえるということから、一部のユーザーからは「給付金」とも呼ばれています。

ユニスワップでも過去に給付金の配布が実施され、一度でもユニスワップで取引をしたことがあるユーザーを対象に400UNIを配布しました。

UNIトークンは一時4700円まで高騰したので、180万円相当の給付金を受け取れたことになります。

給付金が受け取れる条件はプロジェクトによって様々ですが、

・一度でもサービスを利用
・指定取引量以上の取引を行う

などです。

DEX(分散型取引所)の中で、まだ独自通貨がないDEXを狙って利用してみると、もしかすると給付金をもらえるチャンスがあるかもしれません。

また、自分が給付金を受け取れる対象にあるかどうか確認できるEarnifiというサイトもあるので、参考にしてみてください。

使い方は非常にシンプルで、「Ethereum or BSC Address」の欄にイーサリアムかBSCのアドレスを入力し、「Tell me about new airdrops」をクリックするだけです。

給付金を逃すことのないよう、定期的に確認することをおすすめします。

DeFi(分散型金融)とは

DeFi(分散型金融)とは、管理者の存在しないブロックチェーンを利用した金融サービスのことです。

簡単にいえば、人の手を介さず金融サービスを利用し、お金の貸し借り・金利の支払いや受け取りが可能になります。

DeFiは基本的に仮想通貨を預けることで利益を得られるので、チャートに張り付いてトレードする必要はありません。

DeFiサービスの特徴は大きく分けて次の2つです。

▼居住地域に左右されない
DeFiのサービスは、たとえ銀行口座を持たない人でも利用できるメリットがあります。

世界のどこにいてもネットに接続できる環境さえあれば、DeFiサービスで利益を得られるのです。

▼資金は自分で管理
DeFiは管理者がおらず、仲介手数料などの不要な手数料がかからないメリットがあります。

ただ、管理者がいないため、自分で資金管理を徹底する必要があるのです。

DeFiで損失を出したり資金を紛失しても自己責任となるので気を付けましょう。

DeFiの始め方まとめ

DEFiは2020年からブームとなり、2021年現在も利用者は増加傾向です。

初めて利用するには難しく感じてしまうかもしれませんが、1度やり方を覚えてしまえば基本的な流れに大差はありません。

仮想通貨の中でも稼げる可能性の高いDeFi分野に興味があれば、これを機に挑戦してみてもいいでしょう。

lightning FXのサムネイル画像

Lightning FXのメリット

Lightning FXの利用前に抑えておきたいメリットは次の5点です。

▼少額からFX取引可能
Lightning FXは0.01BTCから取引可能です。

0.01BTCはビットコインが300万円の時だと3万円です。

数千円単位での利用はできませんが、比較的少額からFXを始められます。

▼24時間365日取引可能
Lightning FXは基本的に毎日24時間ずっと取引可能です。

ただし、毎日午前4時00分~4時10分の間は定期メンテナンスを実施しています。

メンテナンス中は新規の注文はできませんが、注文のキャンセルやログインはできます。

▼API公開
bitFlyerではAPIが公開されているので、取引所の注文状況や公開されている取引の履歴、板情報を外部に出せます。

APIを活用することで、bitFlyerにログインしなくても新規注文やキャンセル、自分の残高の確認が可能です。

例えば、botや自動売買ツールはAPIが公開されている取引所でしか使えません。

▼取引画面のカスタマイズ可能
Lightning FXの取引画面は、自分が使いやすいようにカスタマイズできます。

FX取引は時間との勝負という側面もあるので、1つの画面で必要な情報を表示できるとタイムロスがなくなります。

・チャットルーム
・ニュース
・経済指標カレンダー
・損益履歴
・取引画面の色を変更できる

この他にも複数の機能追加が可能です。

もちろんチャートにはテクニカル分析で使える指標を追加できます。

▼ハッキング被害に遭っていない
仮想通貨取引所は国内外を含めてハッキング被害が多発しています。

そんな中でもbitFlyerは今までに1度もハッキング被害に遭っていません。

bitFlyerでは他の取引所よりユーザーの利便性を犠牲にしてもセキュリティ強化に力を入れています

本気でユーザーの資産を守ろうとする姿勢は評価できますね。

Lightning FXのデメリット

Lightning FXを利用する上で5つのデメリットもあります。

▼レバレッジ取引は最大2倍
Lightning FXのレバレッジ取引は最大2倍です。

ちなみに、日本の法律で仮想通貨の「レバレッジ取引は最大2倍」の制限がかかっています。

より大きなレバレッジをかけて取引したい方にとっては物足りなさも感じてしまうでしょう。

▼FX取引可能ペアが少ない
Lightning FXではBTC/JPYのみの取り扱いです。

イーサリアムなどのアルトコインはFX取引できないので、物足りなさがありますね。

▼ロスカット時の追証がある
追証とは、追加証拠金のことです。

Lightning FXをやる場合は元金として証拠金が必要となり、一定の損失が出ると追加の証拠金を入金しなければなりません。

Lightning FXの場合、証拠金維持率100%を切ってしまうと追証が発生します。

▼ビットコイン現物の価格と乖離が大きい
Lightning FX上のビットコイン価格と現物の価格が10%も乖離している時があるようです。

Twitterで何度も価格差が10%あると指摘されていました。

Lightning FXの価格差
※引用ツイート元

ビットコインの価格差があることで、正確なテクニカル分析などが出来なくなる恐れがあります。

▼取引高が減る可能性
Lightning FXは新規登録ができなくなったので、新しいユーザーが増えません。

その結果、徐々にLightning FXの取引高が減って、注文が通りにくくなる可能性があります。

最終的に他の取引所にユーザーが流出してもおかしくありません。

Lightning FXの各種手数料

Lightning FXを使うのに必要となる手数料は下記の通りです。

・売買手数料は無料
・建玉手数料(スワップポイント)は0.04%/日
・スプレッドは2000円前後
・入金手数料は0円~330円
・出金手数料は220円から770円
・SFDは約定金額に対して最大2.0%

手数料の中で気になるのはスプレッドが広い点。

また、Lightning FXを利用するならばSFD制度を知っておいた方が良いでしょう。

▼SFDとは
SFDは現物価格とFXの価格が一定以上乖離している場合に必要になる手数料です。

SFDは全員が必ず払うものではなく、その時の乖離状況によってロング・ショートポジションで払う側ともらう側が決まります。

価格の乖離を広げてしまうポジション側がSFDを払い、乖離を収束させるポジション側が手数料をもらえます。

lightning FXのSFD制度

SFDの利率は上記のように価格乖離率によって変動する仕組みです。

Lightning FXの利用条件

Lightning FXは法改正の影響で、2020年5月1日以前にビットフライヤーの本人確認を済ませている方のみが利用可能です。

2021年現在新規登録をしても、利用不可なので注意しましょう。

また、新規登録受付再開の見込みは立っていません

Lightning FX画面の見方

lightning FX 画面の見方

右上がBTC/JPYのチャートです。

パソコンでは左クリックで価格マーカーを入力できます。

また、任意の価格で右クリックすると、チャート画面から直接注文を出すこともできます

Lightning FXは3種類のチャートデザインが用意されており、設定画面より変更可能です。

クリプトウォッチはインジケーターの種類が豊富なので、自分でテクニカル分析をしたい人におすすめ。

チャート画面の右に取引板、注文画面と並んでいます。

基本的なデザインは他取引所と大差ありませんが、Lightning FXではトレード画面に仮想通貨関連のニュースとチャットも確認可能。

どんなニュースが価格に影響を与えているのか一目で確認できますし、チャットでは他の投資家の意見を参考にできます。

チャット画面は設定より表示オフにすることもできます。

Lightning FXの注文方法

Lightning FXは様々な注文方法が用意され、トレードスタイルや相場状況に合わせて柔軟に注文が出せます

▼成行注文
成行注文は現在の市場価格で注文を出す方法です。

すぐに約定するメリットがありますが、相場が急変したタイミングでは意図しない価格で売買してしまう可能性もあります。

lightning FXの成行注文方法

成行注文を出す場合、注文画面のタブを「成行」に切り替え、売買したいBTCの数量を入力します。

数量を入力すると手数料が自動的に入力されるので、確認し「売り」か「買い」のどちらかで注文しましょう。

▼指値注文
指値注文は指定した価格で売買する注文方法です。

状況によってはいつまでも約定しない可能性もありますが、望んだ価格で売買できるメリットがあります。

lightning FXの指値注文方法

指値注文では売買したいBTCの数量を入力。

さらにBTCがいくらの時に売買をしたいのか、価格を入力します。

成行注文同様、自動的に手数料が入力されるので確認し、注文を出しましょう。

▼IFD注文
IFD注文は1つ目に出した指値注文が成立した場合、利確注文も出される2段階の注文方法です。

エントリーから利益確定までを自動的に行ってくれるので、上手く利用すればチャートを見る手間を省けます。

lightning FXのIFD注文

IFD注文では上にエントリー注文を入れ、下に利確注文を入れます。

▼OCO注文
OCO注文は現在保有しているポジションの利確と損切注文を同時に出す方法です。

利益と損失の幅をあらかじめ確定させておくことができます

2つ出した注文の内どちらかが成立した場合、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

lightning FXのOCO注文

▼IFDOCO注文
IFDとOCO注文を組み合わせた注文方法です。

1つ目の注文方法が成立したタイミングで利確と損切りの価格を確定させるOCO注文が自動的に出されます。

損切りと利確の注文を出し、どちらかが成立すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

lightning FXのIFDOCO注文

エントリーから利確、損切りまでを自動的に注文できます

Lightning FXの便利な使い方

Lightning FXは他の取引所にはあまりない2つの機能を搭載しています。

上手く使いこなせば、損失リスクを抑え利益を伸ばせる可能性が高まります

▼アラート機能
Lightning FXは価格変動時や取引高増加時にアラートを鳴らせるように設定できます。

例えば重要なサポートライン、レジスタンスラインを抜けたところにアラートを設定すれば、相場が大きく動く前触れを見逃さずにすみます。

チャートに張り付く手間を省いてくれるのも嬉しいですよね。

▼TRALING注文
TRALING注文とは損切りや利益確定注文のトリガー価格が自動的に更新される条件付きの注文方法です。

例えば、BTC400万円の時にトレール幅(利確までの価格差)50万円のTRALING注文を出します。

もし350万円まで下がってしまった場合は、350万円で損切り注文が出されます。

TRALING注文

逆に500万円まで上がった場合、トリガー価格も自動的に引き上げられ450万円になります。

500万円を境に下落に転じた場合、450万円まで下がった時点で自動的に利確注文が出されます。

このようにTRALING注文は相場の動きの合わせつつ、損失を限定し利確ラインを切り上げていくことが可能です。

>>ローリスクで稼げると評判のアルトコイン投資法

Lightning/futuresとは

ビットフライヤーのLightningは、FX以外にもfuturesという先物取引も利用できます。

先物取引は後日行う取引の条件を前もって取り決めておく取引方法です。

簡単に言うと、ビットコインの価格が上がっても下がってもあらかじめ約束した価格で取引を行います

例えば1か月後にビットコインを350万円で買うと約束し、実際は400万円に値上がりしていた場合、50万円安く購入できたことになり差額が利益になります。

先物取引の仕組み

逆に300万円まで下がってしまったら、差額の50万円が損失です。

先物取引では期日までの期間でいつでも売買できますが、期日がきたら強制的に決済が行われます。

FXとの違いは決済の期日があるかどうかが一番大きいです。

ちなみにLightning/futuresもLightning FX同様2020年5月1日までに本人確認を済ませた方のみ利用可能です。

次にLightning FXと国内でFXが可能な取引所を比較していきます。

Lightning FXと国内取引所を比較

先に結論から言うと、国内取引所なら「GMOコイン」「Lightning FX」なら安心してレバレッジ取引できるでしょう。

レバレッジ取引可能な国内取引所はどこを使ったら良いのか選ぶ際に、比較すべきポイントが2つあります。

比較ポイント①ビットコインの取引量
比較ポイント②建玉手数料の高さ

まず、ビットコインの取引量が少ないと、売買の注文が通らない恐れがあります。

もしビットコインが暴落した時に売れなかったら、強制ロスカットとなって損失が膨らみます。

つまりビットコインの取引量の多さは最重要と言えます。

次に、建玉手数料は安いので、ビットコインを長期保有するトレーダー以外は気にする必要はありません。

▼取引量ランキング
1位:GMOコイン
2位:Lightning FX(bitFlyer)
3位:ザイフ
4位:ビットポイント

※上記はビットコインFXだけの取引量ランキング
※Bitcoin日本語情報サイト参照

▼建玉手数料を比較
・Lightning FX → 0.04%/日
・GMOコイン → 0.04%/日
・DMMビットコイン → 0.04%/日 
・TAOTAO → 0.019%~0.025%/日
・Liquid by Quoine → 0.025%/日
・ザイフ → 0.039%/日
・ビットポイント → 0.035%/日

取引所によって、建玉手数料の違いがありますね。

TAOTAOやLiquid by Quoineが建玉手数料は断トツで安く、利益が残りやすい環境になっています。

しかし、TAOTAOは取引量が少なく、ビットコインの価格が急激に動いていると注文が通りにく時があります。

TAOTAOの取引状況
※引用ツイート元

ポジションを持っている状態で注文を出せないと、利益がなくなり、ロスカットされる恐れがあります。

投資金が少ない人、安定した相場の時はTAOTAOを利用価値があると思います。

それ以外の人は取引量の多いLightning FXやGMOコインを使ってみると良いでしょう。

Lightning FXと海外取引所を比較

レバレッジ取引を行うのなら、Lightning FXよりも海外取引所の方が儲けやすいです。

海外取引所は追証がないので、高倍率のレバレッジ取引に挑戦しやすくなります。

実際に追証がないとレバレッジ取引で100万円の損失を出しても、口座に10万円しかなかったら10万円以上の資金は取られません。

追証のあるLightning FXの場合だと、100万円の損失を返済する必要が出てきます。

その他にLightning FXと海外取引所のレバレッジ取引を比べるポイントは2つあります。

比較ポイント①レバレッジ取引の倍率
比較ポイント②建玉手数料

まず、レバレッジ取引の倍率は国内取引所と違って海外取引所だと100倍以上があります。

次に取引手数料はLightning FXよりも海外取引所の方が高いです。

▼レバレッジ取引の最大倍率を比較
・Lightning FX → 最大2倍
Binance → 最大125倍
Bybit → 最大100倍
・FTX → 最大101倍
・Bitterz → 最大888倍

▼建玉手数料を比較
・Lightning FX → 0.04%/日
・Binance → 0.04%/8時間
・Bybit → -0.05%~0.05%/8時間
・FTX → 0.03%/日
・Bitterz → 市場価格によって変動/日

レバレッジ取引の倍率はどこも高いので、建玉手数料の詳細な条件などを比較して海外取引所を選ぶと良いかもしれません。

また、上記の取引所の中だとBinanceやBybitは日本人にも人気のおすすめ取引所です。

ビットコインFXで稼ぐコツ

ビットコインFXの基本は、手数料を含め損失を最小限に留めることです。

ビットコインの価格が少しでも予想とは違う方向に進んだら、すぐに損切りできるよう意識しましょう。

傷口を最小限に抑えられると、次のトレードの為に投資金を残しやすくなります。

人間どうしても感情的になってしまうものなので、マイルールを設定するなど損切りや利確幅をあらかじめ決めておくのも効果的です。

また、追証のない海外取引所を利用することで損失リスクを抑えられるのでおすすめです。

>>ビットコインFXで利益最大化を狙う方法

ビットコインFXのやり方まとめ

ビットコインFXとは

ビットコインFXとは、取引所の口座に預け入れた資金以上のビットコインを運用できる取引方法です。

自己資金よりも大きな金額で取引できるので、リターンが大きくなりやすいです。

実際には口座の資金を担保にして、取引所からビットコインを借りて運用するレバレッジ取引を行えることが特徴です。

例えば、投資金が10万円に2倍のレバレッジをかけると、投資金は20万円に増えます。

20万円分のビットコインを買い、価格が10%上がった場合2万円の利益が出ます。

ビットコインFXの取引例

取引終了後には、取引所から借りた10万円は自動的に返却されます。

ビットコインFXのメリット3選

ビットコインFXには他の資産運用よりも優れている部分が3つあります。

少額でも資金を増やしやすい点や下落相場でも稼げる可能性があるので、日本人の多くがビットコインFXを始めています。

メリット①少額から始められる
レバレッジ取引により自己資金よりも大きな金額を運用できるので、初期費用を1万円程度に抑えることもできます

ここまで少額からレバレッジ取引に挑戦できるのは、ビットコインFXの大きなメリットでしょう。

▼現物取引より短時間で儲かる
ビットコインFXは現物取引よりも利益が出るスピードが早いという違いがあります。

レバレッジをかけ手元の資金が増えるほど、わずかな価格変動幅でも大きな利益を出せます

メリット③下落相場でも儲かる
ビットコインFXは価格が下がっていても儲かる仕組みがあります。

一般的に「ショート(空売り)」と呼ばれる取引方法です。

ショート(空売り)とは、取引所から仮想通貨を先に借りておき、価格が下がった時に買い戻した時の差額を利益として得る方法です。

ショート(空売り)の仕組み

ショート(空売り)を使いこなせると、どんな相場でも儲けられるトレードが可能となります。

下落時でも利益を出せる点がビットコインFXと現物の最も大きな違いでしょう。

次にビットコインFXをやる際、どのように取引所を選べばいいのかについて触れていきます。

ビットコインFXで失敗しない取引所選び

これからビットコインFXを始めるのなら、取引所選びが重要です。

少しでもお得に利用できる取引所を選びましょう。

ビットコインFXをやる取引所を選ぶ際には、おすすめの選び方が5つあります。

基準①追証の有無
基本的には追証のない取引所がおすすめです。

損失が一定以上に膨らむと、ロスカット(強制決済)が行われます。

その時、相場の急変動により口座残高以上の損失が発生すると追加で証拠金を入金する必要があります(追証)。

しかし、追証のない取引所を使うと、自分の口座にある資金以上の損失は負いません。

基準②レバレッジ倍率の高さ
国内取引所はレバレッジ取引の倍率は2倍までに制限されました。

海外では国内の法律が及ばないので、最大500倍のレバレッジ取引が可能な取引所すらあります。

倍率の高いレバレッジの取引を選ぶと一攫千金を狙えますが、同時に大損する可能性があります。

海外取引所を使うにしてもレバレッジ取引の倍率は10倍~20倍に抑えておきましょう。

基準③建玉手数料の高さ
ビットコインFXで1日以上のポジションを維持する人は、建玉手数料を注意しましょう。

建玉手数料はレバレッジ手数料とも呼ばれるものです。

取引所ごとに定められた時間にポジションを保有している場合、建玉手数料がかかります。

取引所によって手数料の金額は違うので、トレード回数が多い人は建玉手数料の安い取引所を選ぶと利益を残しやすくなります。

特に毎日のようにトレードを行う人は、1年後には万単位の利益が減るかもしれません。

実際に下記のように取引所ごとに建玉手数料は大きく違います。

・GMOコイン → 0.04%/日
・TAOTAO → 0.019%~0.025%/日
・Liquid by Quoine → 0.025%/日
・Bybit → -0.05%~0.05%/8時間ごと

あなたの投資戦略に合わせて取引所を選べると、少しでも手数料を節約できます。

基準④スプレッドの広さ
ビットコインFXをやる際には、スプレッド(買値と売値の価格差)の幅を気にしましょう。

取引所ごとにスプレットは大きく違うので、ビットコインFXの損益に関わってきます。

レバレッジ取引のスプレット

スプレットは激しく価格変動していると広がりやすく、価格が安定していると狭まる可能性があります。

国内取引所と比べると、海外取引所の方がスプレッドが狭くお得に利用可能です。

基準⑤取引量の多さ
取引量の少ない取引所を使ってしまうと、注文が通らない可能性があります。

ちゃんと注文が通ったら儲かるはずだったのに、取引量の少ない取引所だった為に注文が通らなかったら勿体ないですよね。

その為、取引所の取引量は確認必須の項目です。

ビットコインFXにおすすめの取引所

ビットコインFXをやる上で手数料も安く、追証もないおすすめ取引所は次の2つです。

それぞれの取引所の使い方は下記の記事をご覧ください。

・Bybit → 詳細はこちら
・Binance → 詳細はこちら
・FTX

追証のない取引所は海外取引所のみで、国内取引所は全て追証があります。

日本の法律では追証のないレバレッジ取引はできないので、海外取引所を選ぶしかありません。

どれも多くの日本人が利用している有名な海外取引所です。

特にBybitはFXトレードに特化した取引所で、多くの仮想通貨トレーダーが愛用しています。

ビットコインFXの取引のやり方

これからビットコインFXを始める時は、最低でも5つの取引ポイントを覚えておきましょう。

①ロングの注文の出し方
②ショートの注文の出し方
③指値と成行の注文方法
④レバレッジ取引の倍率を設定
⑤証拠金維持率の見方

上記5つのポイントを押さえておけば、スムーズにビットコインFXを始められます。

ビットコインFXの取引画面
※上記の画像はLightning FXの取引画面

①ロングの注文の出し方
ロングの注文は上記画像の①の「買い」のボタンから出せます。

ポジションの決済は「買い」の左側にある「売り」から注文できます。

②ショートの注文の出し方
ショートの注文は上記画像の②の「売り」のボタンから出せます。

ポジションの決済は「売り」の右側にある「買い」から注文できます。

③指値と成行の注文方法
指値とは、売買を行う時に価格を指定して、指定の価格になったタイミングで売買する注文方法です。

取引画面の「指値」の項目をクリックすると、売買したい価格と金額を設定できる記入欄が出てきます。

成行とは売買を行う時に価格を指定せず、現在の市場価格で注文を出す方法です。

取引画面の「成行」の項目をクリックすると、売買したい金額を設定できる記入欄が出てきます。

④レバレッジ取引の倍率を設定
レバレッジ取引の倍率は「証拠金維持率」の隣にある「(-倍)」の項目で確認できます。

「(-倍)」をクリックすると、レバレッジ取引の倍率を設定できる項目が出てきます。

⑤証拠金維持率の見方
証拠金維持率は、どれくらい資金に余裕があるのかを示す指標のようなものです。

取引所によって必要な証拠金維持率はバラバラですが、一定以下になるとロスカットや追証が発生します。

覚えておくと便利な注文方法

ビットコインFXをやるならば、成行と指値注文以外も覚えておくとチャートを見る手間を省けます

覚えておきたい注文方法は次の3つです。

▼IFD注文
IFD注文は1つ目に出した指値注文が成立した場合、利確注文も出される2段階の注文方法です。

エントリーから利益確定までを自動的に行ってくれるので、上手く利用すればチャートを見る手間を省けます。

lightning FXのIFD注文

IFD注文では上にエントリー注文を入れ、下に利確注文を入れます。

▼OCO注文
OCO注文は現在保有しているポジションの利確と損切注文を同時に出す方法です。

利益と損失の幅をあらかじめ確定させておくことができます

2つ出した注文の内どちらかが成立した場合、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

lightning FXのOCO注文

▼IFDOCO注文
IFDとOCO注文を組み合わせた注文方法です。

1つ目の注文方法が成立したタイミングで利確と損切りの価格を確定させるOCO注文が自動的に出されます。

損切りと利確の注文を出し、どちらかが成立すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

lightning FXのIFDOCO注文

エントリーから利確、損切りまでを自動的に注文できます

ビットコインFXの注意点

ビットコインFXでには3つの注意点があります。

あらかじめ知っておけば十分に対処可能なので安心してください。

▼大きな損失を負う可能性
レバレッジの倍率に応じて損失リスクも大きくなります。

無理して無謀なレバレッジ取引を行わなければ、損失は最小限に抑えられます。

最初はどれだけ高くとも10倍までにしておいた方がいいかもしれません。

▼長期保有は手数料が高くなる
レバレッジ取引は取引所から資金を借りるので、1日経過すると手数料がかかります。

手数料は1日で概ね建玉ごとに0.04%程度ですが、数時間でレバレッジ取引を終わらせると、手数料(建玉)はかからない場合がほとんどです。

▼強制ロスカットがある
ビットコインFXは取引所が定めた証拠金維持率を下回ると、取引所のシステムによって自動的にロスカットされます。

ロスカットによって損失が確定しますが、本来利用者の資産を守るシステムです。

負債が無尽蔵に膨れ上がることや、自己破産することを防いでくれます。

ビットコインFXの勝ち方10選

ビットコインFXを始めてから最短ルートで儲ける為には、適切な勝ち方を覚えておく必要があります。

全てを実践する必要はないので、自分にあった方法を取り入れるといいかもしれません。

勝ち方①まずは小額から始める
最初からビットコインFXに大金をつぎ込むと、正常な判断ができなくなる可能性もあります。

まずは少額から始め取引の流れを掴むといいかもしれません。

ビットコインFXで資産を増やせる感覚を掴めたら、投資金を増やしていきましょう。

勝ち方②マイルールを作る
ビットコインFXを始める前に、マイルールを決めておくと資産を増やしやすくなります。

下記の2つは最低でも決めておきましょう。

マイルール①利益確定ラインをあらかじめ決める
マイルール②投資戦略ごとに取引所の口座を分ける

特に利益確定ラインを前もって決めておくことは大切です。

利益確定ラインを決めておくと、感情に左右されないトレードが可能になります。

また、投資戦略ごとに使う取引所を分けておくと、ビットコインFXのやり方を改善しやすくなります。

例えば、ロングとショートで違う取引所を使えば、今の相場だと自分がロングとショートどちらが得意か一目瞭然です。

この他にもマイルールを定めることで、自分にあったビットコインFXの勝ち方を見つけられます。

勝ち方③損切り上手になる
ビットコインFXの基本は、利益を最大化して損失を最小限に留めることです。

ビットコインの価格が少しでも予想とは違う方向に進んだら、すぐに損切りしましょう。

傷口を最小限に抑えられると、次のトレードの為に投資金を残しやすくなります。

勝ち方④コスト管理を徹底する
ビットコインFXには細かなコストがかかるので、コスト管理しないと利益が減っていきます。

実際にビットコインFXをやるなら確認しておきたい手数料・コストは全部で7種類あります。

①口座の入出金の手数料
②取引手数料
③スプレッド
④建玉手数料
⑤ロスカット手数料
⑥追証
⑦仮想通貨の送金手数料

手数料・コストが安い取引所を選ぶことによって、ビットコインFXの儲けやすさが変わってきます

勝ち方⑤トレード記録を付ける
全てのトレードを記録しておくと自分の癖が分かり、自分に合ったトレード方針が見えてきます。

自分の勝ちパターンを見つけて改善していけると、勝率がみるみるうちに上がります。

まずは、過去のトレード記録を見返しながら同じ失敗を繰り返さない習慣を作りましょう。

人の性格によって儲かるトレード方法は違うので、自分なりの勝ち方を作りあげてください。

勝ち方⑥勝率を55%以上で維持する
レバレッジ取引で儲けた人の勝率は56.4%だったと国内取引所TAOTAOが公表しています。

つまり無理して勝率100%を目指さなくても勝率50%を超えているだけで儲かります。

仮に1度のトレードの損益が同じなら、勝率が50%以上だと利益が積み上がっていきます。

勝ち方⑦根拠のないトレードをしない
ビットコインFXでは1度のトレードごとに、売買タイミングの根拠を明確にしておきましょう。

根拠のない取引をやると、どうして儲かったのか損したのか分からなくなります。

儲かった理由が分かっていたら同じトレードを繰り返し、損した理由が分かっていたら同じ失敗を繰り返さない対策を講じられます。

全てのトレードに根拠があると、経験を積んでいくごとに勝利の方程式が見えてくるはずです。

勝ち方⑧テクニカル分析をマスターする
テクニカル分析とは、過去のデータから将来の値動きを予想できる方法です。

色んな種類のテクニカル分析を組み合わせると、ビットコインの価格をある程度予想できるようになります。

テクニカル分析を適切に使えたら、勝率50%を超えるのも簡単になるでしょう。

勝ち方⑨botや自動売買ツールを利用する
ビットコインFXでは自分の手で売買の注文を出さなくても自動でトレードしてくれるシステムがあります。

一般的には「bot」や「自動売買ツール」と呼ばれ、プロトレーダーの戦略があらかじめシステムに設定されているので、プロトレーダーと同じ取引ができます。

ただし、突然の暴落に対応できず、大きな損失が出る場合もあります。

勝ち方⑩ミラートレード
ミラートレードとは、勝率の高いプロトレーダーの取引を完全に真似る手法です。

自分でトレードするよりもリターンが大きくなりやすいです。

プロトレーダーのTwitterやLINEオープンチャットを参考にしたミラートレードもできますが、システムを使ってタイムラグなくトレードした方が儲けやすいでしょう。

自動売買ツールと違い、生身の人間がトレードしているので、突然の暴落が起きても即対応してくれます。

最近で言うと「Bitcopy」がミラートレードツールとして注目を集めています。

ビットコインFXにかかる税金

ビットコインFXで得た利益も、現物取引同様税金が発生します。

仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類され、給与所得などと合わせた金額に課税されます。

大きく利益を出すほど、その分税金も高くなる「累進課税」方式なので注意です。

詳しくはお近くの税務署や税理士に相談しましょう。

ビットコイン以外の仮想通貨FXも狙い目

ビットコインFXと同じ仕組みで仮想通貨FXもできるので、価格変動の大きい仮想通貨を選んでFXをやるとさらに儲けやすくなります。

例えば、リップルやネムは数週間で価格が2倍に跳ね上がりました。

このタイミングでリップルなどで仮想通貨FXができると、資産が一気に増えていたでしょう。

相場の状況によって価格が急上昇する仮想通貨は違うので、急激に値上がりしやすい仮想通貨を情報配信しているサイトを使うと、より儲けやすくなるかもしれません。

マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレスの佐久間氏は何者なのか

佐久間氏はマイニングエクスプレスの販売員の1人です。

販売員として、佐久間氏はマイニングエクスプレスでは3つの役割を担っています。

役割①セミナー講師
役割②チームリーダー
役割③仙台事務局代表

どちらもマイニングエクスプレスでは重要な役割になっています。

役割①セミナー講師

マイニングエクスプレスでは日本全国でセミナーを開催しています。

そのセミナーで佐久間氏マイニングエクスプレスの中身を説明する講師をやっています。

役割②チームリーダー

佐久間氏はマイニングエクスプレスの「髭チーム」のリーダーをやっています。

マイニングエクスプレスのようなマルチ商法ではチームの存在が大切で、チームが事業内容や勧誘方法など手取り足取り教えてくれます。

チームを育てると報酬が増える仕組みがあるので、組織作りに力を入れているのでしょう。

役割③仙台事務局代表

地域ごとにある事務局は、マイニングエクスプレスへのお問い合わせの窓口になっています。

過去に東北地方で事業を展開していたので、仙台事務局の代表になったのでしょう。

マイニングエクスプレスの佐久間氏の経歴

佐久間氏は2005年頃から様々な事業に携わっていました。

今の昔も福島県を中心に活動していたみたいです。

実際に「アパレル」「飲食店・飲み屋」「ホテル」「エステサロン」といった事業を展開していましたが、新型コロナウィルス感染症が出てくる前に事業を売却していました。

事業の売却と同時期に、佐久間氏はマイニングエクスプレスの勧誘を始めています。

佐久間氏のマイニングエクスプレスの発言が違和感

佐久間氏は下記のYouTubeにて「ビットコインを毎日稼げる」と発言しています。

しかし、マイニングエクスプレスでは直接的にビットコインは稼げません。

マイニングエクスプレスではマイニング報酬としてEEXコインが外部のウォレットに支払われます。

その外部ウォレット内でEEXコインをビットコインに換金できるので、「ビットコインを毎日稼げる」という発言になったのでしょう。

ネオプラス

ネオプラスの参加者の口コミは怪しい

ネオプラスの公式サイトにある口コミは全て具体性のない内容でした。

どんな投資をやって稼げたのか何1つも公開されていません。

口コミなのにサービスの内容に触れれずに絶賛ばかりしていて怪しく見えます。

わざと悪評は排除しているのではないかと勘繰ってしまいます。

ネオプラスの口コミ

ここまで高評価になのにネット上だけ悪評だらけなのは不思議です。

明らかに悪事を働いているのか、運営者が嫌われていない限りは悪評だらけになるとは思えません。

ただの憶測もありますが、かなりの高確率で悪評は本物なのではないかと予想されます。

ここまでネット上には風評被害に成り得る口コミが多いのに、なぜ運営は法的処置を含めて対応しないのでしょうか。

悪評の内容は本当に起こったことで、運営が反論する余地がない事実だったと言えます。

少なくてもネット上で悪評だらけなサービスが健全だとは思えませんね。

口コミで1000以上が評価した仮想通貨の稼ぎ方は資産運用の参考になるかもしれません。

評判から判明したネオプラスの実態

ネオプラスの口コミは公式サイト以外だと、ほとんど否定的な内容ばかりでした。

しかも口コミから分かる実態は悪質で、ネオプラスの参加者が損するしかないとしか思えません。

ネオプラスの悪質な実態は下記の通りです。

・謳い文句の最低1000万円相当の特別報酬はなかった
・全額返金保証で返金対応はない
・いつまで経ってもホープコインが上場しない

上記の運営実態があるので、Twitterやブログなどで詐欺だと言われているのでしょう。

ほぼ無価値な仮想通貨の販売で荒稼ぎ

ネオプラスはホープコインという仮想通貨を販売しているとネット上で噂になっています。

このホープコインは未だに上場していないので、実質的に無価値な仮想通貨と言えます。

しかも仮想通貨は安く作れるので、荒稼ぎできます。

ネオプラスの口コミ評判まとめ

・ネット上では悪評がほとんど
・公式サイト掲載の口コミだけ絶賛
・誇張表現が多く、ほぼ嘘ばかり