DSHジャパンが有益な仮想通貨情報を教えてくれるかは疑問

DSHジャパンとは

DSHジャパンは仮想通貨の勉強会を開催する会員制コミュニティです。

参加しようと思って気軽に入れるコミュニティではなく、紹介を受けなければ参加できない仕組みになっています。

DSHジャパンの目的は「仮想通貨の最前線を学び、稼げる可能性の高い分野から乗り遅れないようにしよう」というものです。

今はWEB3.0と言われる新しい時代が訪れようとしています。

WEB3.0はGAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)などのIT系大企業によってデータが管理されている状況からの脱却を目指す考え方のこと。

WEB3.0と仮想通貨は密接な繋がりがあり、「Internet Computer(ICP)」など「WEB3.0銘柄」と言われているプロジェクトも多数存在しています。

WEB3.0に関するプロジェクトは大手企業からの注目度も高く、実用化に向けて動き始めている最中です。

しかしながら、流れの早い仮想通貨業界の最先端を追うことは労力が伴います

そこで情報収集の手助けをしてくれるのがDSHジャパンというイメージですね。

次にDSHジャパンに参加すると具体的に何ができるようになるのかを紹介していきます。

DSHジャパンで出来ること

DSHジャパンに参加するメリットは大きく分けて2つだと言われています。

▼資産運用方法の紹介
DSHジャパンに参加すると、「Dream Finance」と言われるDeFiサービスを紹介してもらえるようです。

DeFi」とは仮想通貨技術を絡めた金融サービスを意味しています。

簡単に言うとDeFiサービスにお金を預けて金利を受け取ったり、仮想通貨の貸し借りを行うことができます。

DSHジャパンでは安全なDeFiサービスとしてDream Financeを紹介。

Dream Financeに資金を預け入れると、DFという仮想通貨を金利として受け取れるようです。

▼通常では購入できない仮想通貨が買える
DSHジャパンには海外とのパイプがあり、今後高騰期待の仮想通貨を購入できるチャンスに恵まれるようです。

つまり一般の投資家には出回ることのないような仮想通貨を購入できるということです。

ただ、調べた限りDSHジャパンが紹介した仮想通貨が実際に上がったのかどうか情報は得られませんでした

今のところ実際に購入できた方はまだいらっしゃらないのでしょうか。

「DSHジャパンに紹介してもらった仮想通貨を買ったよ」という方がもしいたら情報を寄せていただければ幸いです。

ここまで読んでDSHジャパンに参加する価値はありそう!と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

DF(Dream Finance)の安全性

DSHジャパンが安全なDeFiサービスとして紹介しているDream Financeですが、調べるほど本当に安全なDeFiなのかどうか疑問が出てきました。

その理由は次の2つです。

▼フォロワー数が少ない
Dream Financeの公式Twitterアカウントのフォロワーは1453人(2022年10月現在)。

Dream finance

日本人だけではなく世界に向けて展開しているサービスとしては知名度は低く、マイナーなサービスであるのは間違いないでしょう。

世界的に安全なDeFiサービスとして言われている「Compoundの公式Twitterアカウント」のフォロワーは23.7万人。

個人的にはフォロワー数の多さは信頼性を測る重要な指標だと思っているので、DSHジャパンが何をもってDream Financeを安全だと判断しているのか疑問が残ります。

▼公式サイトが閲覧できない
2022年10月現在、Dream Financeの公式サイトを閲覧しようとすると、ウイルスソフトが起動し閲覧できない状態です。

Dream financeの公式サイト

数日前までは閲覧できていたようですが、何かあったのでしょうか。

サービス内容以前にそもそも金融機関のサイトを開けないのは、信頼以前の問題のような気がします。

あくまでも一時的なトラブルによって閲覧できなくなっているだけならばいいのですが…。

DSHジャパンが有益な情報を教えてくれるかは疑問

仮想通貨の最先端を学び、稼げる波に乗る術を教えてくれるらしいDSHジャパン。

たしかにDSHジャパン勧誘の通り、仮想通貨の最先端は稼げる可能性の高い分野です。

仮想通貨に関する正しい知識をつけることは、稼げる可能性を広めることにイコールだと思います。

しかしながら、Dream Financeを安全なDeFiとして紹介している点は疑問ですね。

他にも信頼度の高いDEFiサービスはいくらでもあるので、なぜにDream Financeなんだろう?と思うばかり。

DeFiとは違いますが、最近は「FXAIパートナーズ」のように利用者から高い評価を集めているサービスもあります。

波乗りジョニーのサムネイル画像

波乗りジョニーとは

波乗りジョニー(本名:ポール・ジモン)はドバイ在住のFXトレーダーです。

過去には5000万円の自己資金を約1年半で3億円まで増やすことに成功しています。

仮想通貨に関しては1000万円を2億円まで増やしています。

また、10万円チャレンジという企画では、約1週間で10万円口座を14倍の140万円に増やすことに成功

波乗りジョニーの10万円チャレンジ

10万円チャレンジは負けトレードも公開していることから、嘘ではなく本物トレードの可能性も高そうです。

約1週間で130万円の利益と聞くと凄そうですが、今は値動きが激しい相場が続いており短期で稼ぐにはうってつけとも言えます。

FXAIパートナーズ」のようにドル円において高い価格予測精度を持つサービスもあるため、兼業トレーダーでもFXで稼ぐハードルは下がっているように感じます。

話が少し逸れましたが、波乗りジョニーがFXトレードを始めたのが2008~2009年頃。

2013年に単身渡米しニューヨーク・ウォール街にあるプロップ・ファームで修行を経て、2015年に独立、自身のプロップ・ファームで運用を始めます。

プロップ・ファームとは、会社の自己資金を投資運用することで利益を得る会社のこと。

波乗りジョニーのプロップ・ファームでは、ベンチャー投資や仮想通貨投資などを行う傍ら、サロンの運営を行っています。

ただ、そのサロンの入会費が高額すぎると一部で話題になっています。

波乗りジョニーサロンの実態

波乗りジョニーは、「ZEMON FAMILY」と「波乗り道場」の2つのコンテンツのオーナーです。

「波乗り道場」については、入会金が10万円(税込)で入会後3ヶ月利用することができます。

波乗り道場の参加費用

入会後3ヶ月以降は、月額9,800円(税抜)となっています。

仮に1年間波乗り道場に入会すると、10万円(入会金10万円)+8万8千200円(税抜き)となり20万ほど費用が必要です。

FXサロンの会員費相場は2000円から4000円が多いことを考えるとかなり強気な値段設定

ただし、以前の波乗り道場は入会金が65万円だったようなので、それを踏まえると良心的な値段設定になった方でしょうか。

読みなよ。のMilk」「チャートマスターアカデミー」「ジャパントレーダーズアカデミー」など最近は30万円超えの高額FXサロン・スクールも多く見られますね。

2022年3月末時点では、「波乗り道場」に新規に入会することができず、次回開催の案内を受取るために、メールマガジンの無料購読を勧められます。

「ZEMON FAMILY」に参加するには、現状、「波乗り道場」生のみ参加することができる制約がついています。

現時点では、2つのサービス共に、入会することができませんので注意が必要です。

肝心の波乗り道場の評判はというと、「波乗り道場のおかげで勝てるようになった」との声を確認できる一方、「中々勝てない」との意見も。

▼サロンの評判①
波乗り道場の評判

▼サロンの評判②
波乗り道場の評判

波乗り道場の代名詞ともいえる「波乗り波動論」のおかげなのか、利益を出せたとの評判を見かけます。

▼サロンの評判③
波乗り道場の評判

ただ、あくまでもサロンで教えてもらった内容を嚙み砕き自分のものにする必要があるため、使い手に左右される部分はあるようです。

波乗りジョニーのトレード手法

波乗りジョニーのトレードは基本的に逆張りを狙ったトレードがメインです。

「逆張り」は大半の投資家の思惑とは反対の方向に対して投資することになるため、ハイリターンが狙える投資手法です。

具体的なトレード手法は大きく分けて3つで構成されています。

▼波動論
波乗りジョニーは「波動論」と言われる独自の手法を唱えています。

これはFXのチャートに限らず、心拍計などエネルギーを持つものは全て同じパターンで構成されているというもの。

簡単にいえば、チャートは規則的に動いているに過ぎないとの考えです。

だからこそ、規則性をチャート分析に落とし込んだフィボナッチによる分析が最も合理的と語っています。

波乗りジョニーのyoutube動画

フィボナッチ数列を用いた「フィボナッチリトレースメント」は、直近の高値と安値をもとに押し目や反発点を予測するインジケーター。

実際にチャートを見てみると、フィボナッチリトレースメントで引かれた水平線を意識した値動きをしていることがわかります。

フィボナッチリトレースメントによる分析

波乗りジョニーはこのフィボナッチリトレースメントで反発・トレンド転換するタイミングを狙った手法を利用しているようです。

波乗りジョニー以外にも「Pepper」などフィボナッチを手法に取り入れるトレーダーは多くいます。

▼EMAとの乖離を狙う
波乗りジョニーは、EMA(指数平滑移動平均線)との乖離を狙った「逆張り」も多用しています。

EMAはSMA(単純移動平均線)よりも短期の値動きに敏感に反応するのが特徴です。

ロウソク足とEMAとの乖離が広がった場合、乖離を元に戻そうとする性質があるため、そのタイミングで逆張りポジションを持つことで優位性の高いトレードが可能。

実際にチャートを見てみると、EMAとの乖離が広がった青丸のタイミングで逆張りした場合、見事に反発が確認できます。

波乗りジョニーのEMAトレード

波乗りジョニーはどちらかと言うと短期トレーダーのため、短期で値幅が狙えるタイミングでのトレードを意識しているようです。

▼資金管理
波乗りジョニーは少ない資金でFXを始めるのであれば、1トレードのリスクを上げるべきだと語っています。

とはいえ全額を一気に突っ込むのではなく、10万円の資金があれば3万円ずつ3回に分け、複数回フルレバレッジでトレードするという考えです。

資金を複数回に分けてトレードする手法は、「及川圭哉(fxism)」など「有名FXトレーダー」の多くが語っている資金管理方法。

10万円を1回トレードするのではなく、3万円を3回トレードした方が挑戦回数を増やせる点では大きなメリットがあります。

また、波乗りジョニーはトレード手法だけではなく、心の在り方にも重きを置いています。

波乗りジョニーのマインドセット

波乗りジョニーがFXトレードをする上で大切にしている考え方は次の6点です。

▼逆張り思考
波乗りジョニーはトレンドを理解した上での逆張りが短期で資産を増やすカギだと語っています。

日本の株式相場で有名な相場師に、山崎種二と言う人がいました。

山崎種二の相場手法がまさに逆張り志向で、「人が右向けば、自分は左」と言った投資手法。

株やFXに関わらず巨額の資産を築いてきた投資家も、逆張りを狙ったことで資産を一気に増やした人が多くいます。

▼人は相場に対して無力
イーロン・マスク氏やドナルド・トランプ氏の様に、中には相場を動かせる人物はいますが、多くの投資家は、個人の力で相場を動かすことはできません。

だからこそ、他の投資家が今の相場に対してどのような感情を持っているのかを想像することが大切。

また、相場をコントロールすることはできないからこそ、資金管理によって退場しないことが求められると波乗りジョニーは語っています。

▼質の高いチャレンジを続ける
波乗りジョニーは質の高いチャレンジとは、本質を理解した挑戦だと説いています。

百聞は一見に如かずで、何事もやってみないと始まりません。

まずは結果を求めずにチャレンジしていく精神が重要です。

▼お金の本質を理解
お金そのものに価値があるわけではなく、何かと交換した時に初めて価値が生まれる。

だからこそ、お金の本質を理解するためにお金を稼ぎたいと思うのではなく、稼いだお金で何をしたいのかを考えることが重要だと語っています。

この点に関しては「漁師トレーダー翔」もFXトレードで稼いだ自分をイメージし、その後に何をしたいのか考えることが重要だと語っています。

▼自分と向き合う
「相場は集団心理の集合体」であり、自分自身もその集団の一部。

チャートと向き合うことは自分と向き合うことにもなると波乗りジョニーは語っています。

そして、トレードに勝てないのは自分に原因があるとも述べています。

だからこそ、自分のトレードを記録しトレードの癖やパターンを理解しておくことが重要なのでしょう。

▼コミュニティを大事にする
FXトレードは孤独な闘いです。

時には負けトレードが続き、モチベーションが低下してしまうこともあるでしょう。

そんな時にコミュニティを大切にすれば、刺激をもらえモチベーション維持に役立つと波乗りジョニーは語ります。

FXで重要なのはモチベーションを維持し、トレードを辞めないこと。

その上で同じ志を持つ仲間の存在は心強いものになるでしょう。

波乗りジョニーは過去に商材を販売

波乗りジョニーは2018年頃にポールジモン名義で「フラッシュゾーンFX」なる商材を販売していました。

「フラッシュゾーンFX」とは波乗りジョニーが多用するフィボナッチリトレースメントが主軸のロジックになっているようです。

波乗りジョニーのフラッシュゾーンFX

「フラッシュゾーンFX」といい「波乗り波動論」といい、フィボナッチリトレースメントに絶対的な信頼を寄せているように感じますね。

フラッシュゾーンFXの評判自体は決して悪いものではなさそうでした。

フラッシュゾーンfxは買った商材の中でも比較的良かった印象がある。超初心者の人でも何をどうすればいいか全部決まっていてわかりやすかったから。でも、本当にセンスある人ならこれだけで資金増やし続ける事ができるかもしれないけど、結局未来の相場がわからない限り、きついと思った。
Twitterより引用

フラッシュゾーンFXって手法が流行ってたみたいで自分買いたいなって思ったけど、もう売ってなかった
でも、誰かの検証動画とかサイトを見てたらその手法がなんとなく見えてきて、検証したら意外と勝てることがわかった
前にこの手法を購入した人がいたらFXの聖杯をゲットしてるのかもしれない
Twitterより引用

ちなみにフラッシュゾーンFXは、2022年現在すでに販売終了している商材です。

波乗りジョニーの評判

波乗りジョニーの評判について良い・悪いそれぞれ紹介していきます。
 
▼良い評判

FXで本当に勝てるのかと自分自身に疑心暗鬼になっていた時、大将の動画に出会いZFに引き寄せられて、今年の1月に3期生として参加。

あれから11ヶ月経ちトレーダーとして結果を出せていることを、改めて大将やTENMEIの皆さん、そしてZFに関わる全ての方々に感謝申し上げたい

5ちゃんねるより引用

FXに出会い、苦節5年。
給付金の10万から1,000万まで達成しました。

勝てるようになったきっかけは、ジョニーさんのYouTubeに出会ったからです。

感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。

5ちゃんねるより引用

波乗りジョニーのサロンに入会したことによって、FXトレードのスキルが向上したという意見が多く見られました。

▼悪い評判

FX波乗りジョニーさんの動画で変なことを言っている。スピリチュアルな話は話してもらっても構わないが、健康食品の話になるとこれは疑わしい。健康食品を食べないとFXで勝てないというのだろうか?億トレや著名な投資家は皆健康食品を食べていると言うのだろうか?ただの怪しい商売の話なんじゃないか

本人は何も教えてくれない。
自称プロップトレダーがどこでも教えているような初歩的な事を教えているのと、
フルオートアルケミストとかいう詐欺商材売ってドバイへ逃げた詐欺師が下手くそな練習を披露しているだけ。

5ちゃんねるより引用

波乗りジョニーに対して「胡散臭い」「下手くそ」「経歴は嘘」という辛辣な意見も確認できています。

良い評判がある一方で否定的な意見も一定数あることを覚えておきましょう。

人気になるほどアンチが沸いてしまうのは仕方ない部分かもしれませんが。

FXトレーダー波乗りジョニーのまとめ

波乗りジョニーは5000万円の資金を1年半で3億円まで増やした凄腕トレーダー。

サロンの入会費は高額にも関わらず評判が良く、「トレードスキルが上がった」との声も確認できました。

しかし、「宗教じみてる」「胡散臭い」などのアンチも一定数存在しています。

波乗りジョニーの手法はシンプルなものが多くマネできそうにも思いますが、使い手に左右される部分が大きいのは間違いありません。

波乗りジョニーの手法を理解し、自分のモノにするには一朝一夕ではいかないでしょう。

最近は「FXAIパートナーズ」のようにチャート分析や検証の手間を省いてハイリターンが狙えるサービスもあるので上手く活用していきたいものです。

マーケットピークのサムネイル画像

マーケットピークとは

マーケットピークはMLM(ネットワークビジネス)と仮想通貨を組み合わせた投資商品です。

2021年9月頃日本へ上陸し、2022年現在も話題になっています。

何でも月利3%以上稼げると勧誘が活発に行われているようです。

▼会社概要
会社名:MarketPeak(マーケットピーク)
代表:SBRGEJ HECK(セルゲイ・ヘック)
設立:2017年
所在地:UAE・ドバイ

すでに5年続いているマーケットピークですが、怪しいという意見は少なくありません。

マーケットピークが怪しいと言われる理由

マーケットピークが怪しいと言われている理由は次の5つです。

▼日本法人がない
マーケットピークの本拠地はドバイにあります。

日本人に対して事業を展開しているのであれば日本法人があってもいいようなものですが、日本法人はありません。

もちろん金融庁の許可を取って事業展開しているわけでもないのです。

そのため、何かトラブルに巻き込まれてしまっても自己責任で片付けられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

▼ネットワークビジネス×仮想通貨
そもそもネットワークビジネス×仮想通貨の投資商品は出金できなくなるなど、トラブルに巻き込まれるケースが後を絶ちません

有名なところで言えば、「ジュビリーエース」や「マイニングエクスプレス」。

どちらもセミナーが頻繁に開かれ、勧誘活動が行われていた投資商品です。

ジュビリーエースに関しては不正に資金を集めていたとして、セミナー講師である玉井暁氏など複数名が逮捕されいます。

玉井暁氏は650億円という驚異的な金額を勧誘によって集めていたとの情報も。

ネットワークビジネスと仮想通貨の組み合わせが全て悪とは申し上げませんが、長年この業界を見てきた立場からすると、まともな投資商品を探す方が難しいという印象です。

ジュビリーエースやマイニングエクスプレスで出金トラブルが発生するようになってからは、自分の手元で資産を運用する方法に注目が集まっています。

中でも「FXAIパートナーズ」はAIが導き出した情報通りにトレードするだけでハイリターンが狙えるとして評判です。

▼悪質な勧誘が行われている
ネットワークビジネスでは紙での概要書面交付が義務付けられていますが、マーケットピークでは書面での交付は行われていないようです。

「マーケットピーク」さん
ネットワークビジネスである以上、紙での概要書面交付が義務付けられています!電車データでOKの法律はまだ可決されてません!笑
概要書面を渡してなければ【特商法違反】なので、会員が返金を求めたら全額返金をしなアカンけど大丈夫か?笑
Twitterより引用

マーケットピークでは紹介者を増やすほど自分にとってメリットがあるため、自分勝手な勧誘を行っている層がいるのでしょう。

自分が稼げれば関係ないと考える一部の利用者自らが、マーケットピークの評判を落としてしまっているわけですね。

▼海外サイトでは詐欺認定されている
海外サイト「PONZI PEDIA」ではマーケットピークが詐欺であると認定しているようです。

マーケットピーク ポンジスキーム

というのもマーケットピークのCEOであるSergej Heck(セルゲイヘック)が以前ポンジスキームに関与していたとのこと。

マーケットピークのセルゲイヘック

ポンジスキームとは新規参加者の資金を、あたかも事業で収益が出ているかのように見せかけ他の投資家に配当金として支払う詐欺的手法です。

ポンジスキームは新規参加者が入り続ける内は自転車操業で乗り切れますが、新規参加者が入らなくなると資金繰りが出来ずに経営破綻します。

上で紹介したジュビリーエースやマイニングエクスプレスも、ポンジスキームだと言われ続けていました。

▼どのように利益をあげているのか不明
元々マーケットピークは金融、ブロックチェーン、DeFi分野について理解を深めるために設立された会社です。

ただ、具体的にどのような事業で収益を上げているのかは不透明で、ユーザーがパッケージを購入すればマーケットピークの利益になることくらいしかわかりません。

ユーザーに配布する資金の出所はどこなのかが不透明な点も、マーケットピークがポンジスキームと言われる理由の1つでしょう。

マーケットピークの評判

マーケットピークの評判を調べてみましたが、怪しいと言われているだけあってネガティブな意見ばかりが確認できました。

▼評判①

かつてマーケットピークに勧誘され、数十万円取られた者です。
特商法に基づいて返金の請求をしたら、連絡が来なくなりました。
お金を取り戻したいと思っています。
何か情報提供や動き等ありましたら教えてください。何卒よろしくお願いします。

▼評判②

初めに安いのを買わせて後に高いのを買わせる
そうすると返金出来ないようにする
やってんなマーケットピーク
完全に嵌められた

▼評判③

これを誘ってくるような友達は特別な理由がない限り距離を置いたほうが賢明と思われます.←多分洗脳済み
単なるマルチ商法ならまだマシなんですが,売っているのはゴミコイン($PEAK)の購入権とマルチ勧誘のノウハウです.
友達等を勧誘してその何%かを受け取るスキームで,お金も信用も失います

実際に投資してみなければわからないこともありますが、マーケットピークの場合は後悔している方が多いようです。

利用者の評判はサービスの質を映し出す鏡とも言えます。

口コミや評判を参考にし、慎重に見極めていきたいものですね。

報酬制度の仕組み

マーケットピークは月利3%の報酬を受け取れるようですが、より多く稼ごうと思ったら紹介が必須

マーケットピークの紹介報酬制度は全5つです。

マーケットピークの紹介報酬制度

・直紹介ボーナス
・サイクルステップボーナス
・マッチングボーナス
・キャリアボーナス
・グローバルボーナス

マーケットピークのパッケージ詳細

マーケットピークには全10種類のパッケージ商品が用意されています。

マーケットピークに投資する際にはこのパッケージを購入することになるようです。

パッケージの購入費用は125ドルから250,000ドルまでとピンキリ

マーケットピークのパッケージ内容

日本円換算すると約18,000円から3,600万円です。※1ドル144円計算

マインドセット:125ドル
クリプト:750ドル
オールイン:2.000ドル
アドバンス:4,500ドル
シルバー:7,500ドル
ゴールド:10,000ドル
ダイアモンド:15,000ドル
エンパイア:50,000ドル
カントリー:100,000ドル
ワールド:250,000ドル

より高いパッケージになればなるほどサポートやコンテンツが充実し、紹介者を増やしやすくなったり稼ぎやすくなっていくようです。

しかしながら、アドバンス以上のパッケージを購入した場合、クーリングオフを拒否されるとの情報もあるので注意が必要でしょう。

マーケットピークで稼げるかどうかは勧誘次第

マーケットピークは勧誘して紹介者を出す前提での報酬制度になっています。

そのため、勧誘するつもりはないと考えている方は、マーケットピークに投資する意味はないと言っても過言ではないでしょう。

そもそもマーケットピークにはポンジスキーム疑惑も出ているため、個人的には投資したくないなと思ってしまいます。

ジュビリーエースやマイニングエクスプレスのように出金できなくなってしまうリスクを考えると、他の投資を検討した方が良さそうですね。

それに最近は「FXAIパートナーズ」のようなサービスもあり、無理に勧誘せずとも投資で稼ぐハードルは下がっているように感じます。

NOBU塾のサムネイル画像

NOBUの経歴

現在トレーダー兼Youtuberとして活躍するNOBUは、野村証券やソニー生命など一流企業に勤めていた経歴があります。

大学卒業後
2005年:野村證券(京都支店)にて法人及びリテール営業・資産運用セミナー講師
2009年:ソニー生命(代理店営業本部)にて保険代理店の開拓と育成業務に従事
2014年:会計事務所にて非常勤役員として経営コンサルティング業務に従事(現職)
2019年:一般社団法人にて「量子力学コンサルティング業会社」を設立(兼業)
2021年:NOBU塾(Home Teacher~Zoomで家庭教師~)始動(兼業)

トレーダーになれば誰でも老後問題は解決できる!をモットーにし、お金の悩みから抜け出すための術を情報配信しています。

NOBU自身投資歴は18年を超えるベテラントレーダーです。

プロフィールによるとNOBUは、これまでに短期トレードで100万円を約9,000万円にした経験があるとのこと。

最近は「FXAIパートナーズ」のようにAIのシグナル通りにトレードをするだけでハイリターンが狙えるサービスもあり、FXで稼ぐハードルは下がりつつあるように感じます。

そんな中NOBUは試行錯誤の末にトレード手法を確立していったようです。

NOBUのトレード手法

NOBUのトレード手法は水平線やダウ理論を用いたとてもシンプルなものです。

再現性は高く、マスターすればトレード勝率を上げるきっかけになると思います。

▼水平線トレード
NOBU式水平線トレードのポイントは次の3点。

1.多くのトレーダーが意識しているであろう反発の多い箇所に水平線を引く
2.一度水平線を抜けたところではエントリーしない
3.戻しを待って高値を抜けたらエントリー

実際のチャートに照らし合わせると、

水平線を抜けた赤丸ではエントリーせず、赤丸の高値を抜けた緑丸でエントリーを仕掛けます。

nobuのトレード手法

一度水平線を抜けただけではダマしにあう可能性もあることを考慮した損失リスクを抑えたトレード手法ですね。

▼ダウ理論トレード
ダウ理論は世界中で最もメジャーなテクニカル分析手法とも言えます。

漁師トレーダー」など「有名FXトレーダー」の多くが利用する鉄板手法の1つです。

NOBUは複数あるダウ理論の中でも、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」という法則に従ってトレードを行っています。

ダウ理論

前編【FX】負けないチャートパターン!この形が現れた時にだけトレードする!」の動画では、ダウ理論を基本としたトレード手法について解説しているので参考になるかと思います。

NOBUのトレードルール

NOBUはテクニカル分析もファンダメンタルズ分析も重要だが、「ルールを守り続けることはさらに重要」だと語っています。

NOBU自身がトレードの際に守っているルールは10個。

FXにあまり時間を割けないサラリーマンはルールが10個もあったら中々トレードできないため、専業トレーダーだからこそできることでしょう。

兼業トレーダーの場合は、そこまでガチガチにルールを設定する必要はないかなとも思います。

▼予想と違ったら損切り
NOBUが意識する損切り方法は、「〇〇pips逆行したら損切り」というものではなく、自分の予想に反した動きをした瞬間の損切りです。

そもそもトレードをする前に利確と損切りのポイントを決めておくことは大前提

あらかじめ損切りポイントと決めたところまで達した瞬間に損切りするとのこと。

損切りできないという悩みは、誰もが通る道とも言えます。

傷を浅く済ませるという意味でも、あらかじめ損切りポイントを決め、確固たる意志で損切りしていきたいものですよね。

NOBUがおすすめする利確、損切りの目安は、あらかじめ引いておいた水平線に当たったタイミングです。

▼リスクリワード1:2
NOBUはリスク1に対してリターンが2期待できる局面しかトレードしないと決めているようです。

例えば、下図のように水平線にタッチでエントリーし、損切り1に対して利確ラインが2になるようなトレード方法。

リスクリワード1:2

1度のトレードで利益を狙える期待値が高いトレードができれば、トータルで利益を積み重ねていけるようになります。

▼経済指標の発表後は待つ
NOBUはチャートが激しく動く経済指標発表後は最低30分間トレードをしないとのこと。

重要度の高い経済指標になるほど、値動きの激しさは増し、価格予想の難易度も上がります。

上手く波に乗れれば一気に利益を増やせますが、運要素が絡むのも事実。

羊飼い」のように経済指標こそ一番の稼ぎ時と考えるトレーダー、ハイレバレッジで一撃を狙う「ハイトレFX億トレーダーへの道」のようなトレーダーもいますが、NOBUはリスクを避ける安定志向のトレーダーと言えそうですね。

▼ブレイクアウトは取引NG
NOBUはレジスタンスライン、サポートラインを抜けた直後のエントリーはしないと決めているようです。

理由はとてもシンプルでダマしにあう可能性があるから。

大口投資家はラインブレイク後に多くのトレーダーがエントリーすることを逆手にとり、反対方向にポジションを持つこともあります。

そのため、ラインを抜けたと思っても大きく戻されることも珍しくありません。

ダマしにあう可能性を避けるため、NOBUはブレイクアウト後に再度高値・安値を更新したタイミングでのエントリーを心がけているようです。

▼レンジは取引NG
チャートが上下を行ったり来たりするようなレンジ相場の時は焦ってトレードせず、その後くる大きな値動きまで待つべきだと語っています。

そもそもレンジ相場はチャートがどちらに行くか迷っているような状態、レンジ相場が続くほどパワーが蓄積され、抜けた時に激しい値動きがくると言われているのです。

いずれレンジを抜ける時がくるのだから、無理に難しいレンジ相場を触ることはないという考え方ですね。

▼他通貨の値動きを監視
FXにはドル円以外にもポンド円や豪ドル円など様々通貨ペアが存在しますが、チャートを見ていると互いに相関関係にある通貨ペアも見えてきます。

例えば、ドル円とユーロ円は同じような値動きをすると言われています。

ユーロ円が下がっているけどドル円は上がっている場合、いずれドル円に引っ張られてユーロ円も上がる可能性があると考えられるわけです。

▼ゴトー日は待機
毎月5日、10日のように5と10の付く日をゴトー日と言います。

この日は銀行の資金決済が多くなるため、実需のドル需要が多くなる傾向にあります。

FX市場でもゴトー日の仲値(9:55)にかけて取引が活発に行われ、ドル円を中心にトレンドができやすい傾向にあるのです。

ただ、乱高下する可能性も高いことから、NOBUはゴトー日の午前9時15分から55分までの30分間はトレードしないように心がけているとのこと。

▼欧州・アメリカ市場開始時は気を付ける
16時の欧州と22時半のアメリカ市場開始時は、急激なトレンドが発生しやすい時間帯です。

逆張りでエントリーを試みると、あっという間にロスカットしてしまう可能性もあるので注意が必要。

逆を言えば、欧州・アメリカ市場で発生したトレンドに上手く乗ることができれば利益を出しやすいとも言えます。

▼ファンダメンタルズは監視し続ける
NOBUはファンダメンタルズを監視する方法としてTwitterを活用しています。

その理由はネットで調べるよりも情報が早いためです。

ファンダメンタルズを監視するためにフォローするアカウントの選定ポイントは次の3つ。

・フォロワー15,000人以上の実績あるトレーダー
・経済ニュースをリアルタイムに配信してくれるトレーダー
・経済ニュースが相場にどのような影響を与えるのか解説してくれるトレーダー

▼得意とするチャートパターンまで待つ
NOBUを含め、多くのFXトレーダーが口をそろえて言うのは、「待つのもトレードの内」という言葉。

やみくもにトレードして資金を減らすくらいならば、自分が勝てると感じる相場が来るまで待った方が良いという意味が込められています。

特に兼業トレーダーの場合トレードに充てられる時間が限られるため、ポジションを持ちたくなってしまうものです。

NOBU塾の評判

NOBU塾は市況の的確さとわかりやすい解説に定評があり、評判は上々です。

中には「NOBU塾だけ見ていれば大丈夫」という最高の誉め言葉も確認できました。

多くのFX系インフルエンサーに当たりの厳しい5ch住人たちも、NOBU塾の分かりやすく鋭い考察を評価しているようです。

▼評判①

極端ですけど、もうNOBU塾さんだけ見てれば大丈夫な気がしますよ〜
ここまで相場が読める人って居るんだな〜って驚きです

鵜呑みにせず上手に読み解けばお小遣いは稼げると思いますよね

▼評判②

nobu塾当たりすぎて怖い
本当はこういうの良くないけどnobu塾信者になればかなり安定しそう
nobu塾と見解が対立したときはエントリーしないという自己規制を設けるのが良いかもしれん

▼評判③

8月15日から暴落するとかいう
nobu塾の予想大外れで草www

もちろん相場予測は百発百中とはいかず、予測を外したことへのネガティブな意見は少なからず見られます。

NOBU塾の情報全てを鵜吞みにするのではなく、あくまでも参考の一つとして捉えた方が良さそうですね。

歴史的円安相場となっている今、ドル円の価格予測を次々と的中させている「AI搭載の投資サービス」が人気を集めています。

興味があれば参考にしてみてもいいかもしれません。

NOBUはトレードブックを販売

NOBU塾では18年に渡るトレードから学んだ全ての「失敗事例」「成功事例」「トレード哲学」「297のチャートパターン」を納めたトレードブックの販売も行っています。

NOBU塾のトレードブック

これまでNOBUが得た知識が300ページ惜しみなく書かれ、全ページに解説も書かれているとのこと。

トレードブックがいくらなのか金額に関する記載はされておらず、詳細はメールで問い合わせる必要があるようです。

気になる方は問い合わせてみてもいいかもしれません。

NOBU塾のまとめ

NOBU塾はチャンネル登録者数18万人越えの人気youtuber。

実戦的なトレード手法から市場予測まで、幅広いコンテンツを配信しています。

また、NOBU塾のトレード手法はシンプルでありながら実用性のあるものばかり。

しかしながらシンプルがゆえに、使い手の力量に左右される部分が大きいようにも感じます。

検証を繰り返しながら、嚙み砕いて自分の武器にしていく意識が必要でしょう。

トレード検証を効率的に行える「FX検証ソフト」も人気なので利用を検討してみてもいいかもしれません。

Pi networkのサムネイル画像

パイネットワーク(Pi Network)の最新情報

パイネットワークに関する最新情報として、KYCや上場に関する情報が入ってきています。

▼KYC完了者が続々
KYC(本人確認)の完了はおろか、申請すらできない方が多かったパイネットワークですが、6月に入ってからKYCが進んでいる方が増えているようです。

パイネットワークのkyc

どうやら5月にKYC認証を行う人材強化に努め、その結果承認がスムーズになりつつあるとのこと。

とはいえ全員がKYCを完了できるのはまだまだ時間がかかると考えられるため、あまり焦らずに待ちましょう。

▼支払い可能店が急拡大
韓国では2021年から1年足らずで、支払いにπコインを利用できる店舗が倍以上に拡大しています。

パイネットワークの支払い可能店

現在日本以上にパイネットワークで盛り上がりを見せているのが、韓国やマレーシア、フィリピンなどのアジア諸国。

まだ取引所に上場していないのに価格はどうやって決まっているの?と思いますが、現地の店がそれぞれ独自のレートを設定しているのかもしれませんね。

また、日本でもついにPiコイン対応の店舗が誕生。

πコイン対応店舗
Twitterより引用

正式に決済手段として利用できるのはメインネット移行後ですが、店頭販売であればテストπでも商品と交換可能とのことです。

▼上場に関する最新情報
2022年8月現在、まだ取引所に上場していないπコインですが、一説によると2022年末に上場するのでは?という意見もあるようです。

また、上場価格は300ドルを超えるとの見方もあります。

どちらも確固たる証拠があるわけではなく、あくまでも噂話として頭に入れておきましょう。

パイネットワークのようなマイニングアプリ同様、最近は「FXAIパートナーズ」のようなAIを搭載した投資サービスにも人気が集まっています。

AIが抽出した情報通りにトレードするだけでハイリターンが狙えると評判になっているので、比較検討してみるのもアリだと思います。

パイネットワーク(Pi Network)とは

パイネットワークはスマホアプリでできる無料マイニングサービスです。

毎日アプリにログインし1度クリックするだけで、自動的に仮想通貨Piのマイニングを行ってくれます。

パイネットワークは全世界で注目を集め、ユーザー数は2500万人を超えているともいわれています。

パイネットワークでマイニングを行うと、独自通貨の「π(パイ)」をもらえます。

ビットコインのマイニングは大量の電気を消費し、環境に優しくないと問題視されていますが、パイネットワークはスマホアプリで完結できるので、省エネ・省コストでマイニング可能

中にはパイネットワークは「ビットコインを超える可能性を秘めた仮想通貨」と言っている人もいるようです。

次にパイネットワークのメリット・デメリットをまとめておきます。

パイネットワークのメリット

パイネットワークのメリットは大きく分けて3つあります。

▼無料でマイニング可能
Pi Networkは初期費用がかからず、スマホ一台あればすぐにマイニングを始められます。

ビットコインのマイニングの場合、マイニング機材を揃えなければマイニングできません。

マイニング機材も決して安くはないので、最初は赤字からスタートすることになります。

その点パイネットワークは初期費用で気軽に始められます。

▼紹介者を増やすとマイニング報酬が増える
パイネットワークは紹介報酬制度を採用し、知人や友人を紹介することで、日々のマイニング報酬を増やせます。

厳密にいうと、紹介者を増やすことでマイニング速度が向上する仕組みのようです。

ただ、マイニング報酬が増えるのは自分が直接紹介した人のみ、紹介した人がさらに他の人を紹介してもカウントされません。

▼Pi Networkが大化けする可能性もある
Pi Networkの独自通貨πは、2021年11月現在取引所に上場しておらず市場価値はありません

しかし、今後取引所に上場し、独自通貨の価格が高騰する可能性も残されています、

例えば、1,000πを貯め上場後に1π=100円の値段がつけば、それだけで10万円の利益になります。

200円、500円とπが高騰すれば、無料でもらえた仮想通貨で大きな利益を得ることも可能。

パイネットワークのデメリット

パイネットワークのデメリットは大きく分けて次の3つです。

▼Piコインに価値がつかない可能性
すでに触れたようにパイネットワークの独自通貨πは、現在無価値同然です。

今後取引所への上場が予定されているようですが、本当に実現するかどうかは未知数。

仮に取引所へ上場しなければ、いくらマイニング報酬をもらえようとも換金することはできません。

類似サービスhi Dollarsの独自通貨はすでに取引所に上場しているので、どうしても見劣りしてしまいますね。

いつまでも待っていられないという気持ちがあるのであれば、短期でハイリターンが狙えるアルトコインに投資した方が手っ取り早いでしょう。

最近は短期でハイリターンが狙えるアルトコイン情報を配信する「シンジケート」のようなサービスもあります。

利用者の中には50万円の元手資金を1000万円にまで増やした方もいるようです。

▼マイニング報酬は減少する
パイネットワークは利用者が増えるほど、一人あたりの報酬は減っていきます

初期段階では1時間あたり0.4πのマイニング報酬が受け取れますが、利用者が増えるほど報酬が半減。

つまりパイネットワークの参加が遅くなればなるほど、報酬も少なくなってしまいます

2021年11月現在、2500万ユーザーを突破しているようなので、1時間あたりの報酬は0.1πです。

▼個人情報の入力は必須
パイネットワークを利用するには、氏名や電話番号などの個人情報入力が必須です。

パイネットワーク自体海外のサイトなので、抵抗がある方にはデメリットかもしれませんね。

ただ、個人情報による識別がないと、1人が複数スマホでマイニング報酬を量産できてしまいます。

個人情報の入力は必要なものだと割り切って利用するしかないでしょう。

それに銀行口座やクレジットカードの情報は不要なので、金銭的な損失を被る可能性は低いと考えられます。

パイネットワークが怪しいと言われている理由

パイネットワークは「将来有望!」という声がある一方で、「怪しい」という意見があるのも事実。

怪しいと言われている理由は主に次の3つです。

▼海外で流行っているのかわからない
仮想通貨案件の中には海外で人気と謡っておきながら、ふたを開けてみたら日本人しか投資していなかった…ということも少なくありません。

そこでパイネットワークの公式サイトをアクセス解析してみると、無事に日本以外からのアクセスも確認できました。

Pi Networkのアクセス解析

アメリカ、インド、ロシアなどの大国からも多く検索され、海外で人気という言葉に嘘はないようですね。

むしろ韓国やインドネシアでは日本以上に盛り上がりを見せているようです。

例えば、韓国ではすでにPIを決済手段として利用できる店が続々登場しています。

パイネットワークで決済できる店

上場していないのにどのようにPIコインの価格をつけているのかは不明ですが…。

▼同一名コインが多数出現
パイネットワークの独自通貨PIコインは2022年6月現在取引所に上場していませんが、DEX(分散型取引所)では同一名コインを複数確認できます。

DEXでは上場に関する審査は必要なく、手軽に上場させられるため、パイネットワークの名を語るコインが蔓延している状況。

簡単に言うと「偽物」である可能性が非常に高いため、間違えて購入しないよう気を付けましょう。

あくまでも公式が「上場発表」をするまでは上場しないと思っていた方がいいかもしれません。

▼運営は信用できるのか
Pi Networkの開発者はスタンフォード大学で博士号を取得したと言われるNicolas Kokkalis氏。

仮想通貨界隈においては経歴偽称が珍しくないため心配していたのですが、Nicolas氏がスタンフォード大学でセミナーを開催している様子は確認できました。

パイネットワークの開発者

経歴に噓偽りはなさそうですね。

パイネットワークはいつ上場?

パイネットワークは近々HotCoinという海外取引所に上場予定と言われています。

実際HotCoinのアカウントよりPIコインの入出金を近々開始するというアナウンスが出されています。

pi networkの上場

また、2022年6月上場との噂もありますが、どちらも確固たる証拠はなく、信ぴょう性に乏しいのが現状。

PIコインが上場すれば、スマホアプリで貯めた仮想通貨を換金できるようになります。

パイネットワークは以前FUBTという香港の取引所に上場したようですが、2021年現在FUBTの取引所自体がなくなってしまったようです。

それによってPIコインは実質的に上場廃止となりました。

価格予想と上場後の立ち回り

パイネットワークは取引所上場前から今後の価格予想が行われています。

▼Pi Network今後の価格予想
COINDATAFLOWというサイトではパイネットワークの価格を2.4ドルと予測。

また、仮想通貨の両替サービスを提供するChangellyは、パイネットワークが2025年までに5ドルに到達すると予想しています。

とはいえ、あくまでも予想なので判断材料の1つにとどめておきましょう。

ちなみに2020年にFUBTで取引されていた当時は、1π=0.35ドル(約39円)で取引されていたようです。

次にパイネットワークが取引所に上場する場合、売り時の目安はいつなのかに迫ります。

▼上場後の立ち回り
パイネットワークと同じように無料で仮想通貨を増やせる「Hi Dollars」というサービスがあります。

「Hi Dollar」の独自通貨HIはすでに取引所で売買可能。

参考にHi Dollarのチャート画像を見てみると、下落が続いているとわかります。

報酬で得た分を売りたいと考えるのが普通なので、上場直後から売り圧が強くなる傾向にあります。

hi dollarのチャート画像

パイネットワークも上場直後は売り圧が強くなると予想されるので、しばらくは下落が続くと思われます。

ただし、上場してすぐは瞬間的な高騰が期待できるため、上場直後の高値で売り抜けられたら理想的ですね。

パイネットワークの換金方法

Pi Networkが取引所に上場後、日本円への換金方法について紹介しておきます。

最も簡単な換金方法をまとめると、下記の通り。

・取引所でPi NetworkをBTCに交換
・BTCを国内取引所に送金
・国内取引所から出金

パイネットワークがどの通貨ペアで上場するのか不明ですが、BTCペアで取り扱いされるのであれば、国内取引所に送金するのはとても簡単です。

しかし、ビットコインは送金手数料が数千円必要なので、手数料を抑えるのであればリップル(XRP)による送金がおすすめ

Pi Network内でリップルに交換してから国内取引所へと送金しましょう。

パイネットワークのまとめ

パイネットワーク(Pi Network)は無料でマイニング報酬を得られるスマホアプリです。

怪しいという声もありますが、初期費用がかからないので損失を抱えるリスクはありません

Pi Networkが上場し大化けする可能性もあるので、興味があれば利用してみてもいいと思います。

ただし類似サービス「MRSTマイニング」の独自通貨と同じく、いつになったら上場するのか、本当に上場するのかは未知数です。

稼げたらいいなくらいの感覚の方が、がっかりも少ないでしょう。

また、パイネットワークを続けながら、他のアルトコインで大きな利益を狙うのも作戦の一つです。

最近は「シンジケート」のような高騰期待のアルトコイン情報を配信するサービスが人気を集めています。

活用できるものは活用してみてもいいかもしれませんね。

▼あわせて読みたい
寝るだけで稼げると噂の「SleeFi」

FX検証ソフトのサムネイル画像

FXの検証ソフトとは

FXの検証ソフトとは名前の通り、トレードの検証が行えるソフトです。

検証ソフトには過去の膨大なチャートデータが含まれ、リアルに近い環境でトレードが行えます。

また、チャートの早送り・巻き戻しができる検証ソフトもあるため、じっとチャートを眺めて待つ必要もなく、少ない時間の中で効率的にトレード検証が可能です。

検証ソフトではデモトレードでは実現不可能な痒い所に手が届く機能が多数存在しています。

FX検証ソフトのメリット

FXの検証ソフトを利用するメリットは大きく分けて5つあります。

▼ノーリスクで実戦的なトレードができる
検証ソフトはデモトレードと同じく仮想資金でトレードが可能です。

有料ソフトの場合は購入費用が必要になりますが、トレードの検証自体は無料で行えます。

多種多様なインジケーターも搭載しているため、実戦に近い環境でトレードが可能です。

▼土日も利用できる
FXのトレードが行えるのは平日のみですが、検証ソフトであれば週末も利用できます。

通常のデモトレードも利用できるのは平日のみのため、週末にデモトレードで練習するということもできません。

一方検証ソフトであれば、そんな煩わしさから解放されます。

平日に行ったトレードの復習を、週末に検証ソフトでするという使い方も可能。

平日は仕事でなかなか検証作業に時間を費やせない兼業トレーダーにとっては嬉しいですね。

▼上手く損切りできるようになる
FX初心者トレーダーにとって最大の鬼門と言われる損切りも、検証ソフトを利用することでスムーズに行えるようになります。

FXは1回1回のトレードの良し悪しではなく、トータルで利益をプラスにできるかが重要です。

そのためには損失を最小限に抑えることが必須。

しかしながら、初心者の内は損切りをするのも一苦労です。

含み損が含み益に転じる可能性を捨てられないだけに、損を確定させてしまうのは心苦しいですよね。

その点検証ソフトであれば、より実践的なトレードが行えるため、良い意味で損切りに慣れることができます

いざという時スムーズに損切りが行えるよう練習が積めるのは、個人的に大きなメリットだと思います。

▼トレード手法を改善できる
検証ソフトは自身のトレード手法を見つめ直すいいきっかけになります。

例えば、「このインジケーターは自分のトレードスタイルに合っているか?」「このチャートパターンの時に自分のトレード手法は通用するのか?」

リアルトレードでは決して気軽に試せないことでも、検証ソフトならば積極的に試すことができます

自身のトレード手法を見つめ直し、検証ソフトでより自分に合ったトレード手法を発見することもできるかもしれません。

▼資金管理方法を学べる
FXで稼ぐためにはトレード手法よりも資金管理が重要だと語る「有名FXトレーダー」も多くいます。

トータルで利益をプラスにすることが求められるため、いかに資金を減らさずに管理できるかに懸かっているわけですね。

・自分の資金力だとどのくらいのロット数が適正なのか?
・損切りラインはどのくらいに設定したらいいのか?
・どのくらいのリスクを取り、どのくらいの利益を狙えばいいのか?

資金を守るための術を実戦に近い環境で身に着けることができます。

検証ソフトで適正ロットがわかっていれば、実戦で無理なハイレバレッジをかけることもなくトレードに臨めます。

ただ一言にFXの検証ソフトと言っても、その種類は様々で機能もそれぞれ異なるもの。

次にどのような基準で検証ソフトを選ぶべきかについて触れていきます。

FX検証ソフトを選ぶポイント

FX検証ソフトを選ぶ時の判断基準は次の4つです。

▼どのデバイスで利用するか
検証ソフトをパソコンで利用したいのか、それともスマホで利用したいのかはあらかじめ決めておきましょう。

検証ソフトの中にはパソコンでしか動作しないものも多く、スマホで利用できるソフトはどうしても限られてしまいます。

スマホで使えると思って買ったら対応してなかったということにならないように購入の際に確認することをおすすめします。

また、パソコン版の検証ソフトにしても、安定稼働するスペックが指定されているケースもあるのです。

Macのパソコンでも使えるのか、利用可能デバイスに併せて動作環境もあらかじめ確認しましょう。

▼有料か無料か
FXの検証ソフトには有料もあれば無料で利用できるものもあります。

もちろん有料ツールの方が高性能であることは間違いありませんが、検証ソフトを利用する目的によっては無料ソフトで事足りる可能性もゼロではありません

検証ソフトを利用して何をしたいのかは、ある程度明確にしておいた方が選ぶ際の基準になるでしょう。

▼日本語で表示できるか
FX検証ソフトの多くは海外製品です。

そのため日本語訳がめちゃくちゃだったり、そもそも日本語が表示されないケースもあります。

使い方の理解度を深めるという意味でも、初めて検証ソフトを利用する方は、日本語対応しているソフトを利用した方がいいかもしれません。

▼早送りや巻き戻しが可能か
チャートの早送り、巻き戻しが可能である点は検証ソフト最大の特徴とも言えます。

デモトレードでトレード検証する場合、実際の時間軸に沿ってチャートが動くため、検証をするにしても時間が必要です。

1時間足を軸にしたトレードを検証するならば数時間必要になります。

少しでも早く検証してリアルトレードに活かしたいと考えているのに終わらない…そんなもどかしさから解放してくれるのが検証ソフトです。

検証ソフトはものによってチャートの早送り、巻き戻しが可能。

エントリーポイントは間違っていたのかどうか、待たずしてスムーズに確認することができます

ここまで検証ソフトの選び方について触れてきましたが、実際におすすめの検証ソフトはどれなのか?

おすすめの検証ソフトをいくつか紹介していきます。

PC版おすすめ検証ソフト

まずはPCで検証ソフトを利用する際のおすすめ検証ソフトを3つ紹介していいます。

上から個人的なおすすめ順になっているので参考にしてください。

機能性や使いやすさを考えると、Forex Tester5が頭一つ抜けている印象です。

▼Forex Tester5(FT5)
FOREX TESTER5(フォレックステスター5)世界中でもっとも利用されているFXの検証ソフトです。

フォレックステスター5

Forex Tester5は使いやすさと機能性に定評があり、世界中で人気を集めています。

使い方に関するマニュアルも細かく用意されているため、初めて検証ソフトを利用する方もスムーズに利用できる環境が整っています。

また、Forex Tester5は日本国内に販売代理店を持っていることもあり、完全日本語対応の検証ソフトです。

定期的にセールを行っているため、セールを狙えば半額以下で購入することもできます

・ベーシックプラン
通貨ペア数:18
推奨時間足D1-W1
購入代金:15,999円

・VIPプラン
通貨ペア数:860
推奨時間足:M1-W1
月額プラン:36,998円
年額プラン:91,987円
購入代金:132,495円

▼MT4裁量トレード練習君プレミアム
MT4裁量トレード練習君プレミアムは、数少ない日本製の検証ソフトです。

MT4裁量トレード練習君プレミアム

日本の会社が販売を行っているため、日本語によるスムーズなサポートを受けることができます

また、MT4裁量トレード練習君プレミアムは、購入後に正常稼働しなかった場合全額返金保証を受けられる制度もあります。

買ってみたもののスペックが対応していなかったなどのトラブルも問題なしです。

ただ、MT4裁量トレード練習君プレミアムはチャートの巻き戻しができないというデメリットがあります。

巻き戻し機能がないため、チャートを戻そうと思ったら一度チャートを閉じて再びその時間までチャートを進める必要があります。

ちなみにMT4裁量トレード練習君プレミアムは変換ソフトを利用することで、Macでも利用可能です。

価格:24,800円

▼Forex Simulator
Forex Simulatorは他の検証ソフトと比較すると安価に購入できます。

安価で購入できるものの機能性は高く人気を集めている検証ソフトです。

大きなデメリットとしては日本語に対応していない点。

公式サイトのみならずソフトの中も全て英語表記になっていますが、グーグル翻訳という便利なツールを使えばそれほど苦労しないかもしれません。

価格:109ドル(1ドル140円の場合15,000円)

スマホ対応のおすすめ検証ソフト

FXの検証ソフトの中にはスマホで稼働できるものもあります。

通勤の電車の中などすき間時間で利用したい方は検討してみてもいいかもしれません。

▼Think Trader
Think Traderパソコン、スマホ、タブレットと全てのデバイスに対応している検証ソフトです。

しかもThink Traderは完全無料で利用できるという特徴もあります。

巻き戻しや早送りもできるため、簡単な過去検証をするだけであれば十分間に合うでしょう。

ただ、日本語には対応していないため、英語を解読しながら利用する必要があります。

▼FX検証
FX検証はスマホ専用のアプリ(iOS端末のみ)です。

アプリの購入費用は120円かかりますが、スマホアプリとは思えないくらい多機能だとして人気を集めています。

チャートの巻き戻し、早送りにも対応。

動作が重いといったこともなく、面倒な初期設定も不要で利用できます。

検証ソフトとは少し違いますが、最近は「AIを搭載したFXサービス」にも注目が集まっています。

テクニカル分析や検証不要でハイリターンが狙えると評判です。

検証ソフトの使い方

Forex Tester5を例にインストールから使い方までを紹介していきます。

▼インストール方法
1.「ForexTester5」からデモ版をダウンロード
2.セットアップファイルを開きインストール
3.購入後にメールで受け取れるレジストリキー(登録・ライセンス)を「プログラムを登録」へ入力
4.プログラムを再起動

▼使い方
1.通貨データのダウンロード
インストール当初はサンプルデータが搭載されているため、実際に検証を行いたい通貨データをダウンロードする必要があります。

メニューの「データセンター」よりダウンロードしたい通貨データと期間などを選びダウンロード。

通信環境によっては長期間データになるほど、ダウンロードに時間がかかるので注意しましょう。

2.新規プロジェクトの作成
ForexTester5では新規プロジェクトを複数作成できるため、通貨別に検証環境を作成し保存することができます。

新規プロジェクトを作成するにはファイルから新規プロジェクトの作成を選択。

検証に利用する証拠金額や期間を設定し、新規プロジェクトを作成すると検証を始められます。

実戦に活かせる使い方

よりトレードスキルを高められる検証ソフトの使い方を3つ紹介していきます。

▼チャートパターンに注目
検証ソフトではチャートパターンが形成された時、どのような値動きをするのかをより実戦的に学ぶことができます。

通常チャートを用いた過去検証を行う場合、チャートが全て表示されてしまっているため、後付けでチャートパターンを理解しているに過ぎません

ここでダブルボトムを作って上昇しているなと理解しても、リアルトレードでダブルボトムの出現に気づけなければ意味はないのです。

その点検証ソフトはリアルタイムで値動きを追うことができるため、チャートパターン形成時の値動きを学ぶのにうってつけ。

ロウソク足パターンやチャートパターンの理解度を深めることで、トレード勝率にも直結します。

有名FXトレーダー」の中には1分足チャートをひたすら見たことで勝てるようになったと語るトレーダーもいるほど重要です。

実戦的なトレード環境の中でロウソク足、チャートパターンを意識的に見る癖をつけていきましょう。

▼月ごとのトータル利益を出す
FXでは1回1回のトレード勝率ではなく、トータルで利益をプラスにすることが求められます。

トレード検証というと手法に意識が向きがちですが、結果的に月間で何pips取れたのかにも意識を向けましょう。

検証ソフトによっては検証を行った期間でのトレード損益を表示させることもできるので、積極的に利用したいものです。

トレード勝率は悪くないのに一気に資金を溶かしてしまう場合は、資金管理を改善し無理のないロット数を見つけることが大切です。

▼自分のトレードスタイルに合った時間帯を選択
検証作業と言えども、普段自分がトレードを行っている時間帯を再現してトレード検証するようにしましょう。

FXには大きく分けて3つの市場、東京、欧州、ニューヨークが存在します。

それぞれの市場ごとに値動きが大きく変わることもあるため、値動きの特徴に慣れる意味でも自分がトレードする時間帯に合わせて検証を行うことに意味があるのです。

例えば、普段仕事終わりから寝るまでスキャルピングトレードをしているのであれば、検証ソフトでも夕方から夜にかけての時間帯で検証を行います。

FX検証ソフトのまとめ

デモトレードのようにノーリスクでトレード検証が行え、デモトレード以上の機能を備えたFXの検証ソフト。

チャートの巻き戻しや早送り機能により、効率的にトレード手法に磨きをかけることができます。

また、トレード手法のみならず資金管理を身に着けるのにも最適です。

しかし、どの検証ソフトを選ぶかによって出来ることは変わってくるので、予算と相談しつつ自分の目的に合った検証ソフトを選びましょう。

IMアカデミーのサムネイル画像

IMアカデミーとは

IMアカデミーはFXやバイナリーオプション、仮想通貨について学べる有料オンラインスクール

入会金約4万円とは別に毎月2万円ほどの月謝が必要です。

元々はアメリカの企業ですが、コロナ禍に入ってから日本でも流行り始めています。

IMアカデミーにはエデュケーターと言われる講師がおり、ライブ配信によってプロトレーダーのトレードをマネできると謳われています。

INアカデミーでは俗に言う「ミラートレード」が可能です。

しかし、IMアカデミーに対して「怪しい」という意見は少なくありません。

IMアカデミーが怪しいと言われる理由

IMアカデミーは次の2つの理由から怪しいと言われています。

▼ネットワークビジネス
IMアカデミーは大々的に宣伝はしておらず、口コミによって広まっています。

これはIMアカデミーがネットワークビジネスでもあることが要因。

簡単に言うと、知人や友人を紹介しIMアカデミーに参加してもらえると、報酬が得られる仕組みになっています。

下の図のように紹介者を増やし、その紹介者がさらに紹介者を増やしてくれれば自分の報酬がより増える仕組み。

ネットワークビジネスの仕組み

当然誰かの紹介でIMアカデミーを始めたのであれば、自分もその人の紹介者という立場です。

IMアカデミーは2人紹介すると月謝が無料になり、3人紹介すると毎週37.5ドルもらえることになっています。

IMアカデミーの紹介報酬

37.5ドルは約5000円、それが毎週もらえるとすれば月に約2万円の報酬がもらえる計算。

3人紹介するだけで毎月2万円がもらえるのであれば、血眼になって知人や友人を誘う気持ちはわからんでもないですね。

ただし、日本に関しては「ネットワークビジネス=怪しい」というイメージが定着しています。

少し前に仮想通貨×ネットワークビジネスの「マイニングエクスプレス」がニュースに取り上げられたことも影響しているのかもしれません。

あまり熱心に勧誘すると友人をなくすことになるので注意しましょう。

▼AAA評価は信ぴょう性に乏しい
IMアカデミーの勧誘を行っているウェブサイトを見てみると、「IMアカデミーは高い評価を受けてるから安心!」と記載されています。

なんでもアメリカの格付け機関「BFH(Business for home)」から5つ星の満点評価を受けているとのこと。

imアカデミーの評価

この評価だけを見ると、「IMアカデミーって凄い会社」と思ってしまいそうですが、ちょっと待ってください。

実はこの評価には裏があるんです。

BFHのウィキペディアを覗いてみると、下記のような気になる文言が…

ネットワーク企業が肯定的なレビューを確保するために雑誌に多額の金額を支払うことも明らかになりました。

簡単に言うと、ネットワークビジネスを手掛ける企業は、BFHにお金を払えば肯定的な評価をしてもらえるということ。

その証拠にBFHはポンジスキームとして経営破綻した企業にも肯定的な評価をしていたようです。

ポンジスキームとは実際に資金運用せず、出資してもらった資金をそのまま配当金に回す詐欺手法。

まとめると、そもそもIMアカデミーを評価している企業が怪しいよね、という話になります。

IMアカデミーの勧誘手口

IMアカデミーの勧誘が行われているのは主にSNS、ウェブサイト、マッチングアプリのようです。

入口としては他のネットワークビジネスとあまり変わらない印象。

勧誘の文言としては

「不労所得を手に入れられる」
「投資の勉強をしながら稼げる」
「老後にむけて貯蓄を増やせる」

という内容が使われがちのようです。

老後のため・欲しいものを手にするため、投資をして少しでも稼ぎたいと考える方が多くなっていることも影響しているのでしょう。

投資で稼ぐ選択肢は以前よりも広がっているため、積極的に活用していきたいものです。

それでは次にIMアカデミーは結局のところ稼げるかどうかを掘り下げていきます。

IMアカデミーは稼げる?

結論から言ってしまうと、IMアカデミーで稼げるかどうかは微妙なところです。

微妙だと感じた理由は次の3つ。

▼講師に左右される
IMアカデミー最大の売りは講師陣のライブ配信を見ながら、同じタイミングでトレードができる点。

つまり、勝てるかどうかは講師陣の実力に依存します。

調べてみたところ、講師陣の中には1か月の利回りが500%を超えるような凄腕トレーダーもいるようです。

imアカデミーの講師

高勝率を維持している要因は、勝率が悪い講師はクビになるというルールにあるようです。

ただし、どの期間をとって勝率7割なのか不明。

仮に年間の勝率7割であれば、当然負けが続く日があっても不思議ではないのです。

自分が参考にした日に限って負けが続く可能性も十分あるでしょう。

そもそも正確な勝率なのかどうかも怪しいところですが…。

ちなみに日本ではみゆき先生や中園先生が有名な講師のようです。

人的要因に左右されないという点でいえば、「FXAIパートナーズ」のようなAIを搭載したサービスに軍配が上がりますね。

FXAIパートナーズは、AIが抽出した情報通りにトレードするだけでハイリターンが狙えると評判を集めているようです。

なんでも利用者の中には1か月で700万円の利益を得た方もいるとのこと。

▼ツールの実績は不明
IMアカデミーはバイナリーオプションのツール「キャッシュトラップ」の販売も行っています。

「キャッシュトラップ」はIMアカデミーのマシュー講師が考案したツール。

彼はキャッシュトラップを利用し、5万円を2年間で2億円まで増やしたとのこと。

IMアカデミーのメンバーは特別に月2500円で利用できるようです。

ただ、キャッシュトラップの実績やロジックを調べたものの、目ぼしい情報は得られませんでした。

SNSで検索すると「勝率8割越え!」などという投稿がちらほら見られますが、本当にキャッシュトラップで稼げている証拠としては乏しく感じます。

▼勧誘は難易度高い
先述の通り、IMアカデミーではネットワークビジネスを採用しています。

自分の紹介でIMアカデミーに参加してくれる人が増えるほど、紹介報酬がもらえる仕組み。

もちろん10人、20人も紹介できる人ならばそれだけで相当な利益を得ることもできますが、簡単なことではありません。

日本では「ネットワークビジネス=怪しい」というイメージが根付いてしまっているため、相手が勧誘を察した時点で警戒されてしまうのがオチ。

SNSで勧誘すれば友人を失うことはありませんが、最近はIMアカデミーに限らずSNSで勧誘をしている人が大勢います。

相手を惹きつけるような工夫がなければ、聞く耳さえも持ってくれないでしょう。

IMアカデミーの評判

IMアカデミーの評判に関しては、稼げないという意見の方が目立つようです。

▼評判①
imアカデミーの評判

この方は5日間で157pips獲得できたとのこと。

仮に全て5lotでトレードしていたとすれば、約80万円の利益です。

ただし、MT4の履歴はそれほど信用できるものではありません

例えば売りと買い両方のポジションを取り、利益が伸びた方だけ決済すれば、爆益履歴を簡単に再現できてしまいます

▼評判②
imアカデミーの評判

IMアカデミーでは「決して勝てるようにはならない」と辛口意見。

この方は実際に入会していたとのことなので、信ぴょう性のある意見です。

講師を参考にトレードしても一向に勝てなかったとも述べています。

中には本当に勝てる講師もいるのかもしれませんが、これがIMアカデミー実態なのでしょう。

サービス内容

学びながら稼げるオンラインスクールを謳うIMアカデミーには、複数のコースが用意されています。

・ELITE academy:全てのコースが学べる
・FRX academy:FXを学ぶコース
・HFX academy:バイナリーオプションを学ぶコース
・DCX academy:仮想通貨を学ぶコース
・ECX academy:近日公開予定(EC関連)

中でも日本で推奨されているのが、バイナリーオプションを学べるコース

ルールがシンプルのため、初心者でも手軽にトレードできるのがバイナリーオプションのメリットだとか。

たしかにその通りですが、ギャンブル性が高いという特徴もあるため「バイナリーオプションはやめとけ」と言われがちなのも事実です。

IMアカデミーサービスの利用料金

入会金:ELITEコース:324.95ドル(約4万円)、ELITEコース以外:234.95ドル(約3万円)
月額:ELITEコース:274.95ドル(約3万5千円)、ELITEコース以外:174.95ドル(約2万3千円)

退会方法

期待に胸を膨らませてIMアカデミーに入会したものの、「思ったより稼げない」と感じてしまう方が多いからか、辞めたいという声も多い模様。

しかし、退会方法がいまいちわからないという方もいるようです。

退会方法は次の通り。

・IMアカデミーの公式サイトにログイン
・ユーザーと請求情報を選択
・退会したいコースのサブスクリプションをキャンセル

初見ではたしかに分かりにくいようにも思いますが、簡単に退会処理できます。

IMアカデミーのまとめ

IMアカデミーはFX、バイナリーオプション、仮想通貨について学べるオンラインスクール。

最大のウリは講師と言われる人たちのライブ配信を見ながら、同じタイミングでトレードできる点。

しかし、実際は講師のマネをしても思うように勝てないという声も聞かれます。

個人的には入会金と月額を支払って学ぶよりも、「有名人FXトレーダー」のような無料で動画配信をしている人たちの方が参考になりそうな気もしてしまいます。

さらにいうと、最近は「TYL(ティル)」のような無料の自動売買ソフトでも人気を集めているようです。

無料で使えるものは積極的に活用していきたいものですね。

FXはやめとけと言われる理由

FXはやめとけと言われる理由は、主に間違った知識からきている場合が多いようです。

正しく活用すれば生活を大きく変えられるような利益を手にできるFX。

間違った知識に惑わされないよう正しい知識を得ていきましょう。

まず、FXはやめとけと言われている5つの理由を紹介していきます。

・必ず勝てるわけではない
・レバレッジで大損する可能性
・ギャンブルに近い
・チャートを頻繁に確認する必要がある
・勉強する手間がかかる

▼必ず勝てるわけではない
FXに限らず投資全般に言えることですが、投資である以上必ず利益が出るわけではありません。

ただ、やりようによってはリスクを抑えることは十分でき、勝率を高められます

第一線で活躍しているような有名FXトレーダーも失敗から学び、試行錯誤の末に億を超えるような利益を手にしたのは言うまでもありません。

FXで重要なのは1回1回のトレード勝率ではなく、トータルでプラスに持っていくことです。

▼レバレッジで大損する可能性
たまに「FXで大損した」と話題になっていますが、これは単に高いレバレッジをかけていたことが原因であるケースが多いです。

レバレッジとは元手の資金を数倍にしてトレードに充てられる仕組み。

例えば、10万円の元手にレバレッジを5倍かけると50万円を元手資金としてトレードできます。

レバレッジをかけることで1度に大きな利益を狙うことは可能ですが、レバレッジをかけるほど必要な証拠金の額も増えます。

高いレバレッジをかけて予期せぬ方向に相場が動いてしまえば、大きな損失を被る可能性もあります。

しかし、逆に適切なレバレッジを設定できると、少ない資金からでも一攫千金が狙える点は魅力的です。

▼ギャンブルに近い
FXは上がるか下がるかを当てるだけのギャンブル!という意見もありますが、これは全くの誤解です。

もちろんチャートも見ずにトレードしているのではギャンブルですが、チャートを分析すれば相場の予測は可能

チャートからはトレーダーの思惑もうかがい知ることができます。

しっかりと情報収集を行えば、トレードの勝率を高められるのがFXです。

ただ、上がるか下がるかだけを予想する「バイナリーオプション」の方がよっぽどギャンブル性は高いでしょう。

▼チャートを頻繁に確認する必要がある
FXというと暇さえあればチャートに張り付いているようなイメージを持たれている方もいるようですが、決してそのようなことはありません。

一言にFXと言っても、トレード方法は様々です。

デイトレードと言われる1日に数回のトレードを行うトレード方法もあれば、スキャルピングと言われる短期トレードを1日で複数回行うようなトレード方法もあります。

1日に何十回もトレードするスキャルピングの場合、必然的にチャートを見る時間も増えますが、デイトレードであれば1日に数回チャートを確認できれば問題ありません

▼勉強する手間がかかる
FXに限ったことではなく、投資をする場合ある程度の知識が求められるのは間違いありません。

FXの場合知識を得るほど価格予測の精度も上がり、利益に直結しやすい特徴があります。

また、勉強に時間は必要でもトレード自体は数分で完結させることもできます。

すき間時間で稼げるのがFX最大のメリットでもあるかもしれませんね。

次にそもそもFXをやるメリットはどこにあるのかを詳しく見ていきます。

FXのメリット

FXのメリットは大きく分けて次の3つです。

▼平日なら24時間取引可能
FXは平日ならほぼ24時間いつでもトレードが行えます。

株の場合は夕方には市場が閉まってしまうため、兼業投資家にとっては投資できる時間に限りがあります。

その点FXは取引に充てられる時間に余裕があり、仕事終わりから寝る前にまで取引をすることも可能。

すき間時間にチャート分析をし、すき間時間に取引できるのはFXならではでしょう。

▼上昇と下落どちらでも利益が狙える
FXはレートが上昇している時だけではなく、下落している時にも利益を狙える仕組みです。

下落の利益を狙うことをFXではショート(空売り)と呼びます。

ショートは後で買い戻すことを条件に、あらかじめ高い価格で売ることができます

空売りの仕組み

このショート(空売り)を駆使すれば、どのような相場状況でも稼ぐチャンスに恵まれると言えるでしょう。

▼自動売買ツールを利用できる
少しでも手間を省いて稼ぎたいと考えている方のために、FXでは自動売買ツールも数多く提供されています。

自動売買ツールを使えば、その名の通り自動で取引を行ってくれます。

上手く利用すれば寝ている時ですら稼ぐことが可能です。

以上のような魅力を持つFXですが、向き不向きがあることも事実です。

次にどのような人であればFXで稼げる可能性が高まるのかをお伝えしていきます。

FXが向いている人

FXで成功を収めているようなトレーダーの共通点は次の3つです。

少しの意識の違いで改善できる部分もあるので、改めて自分を振り返ってみましょう。

▼余剰資金がある
投資である以上余剰資金の範囲内で行うのが絶対条件です。

逆に生活費をつぎ込み一発逆転を狙おうとすると、冷静な判断を欠いてしまうことも考えられます。

まずは余剰資金の中でも少額からトレードの流れを掴むことを意識していくと良いでしょう。

▼感情的にならない
冷静なトレード判断ができるか否かはFXにおいて非常に重要です。

漁師トレーダー翔」を含め、多くの「有名FXトレーダー」がいかに冷静にトレードできるかが大切だと語っています。

FXトレードをしていれば当然勝つ時もあれば、負ける時もあります。

負けた時に感情的になり損失を取り返そうとすると、無謀なトレードをしてしまうきっかけにもなり得ます。

そのため負けた時こそ冷静になり、失敗を振り返る意識が重要です。

▼勉強が苦ではない
裁量トレードで勝てるようになるには勉強は必要不可欠です。

テクニカル分析はもちろんのこと、価格変動に影響を与えるようなファンダメンタルズも知っておいて損はありません。

また、自分にあったトレード手法はどれなのか?過去チャートと照らし合わせながら検証を行うことも、トレードスキルを磨く上で大切なことです。

さらに1回1回のトレードを振り返り反省や気づきを得ることで、次回以降のトレードに活かすこともできます。

FXで稼ぐためのコツ

FXで稼ぐためのコツは大きく分けて5つあります。

▼テクニカル分析を覚える
テクニカル分析とはチャートをもとにして、価格予測を行うこと。

例えばRSI(相対力指数)は売られすぎ、買われすぎを判断するテクニカル分析方法です。

30以下が売られすぎ、70以上が買われすぎの基準と言われています。

下記チャートのように「売られすぎだから上がるだろう」と想定して、買いでエントリーという使い方です。

FXのテクニカル分析

テクニカル分析と言ってもその種類は無数にあるため、自分のトレードスタイルに合ったテクニカル分析方法を見つけていくことも重要です。

▼資金管理を覚える
すでに触れているようにFXにおいては、1度のトレードではなくトータルでプラスに持っていくことが大切です。

そこで重要となるのが資金管理。

第一線で活躍するトレーダーの中には、テクニカル分析よりも資金管理こそが最重要と語るトレーダーもいるほどです。

FXの資金管理というと難しく聞こえますが、行うのはとてもシンプルなことばかり。

例えば、

・投資金の内どのくらい損失を出しても大丈夫なのか
・1度のトレードでどのくらいの利益を狙うのか
・どのくらいの通貨数をトレードするのか

以上のようなことをあらかじめ決めておくのも資金管理の1つです。

重要なのは行き当たりばったりのトレードではなく、どのくらいの損失まで許容でき、どのくらいの利益を狙うか思い描いたうえでトレードをすることです。

▼損切りルールを決める
FXを始めたばかりのトレーダーにとって最大の悩みが損切りです。

含み損を抱えてしまったとしても、確定させなければ損ではありません。

しかしながら、いつかプラスになるかもと願い続けて結局損が膨れ上がるばかり…なんてことも珍しくないのです。

資金管理にも通ずるところですが、どのタイミングで損切りを行うかはあらかじめ決めておきましょう。

損切りは損を確定させる行為ではなく、次のトレードへの投資金を守る役目があります。

損切りルールは人それぞれですが、資金に対して2%で損切りするトレーダーが多いようです。

100万円の資金でトレードしているのであれば、損切り許容は2万円までです。

▼生活リズムにあったトレードをする
睡眠や仕事に支障をきたすようなトレードはするべきではありません

まずは仕事との兼ね合いを見て、自分にとってFXが負担にならないようなトレードスタイルを見つけましょう。

「夜は他のことに時間を使いたいから出勤途中にエントリーし、仕事終わりに決済して終わり」
「夜は時間があるから仕事終わりから寝るまでの間で短期トレードを繰り返す」

などのような決め方でも問題ありません。

大切なのは無理のない範囲で続けられるかどうかです。

トータルでプラスに持っていくためには、諦めずに継続することにも意味があります。

▼コストの安い業者を利用する
FXトレードをする上で発生するコストは利用する業者によってまちまち

FXにおいてはスプレッドと言われる手数料が発生するため、できるだけスプレッド手数料が安い業者を利用した方が良いでしょう。

ただし、トレード頻度が少ない方はそこまで気にする必要もないかもしれません。

FXで稼ぐためにやめたいこと

FXで稼ごうと思うのであれば避けたいことを2つ紹介します。

▼ハイレバトレード
FXではレバレッジをかけることで元手資金を増やしてトレードを行うことができます。

国内業者であれば最大25倍、海外業者になれば1000倍のレバレッジをかけることも可能です。

高いレバレッジをかけるほど、1度のトレードで得られる利益も増えますが、同時に損失リスクも増えていきます

そのため高いレバレッジをかけたトレードになるほど感情的になりやすいので気を付けたいところです。

それに高いレバレッジのトレードはもはやギャンブル感覚になってしまうため、癖が付かないように注意しておきましょう。

▼根拠の薄いトレード
FXにおいては複数根拠がある上でトレードした方が勝率を高められます

「昨日に比べてかなり下がったから多少戻すだろう」と根拠の薄いトレードをしてしまうと逆を突かれる可能性もあります。

根拠の薄い値ごろ感トレードはギャンブルトレードとも言われるほど、

また、テクニカル分析1つを頼りにトレードするのではなく、複数のテクニカル分析を組み合わせ根拠が重なったタイミングでエントリーするなどの工夫が必要です。

FXですぐに使えるトレードテクニック

FXで稼ぐためにはテクニカル分析が必須とお伝えしましたが、ここですぐに実践に生かせるトレードテクニックをいくつか紹介していきます。

▼ダウ理論
ダウ理論は世界でもっともメジャーなテクニカル分析です。

相場環境やトレンドを判断するのに有効なダウ理論には6つの法則がありますが、「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」という法則は世界中で利用されています。

例えば上昇トレンドが発生している時、前回の高値を切り下げ、安値を更新するまでは上昇トレンドが続くと考えられています。

ダウ理論

上のチャートのように上昇トレンドが続いている場合を想定します。

この時、前回高値を切り下げ(青)、同様に前回安値を下に抜けた(ピンク)タイミングで下降トレンドへの転換を意味します。

▼上位足に対して順張り
多くの有名人トレーダーが大切にしているのは、日足・週足などの上位足に対して順張りでエントリーすること。

例えば、日足チャートが上昇トレンドならば買いでエントリー、逆に下降トレンドならば売りでエントリーします。

順張りエントリー

上位足の順張りがおすすめの理由は、5分足などの下位足は、上位足のトレンドに収束していくためです。

また、順張りは逆張りに比べるとリスクを取ったトレードをする必要がなく、勝率を上げられるメリットもあります。

有名トレーダーの多くはリスクを抑え、優位性の高いエントリーをすることで「負けないトレード」を心がけているようです。

実践的な使い方はまず上位足でトレンドの大局を確認し、5分足・15分足などの下位足でエントリータイミングを探ります

▼水平線
水平線はレジスタンスラインやサポートラインを意味しています。

水平線はシンプルでありながら反発箇所を予測するのに最適です。

反発している回数が多いほどトレーダーに意識されているため、パッと見で意識されているのがわかるような場所に水平線を引くのがポイント。

水平線

あまり水平線を引きすぎてもごちゃごちゃしてしまうため、必要最低限にとどめておきましょう、

また、日足や4時間足など上位足の水平線になるほど重要視されるため、最低限日足や4時間足の水平線は引いておくことをおすすめします。

初心者に人気の証券会社

最後に初心者にもおすすめなFX証券会社を紹介していきます。

▼GMOクリック証券
GMOクリック証券

GMOクリック証券の特徴は次の3つです。

・業界最狭水準のスプレッド
・豊富な取引ツールが用意されている
・わかりやすい取引アプリがある

GMOクリック証券は国内業者の中では最低水準のスプレッドを提供しているため、短期トレードを頻繁に行いたい方にとっておすすめです。

GMOクリック証券が提供する取引ツールは自社開発のオリジナルですが、使いやすいと評判になっています。

24時間電話での問い合わせにも対応しているため、初心者には嬉しいサポート体制も万全です。

▼LINE FX
LINE fx

LINE FXの特徴は次の3つです。

・業界最狭水準のスプレッド
・経済ニュースなどがLINEで受け取れる
・簡単にトレードを始められる

LINE FXはコミュニケーションツールのLINEが提供していることもあって、LINEと連携させることで経済ニュースに関する情報を簡単に受け取ることができます

口座開設もLINEから手軽にできるとあって初心者から人気を集めている業者です。

▼外為オンライン
外為オンライン

外為オンラインの特徴は次の3つです。

・サポート体制が充実している
・リアルタイムで経済ニュースを確認可能
・簡単に自動売買を始められる

外為オンラインではzoomサポート体制を整えており、気軽に対面でサポートを受けられます。

また、ロイターやfxwaveなどのニュース会社と提携し、タイムラグがほぼない状態で経済ニュースを閲覧可能。

さらに外為オンラインが提供する自動売買ツールは初心者でも簡単に利用できると評判を集めており、利用者のうち75%がFX未経験者のようです。

akiのサムネイル画像

akiのトレード手法

億トレーダーakiのトレードスタイルはスキャルピング/デイトレード/スイングトレード全て。

ライブ配信では時間の都合上スキャルピングが多いようですが、スイングトレードで数千万円単位の利益を得ていると思われます。

akiが愛用する手法はシンプルなのが特徴です。

具体的な手法になっているのは「逆張り」「トレンドライン」「水平線」「移動平均線」「IMM通貨先物ポジション」の5つ。

▼逆張り
akiがFXトレードの基本方針としているのは「安いところで買い、高いところで売る」というもの。

トレンドに沿った順張りとは逆に、トレンドに逆らう逆張りはトレンドの初動に乗れる可能性もあり、利益を伸ばしやすいメリットがあります。

ただ、日足などの上位足における高値圏(底値圏)で買わない(売らない)とも発言していることから、上位足に対しては順張り思考を貫いているようです。

順張りエントリー

上位足のトレンドに逆らわず、順張りでエントリーすることは「漁師トレーダー翔」や「クロユキ」などのトレーダーたちも共通して意識しているところです。

akiは逆張りをどのように仕掛けているのかというと、「IMM通貨先物ポジション」というものを活用しています。

▼IMM通貨先物ポジション
IMM通貨先物ポジションはざっくり言うと、大口投資家といわれる人たちのポジション保有状況がわかるグラフのことです。

FXで勝率を上げるためには、価格に影響を与えるような大口投資家の思惑や動向を注視するのが必須。

IMM通貨先物ポジションでは買いと売りのバランスを視覚的に確認でき、どちらのポジションに偏っているのか読み取れます。

0を基準として上の赤いグラフが買いポジション数、反対に下の青いグラフが売りのポジション数を示しています。

この図を見る限り売りが優勢であると一目でわかりますね。

例えば、大口投資家が売りポジションに偏っているのであれば、いずれ買いポジションに反動が来ると予測できます。

akiはそのタイミングを狙って逆張りを仕掛けるようです。

逆張りを仕掛けるタイミングについては、「移動平均線」を用いてチャンスを図るようです。

▼移動平均線との乖離
akiが移動平均線を用いて分析するのは、ロウソク足と移動平均線の乖離

ロウソク足と移動平均線との乖離が広がると、ロウソク足は元に戻ろうとする性質があるため、akiはそこを逆張りで狙います。

akiは移動平均線の中でも、短期の値動きに敏感に反応する指数平滑移動平均線の200日を用いているようです。

実際のチャート画像で見てみると、移動平均線との乖離が広がったタイミングで逆張りエントリーすることで、利益を得られることがわかります。

akiの移動平均線手法

ただ、ここで重要なのがどの程度の乖離が広がったタイミングを狙うのか

もし誤ったタイミングでエントリーしてしまうと、含み損を抱えてしまう可能性もあります。

akiは「高値(安値)-200EMA=乖離幅」という算式を利用して、乖離幅の目安を自分の中で決めているとのこと。

過去に自身のブログ内でどのくらいの乖離が開いたらエントリータイミングなのか?通貨ペアごとに検証を行ってくれているので、参考になると思います。

▼トレンドライン
akiはトレンドラインを必要最低限、2本程度しか利用しません。

トレンドラインというよりも、どちらかというと平行チャネルのように利用しているようです。

akiのトレンドライン手法

ラインは頻繁に引き直し、いつも最新のトレンドラインを表示させるように意識しているとのこと。

▼水平線
漁師トレーダー翔」や「相場王ししゃもん」など多くのトレーダーが愛用する水平線をakiも同様に利用しています。

水平線を引くのは多くのトレーダーに意識されていそうなポイント

下図のように水平線を引くと、トレーダーに意識され反発していることが確認できます。

akiの水平線手法

水平線を利用したトレード方法は、水平線にタッチしたタイミングで逆張りエントリーです。

もし水平線を抜けてしまった場合は、抜けたタイミングで損切りをすることで損失を抑えたトレードが可能になります。

akiの手法をマネするポイント

akiの手法でマネしやすいのは次の3つです。

・トレンドライン
・水平線
・移動平均線

例えば、下図のようにまずトレンドラインを引き、相場の大局を把握します。

次にトレーダーに意識されている箇所に水平線を引きます。

後はロウソク足と移動平均線との乖離を狙い、下降トレンド下限で逆張りエントリー。

利確のポイントは水平線にタッチしたタイミングです。

あくまでも後付けですが、akiが取り入れている手法をマネするだけで実際のトレードでも利益を出すことは可能でしょう。

ただし、「FXAIパートナーズ」のような1か月で700万円の利益を叩き出すサービスも登場し、億トレーダーへのハードルは下がっているようにも感じます。

正直インフルエンサーの手法をマネするよりも、再現性はあるのかもしれません。

akiはトレードが下手?

akiの評判をネット上で調べてみると、「下手」との声がちらほら確認できます。

微損で逃げればいいのに、微益を求めるからユロドルさんもう上がるってさ。しかし下手だね。
5ちゃんねるより引用

Akiみたいなド下手くそと一緒にしないで
あいつはガチでド下手だし、その上で自己評価が高いキモいヤツだから
人間の出来が違いすぎるので本当に一緒にしないでください
今後はガチで拒絶します
Twitterより引用

なぜakiが下手と言われているのか調べてみると、「ロスカットを度々食らっている」ことが要因のようです。

2020年3月には驚愕の1億2千万円のロスカット。

aki ロスカット

直近の2022年4月にも6000万円のロスカットを食らったと公表しています。

aki ロスカット

損失額のでかさは別として、ロスカットを食らったということはつまり、損切りが出来なかったということです。

akiは感情的なトレードをして損切りが出来ないことがあるため、「下手」と言われがちのようですね。

akiが億トレーダーになれたのは、資金力があったからと考えている方も少なくはないのでしょう。

手法自体は再現性があるのでakiを反面教師として参考にするのもありかもしれません。

Akiが教えてくれる損切りの重要性

前項で触れたようにAkiはこれまでに数億円の強制ロスカットを経験しています。

「こうはなりたくない」と思うのも、トレードスキルを上げる一歩です。

Akiのトレードを振り返ると共に、損切りの重要性を改めて胸に刻みましょう。

Akiが損切りをためらってしまった要因として考えられるのは“思い込み”と“自身の感情”です。

2019年5月から続いていたポンド円の下降トレンド。

Akiはそろそろ底だろうという理由からポンド円を逆張り買いエントリーしました。

しかし、その後もポンド円の下落は止まらず、最終的には127.0円まで下落。

当初は損切をしようと思い、逆指値注文を入れていたようですが、「さすがに底だろう」という意識が捨てきれず、逆指値注文を外してしまうAki。

akiのTwitter

自身も「もっと早く損切しておけば良かった」と後悔をにじませています。

最後は上がるのをただ祈るばかりという典型的負けパターンになっていたようです。

含み損は大きく膨らむほど、損切りしたくないとも思うもの。

傷が浅いうちに損切りできるよう、トレード前にトレードシナリオを固めておきたいものです。

Akiと同じく損切りが難しいと感じている方は、自動で損切りも行ってくれる自動売買ソフトを検討してみるのもありだと思います。

特に最近は「TYL(ティル)」のように無料ながら月利40%を実現した自動売買ソフトも現れ、注目を集めているようです。

FXトレーダー akiとは

akiはFXでこれまでに5億円以上を稼いだ正真正銘の億トレーダーです。

億トレーダーではありますが、実は専業トレーダーではなく、家庭教師派遣会社を経営する経営者でもあります。

本業が順調らしく、本業だけで相当の稼ぎがあるとのこと。

akiは度々ライブ配信でエントリーから利確までのトレードを行っていることもあり、透明性の高さが人気を集めています。

2022年4月現在youtubeチャンネルの登録者数は6,4万人、Twitterのフォロワーは9.6万人にも上ります。

また、akiはトレードの履歴を公開していることも、人気を集める理由の一つ。

GMOクリック証券が提供するトレードイベント「トレードアイランド」では、参加者によるトレードバトルが行われ、ランク付けされています。

akiは2022年現在すでに退会していますが、トレードアイランドでのトレード履歴を確認できます。

実際に履歴を確認してみると・・

akiのトレードアイランド履歴

トレード損益は脅威の5億円越えです。

FXトレーダーの中には「億トレーダー」を自称しているものの証拠がない人も多々いますが、akiに関しては正真正銘の億トレーダーだと言えます。

さて、次は億トレーダーakiがどのようにして5億円にたどり着いたのかに迫っていきます。

akiが5億円稼ぐまでの道のり

投資を始めた初期はFXではなく、100万円を元手に株取引をしていたaki。

最初の7、8年はひたすら負け続け、何度も退場したようです。

普通ならその時点で「FXはもうやめよう」と思いそうなものですが、akiはまさに七転び八起き。

失敗から学び、焦らずコツコツ増やすべく目標収支を下げることにしました。

レバレッジは5倍まで、年間収支も1.5倍から2倍を目指す方向に転換。

家庭教師という本業もあり、焦らずにFXを続けられたことも億トレーダーになれた秘訣なのかもしれません。

akiは反面教師にするべき所もありますが、手法はマネしやすく勝率を上げるきっかけにもなりそうです。

当サイトには独断と偏見で「有名トレーダー神7」を選んだ記事もあるため、他の有名トレーダーからも参考にできる部分を盗んでみてもいいかもしれません。

インベスターズトラストのサムネイル画像

インベスターズトラストとは

インベスターズトラスト(Investors Trust/ITA)とは、ケイマン諸島に設立された保険会社です。

タックスヘイブンと言われる租税回避地の保険会社で、投資信託に投資する海外投資商品。

俗にいうオフショア投資というものに分類されます。

インベスターズトラストは2002年に設立され、競合の中では歴史が浅い会社ですが、すでに40か国以上に事業展開し人気を集めているようです。

また、インベスターズトラストはアメリカの格付け機関A.M.ベスト社より、最高レベルの評価A-を獲得

信用度の高さもインベスターズトラストが人気を集めている一つの理由なのでしょう。

積立プラン

インベスターズトラストは、毎月一定の金額を積み立て続ける仕組み。

積み立て期間満了時にこれまでの運用利益を受け取ることができます。

インベスターズトラストの主力商品は次の2つです。

▼S&P500
S&P500はアメリカの代表的な株価指数の1つ。

アメリカを代表する約500社の時価総額を指数化したものです。

主な構成銘柄はアップルやマイクロソフト、アマゾンなど日本でも有名な企業ばかり。

S&P500の構成銘柄

インベスターズトラストのS&P500プランは10年、15年、20年の投資期間から選択可能。

最大のメリットは元本確保型である点。

10年プラン:100%
15年プラン:140%
20年プラン:160%

と、仮に15年運用して運用益がマイナスになったとしても、元本の140%は保証されます。

ただし、積み立ての一時停止や減額、一部引き出しなどをしてしまうと、元本は保証されなくなってしまうため注意。

あくまでも元本確保を受け取るためには、一定金額を積み立て続ける必要があるのです。

▼エボリューション
インベスターズトラストの中でも目玉商品となっているのがエボリューションです。

同じくオフショア投資「RL360」のRSPの次に日本人による契約数が多いとされています。

エボリューションはS&P500に比べ、積立期間の選択肢が多く、100ドルという少額からでも積立できるのが特徴です。

エボリューションの積立期間は5年、10年、15年、20年、25年から選択可能。

インベスターズトラスト主力商品2つを紹介しましたが、実はインベスターズトラストは手数料が高いと評判になっています。

インベスターズトラストは手数料がやばいと評判

インベスターズトラストは積立に対する手数料が高く、実質利益が出にくい仕組みになっています。

エボリューションの20年プランの手数料を例に挙げ、具体的にいくらくらい手数料がかかるのか掘り下げていきます。

プラン 管理手数料 ストラクチャー手数料 ロイヤリティボーナス
20年プラン 1年目から10年目:1.9%(年)
11年目以降:0.35%(年)
0.125%(月) 1年目から10年目:拠出金の7.5%
11年目から15年目:拠出金の5%
16年目から20年目:拠出金の5%
21年目から25年目:拠出金の5%

毎月500ドルを積立すると仮定し、具体的な手数料を計算していきます。

▼管理手数料
1年目から10年目:500ドル×10年×1.9%=1140ドル
11年目以降:500ドル×10年×0.35%=210ドル
1140ドル+210ドル=1350ドル

▼ストラクチャー手数料
1か月目:500ドル×0.125%=0.6ドル
2か月目:100ドル×0.125%=1.25ドル


240か月合計(20年):18075ドル
※運用益0と仮定して計算

▼プラン手数料
月7ドル×12か月×20=1680ドル

以上主な手数料の他、インベスターズトラストはクレジットカード払いが基本となるため、為替手数料も加味しなければなりません。

クレジットカード会社によって誤差はありますが、約2%の手数料が別途かかります。

500ドル×2%×20年=33.6ドル

手数料全てを合算すると、21138ドル

▼ボーナスがもらえる
インベスターズトラストは積立期間に応じてボーナスをもらえるため、総手数料からボーナスを差し引く必要があります。

ロイヤルティボーナス
1年目から10年目:拠出金の7.5%
11年目から15年目:拠出金の5%
16年目から20年目:拠出金の5%
21年目から25年目:拠出金の5%

毎月500ドルを20年間積み立てると、受け取れるボーナスは7500ドル

21138ドル-7500ドル=13638ドルが実質的な手数料となります。

年間約680ドルの手数料が発生します。

以上のようにインベスターズトラストで運用をしても、高額な手数料を払う羽目になりそうです。

「インベスターズトラストは手数料がヤバい」という評判はあながち嘘でもないようですね。

インベスターズトラストに関してはあまりうまみがなさそうですが、「FXAIパートナーズ」のようなサービスが登場している今、投資で稼ぐことのハードルは下がっているように感じます。

利用者の中には月700万円の利益を得ている方もいるとか。

気になる方は口コミをご覧になってみてもいいかもしれません。

インベスターズトラストの解約手数料

インベスターズトラストは積立満期になる前に解約を行うと、解約手数料が発生します。

解約手数料は残存年数が多いほど高額になり、積み立てた資金がほとんど手元に戻ってこない可能性もあります。

基本的には契約年数を待たずして解約を行うと損する仕組みになっているため、毎月無理のない金額で積み立て続けられるかどうかが重要です。

ただし、契約年数に関わらず15年積み立て続けた場合、解約手数料は無料。

インベスターズトラストは外貨投資目当て

毎月一定金額の積み立て投資ができるインベスターズトラスト。

評判通り手数料が割高のため、がっつり運用で稼ぎたいと考えている場合はイメージと合わないかもしれません。

ただ、円安が進んでいる背景もあって外貨を増やせる点は非常に魅力的

あくまでも外貨投資という目的の方が、がっかりは少ないと思われます。