FXism(及川圭哉)の天才チャートが勝てないと言われがちな理由

及川圭哉FXismのサムネイル画像

FXism(及川圭哉)とは

FXismはFXトレーダー及川圭哉が率いるFXトレーダー集団です。

FXismはFXに関する情報発信、商材の販売、全国各地でセミナーを開催するなど精力的に活動しています。

及川圭哉は自身の著書の中で「勝率7割のデイトレードで月2000万円以上、年間1億円超を稼いでいる」と述べています。

そんな及川圭哉は最初から凄腕トレーダーだったわけではなく、波乱万丈な人生を歩んできたようです。

及川圭哉の経歴

及川圭哉はこれまでに実演販売や職を転々とすると共に、6度の無一文を経験しています。

投資で一発逆転を狙った及川氏ですが、初めはFXではなく株式投資を行っていたようです。

というのも当時のFXは不正やインチキが日常的に行なわれていたこともあり、FXに不信感を抱いていたとか。

そんな及川氏がFXを始めるきっかけとなったのが、当時見ていた株のブログでした。

株に関して信頼を寄せていたブログが、FXに触れていたことから興味を持ち始めたようです。

ただ、及川氏はデモトレードからではなく、いきなり自分の資金を投じてFXを始めたとのこと。

これは「痛みがないと記憶できない」という及川氏なりの考えが理由でした。

6度の無一文を経験してもそこから復活できているのは「全力だった」ことが共通点。

FXトレードに関しても例外ではなく、全力で取り組んできたからこそ、億トレーダーの仲間入りを果たせたのでしょう。

最近は「FXAIパートナーズ」のように1か月で700万円の利益を叩き出すサービスも出てきているため、億トレーダーへのハードルは下がっているように感じます。

しかし、及川氏の場合は努力のたまものだと言えそうですね。

及川氏がFXに出会ってからすでに16年。

彼の中にはすでに確立されたトレード手法があるようです。

FXism(及川圭哉)のFXトレード手法

及川圭哉のトレードスタイルはスキャルピング・デイトレードが基本戦術です。

及川氏のトレード戦術は次の3つから成っています。

▼FX天才チャート
及川氏のデイトレード手法の根幹となっているのが「FX天才チャート」と言われるインジケーター。

天才チャートは及川自身が手掛けたFXの情報商材になっており、FXismのメールマガジンに登録、または及川氏の著書「ガチ速FX」を購入すると無料でダウンロード可能。

「FX天才チャート」最大の特徴は、5分足のチャート上に複数時間足の移動平均線を表示させられる点です。

天才チャート①

これによって5分足ではわからない上位足の方向感を一瞬で把握することができます。

さらにはボリンジャーバンドも同時に表示させられます。

ただ、線がたくさんあるため混乱しないよう注意が必要ですね。

次に実践的な使い方はを紹介しましょう。

例えば5分足で上昇トレンドが発生している場面であっても、1時間足の移動平均線は下向きになっています。

つまり5分足で上昇トレンドができていても、1時間足レベルで見れば下目線ということ。

実際ボリンジャーバンドに触れ、上髭を作ったタイミングで売りでエントリーすれば、50pips獲ることができます。

天才チャート②

また、及川氏はエントリータイミングの理想は、15分足・1時間足・15分75MAの向きが一致したタイミングであると語っています。

俗に言うパーフェクトオーダーというものです。

パーフェクトオーダーとは複数期間の移動平均線が同じ方向を向くこと。

実際にチャートを見てみても、パーフェクトオーダーが完成した後は強烈なトレンドが生まれていることがわかります。

パーフェクトオーダー

天才チャートの使い方をまとめると・・

1.1時間足・4時間足の向きを把握
2.5分足でエントリータイミングを探る
3.エントリータイミングはパーフェクトオーダー完成時が理想

です。

上記の3つを把握しておくだけでも、天才チャートを有効活用できるでしょう。

▼スキャルピングは20分ルール
及川氏はスキャルピングをする際は、エントリーから決済まで20以内に完結させるルール設定をしています。

エントリーして20分以内に想定通りの値動きがなければ、エントリーが失敗だったと判断し決済。

逆に想定通りの値動きをしていても20分を区切りに決済し、利益を確保してしまうという及川流の考え方です。

及川氏はそもそも「00分」「30分」という区切りの良いタイミングで相場が大きく動くと考えており、区切りの良いタイミングで含み損がある場合、さらに損が拡大する可能性が高いと判断しています。

そのため、20分という早い段階で完結させることに意味があるとのこと。

「〇〇pipsで損切り」というルール設定はよく聞きますが、時間で区切るのは長年の経験から編み出された手法なのでしょう。

▼トレンドが発生しやすい時間帯を狙う
FXは24時間相場が開いていますが、各市場ごとに相場の動き方は大きく変わります

市場がオープンするのはウェリントン→シドニー→東京→ロンドン→ニューヨークという順番。

FX市場
SBI FXトレードより引用

中でも及川氏がおすすめしている時間帯は、ロンドンやニューヨーク市場に切り替わるタイミング

ロンドン市場、ニューヨーク市場どちらも多くのトレーダーが参入してくることから、相場が大きく動きトレンドが発生しやすいと述べています。

ただし、及川氏は市場が切り替わる時間帯にポジションを持ちこさないようにしているとのこと。

つまりロンドン市場ならロンドン市場の中で、エントリーから決済までを完結させるということですね。

▼投資金を複数に分けて利用
及川氏がFXを始めた頃の話ですが、300万円あった資金を「一口50万円×6」としてFXトレードを行っていたとのこと。

最初からデモトレードではなく、自分の資金を使って「ポジションを持ちながら値動きを研究する」ことが、早い習得に繋がると考えていたようです。

実際資金を分割して複数回挑戦する手法は、「有名なFXトレーダー」の中にも取り入れていた方が多いようです。

天才チャートで1500万円稼いだ猛者もいるらしい

FXismのyoutubeチャンネルを見てみると、天才チャートを利用して8万円の元手を1500万円にした利用者のインタビューが掲載されていました。

天才チャートのインタビュー

この方は2021年12月から2月の3か月間、ゴールドでトレードを行っていたとのこと。

基本戦術は有名FXトレーダーたちと同じように上位足に対して順張りのトレード

具体的には日足や週足などの上位足の方向を確認し、5分足や15分足などの下位足でエントリータイミングを探していたようです。

これは「漁師トレーダー」や「aki」も実践する基本的なトレード手法ですが、5分足チャートに複数時間足の移動平均線を表示できる天才チャートのメリットを生かせる手法でもあります。

ちなみに2021年12月から2月までゴールドは上昇トレンドが続いていたことを踏まえると、相場も味方してくれたように思います。

ゴールドのチャート画像

わざわざ時間足を切り替える必要はなく、5分足チャートだけを見れば完結する点を踏まえると、天才チャートは使いこなせると有益なツールだと言えそうですね。

4か月で億トレーダーになったと言われる「クロユキ」のような専業トレーダーにも劣らぬトレードが可能になるのかもしれません。

天才チャートの評判はまずまずか

天才チャートの評判を調べてみると、「使い始めてから勝てるようになった」「便利」との評判が多く見られます。

その一方で「自分でアレンジを加えないと勝てない」との意見も。

天才チャートの評判Twitterより引用

天才チャートの評判Twitterより引用

天才チャートの評判Twitterより引用

天才チャートに限った話ではありませんが、人それぞれトレードスタイルも異なれば、自分が得意とするトレードパターンも異なります。

天才チャートはあくまでも軸として利用し、その中で自分なりに確立した手法を見つけていくことが億トレーダーへの近道と言えるでしょう。

FXism(及川圭哉)の商材・サービス一覧

及川氏のトレード手法を支えているのは「FX天才チャート」ですが、これまでに複数のFX商材・サービスを提供しています。

▼MT4プロコントローラー改
MT4プロコントローラー改は、多機能搭載のトレード支援ツールです。

FXで勝つことを目的にしているというよりは、MT4をより便利に使えることを目的としています。

例えば、保有中のポジションをボタン一つで一括決済してくれたり、スプレッドが急拡大したタイミングで警告を出してくれたり。

プロコントローラー改

「こんな機能あったらいいな」というトレーダーの気持ちに応えるべく作成されたツールのようです。

MT4プロコントローラー改の価格は24,800円(税込27,280円)。

▼ガチ速FX
ガチ速FXは及川圭哉のデイトレード手法が詰まった著書です。

主に及川氏のトレード手法として紹介した「FX天才チャート」について触れられているようです。

また、ガチ速FXを購入すると、特典として「FX天才チャート」がもらえます。

▼FXismデイトレ大百科
FXismデイトレ大百科はFX天才チャートを軸として、プラスアルファを付け足した商材です。

及川氏いわく「FX天才チャートの完全版」とのこと。

及川氏が理想のエントリータイミングと語る「パーフェクトオーダー」完成時にリアルタイムで告知してくれる機能が搭載されています。

FXデイトレ大百科

すでにFX天才チャートを利用しており、プラスアルファの機能が欲しいという方は購入を検討してみてもいいのかもしれません。

また、ツールだけではなく、及川式のデイトレ・スキャルピング生放送動画講座も付録されているようです。

FXismデイトレ大百科の価格は19,800円(税込み21,780円)。

▼オフィシャルパートナーズ2022
オフィシャルパートナーズ2022は及川氏が主催する最新のFXコミュニティです。

天才チャートを含むインジケーターの他、19時間に及ぶ動画コンテンツが配信されるとのこと。

オフィシャルパートナーズ2022は4月時点で、応募者殺到のため募集を締め切っています。

メールによるサポートを受けられることも人気を集めた理由のようです。

▼公式youtube
FXismは公式youtubeチャンネルを開設しており、チャンネル登録者数は7.6万人にも及びます。

youtubeでは商材に付録されている動画講義とは別に、FXに関する情報発信をメインで行っています。

独断と偏見で選んだおすすめ動画は次の3つです。

1.コツコツドカンで負ける人の傾向と対策
せっかくコツコツと利益を積み上げてきたのにも関わらず、一度のトレードで損益がマイナスに転じるのはFXあるあるです。

そんな誰しも経験したことのある事象に対し、及川氏なりに対策方法を語ってくれています。

初心者から中級者まで一度は目を通しておきたい内容です。

>>コツコツドカンで負ける人の傾向と対策

2.損切りが出来ない人へ向けた『損切りの心理学』
人間は中々簡単に損切りできないものです。

後から「あの時損切りしておけば良かった」と思うこともしばしば。

そんなFXで稼ぐ上で無視できないテーマについて、及川氏が心理学の観点から話をしてくれています。

>>損切りが出来ない人へ向けた『損切りの心理学』

3.ナンピンする人が『絶対に忘れてはならないこと』とは?
損切りができないが故に、ついつい手を出してしまうのがナンピンです。

上手くハマれば、含み損をチャラorプラスにできる有効な手段ですが、損失を広げてしまう可能性もあります。

そんなナンピンをする上で忘れてはならないことを、及川氏が語ってくれています。

>>ナンピンする人が『絶対に忘れてはならないこと』とは?

FXismの天才チャートは利用する価値あり

6度の無一文も経験した後、専業トレーダーとして成功を収めた及川圭哉。

見やすさは別として、15年以上に及ぶFX歴の中で考案された天才チャートは非常に合理的な作りになっています。

天才チャートをベースに、自分なりのトレード手法を確立していけば勝率を上げられる可能性もあると思われます。

とはいえ、一朝一夕で身に付くようなものではなく、実践を繰り返して気づきを得る他ないかもしれません。

「早く結果を出したい」と考えている方は、最近人気のAIを搭載したサービスが参考になるでしょう。

中でも「FXAIパートナーズ」はAIがハイリターン期待の通貨を抽出してくれるサービス。

利用者の中には1か月で500万円の利益を得ている方もいるようです。

みつしろのサムネイル画像

FXトレーダーみつしろとは

みつしろ(本名:海沼光城)はyoutubeで活躍するFXトレーダーです。

チャンネル登録者数8.4万人を誇るみつしろのyoutubeでは、次のような動画コンテンツを配信しています。

・FXの相場展望
・FXの基礎・手法
・国際情勢
・人生を豊かにするマインド

FXに関しては初心者層に向けて基本的なFX知識やテクニカル分析方法を発信しています。

みつしろはトレードに関して10年以上勝率75%をキープし続けているようです。

そんなみつしろは専業トレーダーになる以前から金融関係の仕事をしていた経歴の持ち主。

みつしろの経歴

FXトレーダーみつしろは、幼少期から高校入学までを海外で過ごした帰国子女。

大学卒業が迫り就職が決まっていなかったみつしろに救いの手を差し伸べたのが「証券会社」だったとのこと。

その証券会社でトレーダーという仕事を始めて知ったみつしろは、天職だと感じたようです。

しかし、晴れてトレーダーデビューしたみつしろでしたが、トレードは思うようにいかず証券会社をクビになってしまいました。

その後は運用会社に転職し、みつしろの中でFXでの勝ち方が見えてきたタイミングで退職。

以降は個人でトレードをしつつ自分でビジネスも立ち上げ、今に至ります。

みつしろが仕事を辞めるきっかけとなった「FXの勝ち方」とは何なのか?

次に彼のFX手法に迫っていきます。

みつしろのFX手法は逆張り狙い

みつしろが重要視しているFX手法は「逆張りからのトレンドフォロー」です。

逆張りでエントリーした後はトレンドの流れに乗り、利益を伸ばしていく手法。

順張りは上昇トレンドなら買いでエントリー、下降トレンドなら売りでエントリーするのに対し、逆張りはトレンドの流れに逆らってエントリーします。

逆張り手法

逆張りのメリットは、トレンドの初動を捉え大きな利益幅を狙ったトレードが可能な点です。

しっかりトレンドの転換を捉えて逆張りをすれば、1トレードで爆益が十分に狙えます。

みつしろは「逆張りの方が含み損に耐える状況も少なく、初心者にもおすすめできる」と語っています。

ではどのようにトレンドの転換点を捉えるのかというと、次の3つの方法がおすすめ。

▼ダウ理論
漁師トレーダー翔」も重要視するダウ理論はメジャーなテクニカル分析手法の1つです。

相場状況やトレンドを判断するのに役立つダウ理論には6つの法則がありますが、中でも重要なのが「トレンドは明確な転換サインが出るまで継続する」というもの。

例えば、上昇トレンドが発生している場合、前回の高値を切り下げ、安値を更新するまでは上昇トレンドが続いていると判断します。

ダウ理論

上図のように上昇トレンドが続いていると想定します。

この時前回高値を切り下げ(青)、前回安値を更新(ピンク)タイミングでトレンド転換のサイン。

逆に下降トレンドの場合は、前回安値を切り上げ、前回高値を更新したタイミングで上昇トレンドへの転換を意味します。

▼トレンドライン
トレンドラインもダウ理論同様、メジャーなトレンド把握方法です。

上昇トレンドならば安値同士を繋いだサポートライン、下降トレンドならば高値同士を繋いだレジスタンスラインがトレンドラインとなります。

このトレンドラインを抜けたタイミングでトレンドが転換したと判断可能です。

例えば、下のような下降トレンドが発生している場合、青線のようなトレンドラインが引けます。

トレンドライン

そして下降トレンドラインを上抜けたタイミングでトレンドが転換し、その後上昇が続いているのがわかります。

▼単純移動平均線(MA)
移動平均線は相場のトレンドの方向性や強弱を分析するインジケーターです。

一定期間の終値の平均を算出し、線で結びチャート上に表示しています。

例えば、MA20であれば直近20日間の終値を平均したものが表示されます。

短期(5、10、20)、中期(50、60、70)、長期(100、200)と複数の移動平均線を一度に表示させることも可能です。

実践的な使い方は、移動平均線の向きがトレンドの方向性を示します。

短期の移動平均線が長期の移動平均線を抜けたタイミングはトレンド転換のサイン。

下図のように青色の短期移動平均線が下向きから上向きに変わり、オレンジの長期移動平均線を上抜けた時がトレンド転換のサインとなります。

移動平均線

また、短期・中期・長期全ての移動平均線の向きが揃うことを「パーフェクトオーダー」といい、強いトレンドの発生を表します。

以上のようにトレンド転換のサインを捉えて逆張りエントリー、その後は次のトレンド転換のサインが出るまでトレンドに乗って利益を伸ばすのがみつしろのFX手法です。

しかし、逆張りはトレンド転換を読み間違えると含み損が膨らむ可能性もあるため、実践を繰り返し自分のモノにしていく必要があります。

もし「すぐに稼げるようになりたい」方は、「FXAIパートナーズ」のような最新AIがハイリターン期待の通貨ペアを抽出してくれるサービスが参考になるかもしれません。

利用者の中には1か月で700万円の利益を得ている方もいるようです。

みつしろは商材も販売

みつしろは過去に「蘇る金狼最強トレーダー育成プロジェクト」なるFX商材の販売を行っていたようです。

この商材を購入した人が少ないのか、評判を見つけることはできませんでした。

2022年現在は「グランドセオリー」という有料講座を開設し、勝ち組トレーダーを育成しているとのこと。

みつしろのグランドセオリー

グランドセオリーは、下記のような全7回のカリキュラムによって構成されています。

1.トレード最速上達の全体像
2.自分の取扱説明書を作る
3.相場の基本構造
4.トレードの残酷な理想と現実
5.逆張りからのトレンドフォローの秘伝について
6.全人類が求めている成功法則
7.トレード上達の秘訣は日常にあり

波乗りジョニー」サロンの入会金10万円には及びませんが、グランドセオリーの価格は5万円と強気な価格設定です。

▼グランドセオリーの評判
グランドセオリーの評判はというと・・

みつしろ グランドセオリー評判
Twitterより引用

帝王学を教えてくれる講座だと絶賛されています。

よほどFXに関する情報が詰まっているのかと思いましたが、実際はそうではないようです。

みつしろのグランドセオリーでは具体的なトレード内容よりも、エネルギーや人間力にフォーカスした内容になっているとのこと。

みつしろ グランドセオリー評判
Twitterより引用

「トレードスキルを上げたい」と思ってグランドセオリーを受講すると、イメージと違う内容になってしまうかもしれません。

次に商材だけではなく、みつしろ自身の評判にも迫っていきます。

みつしろの評判

みつしろの評判を調べてみると、「感銘を受けた」「人生を充実させてくれる」と大絶賛する意見が多々見られました。

全然fxで勝てないのでネットを放浪してみつしろさんのYouTubeの辿り着きました。すごくわかりやすい、ふに落ちる内容で感銘を受けました。
Twitterより引用

YouTube見させてもらってます!
なかなかうまくいかないところにみつしろさんの動画に出会って勉強しています!
FX以外の人生も充実させてくれるみつしろさんのお話いつも楽しみにしています!
Twitterより引用

みつしろはFX以外にも人生を豊かにする秘訣のようなテーマで「心の在り方」について情報発信を行っています。

そういった自己啓発に触発された人たちから高評価を集めているようですね。

ただ一方で「威圧的な勧誘が届く」という意見も見られました。

ブログ見て好きになって、メルマガ登録して勉強始めました。いいものに出会ったなぁと
喜んでいたのでしたが、グラセオの案内が来て、そっちまでまだ見てる余裕がないから
スルーしていたら、やらないとダメだという、威圧的とも取れる勧誘メールが繰り返し
来るようになりました。

いい人だと思っていましたが、これで一気に引きました。本性を見た気がします。
街角キャッチで、変なものを無理やり契約させるセールスと似た手法に感じました。
とても残念です。
5ちゃんねるより引用

みつしろはメルマガの発信を行っていますが、その中で有料講座の勧誘も行われている模様。

「やらないと損をする」など、厳しい言葉で勧誘が行われているのが実態のようです。

みつしろ自身もボランティアで情報発信しているわけではなく、あくまでも「集客の一環」で情報発信をしているため、仕方がないのかもしれませんが。

みつしろはメンタルを学びたい向き

みつしろは10年以上勝率75%をキープし続けているFXトレーダー。

その手法は「逆張りからのトレンドフォロー」という極めてシンプルなものです。

使いこなせるようになれば、FXで稼げるようになる可能性もありそうです。

ただし、有料講座ではFXの具体的な手法というよりは、人生を豊かにするメンタルコントロールについて多く語られている模様。

「もっと実践的なことが学びたい」という方は、独断と偏見で「有名人FXトレーダー神7」を紹介している記事が参考になるかもしれません。

羊飼いFXのサムネイル画像

FXトレーダー羊飼いの正体

羊飼いは日本国内でFXトレードが始まった2000年初頭からFXトレードをしているトレーダー。

2022年現在、20年以上のFXキャリアを持つベテラントレーダーです。

現在の年収は不明ですが、FXのトレード収益は億を超えていると言われています。

羊飼いは元々サラリーマンとして働いていましたが、病気がきっかけに働けなくなり、保険金500万円を元手にFXを始めたとのこと。

当初はまだまだ日本でFXをやっている人も少なく、ネット掲示板2ちゃんねるで他のトレーダーと情報交換をしていたようです。

ただ、FXに関する情報の少なさに不便さを感じ、他のトレーダーの為になればという気持ちもあって「羊飼いのFXブログ」を2003年に始めます。

羊飼いのFXブログ」は情報量が凄まじく、今では多くのトレーダーに愛される大人気FXブログです。

そんな羊飼いが億トレーダーの仲間入りを果たしたきっかけはバカになったことだとインタビューで語っています。

羊飼いはバカになったことで億稼げた

羊飼いは色々なトレーダーの話を聞く中で、「億を稼いでいるトレーダーは普通じゃない。」という結論にたどり着いたとのこと。

そして、羊飼いの教訓になったのが「バカになれ」という言葉です。

例えば年末の相場など、予想外の動きをしがちな時にFXトレード休むのではなく、常識を捨てて相場を楽しむ気持ちを持った羊飼い。

トレーダーは退き際が大切という考えもあり、1発がっつりと儲けられるような相場の見極めが重要だという考えに行きついたようです。

そうして頭のネジを外したことによって、羊飼いは億トレーダーの仲間入りを果たしたとのこと。

羊飼いは東大生トレーダー「たばてぃん」同様、攻撃的なトレードスタイルのようです。

とはいえ、ただ闇雲にトレードしていたのでは証拠金がいくらあっても足りません。

それに1か月で700万円の利益を叩き出したと評判の「FXAIパートナーズ」のようなサービスが登場している今、兼業トレーダーであっても億トレーダーへのハードルは下がっているように感じます。

羊飼いにおいては、バカになると共に勝ち筋のあるトレード手法を自身の中に確立していったようです。

羊飼いのトレード手法

羊飼いはトレードスタイルの中でも短期での売買を繰り返すスキャルピングを得意としているトレーダーです。

また、大相場になりやすい経済指標を利用したトレードも得意としています。

▼米ドル/円スキャルピング
羊飼いのスキャルピングは、米ドル/円ペアの買いエントリーのみという特殊なルールで行われています。

上位足の順張りを基本戦術として、強いトレンドのサインを把握しトレンドに乗っていくスタイルです。

上位足に対して順張りは「漁師トレーダー」など多くの「有名FXトレーダー」が取り入れている手法。

しかもスキャルピングに利用するのは、iPhoneとiPad miniだけ。

機材のスペック上複雑な分析ができないからこそ、シンプルなトレード戦略になったとのことです。

兼業トレーダーの方はiPhoneやiPadでトレードすることも多いと思うので、参考にできる部分は多そうですね。

また、羊飼いは市場の性質に合わせてトレード戦略を変えているとのこと。

ただし、どちらのトレード戦略も長期足で上昇トレンドが発生しているという前提条件が必要なので注意しましょう。

▼東京時間
東京時間(朝9時~17時)では、それほど大きなトレンドは生まれにくくレンジ相場が続きやすい特徴があります。

その性質を利用し、羊飼いはドル円の1分足チャートでもみ合いを狙ったスキャルピングを行います。

1分足スキャルピングの方法は前回もみ合った価格帯まで、下がってきたら買いでエントリー。

ドル円の1分足チャート

5PIPSほど上がったら即利確。

スプレッドの広い業者ではまともにスキャルピングできない可能性もあるので注意しましょう。

▼欧州時間・ニューヨーク時間
一日を通して取引量の多い欧州時間(16時~翌2時)、ニューヨーク時間(21時~6時)は大きなトレンドが発生する可能性が高い時間帯です。

その性質を利用し、欧州・ニューヨーク時間では1分足で前回高値を超えたタイミングで買いエントリーします。

1分足スキャルピング

長期足で上昇トレンドが発生していれば、勝率の高いトレード手法ですが、もちろん100%ではなく負ける時もあります。

そんな時に羊飼いは1度のみマーチンゲール法を使っても良いというルールを設定しているようです。

マーチンゲール法は負けたトレードのロット数を倍にして次のトレードに臨む手法。

例えば、1ロットで負けたのであれば、次のトレードは2ロットでエントリーします。

そうすることで、前回の負けを1度で取り返すことも可能。

ただし、それ相応のリスクもあるので、初心者向きではありません。

▼経済指標トレード
経済指標はFXにおいては一大イベントです。

相場が大きく動くことも多いことから、1トレードで爆益を得るチャンスともいえるでしょう。

羊飼いは経済指標トレードをする際には、以下3つのルールを課しているとのこと。

1.指標発表前のトレンドを把握しておく
2.投資シナリオをあらかじめ立てる
3.エントリーは指標の結果とプライスアクションを見てから

経済指標は事前の予想に対して良ければ買われ、悪ければ売られるのが定石。

ただし値動きは経済指標発表前のトレンドに大きく影響されます。

例えば、上昇トレンドが発生しているタイミングの経済指標が悪い結果だった場合、発表直後は売りが先行してもいずれは反転し上昇に転じるパターンも多くあります。

そのため、あらかじめトレンドの向きを必ず確認。

上昇トレンド中なのであれば、

・予想より結果が良ければそのまま買いでエントリー
・予想より結果が悪ければ下落後の反転を待って買いでエントリー

と、指標発表後の値動きを見てからエントリーします。

羊飼いは経済指標トレードは長い時間ポジションを持ち続けることはせず、長くとも30分で利確するようにしているとのことです。

経済指標トレードは値動きが激しいため、爆益も狙えますが同時に損失リスクも高まります。

羊飼い手法は本当に勝てるのか

羊飼いのトレード手法は再現性もあり、トレード勝率を上げるきっかけになると思われます。

▼羊飼いスキャルピングはリスク管理が重要
羊飼いスキャルピングは中長期で上昇トレンドが出ているという前提の上で成り立ちます。

強烈な上昇トレンドを見せているドル円で検証してみると、欧州時間の場合はたしかに前回高値を越えたタイミングでエントリーすれば、10pipsから20pipsほどの利益を出すことは可能。

羊飼いスキャルピング

ただ利確タイミングを逃してしまうと、瞬く間に逆行してしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、スプレッドを考慮しておかないと、損切りを重ねることにもなりかねません。

▼経済指標トレードは再現性がありそう
2022年5月11日、ドル円の相場は上昇トレンドが落ち着き下降トレンドに切り替わった頃。

その日、重要度の高いアメリカの消費者物価指数(CPI)が発表され、前回よりもいい結果となりました。

結果が良ければ高騰に繋がりそうなイメージですが、ここで思い出してほしいのが羊飼いの「経済指標発表前のトレンドが大きな影響を与える」という言葉。

実際にチャートを見てみると、CPIの結果を踏まえて一時的にドル円の価格は高騰しますが、その後急落しています。

もしCPI発表後に上がったタイミングでショートできていれば300pips獲得できたことになります。

この羊飼い流経済指標トレードに関しては再現性もあり、短期間で爆益を狙うことも可能だと思われます。

羊飼いはEAも駆使している

羊飼いは2017年頃からFXの自動売買(EA)も利用しています。

最初は自動的に両建て注文を出してくれるグルグルトレイン(グルトレ)というサービスに興味を持った羊飼い。

利用を開始した当初は手動注文でやっていたということですが、慣れてくると面倒に感じ自動売買に興味を持ったとのこと。

FXトレードにおいては裁量とEAとグルトレが三種の神器とも語っており、今ではすっかりお気に入りの様子。

また、今でも一般販売している自動売買ツールをちょくちょく購入してみては、試しに使っているようです。

羊飼いのFXブログ」では、実際に利用している自動売買ツールの設定や運用実績なども公開しています。

最近はAIを搭載した「クオレアFX」や「FXAIパートナーズ」のようなサービスも誕生しています。

中でもFXAIパートナーズは2度のトレードで900PIPS獲得の実績もあり、利用者の間で話題になっているようです。

FXには多くのサービスが存在していますが、評判の良いサービスは積極的に活用していきたいものですよね。

羊飼いの本・サービス

羊飼いは雑誌社とタッグを組み本を出版したり、FXサービスの展開も行っています。

▼一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版
羊飼いがマネー誌ZAiと手を組んで出版したFX教材。

FXをやっている人であれば、一度は目にしたことのある本ではないでしょうか。

累計39万部売れているベストセラー本です。

▼新・羊飼いのFX!経済指標&通知アプリ
新・羊飼いのFX!経済指標&通知アプリはその名の通り、経済指標やイベントの表示と通知をしてくれるアプリです。

新羊飼いの経済指標&通知アプリ

経済指標やイベント以外にも急騰・急落アラートも搭載しています。

2022年5月現在はiOS版のみとなっているようなので注意しましょう。

羊飼いはFX界の重鎮トレーダー

羊飼いはFXが日本に上陸した当初からトレードを続ける億トレーダー。

そんな羊飼いが大切にしている言葉は「バカになれ」です。

不安定な相場の時こそ、トレードを楽しむ気持ちを忘れずにいるとのこと。

コツコツ堅実に増やすことも間違いではありませんが、時には勝負を仕掛けることも億トレーダーには必要なことなのかもしれませんね。

akiのサムネイル画像

akiのトレード手法

億トレーダーakiのトレードスタイルはスキャルピング/デイトレード/スイングトレード全て。

ライブ配信では時間の都合上スキャルピングが多いようですが、スイングトレードで数千万円単位の利益を得ていると思われます。

akiが愛用する手法はシンプルなのが特徴です。

具体的な手法になっているのは「逆張り」「トレンドライン」「水平線」「移動平均線」「IMM通貨先物ポジション」の5つ。

▼逆張り
akiがFXトレードの基本方針としているのは「安いところで買い、高いところで売る」というもの。

トレンドに沿った順張りとは逆に、トレンドに逆らう逆張りはトレンドの初動に乗れる可能性もあり、利益を伸ばしやすいメリットがあります。

ただ、日足などの上位足における高値圏(底値圏)で買わない(売らない)とも発言していることから、上位足に対しては順張り思考を貫いているようです。

順張りエントリー

上位足のトレンドに逆らわず、順張りでエントリーすることは「漁師トレーダー翔」や「クロユキ」などのトレーダーたちも共通して意識しているところです。

akiは逆張りをどのように仕掛けているのかというと、「IMM通貨先物ポジション」というものを活用しています。

▼IMM通貨先物ポジション
IMM通貨先物ポジションはざっくり言うと、大口投資家といわれる人たちのポジション保有状況がわかるグラフのことです。

FXで勝率を上げるためには、価格に影響を与えるような大口投資家の思惑や動向を注視するのが必須。

IMM通貨先物ポジションでは買いと売りのバランスを視覚的に確認でき、どちらのポジションに偏っているのか読み取れます。

0を基準として上の赤いグラフが買いポジション数、反対に下の青いグラフが売りのポジション数を示しています。

この図を見る限り売りが優勢であると一目でわかりますね。

例えば、大口投資家が売りポジションに偏っているのであれば、いずれ買いポジションに反動が来ると予測できます。

akiはそのタイミングを狙って逆張りを仕掛けるようです。

逆張りを仕掛けるタイミングについては、「移動平均線」を用いてチャンスを図るようです。

▼移動平均線との乖離
akiが移動平均線を用いて分析するのは、ロウソク足と移動平均線の乖離

ロウソク足と移動平均線との乖離が広がると、ロウソク足は元に戻ろうとする性質があるため、akiはそこを逆張りで狙います。

akiは移動平均線の中でも、短期の値動きに敏感に反応する指数平滑移動平均線の200日を用いているようです。

実際のチャート画像で見てみると、移動平均線との乖離が広がったタイミングで逆張りエントリーすることで、利益を得られることがわかります。

akiの移動平均線手法

ただ、ここで重要なのがどの程度の乖離が広がったタイミングを狙うのか

もし誤ったタイミングでエントリーしてしまうと、含み損を抱えてしまう可能性もあります。

akiは「高値(安値)-200EMA=乖離幅」という算式を利用して、乖離幅の目安を自分の中で決めているとのこと。

過去に自身のブログ内でどのくらいの乖離が開いたらエントリータイミングなのか?通貨ペアごとに検証を行ってくれているので、参考になると思います。

▼トレンドライン
akiはトレンドラインを必要最低限、2本程度しか利用しません。

トレンドラインというよりも、どちらかというと平行チャネルのように利用しているようです。

akiのトレンドライン手法

ラインは頻繁に引き直し、いつも最新のトレンドラインを表示させるように意識しているとのこと。

▼水平線
漁師トレーダー翔」や「相場王ししゃもん」など多くのトレーダーが愛用する水平線をakiも同様に利用しています。

水平線を引くのは多くのトレーダーに意識されていそうなポイント

下図のように水平線を引くと、トレーダーに意識され反発していることが確認できます。

akiの水平線手法

水平線を利用したトレード方法は、水平線にタッチしたタイミングで逆張りエントリーです。

もし水平線を抜けてしまった場合は、抜けたタイミングで損切りをすることで損失を抑えたトレードが可能になります。

akiの手法をマネするポイント

akiの手法でマネしやすいのは次の3つです。

・トレンドライン
・水平線
・移動平均線

例えば、下図のようにまずトレンドラインを引き、相場の大局を把握します。

次にトレーダーに意識されている箇所に水平線を引きます。

後はロウソク足と移動平均線との乖離を狙い、下降トレンド下限で逆張りエントリー。

利確のポイントは水平線にタッチしたタイミングです。

あくまでも後付けですが、akiが取り入れている手法をマネするだけで実際のトレードでも利益を出すことは可能でしょう。

ただし、トレード手法はあくまでも自分の中に落とし込むことが重要です。

付け焼き刃の手法ではなかなか通用しないのがFXの世界。

FXAIパートナーズ」のように最新AIが通貨ペアやエントリータイミングを抽出してくれるサービスもありますが、個人トレードならば時間と労力をかけた分だけトレードスキルは洗練されていきます。

akiはトレードが下手?

akiの評判をネット上で調べてみると、「下手」との声がちらほら確認できます。

微損で逃げればいいのに、微益を求めるからユロドルさんもう上がるってさ。しかし下手だね。
5ちゃんねるより引用

Akiみたいなド下手くそと一緒にしないで
あいつはガチでド下手だし、その上で自己評価が高いキモいヤツだから
人間の出来が違いすぎるので本当に一緒にしないでください
今後はガチで拒絶します
Twitterより引用

なぜakiが下手と言われているのか調べてみると、「ロスカットを度々食らっている」ことが要因のようです。

2020年3月には驚愕の1億2千万円のロスカット。

aki ロスカット

直近の2022年4月にも6000万円のロスカットを食らったと公表しています。

aki ロスカット

損失額のでかさは別として、ロスカットを食らったということはつまり、損切りが出来なかったということです。

akiは感情的なトレードをして損切りが出来ないことがあるため、「下手」と言われがちのようですね。

akiが億トレーダーになれたのは、資金力があったからと考えている方も少なくはないのでしょう。

手法自体は再現性があるのでakiを反面教師として参考にするのもありかもしれません。

FXトレーダー akiとは

akiはFXでこれまでに5億円以上を稼いだ正真正銘の億トレーダーです。

億トレーダーではありますが、実は専業トレーダーではなく、家庭教師派遣会社を経営する経営者でもあります。

本業が順調らしく、本業だけで相当の稼ぎがあるとのこと。

akiは度々ライブ配信でエントリーから利確までのトレードを行っていることもあり、透明性の高さが人気を集めています。

2022年4月現在youtubeチャンネルの登録者数は6,4万人、Twitterのフォロワーは9.6万人にも上ります。

また、akiはトレードの履歴を公開していることも、人気を集める理由の一つ。

GMOクリック証券が提供するトレードイベント「トレードアイランド」では、参加者によるトレードバトルが行われ、ランク付けされています。

akiは2022年現在すでに退会していますが、トレードアイランドでのトレード履歴を確認できます。

実際に履歴を確認してみると・・

akiのトレードアイランド履歴

トレード損益は脅威の5億円越えです。

FXトレーダーの中には「億トレーダー」を自称しているものの証拠がない人も多々いますが、akiに関しては正真正銘の億トレーダーだと言えます。

そんな億トレーダーakiはどのようにして5億円にたどり着いたのでしょうか。

akiが5億円稼ぐまでの道のり

投資を始めた初期はFXではなく、100万円を元手に株取引をしていたaki。

最初の7、8年はひたすら負け続け、何度も退場したようです。

普通ならその時点で「FXはもうやめよう」と思いそうなものですが、akiはまさに七転び八起き。

失敗から学び、焦らずコツコツ増やすべく目標収支を下げることにしました。

レバレッジは5倍まで、年間収支も1.5倍から2倍を目指す方向に転換。

家庭教師という本業もあり、焦らずにFXを続けられたことも億トレーダーになれた秘訣なのかもしれません。

akiは反面教師にするべき所もありますが、手法はマネしやすく勝率を上げるきっかけにもなりそうです。

当サイトには独断と偏見で「有名トレーダー神7」を選んだ記事もあるため、他の有名トレーダーからも参考にできる部分を盗んでみてもいいかもしれません。

スキャトレふうたのサムネイル画像

スキャトレふうたとは

スキャトレふうたは10年以上のFXキャリアがあるトレーダーです。

youtubeやツイッター共にフォロワーは約4万人。

億トレーダーである「aki」と同じく、平日は毎日youtubeでライブ配信を行っています。

本物であるかは不明ですが、スキャトレふうた自身もFX億トレーダーであると名乗っています。

スキャトレふうたがFXで勝てるようになったきっかけ

スキャトレふうたは自分がFXで勝てるようになったきっかけが5つあると語っています。

▼手法が多数あることに気づけた事
スキャトレふうたはFXで思うように勝てなかった頃、FXトレードの正解を探すことが癖になっていたとのこと。

俗に“聖杯”と言われる勝てる手法があるんじゃないかと思っていたわけです。

ただ、当然FXに聖杯は存在せず、どんな手法にも機能する局面と機能しない局面が出てきます。

そのことに気づいたスキャトレふうたは、自分に合った手法を選べばいいという結論に至ったようです。

最近は最新AIがハイリターン期待の通貨ペアを抽出してくれるサービスもあるため、もはやトレード手法の必要性も薄れつつあるように感じます。

▼トレードの検証の仕方が分かった事
スキャトレふうたは過去検証と言われる、過去のチャートと照らし合わせながらトレード手法の検証を行っていたとのこと。

例えば下記のように、このタイミングで三尊を形成して下落したんだなと、過去チャートを元に振り返りを行っていたようです。

ただ、過去検証は言ってしまえば、自分の都合のいいように解釈も出来てしまうわけです。

そこでスキャトレふうたは、どのような過程で三尊が形成されたのかを知ることの方が大切だという結論に至ったようです。

その結果過去検証ではなく、リアルタイムでどのようにチャートが動いていくのか、想定を立てた上で値動きを追う検証方法に変えたとのこと。

たしかに過去チャートで答え合わせをするよりも、リアルタイムの値動きから今後の展開を想定した方が実践力は圧倒的に養われるでしょう。

▼インジケーターや手法の迷走
スキャトレふうたは以前ネットに転がっているインジケーターなどを色々試し、トレード手法が迷走していた時期があったようです。

この時期に学んだのが、7割勝てる手法ならば残り3割の負けを減らす努力をすればいいということ。

負けトレードの検証を行い、何がダメだったのか?どうすれば勝てたのか?を考えるようにしたことで勝率アップ。

また、スキャトレふうたは負けトレードをいかに減らすか突き詰めていくことで、自分なりのトレード手法が確立されていったとも語っています。

失敗から学びを得る、FXに限らず人生においても大切な考え方ですよね。

▼逆張りをしなくなった事
逆張りは上手くハマれば利益が伸びやすいという性質があるため、以前のスキャトレふうたはスキャルピングのうまみに魅了されていました。

大きく下げたらナンピンしながら買いでエントリーということを繰り返していましたが、当然いつも勝てるわけでもなく。

ある日コツコツ積み上げた利益を逆張りで溶かしてしまいます

その経験から逆張りをせずに順張りでトレンドに乗っていくという考え方に変えたようです。

たしかに「漁師トレーダー」や「ユーちぇる社長」など第一線で活躍する「有名FXトレーダー」はほぼ上位足に対して順張りをトレード手法にしています。

チャートは大衆心理を示すものです。

トレンドが発生しているということは、多くのトレーダーがトレンド方向に向いているということ。

そこに対して逆を狙うのはどうしてもリスクがありますよね。

▼トレードスタイルが見つかった事
スキャトレふうたは名前の通り、現在はスキャルピングをメインで行っていますが、以前はデイトレードやスイングトレードも行っていたようです。

しかし、以前はトレードスタイルに一貫性がなく、スキャルピングでエントリーしたものの気づけば1、2週間持ち続けてしまうことも多かったとか。

最初は勝ててしまっていたが故に調子に乗り、スキャルピングが逆行したとしても、いつかはプラスになるだろうという考え方になってしまったようです。

そしてある日大負けを経験したスキャトレふうたは、スキャルピングならば勝っても負けてもスキャルピングで完結させることの大切さに気づきます。

また、大局の流れを読むのが苦手だったということもあり、スキャルピング一本で勝負する今のスタイルに落ち着いたとのこと。

スキャトレふうたのスキャルピング手法

スキャトレふうたのスキャルピングはロウソク足ではなく、平均足を表示させる手法をとっているようです。

また、ダウ理論やエリオット波動など、メジャーなテクニカル分析を用いてエントリータイミングを見極めているとのこと。

▼チャートは平均足を表示
一般的なチャートといえば、ロウソク足で表示してありますが、スキャトレふうたは平均足を表示させています。

平均足はロウソク足よりも、トレンドの流れを視覚的に把握しやすいメリットがあります。

例えば、上昇トレンドであれば陽線が連続し、下落トレンドであれば陰線が連続して表示されます。

ロウソク足と平均足の違い

スキャルピングは一瞬の判断が勝敗を分けるため、視覚的な見やすさを重視しいてるようです。

▼ダウ理論
ダウ理論は世界でもっとも主流のテクニカル分析方法と言っても過言ではありません。

相場環境やトレンドを判断するのに有効なダウ理論には6つの法則がありますが、スキャトレふうたが最も重要視しているのが「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」というもの。

例えば、上昇トレンドが発生している場合、前回の高値を切り下げ、安値を更新するまでは上昇トレンドが続くという考えです。

これは実際にチャートをご覧いただいた方がイメージしやすいでしょう。

ダウ理論

上図のように上昇トレンドが続いている場合を想定します。

この時、前回高値を切り下げ(青)、同様に前回安値を下に抜けた(ピンク)タイミングで下降トレンドへの転換を意味します。

特にスキャルピングは短期決戦のため、トレンドの方向性を把握するのは必須です。

▼エリオット波動
エリオット波動もダウ理論と同じく世界でメジャーなテクニカル分析方法です。

エリオット波動は5つの推進波と3つの修正波によって構成されています。

エリオット波動

今発生しているトレンドはエリオット波動の何波なのかを把握することで、エントリータイミングや利確ポイントも見えやすくなります

▼マルチタイムフレーム分析
マルチタイムフレーム分析は、ざっくり言うと日足などの上位足→5分足などの下位足という順番で相場の流れを把握することです。

まずは週足や日足で大局的な相場のトレンドを把握し、5分足などの下位足でエントリータイミングを探っていきます。

▼ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは統計学を応用したテクニカル分析手法で、トレンドの強弱を判断するのに利用されます。

チャートはボリンジャーバンドが示す帯の中に収まる確率が高いとされています。

±1σの中に価格が収まる確率は68.2%、±2σの中に収まる確率は95.4%です。

下記チャートのように、ほぼ全て±2σの中に価格が価格が収まっていることがわかります。

ボリンジャーバンド

逆に±2σを越えた場合は異常値と判断され、その後収束へと向かっていきます。

以上のようにメジャーなテクニカル分析のみを利用するスキャトレふうたですが、果たして再現性のあるトレード手法なのでしょうか。

次は実践的なトレードを想定して検証してみたいと思います。

スキャトレふうたの手法は勝てる?

結論から言ってしまうと、スキャトレふうたのスキャルピング手法は再現性がありそうです。

それもそのはず。

スキャトレふうたはメジャーなテクニカル分析ばかり利用しているため、その分同じことを考えるトレーダーも多く、機能しやすくなっているわけです。

▼上位足から環境認識
まずは日足などの上位足で相場の大局を把握します。

例えば、下記チャートの場合は高値を切り下げ、安値を更新しているため、ダウ理論で見ると下降トレンドです。

ポンド円日足チャート

大きな流れは下降トレンドであるとわかったので、次に下位足でエントリータイミングを探っていきます。

▼下位足でエントリー
日足が下降トレンドになっているため、順張りのショートでエントリータイミングを探っていきます。

ボリンジャーバンドの±2σにタッチしたタイミングでショートエントリーし、反対側のボリンジャーバンド±2σにタッチしたら決済。

ボリンジャーバンドのセンターラインまで戻したらまたショートでエントリーという具合にトレードをすれば、スキャトレふうたのトレード手法は十分機能していることがわかります。

スキャトレふうたの手法は再現性がありそう

スキャトレふうたのスキャルピング手法は、メジャーなテクニカル分析ばかり。

その分多くのトレーダーが意識しているため、機能しやすい特徴があります。

トレードへの再現性はあり、実践でも十分活用できる手法だと感じます。

とはいえ勝率100%とはいかないため、エントリーから逆行した時にどれだけスムーズに損切りできるかが重要です。

スキャルピングと思ってエントリーしたのに、気づけば含み損を抱えたまま数日経っているということのないようメンタルコントロールが求められるでしょう。

ししゃもんのサムネイル画像

相場王ししゃもんは信者集めに奮闘と評判

ししゃもん(sixamo)は仮想通貨、FXを中心に情報発信、トレードを行っている投資家です。

Twitterのフォロワー数は7.5万人、youtubeチャンネル登録者数1.3万人を誇るインフルエンサー。

オンラインサロンも展開し、3万人以上のユーザーを抱えています。

ししゃもんはアフィリエイトやツール販売、有料配信も行っているため、フォロワーが増えるほどししゃもんの財布が潤う仕組みです。

本人もフォロワー集めに奮闘しているようで、時にはSNSの引退を匂わせながらフォロワー稼ぎを行っています。

ししゃもん

また、「やめないで!」という声が快感になっている部分もあるのかもしれませんね。

そんなししゃもんの過去を調べてみると、決して評判がいいというものではありませんでした。

相場王ししゃもん 過去の悪事

ししゃもんを語るには、次の3つの出来事に触れておかなければなりません。

▼フィッシング詐欺
ししゃもんは過去に反社の人間と共謀し、フィッシング詐欺を行ったことがあります。

この件は当時ニュースにも取り上げられました。

顧客を騙し、無断で口座から現金を引き出した疑いがあるとして、警察は暴力団員とIT企業社長 清家孝博を送検

exciteニュースより引用

ニュース内の清家孝博がししゃもんの本名です。

暴力団員と共謀というキーワードだけでとても物騒ですが、ししゃもん自身過去に自分のことを「元反社」と発言しています。

今や相場王として多くの投資家に慕われているししゃもんですが、以前は裏社会の人間だったということになりますね。

▼サロン生はめ込み
ししゃもんは同じく仮想通貨トレーダーとして有名な「カズマックス(KAZMAX)」と共謀し、サロン生をはめ込もうとした疑惑があります。

ししゃもんやカズマックスらはあらかじめ特定の仮想通貨を購入

サロン生徒に買い勧める

買いが集まり価格高騰

ししゃもん達は売り抜ける

という流れではめ込みが行われていたようです。

この一件は証拠画像と共に週刊誌へリークされ、首謀者と思われるカズマックスのTwitterが炎上する事態に。

▼デザイン盗用疑惑
ししゃもんは仕事の募集と依頼をマッチングさせてくれるサービス「ココナラ」を介し、他の人のデザインを盗用していた疑惑が出ています。

ししゃもんはフリー素材を組み合わせただけにも関わらず、いかにも自分でデザインしたように見せデザインの販売を行っていたようです。

ココナラ利用者からの悪評も複数確認できました。

ここの書き込みもっと早く見てればよかった…orz
フリー画像引用に気付いて突っ込んだら、
違うデザインです!って言い張る。
その上、これは高度な技術だからプラス5000円‼︎
結局、悪質な過度な要求だからキャンセルします‼︎
って。疲れた。

sixamo、オプション入れて10000円 以上払ったのに、ロゴマーケットのデザインを3件連続で送ってきた。ただ著作権表示を削除しただけ。プロはプロでも盗用のプロ。絶対買わないほうが良い。

ちなみにししゃもんはココナラのロゴ制作部門で最も人気を集めていたようです。

他人のデザインを盗用して荒稼ぎしていたのであればひどい話ですよね…。

そんなししゃもんですが、トレーダーとしての評判は悪くないようです。

トレーダーとしての評判は上々か

ししゃもんは7万人以上のフォロワーを抱えているだけあって、トレーダーとしての実力はあるようです。

ししゃもんは度々自身のTwitter内に損益・ポジション保有状況を載せていますが、1度のトレードで数百万円の利益を得ていることが確認できます。

ししゃもんの実績

勝てているトレードしか載せていない可能性もありますが、この画像が真実だとするならば相場王を名乗ることに違和感はないですよね。

ししゃもんが1年間で億超えの利益を得ている可能性もありそうです。

また、名だたるインフルエンサーが龍王の座と賞金1000万円を賭けて競うBITNEXTのトレードバトルでは、中間発表ではありますがししゃもんが暫定1位を獲得。

このトレードバトルは開催前から辞退者が相次ぐなどトラブルに見舞われましたが、ししゃもんは見事優勝しトレーダーとしての実力を見せつけることはできるのでしょうか。

龍王戦

中間発表のリプライ欄を覗いてみると、「さすがししゃもん!」「憧れます!」と違和感があるほどに絶賛の嵐でした。

そんなししゃもんのトレード手法は、シンプルでありながら研ぎ澄まされているようです。

相場王ししゃもんのトレード手法

億トレーダーだと思われる相場王ししゃもんのトレードはデイトレード・スイングトレードがメイン。

短期トレードは行わず、数週間から数か月単位でのトレードが多いような印象です。

そのため1トレードごとの利益幅が大きく、数百万円から数千万円を超えることも。

それもこれもテクニカル分析によって相場を正確に読み解けているからこそ、自信を持ってポジションを保有し続けられるのでしょう。

そして、ししゃもんのテクニカル分析を支えているのは次の3つ。

▼水平線理論
相場王ししゃもんがTwitterで最も多く発言しているトレード手法は水平線です。

水平線とは支持線(サポートライン)、抵抗線(レジスタンスライン)のことで、相場が反発するポイントを見極める際に非常に役に立ちます。

例えば、下記図のようにBTC/USDペアに水平線を引くと、水平線の箇所で見事に反発しているのがわかります。

ししゃもんの水平線理論

このタイミングをエントリー・利確に設定しておけば、自分の中で根拠を持ったトレードが可能です。

ししゃもん自身水平線を利用した相場観を配信することが多いことから、絶対的な自信を持っていることが伺えますね。

水平線を取り入れているFXトレーダーは多く、「漁師トレーダー翔」も水平線を愛用する1人。

▼平行チャネル
ししゃもんは水平線以外にも平行チャネルを利用した相場分析をメインに行っています。

例えば、下記のような下降平行チャネルが引ける場合、平行チャネルを上に抜ける動きをしない限りは下降トレンドが続くと考えられます。

平行チャネル

平行チャネルも水平線同様、根拠を持ったトレードサインとして利用可能。

ちなみにししゃもんは上のような一般的な平行チャネルではなく、独自の平行チャネルをチャート上に表示させています。

ししゃもんの平行チャネル

1本ではなく複数平行チャネルを表示させるのが、相場王であるししゃもん流なのでしょう。

▼移動平均線
ししゃもんは具体的にエントリータイミングを見極める材料として、移動平均線を多用しています。

平行チャネルで相場の方向性を把握し、水平線や移動平均線を根拠にエントリーポイントを探します

移動平均線の中でも、1時間足や4時間足の200日移動平均線を重要視しているようです。

例えば、下図のように上昇トレンドが発生している場合は、200日移動平均線にタッチして押し目を作ったタイミングでエントリー。

逆に下降トレンドが発生しているタイミングでは、移動平均線まで戻しタッチしたタイミングで売りを仕掛けます。

ししゃもんの移動平均線手法

平行チャネル、水平線、移動平均線などを組み合わせて相場分析を行うことで、相場をより正確に読めるようになります。

相場王ししゃもんは独自のインジケーターを利用していますが、基本的なテクニカル分析は平行チャネル、水平線、移動平均線の3本柱です。

マネしたらししゃもんと同じように稼げるんじゃないかと錯覚してしまいそうですが、シンプルが故に使い手の力量に左右されるとも言えます。

相場王ししゃもんが提供するサービスの評判

相場王ししゃもんが提供するサービスは主に次の4つ。

それぞれのサービスに対する評判を紹介していきます。

▼オンラインサロン
ししゃもんが運営するオンラインサロン「newbie’s free salon」は、投資の基礎を教えるという目的を持って運営がなされています。

主に初心者向けにFXや仮想通貨だけではなく、株やバイナリーオプション、自動売買に関してもコンテンツが用意されているようです。

基本的には無料で利用できるオンラインサロンですが、「無料でこの情報は神」と称賛する声を多数確認できました。

まだまだ養分だけども、ししゃもんの無料サロンとダイヤモンド配信を聞いて勉強しているとこういうポジションがとれるようになって来ました。ししゃもんさん含め、相場を教えてくれる方にはほんとに感謝しかない。

たしかに無料で利用できるものは生かさなければ損です。

FXトレーダー「波乗りジョニー」サロンの入会金10万円、「Milk(読みなよ。)」の30万円と比較すると非常にお得。

とりあえず入ってみて合わなければ抜けるという感覚でもいいのかもしれません。

▼ツール販売
ししゃもんがツールの販売を行うサイト「FX TRADER`S STORE」では、多くのインジケーターツールの販売が行われています。

ツールの価格はピンキリで4980円~2,000,000円まで用意されています。

2,000,000円のツールは「REVIATHAN」というもので、エントリーポイント、利確ポイントを表示しスキャルピングからスイングトレードまでを支援してくれるツール。

ししゃもんのトレードツール

外国為替FXに関しては経済指標の影響までを検知してくれる優れもののようです。

ただ、調査した限りREVIATHANの購入者による評判は確認できませんでした

▼相場考察配信
ししゃもんはツイキャスのメンバーシップ限定で有料配信も行っているようです。

会員のランクは3つに分かれ、ランクに応じて得られる特典が変わる仕組み。

■PREMIUM
・月額1,000円(税込)
・共通特典すべて

■PLATINUM
・月額8,000円(税込み)
・共通特典すべて
・メンバー限定配信(日曜日の限定配信、限定ディスコードの参加権利)

■DIAMOND
・月額10,000円(税込み)
・共通特典すべて
・メンバー限定配信(日曜日・水曜日の限定配信、限定ディスコードの参加権利)

中でもメンバー限定の相場観配信は評判が良いようです。

ミラトレで稼ごうという物ではなく、どうやったらししゃもんさんのように上手くなるのかという指南が、今回の配信にも詰まっていました。
1万円どころの価値ではない。けどツイキャスのメンバーシップが1万円上限だからこの値段設定なんです!
ありがとうししゃもんさん。
ありがとうツイキャス。

もちろんお金を払って配信を見ている時点で、立派なししゃもん信者であることは確定ですが。

信者うんぬんは抜きにしても、毎週リアルタイムで配信されるため、相場認識には役立ちそうですね。

もちろん人気を集めるトレーダーはししゃもんに限ったことではありません。

当サイトには「有名FXトレーダー神7」を独断と偏見で選び紹介している記事もあるので、他のトレーダーも参考にしてみてもいいと思います。

▼ほぼ聖杯トレード
ししゃもんが手掛ける著書「ほぼ聖杯トレード」の説明文には、「投資でお金を稼ぐ」という目的への近道を示していると記載されています。

しかし、購入者のレビューを見てみると、実態はほぼ聖杯と呼ぶには程遠い内容になっているようです。

購入者限定特典に関しても、インジケーター受け取りまでにDiscordの登録や購入の証明などの手続きが必要であり、即検証ができない。インジケーターを受け取るために上述のDiscordに参加するということは、投資系サロンコミュニティに参加するということであり、結局はサロン参加者を募りたい著者の目的が見え隠れしている。
サロン内では、著者が熱心に高評価レビューを募っている様を確認した。
支持者に対してそういった行為を行うことは当然ではあり批判の余地はないが、せめて一般の購入者が見えないところで行ってほしいと不快感を覚えた。

本当に買わなきゃよかったと思う。今から買おうと思う人やめた方がいいですよ。
まず説明がきちんとないため初心者には無理。
FX口座は推奨が2つあり他の口座に関してはたいして説明ないため設定でつまづく場合有り。
最初から言っとけよ。
説明しろよ。
マジ金の無駄になると思います。本という性質上返品もしにくいし。
本の内容だけなら本屋立ち読みで十分事足りるレベルのことしか書いてない。
Discordで説明はあるものの複数人の説明に食い違いあり。
こんなん絶対買うな。買うくらいなら口座に入金した方がマシ。絶対金の無駄

「お金の無駄」2つ目の評判にはシンプルでありながら強烈な言葉が添えられていました。

1つ星評価が22%を占めていることからも、この本のクオリティが容易に想像できますね。

評判にもあるように、結局は購入者限定特典によるサロン入会を目的として出版されたものなのかもしれません。

相場王ししゃもんのプロフィール

ししゃもんのプロフィールを簡単にまとめておきます。

本名:清家孝博
生年月日:不明

投資家という顔以外にも、ししゃもんは経営者という側面もあります。

システム開発会社、デザイン会社、飲食店、その他数社を経営。

相場王ししゃもんのまとめ

相場王ししゃもんにアンチが一定数いるのは、過去の悪事が大きく影響しているようです。

トレーダーとしての腕はたしかだと思いますし、参考にするべき所は多々ありますが、あくまでも無料の範囲内で利用するのが賢明かなと思います。

それにトレード界隈にはししゃもん以上に高評価を集める人物・サービスもあるため、参考にできそうな部分をかいつまんで吸収していくのが億トレーダーの近道かもしれません。

中でも最近話題になっている「FXAIパートナーズ」は1か月で500万円以上の利益を得ている方もいるようです。

利用者から高評価を集めているのには、たしかな理由があるのでしょう。

たばてぃんのサムネイル画像

たばてぃん(田畑昇人)とは

たばてぃん(田畑昇人)は現役東大生トレーダーとして活躍していた人物。

チャラチャラした見た目でありながら東大生、さらにはFXで稼いでいるという唯一無二のキャラクターが受け、テレビにも出演したことがあります。

たばてぃんの画像

FXトレードに専念すべく、東大は中退してしまいますが、現役当時は学費をトレードで稼ぎ捻出していたとか。

また、たばてぃんはトレード、メディア露出以外にも、自身の本も出版しています。

たばてぃんが出版した「東大生が考えたスマートフォンFX」「武器としてのFX」はいずれも売上上々だったようです。

特に「東大生が考えたスマートフォンFX」に関しては10万部を超える大ヒットでした。

そんなたばてぃんはキャラクター人気だけではなく、FXトレードの腕前もたしかだったようです。

たばてぃんのFX経歴

たばてぃんがFXトレードを始めたのは大学3年生の頃。

50万円の元手を、わずか9か月で1000万円まで増やすことに成功しています。

また、ザイFXが主催したFXのトレードバトル「FX毎日バトル」において、たばてぃんは「ひろぴー」など有名トレーダーを抑えて見事優勝

FX毎日バトルでは2014年11月1日から2015年5月31日の7か月間で30万円をどこまで増やせるかを競いました。

たばてぃんは30万円の元手を最終的に51万円まで増やすことに成功しています。

ただ、最近は1か月で700万の利益を叩き出した「FXAIパートナーズ」のようなサービスも誕生しているため、短期で稼ぐハードルは下がっているように感じます。

たばてぃんに関しては50万円を1000万円にしたのもトレードバトルで優勝したのも、ノリで乗り越えたわけではなく、自分なりのトレード手法を確立したが故に実現できたようです。

たばてぃんのトレード手法

たばてぃんのトレードを支える手法は次の3つです。

▼窓埋めトレード
たばてぃんは窓埋めを利用したトレードを多用し、窓埋めトレードだけで1か月に200万円稼いだとも言われています。

窓とは週明けなどレートが急激に変動することによって、ローソク足同士に空間が生まれること。

ロウソク足はこの窓を埋めようとする性質があり、それを狙ったトレード手法が窓埋めトレードです。

例えば、下記のように下方向に窓が出現した場合、窓を埋めるように価格は上昇します。

窓埋めトレード

窓を開けて下落したのであれば、買いエントリーを狙うのが定石です。

▼VIX指数を活用
VIX指数は恐怖指数ともいわれ、アメリカ大手企業の株価平均を示すもの。

VIX指数の数値が大きいほど、投資家が市場に不安を感じていることを意味します。

通常VIX指数は10から20あたりを推移していますが、コロナショック時にはVIX指数は80を越え、多くの投資家が不安に襲われていたことがわかります。

たばてぃんはこのVIX指数の数値が高くなったタイミングに注目。

VIX指数の数値が高くなると、ボラティリティも大きくなる傾向にあります。

ボラティリティが大きくなったタイミングこそ稼ぎ時と判断し、たばてぃんはトレードを行うようです。

キャリア20年を超えるベテランFXトレーダー「羊飼い」も大相場こそ稼ぐチャンスと語っています。

▼取引時間帯
FXには取引が活発になる東京時間(9時から17時)、欧州時間(16時から翌2時)、ニューヨーク時間(21時から翌6時)があります。

たばてぃんは各時間ごとの値動きに特徴があることに注目。

・東京時間は大きなトレンドは出にくく、レンジ相場になりやすい
・欧州時間は投機筋が参入し大きなトレンドが出やすい
・経済指標も多くなり、急激なトレンド変化が起きやすい

以上の特徴を踏まえて、たばてぃんは欧州とニューヨーク時間の値動きが活発な時にトレードをすることが利益に繋がりやすいと考えているようです。

たしかに値動きがなければ当然利益も出しにくくなりますし、利益を追求するならば取引が活発な時を選ぶのがベストですよね。

また、たばてぃんは「トレーダーはポジションを持ち越したくない」という心理を生かし、市場が閉まる1~2時間前辺りからはトレーダーの決済タイミングに合わせて逆張りを狙うとのこと。

欧州時間(16時から翌2時)であれば、16時から0時あたりまでは順張り、0時からは逆張りという使い分けをしているようです。

たばてぃん手法は本当に勝てるのか

たばてぃんの手法をマネすれば勝てるのかと言えば、やや厳しいように感じます。

▼窓埋めは必ず発生するわけではない
窓埋めトレード自体は再現性の高いトレード手法ですが、窓埋めが起きる確率は80%ほどだと言われています。

実際下記チャートのように窓埋めせずに価格が推移してしまうこともあります。

窓埋めトレード

窓埋めを過信してハイレバレッジでエントリーしていたら、最悪ロスカットされる可能性もあるわけです。

窓埋めは80%という非常に高い確率で起きるとはいえ、損切注文はあらかじめ設定しておいた方が安心でしょう。

▼VIX指数はあくまでも補助
VIX指数はFXトレードに活用できますが、具体的な手法としてトレードに落とし込むことは困難です。

例えば、VIX指数が高くなると、投資家はリスクを避ける思考へと変わります。

そうなれば、FXの中でも安定通貨と言われる円や米ドルが買われやすくなります。

「有事のドル買い」という言葉があるように、直近のウクライナ・ロシア問題で米ドルの需要が高まり、ドル円は約20年ぶりに131円台まで高騰。

VIX指数が高騰→リスクオフ思考→ドルが変われるまでは想定できますが、具体的なトレードチャンスの見極めは個人の力量に左右されてしまいます

▼決済時間に合わせた逆張りはリスクもありそう
下図のように市場オープン後は順張り、クローズ1~2時間前になったら逆張りが見事に刺さることもあります。

しかし、強烈なトレンドが発生している時には、トレンドが続いたままクローズ時間までいってしまうことも。

東京時間と欧州時間、欧州時間とニューヨーク時間はそれぞれ重なっている時間があるため、トレーダーの思惑が入り交じることになります。

そのため、決済時間を狙った逆張りはややリスクが高いような印象です。

たばてぃんは消えた?現在は?

2014年から2020年頃まで精力的に活動していたたばてぃんですが、2022年現在は消えたと言われています。

実際Twitterは2020年12月から更新が止まったまま

たばてぃんのツイート

なぜたばてぃんが突然消えたのか?3つの可能性が考えられそうです。

▼FXで稼げていなかった噓を隠すため
たばてぃんはFXトレードで稼げていなかったのではないかと噂されています。

何の前触れもなく消えてしまったのであれば、1000万円稼いだのも嘘だったのでは?と疑われてしまうのも仕方がないような気もします。

aki」のようにトレード履歴を公開しているトレーダーであれば、疑いの余地はありませんが。

ただ、たばてぃんの実績が嘘だった証拠もないため、あくまでも憶測に過ぎません。

▼アフィリエイトで安定して稼げている
たばてぃんは自身のブログ「田畑昇人のFXブログ」内でおすすめのFX会社を紹介しています。

たばてぃんの公式ブログ

おすすめしているFX会社はたばてぃんのアフィリエイトリンクになっており、ここから口座開設をしてくれる人が増えるほどたばてぃんの財布が潤う仕組みです。

著名なトレーダーであるほど、自身のブログにも多くの人が集まり、それだけアフィリエイト報酬も多くなります。

たばてぃんはテレビにも出演し知名度もあるため、今でもなお多くのアフィリエイト報酬を受け取っているのかもしれません。

▼就職して忙しい
たばてぃんがテレビに出演した当時は現役の東大生。

中退はしたものの、大企業に就職するという道もあったはずです。

もしかするとたばてぃんは今現在一般企業に就職し、サラリーマンとして働いている可能性もありそうですね。

ツイッターを更新しないのは、過去の自分と決別し新たな人生を歩み始めたと考えればつじつまが合います。

たばてぃん手法は使い手に左右される

たばてぃんの手法の内、窓埋めを利用したトレードは再現性の高い手法ですが、その他はマネすれば稼げるようになるわけではなく、使い手の力量に左右されそうです。

たばてぃんが50万円の元手を1000万円まで増やせたのは、資金管理やトレーダー心理の把握なども行っていたが故でしょう。

少しでも手間を省いて稼ぎたいと考えている方は、最新AI搭載のFXサービスが参考になるかもしれません。

ユーちぇる社長のサムネイル画像

ユーちぇる社長とは

ユーちぇる社長は筋肉系トレーダーという肩書で活動するFXトレーダーです。

ユーちぇる社長はFX歴わずか2年で勝率は9割越えを記録したとのこと。

【FX】月収15万のフリーターが年収4000万を達成するまで。」という動画を投稿していることから、FXトレードだけでも数千万円の利益を得ていると想像できます。

今ではyoutubeのチャンネル登録者数は8.7万人、Twitterのフォロワー数は4.4万人を誇る人気トレーダーです。

ユーちぇる社長のyoutubeコンセプトは「自分がFXを通じて学んだことの情報発信」。

初心者向けのわかりやすい動画に定評があり、例え話を交え嚙み砕いて話をしてくれています。

また、動画1本にかける熱量は凄まじく、中には1本2時間超えの動画も。

ぶっ通しで見るのはさすがに疲れてしまいますが、動画1本見るだけでも濃い情報を得ることが可能です。

ユーちぇる社長の経歴

ユーちぇる社長はその筋肉モリモリの見た目を裏切らず、以前はプロボクサーとして活動していた珍しい経歴の持ち主。

しかも早稲田大学の在学中にプロデビューを果たすという文武両道ぶり。

しかしながら、プロとしては思うように結果を残すことが出来ずに若くして引退。

引退後はフリーターをしつつ、投資に興味を持ちFXトレードの世界に。

当初は48万円の高額商材を買うなど、手当たり次第にFXで稼ぐ方法を模索していたようです。

そんなこんなでFXに関する知識を身に着けると共に、実践を経て2年で勝率9割超えにまでなったとのこと。

勝率9割超えを果たしたユーちぇる社長のトレード手法は、意外にもシンプルなものでした。

ユーちぇる社長のトレード手法

ユーちぇる社長のトレード手法は主に次の4つです。

▼スイングトレード
ユーちぇる社長は自身の経験から、トレードスタイルをスイングトレードに変えたことで勝てるようになったと語っています。

スイングトレードは1日単位でトレードを終わらせるデイトレードよりも期間が長く、2~3日から数週間単位でトレードをする方法です。

スイングトレードは画面に張り付く必要がなく、1度のトレードで大きな値幅を狙えることから、兼業トレーダーにおすすめのトレード手法だと言われています。

また、ユーちぇる社長はチャート分析をする際、基本的には週足チャート、どれだけ短くとも1時間足、4時間足のチャートまでしか見ないと語っています。

スイングトレードにすることで結果的にチャートを見る時間は減り、自分の時間を確保することも可能です。

有名トレーダーの「ひろぴー」「蜂屋すばる」もユーちぇる社長と同じく、生活リズムに合わせてスイングトレードに変えたことで勝てるようになったと語っています。

ただ、最近は「FXAIパートナーズ」のように1か月で700万円稼げたと話題のサービスも登場し、兼業トレーダーでも短期で稼ぐハードルは下がっているように感じます。

▼低ロット・低レバレッジ
ユーちぇる社長は見た目の豪快さとは裏腹に、負けないトレードに重きを置いています

ハイレバでハイリターンを狙うトレードではなく、低ロット・低レバレッジでコツコツと増やすトレードを意識しているとのこと。

スイングトレードの場合、レバレッジを利かせすぎるとロスカット(強制決済)される可能性も高くなるため、低ロット・低レバレッジが基本戦術です。

▼フラクタル分析
フラクタル分析とは5分足・15分足などの下位足が4時間足・日足のような上位足のどの部分にあたるかを分析する手法です。

例えば4時間足は単純な上昇トレンドに見えても、1時間足→5分足と細かく見るほど乱高下を繰り返している場合もあります。

フラクタル分析

森→林→木の順番に環境認識をすることで、相場の大局を掴みやすくなるメリットがあるのです。

実践的な使い方は、上位足で大局の流れを掴み、下位足でエントリータイミングを探すことになります。

ユーちぇる社長のフラクタル分析

チャートのフラクタル分析はユーちぇる社長だけではなく、「漁師トレーダー翔」も重要視している手法です。

▼逆指値注文は入れない
ユーちぇる社長はストップ狩りを避けるため、逆指値注文を入れないにようにしたことで、FXで勝てるようになったと語っています。

ストップ狩りとは、投資ファンドなどの大口が意図的に個人投資家の損切を発生させ利益を得る戦略です

例えば、下図のような上昇トレンドが発生している際、押し目を狙って買いでエントリーする投資家が多数います。

ストップ狩り

そして、押し目を作ったサポートラインを下抜けた所に逆指値注文(損切注文)が貯まりやすくなります。

大口はこの逆指値注文を意図的に発生させることで、売りを加速させて利益を得ます。

ユーちぇる社長はこのようなストップ狩りによる損失を避けるため、逆指値注文は入れないようにしているようです。

ユーちぇる社長のおすすめ動画

ユーちぇる社長は初心者向けのわかりやすい動画に定評がありますが、個人的なおすすめなのはFXの本質に迫った動画です。

他のFXトレーダーがあまり語っていない部分を丁寧に解説してくれ、FXの経験問わず参考になる部分があると思います。

▼おすすめ①
おすすめの動画1つ目は、「エントリーするとレートが逆行する理由」に関する動画です。

買いでエントリーした瞬間に価格が下がり始める…誰しも一度は経験したことがあるはず。

なぜエントリーした瞬間に逆行するのか?FXの本質についてわかりやすく解説してくれています。

▼おすすめ②
おすすめの動画2つ目は、「大口投資家の秘密」に関する動画です。

FXは銀行や投資ファンドなどの大口投資家が相場を動かしていると言われており、個人投資家は大口投資家の動向を気にしながらトレードしなくてはなりません。

そんなFXの本質ともいえる部分をユーちぇる社長が分かりやすく解説してくれています。

大口の存在を知っているのと知らないのとでは、もちろんトレードの立ち回り方も変わってくるでしょう。

FXトレードで稼ぎたいと考えているのであれば、知っておいて損はない内容だと思います。

▼おすすめ③
おすすめの動画3つ目は「ファンダメンタルズ」に関する動画です。

FXは外国為替取引のため、国の情勢や経済状況がチャートに大きく影響します。

そのためテクニカル分析だけではなく、ファンダメンタルズの理解を深めることがトレードの勝率を上げるカギ。

上記の動画ではファンダメンタルズに関する必要な情報がギュッと詰め込まれています。

メンバーシップに入る価値はある?

ユーちぇる社長はyoutubeで月額2990円のメンバーシップ限定配信も行っています。

メンバーシップ限定の動画配信とは、ユーちぇる社長が保有ポジション、チャート分析、エントリーや利確・損切のポイントについて語ってくれるようです。

普段配信している動画よりも、より実践的な話が聞けます。

月額2990円という銀額に納得できるのであれば、参加する価値はありそうですね。

ユーちぇる社長のメンバーシップ

メンバーシップ限定の配信頻度は固定ではなさそうですが、毎日のように配信されていることからリアルタイムでユーちぇる社長の相場観を聞けそうです。

▼メンバーシップの評判
メンバーシップの評判を調べてみたところ、「損切がうまくなった」とトレードスキルの向上を実感している方もいるようです。

ユーちぇる社長メンバーシップの評判

しかし一方で、自分がトレードしている通貨についてあまり触れてくれないという意見もありました。

ユーちぇる社長メンバーシップの評判

FXと一口に言っても、通貨ごとに特徴は様々ですし、メンバーシップの動画をそのままそっくりトレードに活かせるわけではなさそうです。

ユーちぇる社長の評判

ユーちぇる社長は「動画が分かりやすく為になる」という評判が多く見られます。

▼評判①

ユーちぇる社長のYouTubeが自分の検証した時のスタイルとほぼ同じだったから、検証しながら動画を見て為になりそうな事をメモって検証して微調整してる…
YouTubeの見出しで勝率○%ってのが多かったから、あんまり見てなかったけど…為になる人は居るんだなぁって思った。
Twitterより引用

▼評判②

実際失敗も公開分析してくれるのはユーちぇる社長だけかな

リアルに勉強できたよ
Twitterより引用

▼評判③

ユーちぇる社長をフォローしてない、YouTube見てない方は今すぐチェックしてみてください

初心者の方でもわかりやすい解説をされてます

私も初心者から自力でトレードできるようになって、勝てるようになりました
もちろん今も勉強させていただいています
Twitterより引用

▼評判④

ガチでユーちぇる社長の動画見てから、ほぼほぼ勝てるようになりました!ありがとうございます
無料なのが信じられないです。
Twitterより引用

ユーちぇる社長の動画がきっかけで勝てるようになったとの意見も見られることから、有益な情報を発信しているのは間違いなさそうですね。

ただ、一方で「ユーちぇる社長は下手」という意見も確認できました。

ぶっちゃけ、ユーちぇる社長って下手じゃね?
Twitterより引用

2日連続でロスカットされたという動画を配信していることもあり、中級者以上のFXトレーダーが見ると下手に感じる部分もあるのかもしれません。

ユーちぇる社長の動画

ただ個人的には負けトレードを公開してくれているユーちぇる社長の潔さは好印象です。

ユーちぇる社長は役立つ情報を配信している

ユーちぇる社長自身のトレーダーとしての腕前は未知数ですが、FXの情報配信者としては優秀だと思われます。

他のFXトレーダーと比べても、動画1つの内容の濃さは頭一つ抜き出ていると言えるでしょう。

もっと実践的なトレード手法が知りたいという方は、他のFXトレーダーを参考にしてもいいかもしれません。

当サイトには「有名FXトレーダー神7」を独断と偏見で選び紹介している記事もあるので、興味があればご覧になってみてください。

蜂屋すばるのサムネイル画像

蜂屋すばるの経歴

蜂屋すばるはFXトレーダー兼アナリスト。

1994年1月12日生まれ、2022年現在は28歳だと思われます。

FXトレードをする傍ら、自身のyoutubeチャンネルで動画配信、数々のトレーダーと対談したり大手メディアにも掲載されラジオや雑誌などマルチに活躍しています。

youtubeのチャンネル登録者数は5.5万人、Twitterは4.8万人を誇っています。

そんな蜂屋すばるのFXトレード歴は2022年時点で8年目。

FXを始めて3年目にはトレード収益が1000万円を突破したと動画で語っています。

大学時代に情報商材が流行り、それが投資について学ぶきっかけになったとのこと。

騙されないようにという思いからFXを学び、気づけば自分なりのトレード手法を確立し勝てるようになったようです。

蜂屋すばるがFXで1000万円稼ぐまでの道のり

100万円を元手にFXを始めた蜂屋すばるは、3年目にしてトレード収益1000万円を突破しています。

とはいえ順調に資産を増やし続けたわけではなく、2年間で2度の退場を経験しているとのこと。

下記の画像は蜂屋すばるが1000万円稼ぐまでの資産曲線です。

蜂屋すばるの資産曲線

ビギナーズラックもあり、一時200万円万円まで証拠金を増やすことに成功していますが、そのすぐ後に溶かしていることがわかります。

蜂屋すばる自身1年目は証拠金の増減に一喜一憂を繰り返し、感情をモロに出したトレードだったと振り返っています。

2年目は自分なりにテクニカル分析を学び始めたが、上手くトレードに活かせず苦しんだ時期だったとのこと。

そんな自分を変えるべく、蜂屋すばるが取り組んだのがトレードノートです。

自分の弱点や強みを探るべく、日々のトレードを記録し始めたようです。

そうすることで自分の得意とするトレードスタイル、感情の動きがわかるようになり、FXへの向き合い方が大きく変わったとのこと。

最終的にたどり着いたのが、相場をシンプルに捉え、スイングトレードでゆったりトレードをするという蜂屋すばる流のスタイル。

最近は1か月で700万の利益を叩き出した「FXAIパートナーズ」のようなサービスも誕生しているため、短期で稼ぐハードルは下がっていますが、蜂屋すばるは当時どうすれば勝てるようになるのか相当頭を抱えたのでしょう。

蜂屋すばるのトレード手法「すばるライン」

蜂屋すばるがメインのトレード手法にしているのが通称「すばるライン」というもの。

具体的にいうと、トレンドラインや平行チャネルを駆使したトレード手法です。

また、蜂屋すばるのトレードスタイルは「ひろぴー」や「ユーちぇる社長」と同じくスイングトレード

1度ポジションを持ったら数週間程度持ち続け、大きな値幅を狙っていきます。

すばるラインを用いた手法は次の通りです。

▼週足に平行チャネルを引く
スイングトレードを主軸とする蜂屋すばるは週足→日足→4時間足→1時間足の順番に環境認識を行います。

まずは下図のように週足に平行チャネルを引き、相場の大局を掴みます。

平行チャネルの引き方

このチャートの場合、上昇平行チャネルを推移していることがわかりますね。

蜂屋すばるの基本戦術は上位足に対して順張り、トレンドの波に乗っていくスタイルです。

▼エントリータイミングは平行チャネルにタッチした時
蜂屋すばるのすばるライン手法では、平行チャネルにタッチしたタイミングがエントリーチャンスだと判断します。

・上昇平行チャネルの場合、下限にタッチしたタイミングで買いエントリー
・下降平行チャネルの場合、上限にタッチしたタイミングで売りエントリー

下図のような上昇平行チャネルを推移している時は、下限にタッチしたタイミングで買いエントリーを仕掛けます。

また、蜂屋すばるは平行チャネルのセンターラインも多くのトレーダーに意識されると語っています。

そのため、センターラインにタッチしたタイミングで決済してしまうこともあるとか。

▼平行チャネルを複数用いる
蜂屋すばるは1つの平行チャネルだけではなく、平行チャネルを抜けた所にも新たな平行チャネルを引きます。

例えば、下のような下降平行チャネルがあり、上抜けた場合は上昇平行チャネルが出現します。

この時下降平行チャネルの上限だったラインがサポートに変わり、反発することも珍しくありません。

上昇平行チャネルに切り替わった後も、平行チャネルにタッチしたタイミングでエントリーを意識するとのこと。

テクニカル分析一本のみ

蜂屋すばるはファンダメンタルズ分析を一切行わず、テクニカル分析のみとして有名です。

ただ、これには彼なりの理由があり、ファンダメンタルズ分析をしないのではなくできないというのが正確な理由のようです。

例えば、コロナショックや年末などテクニカルが機能しにくい大相場の時には、無理にトレードを行わないようにしているとのこと。

無理にトレードをしてケガするくらいならば、静観してチャンスを待とうというのが蜂屋すばるの考えのようです。

キャリア20年のベテラン億トレーダー「羊飼い」は、大相場こそ稼ぐチャンスだと考えているので、蜂屋すばるとは対照的ですね。

蜂屋すばるの評判

蜂屋すばるの評判は賛否両論というのが正直なところです。

「勝てるようになった」との声がある一方で、「ただのアフィリエイター」との声も確認できました。

▼評判①

すばるさんの影響でスイングトレードやってみたら、スイング特有のゆったり感が自分のライフスタイルにマッチしている事に気付き、勝てるようになりました
Twitterより引用

▼評判②

スキャルを封印した
チャートをシンプルに見るように思考を変えた、見る時間軸での優位性を重視するようにした。
優位性のある方向について行く、逆行したら損切り
勝てるようになってきた
蜂屋すばるさんを見つけて一気に腑に落ちた
Twitterより引用

スイングトレード最大のメリットはチャートに張り付く必要がない点。

兼業トレーダーであれば、自分の時間を奪われることなくトレードできることを蜂屋すばるに気づかされた方もいる模様。

また、蜂屋すばるは「初心者の内はチャートがごちゃごちゃしがち」とも語っており、すばる自身もシンプルに考えるようになってから勝てるようになったとも発言しています。

▼評判③

リアルトレード見せてくれれば
説得力なんかすぐに出るのに
絶対しないもんな
5chより引用

▼評判④

アフィカスなのに専業トレーダーとか名乗ってるのも草すぎる
5chより引用

蜂屋すばるがリアルトレードを見せず、後出しの解説動画ばかりを投稿していることに胡散臭さを感じている方もいる模様。

また、蜂屋すばるはトレイダーズ証券という会社がおすすめとして自身の記事を書いています。

蜂屋すばるのリンクからトレイダーズ証券を開設すると、一部が蜂屋すばるにキャッシュバックされる仕組みになっていると思われるため、「アフィカス」と揶揄する人もいるようです。

ただ、多くの有名トレーダーがアフィリエイトを行っているため、蜂屋すばるだけを叩くのはお門違いのようにも感じます。

それにトレードだけではなく収益の柱を複数用意するのは、生活を安定させるうえでも重要でしょう。

蜂屋すばるの現在

蜂屋すばるは2021年11月を最後にツイッターを更新しておらず、youtube動画も2020年末から更新されていません。

SNSでは蜂屋すばるを心配する声も上がっているようです。

蜂屋すばるが今現在どこで何をしているのかは不明ですが、更新が途絶えることは珍しくはありません

何でも本人の体調不良が原因となっているようです。

蜂屋すばるのツイート

多くのメディアに出演し表立って活動している以上、アンチが生まれてしまうのも避けられないところ。

時には心も体も疲れてしまうこともあるでしょう。

2022年現在も蜂屋すばるは休息の時期に入っているのかもしれません。

蜂屋すばるは努力の人

蜂屋すばるは通称すばるラインという平行チャネルを駆使するスイングトレーダー。

数々の雑誌やラジオにも出演し、人気を集めるトレーダーの1人です。

FX歴3年で資産10倍を達成していますが、その道のりは順調ではなく努力の賜物だと感じます。

蜂屋すばるは「有名FXトレーダー」の手法をいくつも参考にし、自身の手法に落とし込んだと語っています。

FXで成果を上げている人の手法をマネすることは、億トレーダーへの近道なのかもしれません。

XANAのサムネイル画像

XANA(ザナ)とは

XANA(ザナ)はNOBORDERZという多国籍企業が開発するメタバースプロジェクトです。

3月現在まだテスト段階ですが、すでに大手プロジェクトとも提携しており期待が集まっています。

XANAは他のメタバースプロジェクトと同じく、インターネット上に構築された仮想空間の中でアバターを自由に作成し他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、ゲームやイベントに参加できます。

XANAのメタバース

また、XANA(ザナ)はビジネスシーンでの活用も見込まれ、メタバース内で現実のように経済活動も可能。

さらに「Play to earn」を採用し、XANAで遊びながら得たアイテムが現実での利益になります

次にそんなXANAの特徴について詳しく掘り下げていきましょう。

XANA(ザナ)の特徴

メタバースプロジェクトXANA(ザナ)には、主に次の5つのような特徴があります。

▼利益は日本円に換金可能
XANAで提供されるゲームやイベントで手に入れるアイテム、土地などはNFTとして管理されます。

NFTは唯一無二の価値を持つデジタルデータのこと。

NFTは自由に売買でき、仮想通貨へ交換できます

仮想通貨を日本円に交換すれば、現実の利益に変えることが可能です。

▼NFTDUEL
XANAはNFTDUELという仕組みを採用し、NFTを利用してカードバトルを行うことができます。

詳細はまだわかっていませんが、カードバトルに勝利すると報酬が得られ稼げる仕組みになると思われます。

公式サイトのロードマップによれば、カードバトルは2022年の4月から6月頃に実装される予定とのこと。

XANAのNFTDUEL
公式youtubeより引用

イメージ動画を見る限り、子供時代に夢中になった遊戯王カードのバーチャルシステムを再現しているかのようなクオリティです。

子供だけではなく、カードゲームに触れてきた大人世代にも人気が出そうですね。

▼有名プロジェクトとコラボ済み
XANAはnetflixにてフル3DCGアニメとして世界同時配信された「ULTRAMAN」と提携しています。

XANAのNFT

NFT化されたULTRAMANはわずか1日で約15倍に急騰し、話題となりました。

また、ULTRAMANだけではなくあおの手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」のNFT販売も決定しています。

鉄腕アトムのNFTといえば、2021年に手塚プロダクションが公式に販売された際には、わずか1時間で完売するほどの人気でした。

ULTRAMAN同様数倍以上の値上がりに期待できるかもしれませんね。

▼独自のNFTマーケットプレイス
XANAはXANALIAという独自のNFTマーケットプレイスを展開しています。

XANAのNFTマーケットプレイス

XANALIAではユーザー同士が自由にNFTを売買できます。

また、自分で作成したNFTを出品することもできます。

自分が出品したNFTに買い手がつけば仮想通貨に換金可能です。

▼2種類の独自通貨を発行
XANA(ザナ)が発行する仮想通貨は「XETA」と「ALIA」の2種類です。

ALIAはNFTマーケットプレイスXANALIA内で利用できる仮想通貨となっており、すでに取引所にも上場済みの仮想通貨。

一方XETAの詳細はまだ不明ですが、XANA内でのアイテム購入など基軸通貨として利用されることになると思われます。

XETAはまだ取引所には上場しておらず、取引は不可能です。

次に肝心の将来性はどうなのか?について詳しく掘り下げていきたいと思います。

XANA(ザナ)の将来性

XANAは将来性に期待できる仮想通貨プロジェクトだと思われます。

そう言える理由は次の3点です。

▼メタバースは仮想通貨トレンド
XANAは今仮想通貨トレンドになっているメタバース関連の仮想通貨プロジェクトです。

メタバースは2021年から急激に注目を集め始めた分野。

大手IT企業のFacebookが「meta」に社名を変更し、今後メタバース事業に注力していくと発表し話題となりました。

Facebook以外にもアディダスやナイキなどの大手企業が相次いでメタバース事業への参加・参加検討を発表しています。

まだまだ発展途上の分野ですが、メタバース事業が盛り上がるほどXANAにスポットライトが当たる可能性も高くなるでしょう。

▼複数のデバイスに対応
XANAのメタバースはパソコンのみならずモバイル、VR、ARにも対応しています。

代表的なメタバースプロジェクト「The Sandbox」はパソコンにしか対応していないため、XANAの方が気軽にメタバースに触れやすくなります

複数のデバイスからアクセスできることで、より多くのユーザーを取り込むことにも繋がるでしょう。

▼マルチチェーンに対応
XANAはイーサリアム、BSC、polygon、terraなど複数のチェーンに対応しています。

XANAと他プロジェクトの比較

SANDやAxie infinityは多くて2つのチェーンに対応しているだけなので、XANAの方が参入ハードルが低く設定されています。

手数料の安いチェーンを選んだり、普段使っているチェーンをそのまま利用できるなど、ユーザーのニーズに合わせたチェーン選びが可能です。

将来性のあるアルトコインの中でも短期で稼げるようなアルトコインに投資したい方は、短期急騰期待のアルトコイン情報を配信する「クリプトマスター」が参考になるかもしれません。

直近では1か月20倍達成したSTEPN(GMT)を事前配信していたとして、利用者の間で話題になっているようです。

XETA 上場後の価格予想

XANAは同じくメタバースプロジェクトの「Everdome(dome)」を絡めて、「第二のEverdomeになる」と言われています。

XANAの独自通貨XETAはまだ取引所には上場していないため、dome上場後の動きを参考に価格予想を行っていきます。

Everdomeは2022年2月に取引所へ初上場しました。

仮想通貨取引所の中でも比較的大手のOKX(旧OKEx)に一発目で上場したこともあり、上場後にはみるみる高騰。

上場前に購入できるプレセールで購入した人は、価格が最大で約90倍になったことになります。

everdomeのチャート画像

XETAも上場後は高騰が続く可能性もありそうですね。

ただ、XETAもDOMEと同じく上場前に購入している層がいるため、ある程度上がった所で売り圧が強まると予想されます。

そういった局面では、空売り(ショート)を仕掛けた方が稼げる可能性は高いです。

最近は仮想通貨市場が不安定になっている事情もあってか、「FXAIパートナーズ」のような下落時でもハイリターンが狙えるサービスが人気のようです。

不安定な相場こそ、稼ぎ時になることを踏まえると当然の流れかもしれません。

XANA(ザナ)のロードマップ

XANAの公式サイトにはプロジェクトの今後の開発予定がロードマップとして記載されています。

独自通貨XETAの高騰を狙うのであれば、プロジェクトの進展はもはや必須条件です。

xanaのロードマップ

2022年第一四半期には、モバイル版メタバースアルファローンチも控えXANAの本格的な始動が期待されます。

ウルトラマンや鉄腕アトムだけではなく、今後多くのプロジェクトとのコラボレーションを進めていくとも記載。

より多くのプロジェクトと提携するほど、XANAの認知度向上にも期待でき、結果的にXETAの高騰に繋がる可能性も高くなるでしょう。

XETAのホワイトリスト・買い方

XETAは2022年3月7日現在、取引所には上場しておらず取引所で購入することはできません。

ただ、ホワイトリストと言われる上場前にXETAを購入できるチャンスはあります。

また、XANALIA(ALIA)の方はすでに取引所で購入可能です。

それぞれの仮想通貨のホワイトリスト参加方法、購入方法を紹介します。

▼XETAのホワイトリスト参加方法
ホワイトリストに参加するためには、SNSコミュニティへの参加、公式SNSのフォロワーなどいくつかのタスクをこなす必要があります

Twitterで「xeta ホワイトリスト」と検索すれば、URLを載せている人がすぐに見つかるので興味があれば参加してみてください。

無事にホワイトリストに当選すると、XETAを100ドル分購入できる権利が与えられるようです。

▼XANALIA(ALIA)の購入方法
XANALIA(ALIA)はDEX(分散型取引所)のパンケーキスワップで購入できます

パンケーキスワップを利用するにはメタマスクといわれる外部ウォレットが必要です。

まだお持ちではない方は、「スマホ版メタマスクの使い方」を参考にして作成しましょう。

メタマスクをパンケーキスワップに接続したら、「Trade」からALIAを購入できます。

交換先にALIAを指定するため、仮想通貨の識別番号であるコントラクトアドレスを入力しALIAのインポートを行います。

※ALIAのコントラクトアドレス
0x13861c017735d3b2f0678a546948d67ad51ac07b

後は購入したいALIAの数量を指定し、交換すれば購入完了です。

パンケーキスワップの詳しい使い方は「パンケーキスワップの使い方」を参考にしてください。

XANAは2022年期待のメタバース

XANA(ザナ)は今までのメタバースプロジェクトとは違い、スマホやVRなどパソコン以外のデバイスからもアクセスできます

「ULTRAMAN」や「鉄腕アトム」など大手プロジェクトと提携していることもあり、正式リリース前から話題になっています。

独自通貨のXETAはまだ取引所には上場していませんが、上場後は高騰する可能性もありそうです。

2022年注目必至のメタバースプロジェクト「XANA」を引き続き迫っていきたいと思います。

「何か月も待てない」という方は、最新AIが今ハイリターンが狙える通貨を抽出する「FXAIパートナーズ」が参考になるかもしれません。