銘柄・コイン一覧

2018年初めから6月時点で、ビットコインの価格は50%近くまで急落して今でも低迷を続けています。時価総額1位のビットコインの影響力は凄まじく、アルトコイン全体の価格を押し下げているんです。

しかし、そんな状況でも急騰した銘柄がある事実をご存知でしょうか?

実際に3倍~5倍まで急騰した仮想通貨があります。それらの仮想通貨をきちんと調べて比較検討していれば、あなたも資産を増やすチャンスを掴んでいたかもしれません。

今後、値上がりが期待できる仮想通貨を見極めるために必要なポイントを3つに分けて紹介します。その後、2018年1月~6月の間に急騰した仮想通貨を徹底比較してまとめましたので、急騰銘柄を見極めるヒントが見つかるはずです!

1. 爆謄する銘柄を見極める比較3ポイント

1000種類以上ある仮想通貨の中から爆謄する銘柄の見極めは難しいです。絶対に儲けたいと思って沢山ある仮想通貨を見比べても、どれが爆謄しそうなのか判断できないと思います。

なぜなら、これから爆謄する銘柄を判断する明確な基準を知らないからです。この基準さえを知っていれば、それに当て嵌めるだけで仮想通貨の選定ができます。

その判断基準は3つあります。「将来性」「技術力」「チーム」、これらの基準で仮想通貨を比較するだけで儲けられるんです。それぞれの項目をわかりやすく紹介します。

・「将来性」

仮想通貨の始まりであるビットコインはお金の送金問題を解決するために生まれ、今後、世界中でビットコイン決済ができるようになると言われています。このように私たちの生活を便利にする特徴が将来性です。

・「技術力」

時価総額3位のリップルは技術力で他よりも優れているため、世界中の銀行がこぞって提携を結んでいます。その結果、2017年は273倍まで急騰したんです。この技術力は必ず押さえておきたい比較ポイントです。

・「チーム」

爆謄する仮想通貨を開発するチームには、ほぼ必ず優秀な人材がいます。時価総額6位のネオは1人の天才エンジニアによって開発されていますが、その普及にはまわりの協力が必要不可欠です。そのおかげで、2017年は1285倍まで急騰しました。

2. 2018年前期の爆謄銘柄を徹底比較

年初からビットコインは暴落を始め、現在では50%近くの価格で取引されています。この暴落に足を引っ張られて、他の仮想通貨も軒並みに下落しました。そんな厳しい仮想通貨の環境であっても、実は爆謄した仮想通貨が3つあるんです。

仮想通貨フオビトークンは5倍に急騰

仮想通貨DAOストックは3倍に急騰

仮想通貨ヌルズは3倍に急騰


◆仮想通貨フオビトークン(HuobiToken)は5倍に急騰

フオビトークン(HT)は海外取引所フオビ(Huobi)が発行する仮想通貨です。取引所フオビが注目されるほど値上がりする特徴を持っています。

ライバルである取引所バイナンス(BINANCE)が3月に金融庁に行政処分を受けた影響で日本人が取引所フオビに流れました。取引所とし ての注目度が高まったおかげで、6か月間で5倍まで急騰したんです。


◆仮想通貨DAOストック(DAOstack)は3倍に急騰

DAOストック(DAOstack)は、日本で一般的に利用されているプログラミング言語Javascriptを利用することで、スマートコントラクトを簡単 に開発できる機能を持っています。新しい知識を0から学ぶ必要がないので、企業にとっては大幅なコスト削減となります。


◆仮想通貨ヌルズ(NULS)は3倍に急騰

ヌルズ(NULS)は、企業でも個人でもカスタマイズして利用できるブロックチェーン技術を持っています。今のところブロックチェーン技術は生まれたばかりの技術なので、体系的に学べる環境がなく、習得に時間がかかります。その

問題を解決するためにヌルズ(NULS)は開発されています。

3. 銘柄・コインの一覧

一覧をもっと見る 

 アクセスランキングTOP3

^