サークルコインの情報は嘘だらけ!最新情報を随時更新

circle coin

サークルコインの最新情報

  • 2019年06月06日

    サークルコインの販売会社は9億円の所得を隠していた模様

    本日、サークルコインの販売を行っていた「合同会社エクラドクール」が9億円の所得を隠していたと、東京国税局と沖縄国税事務所の税務調査の結果、判明しました。

    サークルコインの販売会社が9億円の所得隠し

    さらに、サークルコインを開発していた「ネオシード」には実態がないことも明るみに出ました。

    もともと「合同会社エクラドクール」がサークルコインを発行する為だけに、「ネオシード」を設立していたようです。

    実際に、サークルコインを開発していたのは、都内のシステム開発会社だったことも公表されています。

    同局などはネオシードに実体がなく、仕入れ代金は架空経費になると判断したようです。

  • 2019年06月01日

    集団訴訟が起こされる寸前

    日本でサークルコインを販売していた「合同会社エクラドクール」に対して、集団訴訟が起こされる予定になっています。

    しかも「合同会社エクラドクール」の被害者が集まる集団訴訟プラットフォーム”matoma”では、最低でも2100万円の被害金額があると公表されています。

    circle coinに集団訴訟が起こされる予定

    また販売会社は「SoftBankの孫さんも購入した信頼性のある仮想通貨」であると虚偽の情報で集客を行っていたようです。

    サークルコインのように噓で宣伝されているサイトよりも、「サーチインコイン」のように11日で価格が10倍を超えた仮想通貨マチックネットワーク(MATIC)の情報を配信していたと実績として明かしているサイトを利用すると良いかもしれません。

  • 2019年05月29日

    仮想通貨WoWooの運営会社のCEOがサークルコインの日本代表になっていた

    フィリピンで開催されたサークルコインのイベントで、なぜか仮想通貨WoWooの運営会社のCEO「Fujimaru Nichols(長内藤丸)氏」がサークルコインの代表になっていました。

    circle

    この事実から、仮想通貨WoWooとサークルコインが親密に繋がっていることが分かりますね。

  • 2019年05月15日

    フィリピンでサークルコインが始まるらしい

    フィリピンでサークルコインのプロジェクトが始まったようです。

    フィリピンでサークルコインが始まる

    日本のサークルコインの代表団とフィリピンの主要パートナーが正式に財団を設立した、と海外のニュースサイトで紹介されていました。

サークルコインとは

サークルコインとは、ブロックチェーンを利用して不正ができないように賭け事が行えるプラットフォームに利用される仮想通貨です。

現状、サークルコインが具体的に何に使われる予定になっているのか、公式サイトを確認しても分かりませんでした。

サークルコインの価格

サークルコインの価格は、2016年9月にプレセールが行われた当時に50円でした。

ただ正式にサークルコインがリリースされたら、100円まで価格が上昇するということになっていたようです。

サークルコインは買えるのか

サークルコインは、米ラスベガスにある仮想通貨取引所が取り扱っているとのことですが、具体的な取引所の名前は出てきていません。

現状、どこでサークルコインを取引できるのか公開されていませんでした。

サークルコインの基本情報

名称 サークルコイン
人気度
発行元 NEOSEED CORP

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

脱税なんてすぐばれる。マツベイビーみたいに(笑)

勘違いしてほしくないが、仮想通貨は別に何も悪くない。それを使ってる人間が悪なだけ。だけど世間のニュースではそれがイコールで見られてしまってる。そういう意味で言ったらサークルコインには大いに責任があるともいえるな。まあこういう業者はどんどん消滅していくことだろう。

サークルコインのせいで仮想通貨のイメージが悪くなる!やめて!ほんと!迷惑!

Yahoo!ニュースにも出てたねサークルコインのこと。まあこういうやつらたくさんいるんだろうな。

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません