仮想通貨GPEの複雑な報酬モデルを世界一簡単に解説

GPE

GPEの最新情報

  • 2019年11月14日

    仮想通貨取引所が11月27日にリリース

    GPEの仮想通貨取引所が11月27日に韓国でリリースされるようです。

    どこまでGPEが成長していくのか気になりますね。

GPEとは

GPEとは、Global Payment Ecosytemの略称で、中国の人民元の価格に連動した仮想通貨です。

人民元のような法定通貨と価格連動している仮想通貨はステーブルコインと呼ばれています。

ステーブルコインの中には、仮想通貨の時価総額TOP10に入っているテザー(USDT)もあります。

そもそもテザー(USDT)とは、米ドルとほぼ価格が同じようになる仮想通貨のことです。

GPEの報酬モデルを紹介

まず保有しているGPEを「GE」と「PE」に分割します。

そして、分割したGEは元本の2倍、PEは元本の3倍になります。

例えば、10GPEを買って分割すると、20GEと30PEをもらえるのです。

獲得した「GE」と「PE」はロックがかかっているので、自由に換金することが出来ません。

ちなみに「GE」は毎日1%ずつロックが解除され、「PE」はボーナスを出すことによって3%だけロックが解除されていきます。

※ここで言うボーナスとは、紹介報酬のことを指します。

「GE」と「PE」の換金方法

同等数の「GE」と「PE」を組み合わせることによって、GPEを合成することができます。

例えば、200GE+200PEで400GPEを合成完了です。

また、余ったPEは1:1の割合でGPEに換金できます。

そして、GPEは1元としてイーサリアム(ETH)に換金できるようです。

 

GPEの基本情報

名称 GPE
サービス内容 ハイプ
サイトURL https://vip.gpepay.com/
運営会社 不明
所在地 不明

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前:

^