MGC tokenは本当に配当が出るか?出金はできるか?最新情報を更新

mgctoken

MGC tokenの最新情報

  • 2019年05月14日

    MGC tokenは仮想通貨取引所ZBGと提携

    MGC tokenの公式Twitterを確認してみたところ、仮想通貨取引所の「ZBG」と何か契約したとツイートされていました。

    ただ「ZBG」と何の契約を行ったのか、詳細はどこにも載っていませんでした。

  • 2019年04月25日

    MGC tokenは明日よりリリース

    MGC tokenが本日よりリリースされ、利用可能になると公式Twitterから発表がありました。

    今後、MGC tokenがどのなっていくのか、最新情報を随時更新していきます。

MGC tokenとは

MGC tokenとは、仮想通貨を預けておくだけで配当があるウォレットです。

2019年5月から日本に初上陸したハイプですが、以前はアメリカや中国の人たちが利用していたようです。

mgctokenのアクセス元

SNS上ではイギリス発のウォレットと言われていますが、イギリスで使われている痕跡が何1つとしてありません。

会社住所はイギリスにあるようですが、社名や登記に関する情報が分からなければ、会社が実在するのかすら怪しいですね。

MGC tokenの配当

金額によって配当額が変動するようです↓↓

・100ドル〜800ドル未満(レベル1)
→0.3%〜1%

・800ドル以上〜3,000ドル未満(レベル2)
→0.45%〜2%

・3,000ドル以上〜10,000ドル未満(レベル3)
→0.6%〜3%

MGC tokenに預けることができる仮想通貨

MGC tokenに預けることができる仮想通貨は全部で8種類あります。

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン
・ドージコイン
・ビットコインキャッシュ
・テザー
・イオス

ハイプのご利用には注意してください

MGC tokenのような配当がある仮想通貨ウォレットは、ポンジスキームである可能性が高いです。

そもそもポンジスキームとは、投資家から集めた投資金を配当に回す詐欺の手法です。

この仕組みがMGC tokenにも使われていると予想されます。

最初から詐欺を目的にしているからこそ、運営者の名前や顔写真、住所が公開されていないのです。

ある程度の資金が貯まったら、夜逃げする魂胆なのでしょう。

MGC tokenの基本情報

名称MGC token
サービス内容配当型ウォレット
サイトURL https://mgctoken.io/
運営会社不明
所在地 8-20 Regent St, St. James's, London SW1Y 4LR UK

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前:

^