ポケットハッシュが突然アカウントを凍結で大損失

POCKETHASH

ポケットハッシュの最新情報

  • 2020年06月01日

    複垢を作成するとアカウント凍結

    ポケットハッシュでは複数のアカウントを作成したユーザーがログインできなくなっています。

    また、ポケットハッシュを利用していないと勝手にアカウントが凍結される危険性があると言われています。

    今後もポケットハッシュの動向を追っていきます。

  • 2020年05月21日

    メンテ終了が5/22に延期

    ポケットハッシュのメンテナンス終了が5月22日に延期しました。

    次こそは確実にメンテナンスが終わって、今まで通りに使えるようになって欲しいですね。

  • 2020年05月13日

    5月12日から5月18日までメンテ実施

    ポケットハッシュは5月12日から5月18日までメンテナンスが行われます。

    メンテナンス中はログインや取引、出金など全てのサービスが利用できません。

    ▼テレグラム公式情報
    ポケットハッシュがメンテ中

    今回のメンテナンスはビットコインの半減期が原因だそうです。

    半減期によってマイニング報酬は大幅減になると予想されますが、ポケットハッシュが今まで通りに報酬を出せるのかどうか気になるところですね。

  • 2020年04月20日

    本当は稼げるか詐欺か評判まとめ

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)の評判を下記にまとめました。

    上記のツイートでは投資詐欺に良くあるパターンだと指摘していますね。

    こちらのツイートでは確実に稼げそうだと言っています。

    ツイッター上ではポケットハッシュ(POCKETHASH)に対して肯定的な投資家が多くいます。

    その理由は、投資家は紹介することで利益を得ることができるからでしょう。

    少しでもリスクを感じるのなら、利用者全員が3週間で資産を10倍に増やせたと話題のローリスク投資法を使った方が良いでしょう。

  • 2020年04月06日

    ETHとUSDTの入出金を停止

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)がETHとUSDTの入出金を停止しました。

    POCKETHASHが入手金を停止

    今のところBTCのみ入出金が可能です。

  • 2020年03月31日

    緊急メンテナンスを連発中!

    現在、ポケットハッシュ(POCKETHASH)で緊急メンテナンスが連発しており、出金できない状況です。

    一部では運営が飛んでしまい、終わってしまうのではないかと言われています。

    本当にこのまま運営が飛んでしまうと、大損してしまう方が多そうですね。

  • 2020年03月26日

    出金に手数料25%!その他にも不利な条件だらけ

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)で仮想通貨を出金するには、手数料で25%も取られます。

    正確に言うと、PHTからUSDTに換金する際に手数料が25%かかります。

    そもそもPHTをUSDTに換金しないと出金することはできません。

    さらに、換金枠は100ドルを入金しても150ドル分しか獲得できないので、あまり出金できないですね。

    ※出金枠とは出金できる金額の上限のことです。

    つまり無料登録でもらった900ドル分のPHTを全て換金しようと思ったら、1800ドル(約20万円)は最低でも入金する必要があります。

  • 2020年03月23日

    2カ月弱で4万人登録

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)はリリースから2カ月弱で4万人登録に達したようです。

    無料登録で約10万円(900ドル)をプレゼントしているので、約40億円をただで配布しているということになります。

    かなりの資金力がないとできないキャンペーンですね。

    マイニングと紹介報酬で利益を上げるのに時間がかかるので、
    3週間で誰でも資産を8倍に手軽に増やす方法を活用した方が良いでしょう。

  • 2020年02月07日

    利用者の口コミから分かる実情

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)に対する口コミや評判をまとめてみました。

    上記のツイートでは、かなりマイニング報酬がもらえているようですね。

    ただ、マイニングで得た報酬を出金できるどうか怪しんでいる方もいます。

    確かに、KYC(本人確認)を行うだけで900ドル(約10万円)がもらえると謳っていますが、それだけの資金を簡単に用意できるとは思えないですよね。

    本当に出金できるずにポケットハッシュ(POCKETHASH)が飛んでしまうことも有り得てしまうかもしれません。

    さらに、詐欺だと思っている方もいました。

  • 2020年01月30日

    合計60億円以上をあげちゃう太っ腹な運営

    1月29日に、ポケットハッシュ(POCKETHASH)の登録者数が13000人を突破しました。

    1日平均で3000人以上が登録している計算になります。

    もし仮に全員がKYC(本人確認)を行うと、ただで12億円をプレゼントすることになりますね。

    ※900ドル×13000人=1170ドル(12億円)

    さらに、200日間ロックがあり、そして月利30%で運用されると、60億円を無料であげちゃうことにあります。

    下手をすると資金不足で経営破綻する可能性があるかもしれません。

    そんなリスクは負わずに今すぐに稼ぎたいのなら、3週間で誰でも資産を8倍に手軽に増やす方法を活用した方が良いでしょう。

  • 2020年01月21日

    登録報酬を出金までに200日以上もかかる!

    登録後にKYC(本人確認)すると900PHT(9万円相当)がもらえますが、現金化するまでに最低でも200日はかかることが判明しました。

    なぜ200日もかかるのかというと、登録報酬は1度200日間のマイニングを行ってからでないと出金できない仕組みになっているそうです。

    しかもマイニングの結果次第では、900PHTが200日後には減ってしまうという可能性があります。

    さらに、出金手数料を加えると、最終的に手元にいくら残ることになるのか分かりません。

  • 2020年01月17日

    登録しただけで9万円相当のトークンプレゼント!

    ポケットハッシュ(POCKETHASH)では登録とKYC(本人確認)を済ませると、独自トークンを900PHT(900ドル相当)がもらえるそうです。

    かなり太っ腹な登録時のプレゼントですが、PHTが取引所に上場するまでは換金することはできないかもしれません。

    おそらく取引所への上場は当分先になるでしょう。

ポケットハッシュとは

ポケットハッシュ(POCKETHASH)とは集団でマイニングを行う「クラウドマイニング」というサービスです。

2020年1月25日から日本でだけ登録がスタートし、今後はヨーロッパにも進出する計画があります。

今のところは日本のTwitter上で流行っており、登録者だけでも1万人以上になっていると言われています。

ポケットハッシュ(POCKETHASH)の報酬プランを紹介

ポケットハッシュでは下記の報酬プランでマイニングが行えます。

金額に応じてマイニング機器をリースすることができ、報酬額も違ってきます。

マイニング報酬プラン

基本的に、ポケットハッシュに契約すると200日間はマイニングを行っていないといけません。

ポケットハッシュ(POCKETHASH)の出金方法と条件

ポケットハッシュ(POCKETHASH)では、換金ウォレットに貯まったPHTをBTCとETH、USDTのいずれかに換金することで外部に出金することができます。

そもそも換金ウォレットとは、マイニング報酬とログインボーナスが入るウォレットです。

ただ、BTCなどにアプリ内で換金できますが、換金額には制限があります。

・換金可能枠はPHT購入量の150%〜170%
・換金手数料は25%〜6%
・1日の換金可能額は30ドル〜24,000ドル

上記の換金額は等級(役職)によって変わります。

ポケットハッシュの役職

少しでも多く換金して出金したいのなら、等級(役職)を上げなければなりません。

等級(役職)を上げる為には、日々の配当額を増やし、換金枠を大きくする必要があります。

ポケットハッシュ(POCKETHASH)の運営会社

ポケットハッシュ(POCKETHASH)の運営会社はPOCKETHASH Ltd,です。

どんな企業なのか気になってPOCKETHASH Ltd,について調べてみましたが、ホームページなどは一切見つかりませんでした。

なぜ公式サイトなどがないのか、不思議ですね・・・。

ただ、コインテレグラフのプレスリリースには、「人工知能の開発やASICの開発などを行い事業の拡大を行い、アメリカ大手銀行からの出資と中国への進出をきっかけにマイニング事業を開始した」ということだけ書かれています。

大手銀行などと具体的な名称がなく、今のところはどんな企業なのか全く分かりませんね。

まだ始まったばかりの企業だからホームページなどの準備ができていないのでしょうか。

ポケットハッシュ(POCKETHASH)のプレスリリースをまとめると・・・

・2020年1月25日に日本向けサービス開始
・大手クレジットカード会社と提携予定
・独自トークン発行&上場予定
・ステーキングサービス

ポケットハッシュの基本情報

名称 ポケットハッシュ
サービス内容 クラウドマイニング
サイトURL https://t.me/pockethash_jp
運営会社 POCKETHASH Ltd,
所在地 不明

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2020年04月24日

突然KYCが必要と言い出しておきながらKYCに不具合が出ていつ治るか分からないと言うことはいつ出金出来るかも分からないという事だよね、最悪。

2020年04月24日

ポケットハッシュに関してあまり良い評判や噂を全く聞かないので、どうも怪しい案件ですよね。特商法の記載もスカスカで怪しさに拍車がかかっています。実績の記載も無いので心配ですし、運営はそもそもやる気があるのかな?と疑ってしまいます。

2020年04月17日

アカウントロックされました…😥

2020年04月14日

ポケットハッシュのメンテナンスが一向に終わらず中々ログインできない状態が続いているのに、アフィカスが900USD相当のコインプレゼントの話題で手一杯といういかにもマルチ案件らしい状況が微笑ましい。

2020年04月14日

先日アカウントロックされました

2020年04月13日

登録したはいいが、いつまで経っても本人確認がメンテナンス中と表示されて900ドル分のポイントが受け取れない。詐欺では?

2020年04月11日

個人情報の登録ができない、、てか支払い用暗証番号のパスワード登録ができんのはなぜ。

2020年04月09日

ログイン障害が一向に改善しないポケットハッシュ。プレゼントキャンペーンが終わると危ないと言われてきたけど、これ本当にこのまま飛ぶんじゃないかな?

2020年04月03日

ポケットハッシュにログイン出来たが出金出来ないのは相変わらず。この状況SBlockを思い出すな。次に残高がなくなって終わりが来るんだよな。あるいはログインさえ出来なくなって飛ぶのか。

2020年04月02日

ポケットハッシュはどうなんでしょうか。私も手探りな状態で利用していますけど期待していい案件なのかどうかはまだ分かりません。

2020年03月25日

ポケットハッシュについては日本での情報がまだ少ないのであんまり手を簡単に付けられるほど安心できないなという部分はありますよ。皆さんはの声を聞かせて欲しいですね。利用した感触とか知りたいです。気になっている案件ではあるので。よろしくお願いします。

2020年03月23日

所詮はポンジスキームだから、世界中で金融資産が大暴落しても全然関係ないんだけど、考えてみたら、コロナウィルスとかドル安原油安って配当が出せなくなる良い言い訳になるからポケットハッシュ飛ぶかもな。

2020年03月17日

ポケットハッシュは900ドル分のPHTプレゼント企画やってたから、仮想通貨欲しさにサブ垢量産してPHT貰いまくったバカがいたみたいだな。わざわざ公式から重要なお知らせとして凍結したアカウントをさらし者にしてて草生えた。

2020年03月12日

プラストークン以降はこの手のHYIPは流行らないんじゃないかと思ったけど無くならないね。表向きは中国四川省でマイニングしてるんだろ?コロナウィルス問題を言い訳にして配当止めるんじゃないかな? どっちにしろ中華系HYIPは間違いなく飛ぶよ。

2020年03月10日

ポツポツです。スタートダッシュ🏃して、今35万勝ち‼️💖

2020年02月24日

最初に50万ぶっ込んで、今、500万【笑っ】。スタートダッシュ🚄💨💨さ

2020年02月12日

3日ほどで30弗ほど貯まったが、ブログラムエラーで動作せず。
そんな時どうしたら良いか不明。

2020年02月11日

公式サイトはあるのかな?

2020年02月10日

会社はどこに所在してるのだろう?

2020年02月03日

カスども今日も騒いでるな!文句いうならやるな。ヤリもしないのに文句いうな。貴様らなんぞ、銀行の案件でもやっとれや。

意見を投稿しよう!

お名前:

^