アイゼンコインの最新情報を紹介│今後の予想は?

仮想通貨アイゼンコイン

アイゼンコインの最新情報

2019年4月16日│価格が10倍に上昇

アイゼンコインの価格が10倍以上に上昇したようです。

アイゼンコインが一番最初にトークンセールを行った際は0.1円でしたが、現時点までに1円以上に値上がりしました。

さらに、2019年4月28日には、トリニティウォレットに入っているアイゼンコインがバーン(破棄)されるので、発行量が減り、価値が上がると予想されています↓↓

ちなみに、ツイートにあるマイグレーションとは、もともとあったXAZトークンをイーサリアムベースのERC20のトークンに移行することです。

2019年4月5日│アイゼンコインの買い注文がない

本日の16時にアイゼンコインの取引状況を確認してみました。

すると、アイゼンコインが上場した「HB DEX」で買い注文は見られませんでした↓↓

アイゼンコインの買い注文がない

買い注文は全くと言って良いほどありませんが、売り注文は分刻みになっていました。

2019年3月29日│AXZはERC20に移行しないと消滅

本日からアイゼンコインはトリニティウォレットからERC20に移行しないと、トークンが消滅します。

また、明日の3月30日にアイゼンコインは「 HB DEX 」へ上場する予定になっています。早めにERC20に移行しておくことで、いつでも一番利益になるタイミングで売れる準備をしておくといいカモしれませんね。

2019年3月18日│上場延期が判明

本日、アイゼンコインは上場する予定でしたが、上場の延期が判明しました。

アイゼンコインの上場延期

次の上場予定日は、3月30日です。

またアイゼンコインは2019年4月28日までにトリニティウォレットからイーサリアム系のウォレットに移行する必要があります。

4月28日以降、アイゼンコインはトリニティウォレットからの移動ができなくなるからです。

2019年3月14日│3つの取引所で上場

アイゼンコインは3月18日に分散取引所HB DXへ上場する予定ですが、ここ以外に3つの取引所でも上場することが確定しているようです。

ただ上記のTwitter情報を裏付ける証拠は見つかりませんでした。

果たして、アメリカ、香港、シンガポールの取引所への上場は本当に決まっているのでしょうか。

2019年3月7日│公式HPが完成

以前までアイゼンコインの公式ホームページには、ホワイトペーパーが存在せず、運営者の情報も伏せられていました。

しかし、最近になって公式ホームページにホワイトペーパーと運営者の情報が初公開されました。

アイゼンコインの創始者

ちなみに、創始者「小野寺優」は2000万円以上の詐欺被害を出した「小野寺悠」と同一人物ではないでしょうか。

名前の「優」と「悠」が違うだけなので、同一人物ではないと否定できません。小野寺悠に関しては、詳しく下記に書かれています。

2019年2月18日│上場が決定

ねずみ講」や「詐欺」との評判が見受けられるアイゼンコインですが、2019年3月18日に上場するとの発表がありました。

この発表が事実ならば、ホルダーの方にとって嬉しいニュースと言えますね。

2019年2月18日│上場先はHB DEX

アイゼンコインの上場先はHB walletと連動する分散型取引所の「 HB DEX 」です。

「 HB DEX 」は、イーサリアムのブロックチェーン上にあります。

本来であれば、バイナンスやBitMEXといった取引所に上場するのが一般的ですが、アイゼンコインについてはその手法が若干異なります。

アイゼンコインの上場先

果たしてこれを上場と言っていいものなのかは疑問なところです。

審査が通らず、大手取引所に上場できなかったというのが本音なのかもしれません。

また気になるのが、今回上場することによってアイゼンコインが公式として発表しているトリニティウォレットの価値がどうなるのか?という点です。

今回の「 HB DEX 」への上場によってホルダーの大多数は「 HB Wallt 」へ移行することが予見されます。

まさかとは思いますが、これによってトリニティウォレットの価値が0になる、なんてことがないことを祈るばかりです。

また新しい情報が確認でき次第、追記してまいります。

稼げる仮想通貨の情報が知りたい方は、管理人が実際に利用し、200万円を2100万円に増やすことに成功した「FM仮想通貨」の利用をおすすめします。

利用者の口コミも載せていますので、気になる方はご確認ください。

2019年2月18日│宝くじ事業スタート

アイゼンコインは当初から予定していた宝くじ事業をスタートさせました。

毎週5,000人に1人が1億円をゲットできる宝くじのようです。

2019年1月9日│小野寺悠に詐欺疑惑

小野寺悠が所属するブルーハウスは、ミャンマーの不動産投資を紹介するグループです(会社が実在するのか不明)。

実際に調べてみると、ブルーハウスに対する悪評しかありません。最も印象的だったのは、「詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板」にある「株式会社ブルーハウスの被害者をつくるな!」というページです。

こちらのホームページは、詐欺の被害に遭った人たちが一緒に訴訟しようと仲間を集めています。

ブルーハウス

「見事に騙され50万ほど消えました」「2000万円騙された」とコメントが書き込まれていました。投資で損するならともかく、お金が消えたり、騙し取られたりしたら、明らかに詐欺ですよね。

もはやブルーハウスは訴訟寸前かもしれません。

2019年1月6日│価格が10倍は噓

仮想通貨のICOは詐欺の常とう手段として利用され、実際にICOの8割が詐欺だという調査結果が出ているほどです(米サティスグループ調べ)。

そもそもICOの法規制には抜け穴だらけで、詐欺まがいの行為をやり放題。ゆえに、本来なら投資ならご法度である「絶対に儲かる」という表現を使えています。

上場後に最低でも10円、最高でも100円になると書き込まれていました。そんな価格予想ができるはずがありません。

aizen

こちらのTwitterのアカウントは公式アカウントに見えますが、ただのアフィリエイトの為のアカウントだと思われます。

その証拠にアイゼンコインを購入する為のURLにアフィリエイトのコードが組み込まれています。このコードがないと、ネットからアイゼンコインを紹介できても報酬が得られません。

公式アカウントであれば、わざわざアフィリエイトのコードを付ける必要がありません。わざと公式ホームページに似せたTwitterアカウントを作り、公式情報だと印象操作を行っているのでしょう。


詐欺まがいのアイゼンコインは、もし上場しても99%の確率でICO割れを免れないでしょう。

そんな仮想通貨に投資するのなら、急騰する通貨情報を投資のプロが教えてくれるコインリーディングカンパニーを使ってみませんか?

実際に、ロングが278%増モニーサが259%増といった実績があります。実績と同じように、今すぐ稼ぎたい方はコインリーディングカンパニーから登録してください。

2018年12月9日│開発会社の情報は皆無

アイゼンコインの公式ホームページや公式ウォレットを確認してみましたが、開発会社の情報が何も見つかりませんでした。

さすがに公式ウォレットにログインすれば、開発会社に繋がる情報が発見できると思いましたが、何も会社らしい情報は見つかっていません。

ホームページ

何か隠したい情報があるのではないかと疑ってしまいたくなります。そこで、このウォレットがどこで開発されているのか調査してみました。

アイゼンコイン

公式ウォレットのサーバーがどこに設置されているのか確認してみると、ご覧のように「日本」とありました。

日本の企業がアイゼンコインの公式ウォレットを開発しているのでしょうか。アイゼンコインも日本の企業が開発しているのかもしれませんね。

ちなみに日本企業による日本でのICOは禁止されています。基本的に、日本の企業でも海外に法人を設立してICOを行っています。この回りくどい形式を取らないと、違法になってしまうのです。

つまりこの違法行為を隠す為にも企業情報を伏せていると考えられます。

大切なお金を投資家から集めているのに、自社の情報を公開せずに隠しているなんて不親切ですし、非常に怪しいですよね。

2018年11月13日│ネズミ講で集客

アイゼンコイン(Aizen)の販売手法は「ねずみ講」という噂があります。もし本当なら、このICO案件は犯罪になります。確かに、「完全紹介制」でトークンの販売が行われているため、「ねずみ講」と噂されても仕方がない販売方法です。

アイゼンコイン(Aizen)の販売方法はねずみ講ではなく、ネットワークビジネスが利用されています。どちらにしろ評判が悪いですね。

aizencoin

この販売手法は、アイゼンコインを販売した一部利益が紹介者に支払われる仕組みになっています。上の図にいる下の人がアイゼンコインを売った報酬は上の人とトップの人にも支払われます。

ちなみに、ネットワークビジネスの最大のメリットは、CMなどの広告費を大幅に削減できる点です。

2018年9月7日│上場できるのか

結論:上場は99.9%なし!

仮想通貨アイゼンコイン(Aizen)は運営側が儲けるために集客を行っていた、と判明しました。

推測にはなりますが、お金を集め終わったら上場せずに「お金を持ち逃げ」するのでしょう。

なぜ犯罪紛いの真似ができるのかと言うと、ICOの業界の法整備が整っていないからです。もし上場できなかったとしても、警察に捕まる心配はありません。

なぜなら、ICOとは投資と同じなので、投資先の事業が上手くいかずに失敗しても違法ではないからです。「全力でやりましたが、力不足でした」と弁明すれば、罪に問われません。人件費として運営者のポケットの中に資金が入り、合法的に皆さんからお金が巻き上げられます。

そもそもアイゼンコインが上場できない、危険なICOだと判明した理由は、投資の判断基準となる情報が未だに公開されていないからです。

ICOは2017年11月から始まっていますが、やっと8月に公式ホームページがオープン。しかも、まだICOのプロジェクトの詳細が書かれた「ホワイトペーパーがない」状況です。

ホワイトペーパーはICOにおいて、プロジェクトへの【投資判断】を行う為の一番大切な資料です。通常なら、ICOのプレセールを始める前に準備しておく必要があります。

さらに、公式ホームページには、開発チームの個人情報や事業計画が「近日公開」になっています。どちらも手抜き感が半端ないですね!

もはや重要な情報は「非公開」のままやり過ごして、逃げ切りを図ろうとしているのではないのでしょうか?

この記事を読み進めれば、なぜアイゼンコインが「上場は99.9%無し」なのか、その理由がより確信に近づくでしょう。

2018年8月28日│ICOを見極め方

ICOの助言会社であるサティスグループの調査によると、ICOの96%が詐欺か失敗に終わっています。

成功したICOは4%しかないので、ICOで儲けるのは困難を極めます。それでも実際に資産を2倍3倍に増やした人がいるのも事実です。

そこでは今回は、アイゼンが本当に儲かるICOなのか、見極める2つのポイントを紹介します。

ポイント1:アイゼンコインの販売手法が胡散臭い

ネットワークビジネス自体は違法ではないですが、非常に怪しいです。このビジネスモデルの歴史を辿ると、ねずみ講や詐欺との関わりがありました。

このようなビジネスに手を染める小野寺悠を始めとした信用度「0」の人が紹介するICOに参加する行為は、何かしらのリスクを伴う可能性があります。

ポイント2:ホワイトペーパーがない理由

ホワイトペーパーはICOにおいて生命線と言える資料で、重要な投資の判断材料となります。そのホワイトペーパーがない事実は、あまりにも不親切と言えるのではないでしょうか?

言うなれば、性能や外見を確認しないで自動車を購入するのと同じです。もし新車を買うのなら、詳しいスペックを調べるために自動車の専門家がいるディーラーに出かけますよね。そして、購入の決め手となる情報が手に入ります。

この例えをアイゼンコインに照らし合わせてみると、プレセールやICOに参加してもらうために、ホワイトペーパーは必要不可欠の存在のはずです。

100種類以上のICOを調べた経験から言える事実は、「情報弱者をターゲット」にしているか「手抜き」をしているか、もしくは「隠したい情報」があることに他なりません。とにかくお金を集めることを目的にしているのでしょう。このようなICOは、高確率で詐欺か失敗に終わっているんです!

なぜなら、「ICOに参加した96%がお金を損」して終わっているからです。ホワイトペーパーがない案件は非常に危険であるため、近づないことが賢明です。

アイゼンコインとは

アイゼンコインとは、イーサリアムをベース(ERC20)にして作られたトークンです。

アイゼンコインの使い道は、3つあります。

宝くじ
カジノやゲーム内で利用できる通貨
決済サービス

またアイゼンコインは小野寺悠が中心となって、集客が行われていました。具体的には、ネズミ講(マルチ商法)で人を集め、セミナーなどに招待し、アイゼンコインのプレセールの参加者を増やしていました。

アイゼンコインのICOスケジュール

最近のICOのスケジュールは3か月程度のプレセール期間を経て、1か月後に上場するパターンが多くあります。その流れに逆らって、アイゼンコインのICOは2017年11月27日~2019年3月まで行う予定になっています!

ちなみに、第1回プレセール/第2回プレセールと期間が区切れており、アイゼンコインの販売価格は後に遅れるにつれて高くなっていく仕組みになっています。

第1回プレセール:
2017年11月27日〜2018年1月31日
第2回プレセール:
2018年2月1日〜2018年5月15日
第3回プレセール:
2018年5月16日〜2018年6月19日
第4回プレセール:
2018年6月21日〜2018年9月28日
第5回プレセール:
2018年10月15日〜2019年1月31日
一般へのICOは2019年3月を予定

基本的に、今のところアイゼンコインは紹介者から紹介されないと購入できない仕組みになっています。ネットを経由して、紹介者にコンタクトを取らないといけないです。

アイゼンコイン(Aizen)の基本情報

名称アイゼンコイン(Aizen)
危険度
カテゴリテクノロジー
期間2017年11月27日〜2019年3月
運営会社不明
サイトURLhttps://aizenholdings.io/zh/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2019年05月20日

今さらホワイトぺーパー出されても、上場して暴落して結果出ちゃったよ。

2019年05月17日

WPは上場前に公開されてる
ほんといい加減な情報が多いな

2019年05月16日

ICOの時、ホワイトペーパーがなくて批判されたAIZEN、なぜか上場後発表。

2019年05月16日

EEAのHPで確認すれば済むことを調べもしないでフェイクと決め付けるんだ?
https://entethalliance.org/members/

2019年05月15日

アイゼンコインの最新の情報と言えばロゴだけど、だから何って感じ。もっと大切な情報を出した欲しいよ。

2019年05月15日

マジであいつらの言葉を信じた自分が馬鹿でした。彼らが絶対に儲かるっていうから買ったのに、このざまですよ。チャートをみると上がっているように見えますが、実際に売れなくちゃ意味がないじゃないですか。アイゼンコインを買いたいと思う人がいないんだから、これ以上はもう上がらないだろうから、早く売りたいです!

2019年05月14日

アイゼンコインって今のところと他にも上場するらしいけど、全然新しい情報が出てこないよね。どうなってるんだろ。3か所の取引所で本当に取引できるようになるのかな。まじで早くアイゼンコインを売りたい。買わなければよかった。

2019年05月13日

全然売買されてないがみんなECR20への乗り換えは終わってるよな?もう期限過ぎたぞ。

2019年05月13日

アイゼンコインはEnterprise Ethreum Allianceのメンバーとして承認されたって言われてるけど、本当なのかな。ここ開発会社が関われるとは到底思えないんだけど。どうせフェイクニュースでしょ。

2019年05月10日

全然出来高が無いAIZEN、価格も低迷とか言うレベルじゃない。これは上場廃止もあり得る。

2019年05月07日

AIZEN関連の宝くじさいとではAIZEN使えないのか?全然出来高が無いという事は使えないっぽいが。

2019年05月07日

上場後出来高ゼロが続いてるようだが、AIZENホルダーはみんなロックアップ中なのか?

2019年05月06日

小野寺は詐欺師ですからね。法律のスキをついて、情報弱者に投資商材を買わせる。それが彼らです。それでみんなからお金を吸い上げようとしているのです。みなさんは注意してくださいね。

2019年05月06日

そろそろトリニティウォレットに入れてあるアイゼンコインが消滅しますよ。注意しておいた方がいいですね。

2019年05月05日

ビットクラブのセミナーに試しに行ってみたことがありました。本当に稼いでいるという人にご飯に言おうと言われたのですが、ただの定食屋で割り勘でした。

2019年05月04日

3つのと取引所に上場するみたいだけど、本当なんですか。アイゼンコインは結局なかなか上場できないと思いますよ。

2019年05月03日

アイゼンコインの価格はどうなっていくのかな。もう上がっていかないと思うよ。それに、もう少し経ったら運営陣も消えてしまうんじゃないでしょうか。

2019年05月03日

ここアイゼンコインの最新情報を出してくれていて本当に助かります。

2019年05月03日

アイゼンコインはもうオワコンだと思います。もう諦めた方がいいかもしれませんね。

2019年04月26日

これ以上アイゼンコインが拡大していくと仮想通貨=マルチっていう印象がついてしまうような気がして嫌だなって思いました。このままでは良いと思いません。上場しても購入しないでください。

意見を投稿しよう!

お名前:

^