プラストークンとは?詐欺や評判など最新情報を随時更新

プラストークンの最新情報

2019年3月14日│不自然な取引あり

プラストークンが上場しているPSEX取引所の取引状況を確認してみると、不自然になっているとTwitterで指摘されていました。

本当にプラストークンは取引されているのでしょうか。

プラストークンの価格は1PLUS=5.700円となっているようですが、この価格にすら怪しさを感じてしまいます。

2019年3月13日│時価総額0円

プラストークンの時価総額をイーサスキャンで確認してみると、時価総額が0円になっていました。

プラストークン時価総額0円

なぜイーサリアムベースの仮想通貨ならデータを確認できるイーサスキャンで、時価総額が確認できないのでしょうか。明らかにおかしいですよね。

2018年12月3日│配当状況を公開

プラストークンのウォレット月利10%の高配当をうたうアプリです。本当に配当がもらえているのでしょうか?

現時点では、月利10%近い配当が支払われていました。下記の画像では日利0.3%の配当があります。30日で複利計算すると、おおよそ月利10%となります。

プラストークンの配当

しかし、この配当を公開してくれている人は全員がアフィリエイターでした。プラストークンを紹介すると、紹介された人が得た収益の10%前後の報酬が得られます。

報酬を獲得する為に、良いとこ取りした実績だけを載せて集客が行いたいのでしょう。

2018年12月1日│11月は利益が半減

プラストークンで運用できるイーサリアムは11月に価格が50%まで大暴落しています。

この時、明らかにプラストークンで短期的に損した人は大勢いるはずなのに、誰も配当を公開していませんでした。

※単純計算でイーサリアムは1ヵ月で250万が120万に暴落。130万の損をしています。月利10%があっても、この損を取り返すのに10か月はかかるでしょう。

プラストークンを他人に紹介できれば報酬がもらえるので、マイナス要素となる情報は教えてくれないのは当然ですよね・・。

しかもプラストークンには不審な点が多々ありました。本当に問題のないアプリなのか検証し、記事にまとめてあります。

2018年11月10日│自転車操業の疑い

プラストークンの評判を調べてみると、「ポンジスキーム(自転車操業)」や「ハイプ」という現実には不可能な高収益の配当を出す商材であるとツイートされていました。

プラストークン

こちらのツイートでは、プラストークンが「ポンジスキーム(自転車操業)」という詐欺ではないかと言っています。

「ポンジスキーム(自転車操業)」とは、投資家からお金を預かり、その預かったお金を配当に回す仕組みです。新しい投資家を集めて、投資を続けないと必ず破綻します。

上記のツイート画像を確認すると、イーサリアムのアービトラージで11月4日は561ドル(約6万円)の利益にしかなっていません。これでは月利10%を達成するためには、ポンジスキームを活用する必要があります。

さらに、プラストークンを危険視する意見がありました。

プラストークン

Twitter上ではプラストークンが「飛ぶ(責任を取らないで逃げる)」のではないかと危険視されていました。現在は、仮想通貨の詐欺が多くあるので心配するのも無理がないでしょう。

2018年11月6日│裁判沙汰になるかも

プラストークンのアプリの使い方やアフィリエイトの方法を紹介している「プラストークン日本サポート」。下記の動画で登場している人物が運営者の當間健作です。

プラストークンの當間健作

當間健作の詐欺被害は「詐欺被害者報告and集団訴訟呼びかけ掲示板」というサイトで見つかりました。

こちらのサイトでは、様々な詐欺情報が書き込まれ、被害者同士で一緒に訴訟しようと呼びかけが行われています。

このまま被害者と當間健作の間で和解されなければ、裁判沙汰になる可能性があります。

プラストークン

実際に、上の画像のコメント以外にも「當間健作に約24万円の被害に遭いました」「無料というので申し込んだら結局59800円払わされた」という声が多数寄せられていました。

上記の画像にある「トレモア」という情報商材とは、ネットで見つかる無料のマルチ商法の手法をまとめた「トレモア大百科」という名前で、59800円で販売されています。

無料で手に入る情報を59800円で売られてたら、購入者からすると詐欺としか思えないですよね。

同じように、プラストークンも過大に月利を盛られているのではないかと危機感を覚えます。しかも月利100%は公式の情報ではなく、當間健作が勝手に言っている可能性があります。

なぜなら、プラストークンに日本の公式サイトはないので、根拠が何1つとしてないからです。


もはや當間健作からのプラストークンの情報には何1つとして信憑性がありません。そんなプラストークンを利用するよりも、身元がはっきりとしていて「稼げた」と口コミで評判になっているコインリーディングカンパニーを使ってみてはどうでしょうか?

実は、コインリーディングカンパニーでは、投資のプロが急騰する仮想通貨の情報を提供しています。実際に、ゼロエックスが202%増といった仮想通貨を情報を利用者たちは事前に知れていました。

今すぐにでも急騰情報を知りたい方は、コインリーディングカンパニーをご覧ください。

2018年11月3日│中国で詐欺だと評判

プラストークンが中国で詐欺であると評判になっていました。中国語のサイトをGoogle翻訳して確認してみると、下記の問題点が発覚しました。

問題点1:プラストークンはGoogleとSamsungが開発したと中国ではうたっているようですが、両社ともプラストークンについて何も言及していません。つまり集客の為に嘘を吐いたのでしょう。

問題点2:業界水準に達していないウォレット。基本的にネット上で仮想通貨を保管されていたら、どこからでもハッキングできます。プラストークンでは、アービトラージで常に仮想通貨を取引しているので、常にハッキングの危険性にさらされています。

その他にも、プラストークンについて様々な角度から検証されていました。下記が中国でプラストークンについて検証されているサイトです。

https://www.zhihu.com/question/280768435

2018年10月28日│運営会社の情報なし

プラストークンの運営会社の情報は、ほぼ公開されていません。そもそも公開する気もないようです。プラストークンの代理店の當間健作が明言していました。

plustoken

どこの誰が運営しているのかも分からないウォレットにお金を預けるのは怖いと思います。

ただでさえ日本で取引所大手だったザイフが60億円以上のハッキング被害で、事業から撤退しています。

ザイフは曲がりなりにも金融庁から取引所を運営して良いと許可を得ていましたが、プラストークンは第三者機関による監視は何もありません。せめて責任者が誰なのか教えて欲しいものですね。ハッキング被害に遭ったらどう責任を取ってくれるのでしょうか・・。

この手の責任者や会社名などを明かさない投資商材に潜むリスクとして、「投資金の持ち逃げ」が挙げられます。もしプラストークンが本気で夜逃げを企んだら、私たちには成すすべなくお金を奪われてしまうのです。

その言い訳として、プラストークン側の當間健作は「ハッカーに狙われる恐れ」があるので、会社詳細を公開していないと話しています。

ただインターネットに繋がっている時点で、会社詳細を公開しなくても、サーバーを特定できます。つまりハッキングを回避する手段としては無意味なのです。

つまり後ろめたい何かを隠しているのでしょう。そうでなければ、会社の詳細を隠す必要がありません。

2018年10月20日│アプリに問題

プラストークン

スマホにアプリをインストールして活用する際は、「Google Play」や「Apple Store」を使いますよね。それ以外からアプリをスマホに入れた経験がある人は極わずかしかいないと思います。

上記にアプリを登録すると運営側は莫大な手数料を取られてしまいますが、その分の集客力と信用度を勝ち取れます。普通に考えれば、十二分なメリットがあるはずです。

しかし、「Google Play」や「Apple Store」に登録せずにアプリをばら撒いているということは、アプリの申請に不備があった可能性があります。

もしくは問題を抱えたアプリなので、自力でアプリの周知を行っているのか、どちらかの可能性があると考えられます。

2018年10月19日│創業者は不誠実

プラストークン

プラストークンの創始者であるLeoさんがYouTubeでメッセージを投稿していました。彼は、パートナーである金鎮仁さんからプラストークンについての不実な噂が流れていると聞いたそうです。

しかし、彼は「説明する必要はない」と断じていました。プラストークンについての虚言を無視するようにして信じる方だけ応援してください、とあります。

・・正直、この動画を閲覧して唖然としました。プラストークンはアービトラージ自動化アプリです。

つまりプラストークンのアプリに私たちのお金を預けて投資を行うのですから、下手をしたら損失する可能性があります。プラストークン側には投資家たちの不安を解消できる情報を可能な限り公開しなければなりません。

プラストークン概要

プラストークンはMLM(マルチ商法)によって広まっています。

プラストークン調べると、3つの特徴があることが分かりました。

仮想通貨ウォレット
独自のトークンを発行
独自の取引所を運営

特にプラストークンのウォレットは、仮想通貨をウォレットに保管して置くだけで月利30%の配当があると言われています。

ウォレットに保管された仮想通貨で、プラストークンの運営側がアービトラージを行い、利益を出します。その利益が配当になるのです。

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2019年03月19日

プラストークンってマルチ商法なの?超胡散臭い仮想通貨ですね。

2019年03月18日

プラストークンは結局信者集めて金儲けしたいだけなので利用しない方が良いと思いますよ。

2019年03月15日

プラストークンもビットコインに便乗した中身の無い仮想通貨ですよ。

2019年03月08日

アービトラージ系は怪しいと思ってるから手を出さないようにしているよ。

2019年03月08日

プラストークンは管理がしっかりなされていないらしいから危険らしいですよ。

2019年03月07日

ポンジスキームなのか、本物なのか、今のところは確定的な証拠はないけど、怪しさ満点だよね。ちゃんとした投資してるなら、もっとちゃんと会社情報を公開してくれてもいいはずなのに。

2019年03月07日

プラストークンの信者多くない?特にTwitterは多い。一応は稼げているみたいだけど、それがいつまで続くことか。。。

2019年03月05日

プラストークンの評価を見ているとあんまり良さそうな仮想通貨ではなさそうですよね。

2019年03月05日

プラストークンはかなり怪しいですよね。自分の友達もやっているのですが、良く分かりませんでした。誰かに紹介すると報酬がもらえるそうですが、ねずみ講みたいで何だか嫌でした。本人は合法だと言っていましたが、本当かも分かりません。しかも会社の存在も明かされていないので、詐欺じゃないのかなと思っています。

2019年03月04日

プラストークンの顔認証を使ったことある人いる?よく使い方が分からん。

2019年03月01日

プラストークンに期待して気分高なってるような口コミを見ると、洗脳されててかわいそうだなって思う。

2019年03月01日

GoogleとかApple経由じゃないアプリをダウンロードするのは怖いですね。少し手間もかかりますし、セキュリティが大丈夫なのか不安になってきます。ただDMMのアプリはGoogleとかApple経由じゃなかったのは覚えてます。一概に危険とは言えないけど、信用できるアプリだとも思えません。

2019年03月01日

どうせお前もアフィ目的だろ?お前らが言ってることは何も信用できないよ。本当に儲かるんだったら、会社名だったり、代表だったりの情報を全部公開しろよ。色々と情報を隠しすぎ。そんな会社のどこを信用しろっていうんだよ。

2019年03月01日

プラストークンを使っています。確かに怪しいけど、ちゃんと配当は出ていますよ。本当に稼げるのに投資しないと勿体ないです。

2019年02月27日

プラストークンはさぁ明らかに怪しいと思ってたよ。マルチ商法っぽいなって。

2019年02月27日

自分はプラストークンに預けてます!
ただ預けるのではなく!そこからAIDOGに入れないと毎日プラスコインは入って来ません!プラスコインをETHに両替してビットバンクやフライヤーに送金すれば現金化出来ます。
もし危ないので有れば、自分はしてないし、貰えるだけ貰って辞めますよ

2019年02月26日

プラストークンはandroidじゃないと使えないのか。ちゃんと使えるようなアプリを開発すればいいのに。何でやらないんでようね。投資家保護を目的にするよりも、自分たちの労力を減らすことしか考えてないんだと思います。そんなんだから、ポンジスキームだって疑われるんだと思います。

2019年02月26日

プラストークンで顔承認を付けたから安心できるって言ってるけど、これとは別の話ですよね。そんなんでプラストークンの信用が担保される訳がない。もうこんなのは死滅する未来しか見えないですね。

2019年02月26日

私もプラストークンはただの博打だと思いますね。こんなのに投資する人はまともじゃないでしょうね。どれだけプラストークンが続くのか見物です。

2019年02月25日

プラストークンは前から評判悪かったですし、今頃騒がれても別にって感じです。

意見を投稿しよう!

お名前:

^