プラストークンに20万BTC超の詐欺被害が発覚!

plustoken

の最新情報

  • 2019年08月16日

    20万BTC超の詐欺被害が発覚

    プラストークンはユーザーが入金していた20万BTC(約2000億円)を勝手に売りさばいて、自分たちの懐に入れているようです。

    現在、騙し取られた仮想通貨の行方を追ってくれている企業があります。

    新しい進展がありましたら、今後も最新情報を随時更新していきます。

  • 2019年08月07日

    プラストークンの上場先の取引所

    プラストークンがABCexという取引所に7月3日に上場しているらしいです。

    しかし、実際に取引所のサイトを確認してみたところ、プラストークンのペアを確認することができませんでした。

  • 2019年07月26日

    新しい住所はバーチャルオフィスだった

    プラストークンが新しく登記した会社の住所はバーチャルオフィスだったようです。

    なぜバーチャルオフィスを利用したのでしょうか。

    おそらく運営は飛ぶつもりだから、
    簡単に解約できるようにして、架空の社長も用意したと予想されます。

    プラストークンが復活するかどうか待っているよりも、
    1ヵ月で資産が7倍になったと口コミで話題になっている「コインリーディングカンパニー」なら安心して稼げます。

  • 2019年07月25日

    社長は会社とは無関係の人物だった

    プラストークンは、登録住所をロンドンに変更しました。

    その住所に登録された会社の社長の名前を確認したところ、同姓同名の人物が複数の会社の社長になっていました。

    その社長は登記する為に名義貸しを行っている人物か、名義を悪用されている人物だと予想されます。

    なぜ会社とは無関係の人物を社長にしているのでしょうか。

    何か後ろめたいことがあるから、警察に捕まらない為に自分たちの身元がバレないようにしているとしか思えません。

  • 2019年07月23日

    また取引所PsExのアクセスダウン

    プラストークンの取引所PsExがまたアクセスできなくなりました。

    一度は復活してから、2日後にアクセスダウンしたことになります。

  • 2019年07月22日

    出金停止することを事前に知っていた人がいた

    プラストークンが出金停止になると、事前に知っていた人たちがいるようです。

    もし本当に知っていたのなら、告発してくれたら良かったですね。

  • 2019年07月17日

    プラストークン直営の取引所PstoExが復活

    プラストークン直営の取引所PstoExがアクセスできない状況から、やっと復活しました。

    次は、プラストークン本体が出金を再開させるかどうか気になりますね。

    このままずっと出金停止が続いてしまうもかもしれません。

    もし出金が復活したとしても、いつかは運営が飛ぶのは既定路線と言えるでしょう。

  • 2019年07月12日

    プラストークンで逮捕者が続出

    仮想通貨メディア「COINJINJA」にて、プラストークンの創設者が逮捕されただけではなく、MLMのトップも公安当局に引き渡されたと報じています。

    プラストークンの運営者が逮捕された

    この根拠となる情報は、odailyなどの中国現地メディアが配信していました。

    ※下記が「odaily」という中国メディア
    https://www.odaily.com/post/5138958

  • 2019年07月11日

    PstoExへのアクセスができない状況

    現在、PstoExへのアクセスができない状況が続いています。

    一説には、サーバーを移設中の為にアクセスできない状況に陥っている可能性があると言われています。

    今後もPstoExの動向が分かり次第、いち早く追記していきます。

  • 2019年07月10日

    わずか1日で100分の1以下に大暴落

    プラストークンの価格がわずか1日で100分の1以下に大暴落しました。

    しかもETBOXでは、プラストークンの価格操作の疑惑もあります。

    今後も目まぐるしく変化していく、プラストークンの状況を常に追っていきます。

  • 2019年07月09日

    出金できない状況が継続中

    現在、プラストークンから仮想通貨を出金できない状況が続いています。

    まだ運営からは、いつ出金が復活するのか発表されていません。

  • 2019年07月02日

    プラストークンの創設者が逮捕のニュース

    プラストークンの創設メンバー6名がバヌアツで逮捕されたとのニュースが報じられました。

    原文である英語版のニュースでは「プラストークン」という言葉は使われていないため、フェイクニュースの可能性が高いとされていますが、逮捕者プラストークン関係者名前は一致しているとのことです。

    もしニュースが本当であれば、現状プラストークンは運営者が6人も抜けてしまい、正常に運営ができていない状況かもしれません。

    しかも少し前から、プラストークンは出金できない状況が続いています。

    下手をしたら、このままずっと出金できない状況ままもあり得るでしょう。

    プラストークンのように出金できないリスクを負って投資したくないのであれば、「コインリーディングカンパニー」のように1ヵ月で資産を7倍に増やせたと口コミで話題になっている仮想通貨の情報配信サイトを使って見ると良いかもしれませんね。

  • 2019年06月13日

    プラストークンはマレーシア国際空港で決済できるようになった

    最近では、徐々にプラストークン決済できる場所が増えてきていますね。

  • 2019年06月06日

    東京都大田区のバーがプラストークン利用可能に

    東京都大田区にあるバーでプラストークンを使って決済できるようになりました。

    他にもプラストークンで決済できるお店はいくつもあり、徐々に増えてきているようですね。

  • 2019年05月13日

    「iPhoneでプラストークンが使えなくなる」はガセネタ

    プラストークンの情報配信されているテレグラムグループで、「iPhoneでプラストークンが使えなくなる」という間違った情報が出回っていました。

    この情報に信じて、androidの端末を購入した方もいるようです。

  • 2019年03月14日

    不自然な取引あり

    プラストークンが上場しているPSEX取引所の取引状況を確認してみると、不自然になっているとTwitterで指摘されていました。

    本当にプラストークンは取引されているのでしょうか。

    プラストークンの価格は1PLUS=5.700円となっているようですが、この価格にすら怪しさを感じてしまいます。

  • 2019年03月13日

    時価総額0円

    プラストークンの時価総額をイーサスキャンで確認してみると、時価総額が0円になっていました。

    プラストークン時価総額0円

    なぜイーサリアムベースの仮想通貨ならデータを確認できるイーサスキャンで、時価総額が確認できないのでしょうか。明らかにおかしいですよね。

    このようにプラストークンには不審な点が多々あります。

    さらにプラストークンの運営会社の情報は伏せられており、前触れもなく飛んでもお金を取り返すことができません。

  • 2018年12月03日

    配当状況を公開

    プラストークンのウォレット月利10%の高配当をうたうアプリです。本当に配当がもらえているのでしょうか?

    現時点では、月利10%近い配当が支払われていました。下記の画像では日利0.3%の配当があります。30日で複利計算すると、おおよそ月利10%となります。

    プラストークンの配当

    しかし、この配当を公開してくれている人は全員がアフィリエイターでした。プラストークンを紹介すると、紹介された人が得た収益の10%前後の報酬が得られます。

    報酬を獲得する為に、良いとこ取りした実績だけを載せて集客が行いたいのでしょう。

  • 2018年12月01日

    11月は利益が半減

    プラストークンで運用できるイーサリアムは11月に価格が50%まで大暴落しています。

    この時、明らかにプラストークンで短期的に損した人は大勢いるはずなのに、誰も配当を公開していませんでした。

    ※単純計算でイーサリアムは1ヵ月で250万が120万に暴落。130万の損をしています。月利10%があっても、この損を取り返すのに10か月はかかるでしょう。

    プラストークンを他人に紹介できれば報酬がもらえるので、マイナス要素となる情報は教えてくれないのは当然ですよね・・。

    しかもプラストークンには不審な点が多々ありました。本当に問題のないアプリなのか検証し、記事にまとめてあります。

  • 2018年11月10日

    自転車操業の疑い

    プラストークンの評判を調べてみると、「ポンジスキーム(自転車操業)」や「ハイプ」という現実には不可能な高収益の配当を出す商材であるとツイートされていました。

    プラストークン

    こちらのツイートでは、プラストークンが「ポンジスキーム(自転車操業)」という詐欺ではないかと言っています。

    「ポンジスキーム(自転車操業)」とは、投資家からお金を預かり、その預かったお金を配当に回す仕組みです。新しい投資家を集めて、投資を続けないと必ず破綻します。

    上記のツイート画像を確認すると、イーサリアムのアービトラージで11月4日は561ドル(約6万円)の利益にしかなっていません。これでは月利10%を達成するためには、ポンジスキームを活用する必要があります。

    さらに、プラストークンを危険視する意見がありました。

    プラストークン

    Twitter上ではプラストークンが「飛ぶ(責任を取らないで逃げる)」のではないかと危険視されていました。現在は、仮想通貨の詐欺が多くあるので心配するのも無理がないでしょう。

  • 2018年11月06日

    裁判沙汰になるかも

    プラストークンのアプリの使い方やアフィリエイトの方法を紹介している「プラストークン日本サポート」。下記の動画で登場している人物が運営者の當間健作です。

    プラストークンの當間健作

    當間健作の詐欺被害は「詐欺被害者報告and集団訴訟呼びかけ掲示板」というサイトで見つかりました。

    こちらのサイトでは、様々な詐欺情報が書き込まれ、被害者同士で一緒に訴訟しようと呼びかけが行われています。

    このまま被害者と當間健作の間で和解されなければ、裁判沙汰になる可能性があります。

    プラストークン

    実際に、上の画像のコメント以外にも「當間健作に約24万円の被害に遭いました」「無料というので申し込んだら結局59800円払わされた」という声が多数寄せられていました。

    上記の画像にある「トレモア」という情報商材とは、ネットで見つかる無料のマルチ商法の手法をまとめた「トレモア大百科」という名前で、59800円で販売されています。

    無料で手に入る情報を59800円で売られてたら、購入者からすると詐欺としか思えないですよね。

    同じように、プラストークンも過大に月利を盛られているのではないかと危機感を覚えます。しかも月利100%は公式の情報ではなく、當間健作が勝手に言っている可能性があります。

    なぜなら、プラストークンに日本の公式サイトはないので、根拠が何1つとしてないからです。

  • 2018年11月03日

    中国で詐欺だと評判

    プラストークンが中国で詐欺であると評判になっていました。中国語のサイトをGoogle翻訳して確認してみると、下記の問題点が発覚しました。

    問題点1:プラストークンはGoogleとSamsungが開発したと中国ではうたっているようですが、両社ともプラストークンについて何も言及していません。つまり集客の為に嘘を吐いたのでしょう。

    問題点2:業界水準に達していないウォレット。基本的にネット上で仮想通貨を保管されていたら、どこからでもハッキングできます。プラストークンでは、アービトラージで常に仮想通貨を取引しているので、常にハッキングの危険性にさらされています。

    その他にも、プラストークンについて様々な角度から検証されていました。下記が中国でプラストークンについて検証されているサイトです。

    https://www.zhihu.com/question/280768435

  • 2018年10月28日

    運営会社の情報なし

    プラストークン(plus token)の運営会社の情報は、ほぼ公開されていません。そもそも公開する気もないようです。プラストークン(plus token)の代理店の當間健作が明言していました。

    plustoken

    どこの誰が運営しているのかも分からないウォレットにお金を預けるのは怖いと思います。

    ただでさえ日本で取引所大手だったザイフが60億円以上のハッキング被害で、事業から撤退しています。

    ザイフは曲がりなりにも金融庁から取引所を運営して良いと許可を得ていましたが、プラストークン(plus token)は第三者機関による監視は何もありません。

    せめて責任者が誰なのか教えて欲しいものですね。ハッキング被害に遭ったらどう責任を取ってくれるのでしょうか・・。

    この手の責任者や会社名などを明かさない投資商材に潜むリスクとして、「投資金の持ち逃げ」が挙げられます。

    もしプラストークン(plus token)が本気で夜逃げを企んだら、私たちには成すすべなくお金を奪われてしまうのです。

    その言い訳として、プラストークン(plus token)側の當間健作は「ハッカーに狙われる恐れ」があるので、会社詳細を公開していないと話しています。

    ただインターネットに繋がっている時点で、会社詳細を公開しなくても、サーバーを特定できます。

    つまりハッキングを回避する手段としては無意味なのです。

    つまり後ろめたい何かを隠しているのでしょう。そうでなければ、会社の詳細を隠す必要がありません。

プラストークンとは

プラストークンはMLM(マルチ商法)によって広まっています。

プラストークン調べると、3つの特徴があることが分かりました。

仮想通貨ウォレット
独自のトークンを発行
独自の取引所を運営

特にプラストークンのウォレットは、仮想通貨をウォレットに保管して置くだけで月利30%の配当があると言われています。

ウォレットに保管された仮想通貨で、プラストークンの運営側がアービトラージを行い、利益を出します。その利益が配当になるのです。

の基本情報

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2019年07月12日

プラストークンの出金停止はデマだと言っている方もいるのですが、残念ながらまったく出金できないのが現状です。せっかく今年2月で買えたビットコインが3倍以上になってるのに引き出せないのは最低最悪です。ビットコインだけでも早く返してください。

2019年07月12日

いい加減にして欲しい。プラストークンは飛んだ前提の口コミ多すぎ。運営側からの連絡もちゃんと来てるし、明日にはメンテナンスも終了して普通に入出金出来るようになる予定なのにFUDを拡散してるのは他のウォレットの代理店だろ。

2019年07月11日

プラストークン本体からも7/5のプラストークンジャパンのカンファレンスまでには正常に戻すというコメントが出てるので、今はそれを信じるしかない。メンテナンスで出金できないのが分かって出金手続きすると余計混乱するから控えるべき。

2019年07月11日

7/1の配当は出てるけどそれ以降の配当が出ていない。7/1の配当が出てるといってもウォレットには反映していない。出金もできない状態が続いていて飛んだといわれても仕方ない状態。

2019年07月11日

他のウォレットも連鎖するね

2019年07月10日

完全に終わりましたね。

2019年07月10日

2000BTCの流出がなくても、ハッキングされるような甘いセキュリティのホットウォレットに資金が入ってるのは間違いないんだから、プラストークンがやばいことには変わりがないだろ。むしろ本当に逮捕されろ。

2019年07月10日

pstoexも、etboxも運営の操作取引所であって一般人の売り買いは出来なかったんだが。
に、してもだ。
今のetboxはどうだ?
1plusが1ドルだと?

ちゃんと操作しろ!笑

2019年07月09日

7/9の夕刻あたりから、スマホではPsEx取引所のサイト(pstoex.com)には繋がらなくなっているようです。
果たしてこれはいったいどういうことなのか・・・オラ、ワクワクしてきたぞ!

2019年07月09日

目を覚ますよい機会だねww

2019年07月09日

諦めるんだよ。 もう無理だ、

頑張って仕事しましょう!😃

2019年07月09日

FUDが拡散しすぎでプラストークンが飛んだことになってるけど、中国の6番目創世様からの情報だと現在メンテナンス中だけど3日で終わるって言ってる。ハッキングされたとかも嘘。大体2000BTCの盗難ならNHKニュースレベルの大事件だろ?

2019年07月09日

プラストークン飛んでないよ、ハッキングも攻撃を受けたというだけで被害はなかったみたいだ。ただ安全のために一時的に出金を停止してるだけで、2日には出金できる用意なるという情報もある。公式以外の情報に惑わされないで。

2019年07月08日

プラストークンの2000BTC問題、公式はハッキング攻撃されたけどビットコインはとられていないと言ってるみたい。でも、入出金止めてメンテナンスするという事はセキュリティに穴があったという事だよね。

2019年07月08日

既に元本回収は完了していて、今は利子が利子を生んでいる状態。複利で増やした方いいのは分かってるけど、こまめに出勤して利確している。元本確保できてるから今ウォレットになる分は無くなっても惜しくないからね。紹介は色々縛りがめんどくさいからやってないです。

2019年07月08日

プラストークンのテレグラムに本番ではそろそろみんな撤退を始めてるよ、いくら何でもこんなビジネスモデル(会えとポンジスキームとは言わない)長続きするわけないよね。自社取引所への上場からETBOXへの上場は必要なかった気がする。社会的信用がそれで増すわけでもないしリスクが増しただけだよね。

2019年07月07日

7日に出金停止が解除になる、とかいう不確定な情報が出回っているようですが、結局のところどうなったんでしょうねえ?
経験則から言わせていただくと、外国人は納期を守ろうという意識は低いですよ。それこそ日本人とあとはドイツ人くらいのものか。
話半分で聞いてるくらいで丁度いい気がする。

2019年07月07日

「○○日までに出金停止が解除になる(らしい)」 とか、鼻ほじりながら話半分で聴いてないといかんよ。
はっきり言っとく。
期日や納期をきちんと守るのは日本人とあとドイツ人くらいのもんだ。
経験則だが、ほとんどの外国人は納期とか屁とも思ってないよ。

2019年07月06日

やってる人が詐欺だと騒ぐのは良しとしよう。やってないやつが詐欺だと騒ぎ続けてるのは、暇なんだなw

2019年07月05日

プラストークンが出金できなくなったけど、テレグラムはそれほど荒れていない。すぐに7日に出金再開という連絡が出たからだ。1週間の出勤停止は許容範囲だと思う。銀行じゃないんだから。2000BTCハッキングはショッキングだけどもっと資金が集まってるからもんだいないでしょ。

意見を投稿しよう!

お名前:

^