仮想通貨TENSETに稼げるチャンスがあるワケ-将来性と今後の価格予想

10set

仮想通貨TENSET(10SET/テンセット)は初めて取引所に上場して数日で10倍以上に急騰しました。

プレセールでTENSETを購入した投資家は全員が大きな利益を得ています

今後はバイナンスなどの大手取引所に上場できると再び急騰するでしょう。

しかも長期的に価値が上がる仕組みがあり、稼ぎやすい環境があります。

なぜTENSET(10SET)は稼げるチャンスの宝庫なのか、将来性や今後の高騰タイミングを深掘りします。

仮想通貨TENSET(10SET)とは

TENSET(10SET)は株式投資と仮想通貨を繋ぐプロジェクトです。

分かりやすく言うと、将来的にTENSETを保有しているだけで世界中の上場企業に投資できるような未来を目指しています。

▼株式投資へのハードルを下げる
TENSET(10SET)はETF(上場投資信託)の仕組みを使って株を運用する仕組みです。

tensetの仕組み

そもそもETFとは複数の株を自動で運用してくれるサービスで、1つのETFを買うとAmazonやTOYOTAなどの株を1度にまとめて買えます。

それがTENSETを持っているだけで可能になれば、株式投資へのハードルが一段と下がりますね。

現在東南アジアやアフリカ諸国では銀行口座すら持てない人が多く、もちろん株式投資はできません。

仮想通貨ならWiFiが繋がる環境とスマホ、メールアドレスがあればアカウントは作れます。

TENSETが株式投資の窓口になることで、発展途上国のユーザーが世界中の企業に投資できるようになるでしょう。

このようにTENSETは計り知れない可能性を秘めているのです。

▼Gemローンチプラットフォーム
TENSETにはTENSET社が将来性を見出したプロジェクトをリリースする「Gemローンチプラットフォーム」と言われる仕組みがあります。

TENSET保有者は条件をクリアすれば、優先的にGemの購入権を獲得できるメリットがあります。

簡単にいえばIEOやICOのような仕組みで、取引所上場前に安い価格でGemプロジェクトの仮想通貨を購入できるのです。

Gemローンチプラットフォームは過去に二度実施され、どちらのGemプロジェクトも販売価格から数倍に上昇しています。

Kanga Exchange Token(KNG)に関しては販売価格から3倍以上になっています。

直近では第4弾のGEMローンチとして、青汁王子も大注目の「FAME」が予定されています。

FAMEはヨーロッパ最大の見世物格闘技連盟であるFAME MMAにより発行される仮想通貨とのことです。

▼プロジェクトのエアドロップに参加できる
TENSETのinfinity(インフィニティ)という仕組みでは、10SETをロックすることでプロジェクトのエアドロップを受けられる特典があります。

嚙み砕いて言うと、10SETを預けておけば、無料で仮想通貨がもらえる仕組みです。

2021年12月現在、20種類以上のプロジェクトでエアドロップの参加が可能になっています。

10SETのロック期間は6、9、12、24か月の中から選択でき、長期間ロックするほどエアドロップされる量が増えます。

tensetのインフィニティ

TENSETを長期保有するのであれば、エアドロップに参加してみてもいいのかもしれませんね。

TENSETの将来が明るいワケ

TENSET(10SET)は将来性が高く、今後高騰に期待できるアルトコインの1つです。

その理由は次の3つ。

▼取引されるほど流通が減る仕組み
TENSET(10SET)の取引では2%の手数料が取られ、その内の1%が消滅(バーン)し、残り1%が保有者への配当になります。

つまり、取引される度に流通枚数が減り希少性が増すことで、10SETの価格が上がりやすい仕組みです。

10SETの仕組み

これがTENSET(10SET)がデフレトークンと言われる所以です。

ちなみに10SETの総発行枚数は2億1千万枚ですが、最終的に210万枚になるまで減り続けます。

流通枚数が100分の1になるので、単純に考えると価格が100倍になるポテンシャルがあるのです。

しかもTENSETはステーキング可能で、ウォレットで保有しているだけで配当がもらえます。

TENSETの保有者には配当が全員に均等に配られる仕組みになっています。

▼運営による買い戻しシステム
TENSET(10SET)の運営は四半期ごとの年4回10SETの買い戻しを行うと公表しています。

買い戻された10SETは消滅(バーン)し、さらに希少性が増すのです。

2021年6月現在、すでに600万枚以上の10SETが消滅しています。

買い戻しに使用される資金は、TENSETが投資ファンドなどで運用し調達するようです。

▼メタバース関連に注力している
TENSETがGemローンチプラットフォームでリリースしている「Metahero」「Everdome」はメタバース関連のプロジェクトです。

メタバースといえば、2021年急激に知名度を上げたジャンル。

メタバースはインターネット上の仮想空間のことで、アバターを作成しメタバース内で他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、ゲームをして楽しむことができます。

Facebookをはじめ、マイクロソフトやディズニーなど大企業がメタバース事業への参入を発表したことで、一気に話題となりました。

TENSETはそんなメタバース関連のプロジェクトをリリースしていることもあり、注目されています。

中でもEverdomeというプロジェクトは、青汁王子こと三崎優太氏が「2022年、エバードームは最も熱いメタバース暗号通貨になると確信してる。」と発言。


Twitterより引用

メタバース自体に注目が集まっている今、メタバースプロジェクトをリリースしているTENSETにも注目が集まる可能性は高いです。

▼Market Making Proがダイヤモンドスポンサー
TENSETはマーケットメイクを行うプロジェクト「Market Making Pro」と提携しています。

マーケットメイクとは、簡単に言えば取引を成立させるための手助けを行うシステムのようなものです。

Market Making Proは大手仮想通貨取引所のバイナンスなどとも提携を結んでいます。

独自通貨のMMPROも高騰していることから、TENSETは注目度の高いプロジェクトをスポンサーに付けたことになりますね。

mmproのチャート画像

次に具体的にどのようなタイミングでTENSETの高騰に期待できるのかを見ていきましょう。

TENSET(10SET)の高騰タイミング

TENSET(10SET)の高騰に直結するような出来事は主に次の3つです。

▼大手取引所に上場
今までマイナーだった仮想通貨が大手取引所に上場すると大幅に価格上昇していくケースが多々あります。

例えば、海外取引所の最大手バイナンスに上場できたらTENSETは急騰する可能性が高いです。

そもそもバイナンスは世界一の取引量があるので、その一部の資金が流入するだけで爆上げします。

また、TENSETはバイナンスの他、OKEX、コインベースといった海外取引所に上場する可能性があります。

2021年12月現在、大手取引所上場に必須ともいえるcertikの監査を全てクリア。


CERTIKより引用

特にバイナンスに上場できると怪しいという前評判を払拭でき、大きく注目されるでしょうね。

▼プロジェクトの進展
TENSETは株式市場と仮想通貨市場の架け橋となることを目的としていますが、現在はまだTENSETを通してETFに投資することはできません

まだ未完成のプロジェクトなので、プロジェクトに進展が見られたタイミングで高騰に期待できると思われます。

▼Gemプロジェクトのリリース
TENSETのGemローンチプロジェクトが、投資家からの注目を集めるものであるほど、TENSETの価格高騰に直結する可能性が高いです。

実際メタバース関連のエバードームが発表されたタイミングでTENSETは約2倍に高騰しています。

tensetのチャート画像

Gemローンチプラットプロジェクトの発表はTwitterで行われるので、アカウントをフォローしておくと最新情報をつかめるでしょう。

>>TENSETの公式ツイッター

もちろん基軸通貨ビットコインの価格変動に大きく左右されるため、仮想通貨全体の価格に影響するようなニュースもチェックしておいた方が良さそうです。

ただ、流れの早い仮想通貨界においては、最新情報をチェックするのも一苦労ですよね。

最近では価格に影響を与えるニュースを含めたデータ分析を行い、ハイリターン期待の通貨を抽出する「最新AI搭載のサービス」も誕生し、人気を集めているようです。

TENSET(10SET)の価格予想&チャート分析

TENSETのチャート分析をもとに、TENSETがいつ爆上げするのかどうか探っていきます。

tensetのチャート画像

TENSETは現在上昇平行チャネルを推移していますが、2021年6月の高値4.7ドルが抵抗線となっています。

直近の目標は4.7ドルの抵抗線を抜けられるかどうかになりそうですね。

この抵抗線を上抜けすれば、さらに高騰する可能性もあると考えられます。

また、海外ではTENSETの価格予想を行っているサイトもあるので、紹介しておきます。

サイト名 2022年 2023年 3024年
priceprediction 4.82ドル 7.14ドル 9.79ドル
coinarbitragebot 3.8ドル 7.4ドル 12ドル

予測する価格に違いはあれど、どちらも2024年にかけてTENSETが高騰すると予測しています。

2022年4月現在4ドルを推移しているため、2年後には3倍になるという予測

ただ、仮想通貨は1か月足らずで5倍以上に高騰するアルトコインもあるため、物足りなさを感じる方もいると思います。

そんな方は短期急騰期待のアルトコイン情報を配信する「クリプトマスター」が参考になるかもしれません。

直近では1か月で20倍達成したSTEPN(GMT)を事前配信していたとして、利用者の間で話題になっているようです。

TENSET(10SET)が買える取引所

2021年12月現在、TENSETが上場している取引所は6か所のみ。

・Uniswap
・Gate.io
・Decoin
・LBank
・BitMart
・ZT

uniswapは最も取引高が多い分散型取引所(DEX)として有名です。

2021年12月現在TENSETが最も取引されている取引所はGate.io。

スムーズに取引をするためにも、Gate.ioでの購入がおすすめです。

次にGate.ioとuniswapでの購入方法を紹介します。

TENSET(10SET)の買い方

TENSET(10SET)は中央集権取引所と分散型取引所(DEX)どちらでも購入可能です。

ただ、uniswapはガス代(手数料)が高騰しているので、中央集権取引所での購入がおすすめです。

▼Gate.ioでの買い方
まずgate.ioの公式サイトへアクセスし、登録を行います。

右上の登録をクリック。

gate.ioの登録方法

国/地域でjapanを選択し、任意のユーザー名と利用できるメールアドレスを入力しましょう。

続いて任意のパスワードを条件に沿って設定します(最低8文字、数字以外も使用、特殊文字も使用)。

利用規約に同意し次へをクリックすると、出金時に入力するパスワードの設定を求められます。

登録が終わったらセキュリティ設定と二段階認証も行っておきましょう。

 
次にメニューから「取引」→「現物取引」と進み、検索窓に「10SET」と入力します。

gate.ioではUSDT建てで取引できるので、あらかじめUSDTの用意が必要です。

※Flash Swapという機能で簡単に両替でき、入金はUSDTでなくとも問題ありません

取引画面へ移ったら、10SETがいくらの時に購入したいのか、いくら分購入したいのか入力し注文を出しましょう。

gate.ioの注文方法

注文が約定すれば購入完了です。

▼Uniswapでの買い方
uniswapで10SETを購入する場合、あらかじめメタマスクなどuniswapに接続できるウォレットが必要です。

メタマスクを作成していない方は、スマホ版メタマスクの使い方を参考にしてみてください。

uniswapにアクセスしたら右上の「ウォレットに接続」を選択し、メタマスクを接続します。

メタマスクを接続したらメニューから「スワップ」を選択しましょう。

スワップで仮想通貨を交換することで、10SETを手に入れられます。

スワップ先の「トークン選択」から「10SET」と入力しインポートを行います。

uniswapで10SETを購入する方法

後は購入したい数量を入力し、スワップすれば購入完了です。

>>ユニスワップの使い方を基本から応用まで解説

TENSET(10SET)は将来性に期待の仮想通貨

TENSET(10SET)は取引所に初上場してからまだ1年も経過していません。

そして、株式市場と仮想通貨市場を繋ぐという全く新しい分野のプロジェクトとして注目が集まっています。

TENSET(10SET)は取引されるほど希少性が増し、価格が上がりやすい仕組みです。

バイナンスなど大手取引所への上場の可能性も高いと思われるので、今後も注目したい仮想通貨でしょう。

とはいえ「何か月も待てない」という方は、最新AIが今ハイリターンが狙える通貨を抽出する「FXAIパートナーズ」が参考になるかもしれません。

TENSET(10SET)の基本情報

名称 TENSET(10SET)
人気度
時価総額 2500位
取引所 TENSET(10SET) Uniswap
発行日 2021年03月31日
発行元 Tenset.io

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

Tensetのバイバック、バーンはじわじわ効いてくるわけですから、ただでさえGemが次々発表されて注目とともに評価が上がるTensetの価値が更に上がっていくわけですよ。長期的に持っていることが前提にはなりますけどね。

10SETに期待している人が多いのを今回の粘りに感じてました、全然値段が落ちないんですよ笑 安心しているからこそ、少し買い増し出来なくてがっかりです。贅沢な悩みですかね。

10SETの次のGemは先月「半年以内」って言われてたんだっけ?毎日新しい情報が尽きなくて朝起きたら通知すごいってことが多くてびっくりするよ。持ってて良かったなあとこんなに頻繁に思わされるとは。

100TENSET買い増ししました。
後は祈るだけです。笑

仮想通貨全体悲壮感MAXだけど、TGLPプレセで購入出来たGem通貨は含み益のまま。Tensetのすごさに気付けてTGLPロックしている1万アカウントは勝ち組だね。Tensetガチホが一番間違いないでしょ。

下がったら買おうと思ってたのにいざtensetが下がると買うのためらってる(笑)
中長期で見たら買い時なのは間違いないんだけどなぁ

下がるなら買い増ししたかったんですけどね、なかなか下がらなくて逆に10SETへの期待が強まったので良しとすることにします笑。こういう下げ相場で下落しない動きを見て、少しずつ10SETの価値が周知されていくのかもしれません。

Tenset最初は詐欺色濃厚のコインだと思ったんだけどなあ。今や世界中で認められ、プレセールには注目が集まるすごい銘柄。本当に実力のある人は2ndGEMくらいから入った人じゃないかなと思うよ。自分は入らずに後悔しています、、、。

tensetあまり元気ないから青汁王子に元気づけてもらいたい

下がると思ったので、20000TENSETを500円時に利確。そろそろTENSET買い戻そうか、FAMEに突っ込むべきなのか…。TGLPは3枠あるからとはいえ…だだ下がり相場の中迷い中です。

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません