仮想通貨テザー(USDT)がお得な取引所や評判を紹介


儲かる仮想通貨を探そうと、たくさんのアルトコイン(草コイン)を探しているとしたら、仮想通貨テザーは大きく儲けるのに不向きです。

2017年にビットコインが17倍、イーサリアムが83倍となっていますが、テザーは100円前後でずっと推移しています。

主要な仮想通貨は激しい値動きをしていますが、テザーは人工的に調節されているように、同じような価格で推移しています。

なぜなら、テザーはアメリカドルと同価値になるように調節されているんです!

テザーが購入されると、購入した金額がそのまま価値の裏付けとなります。そうなると、価格は1 USDT(テザーの通貨コード)=1ドルで推移します。テザーは無限に通貨を発行しているので、いつまでも1USDT=1ドルのままです。

テザーにも価格変動はありますが、円とドルの為替変動ほどの小さな値動きはあります。

ドルと同じ価値を持つテザーには何の意味があるのか、なぜ必要とされているのか、どう儲けたらいいのか、忙しいあなたに代わって紹介します。

テザーが一番お得な取引所

テザーは国内の取引所では取り扱われておらず、海外取引所のHitBTCやポロニエックス(Poloniex)が取り扱っています。

アメリカの取引所HitBTCは、テザーの取引手数料が0.1%と格安です。

後で説明しますが、他の仮想通貨と違って、価格があまり変動しません。小さな価格差を利用して、何度も取引することで儲けられます。そうなると、取引手数料が高いと、それだけ利益が減ってしまいますよね。

ゆえに、手数料が安いHitBTCが儲けやすいです。

■海外取引所を利用する際の注意点

海外取引所ですから、もちろん日本語サポートがありません。Google翻訳機能で取引所を日本語で活用できる取引所もありますが、HitBTCはGoogle翻訳に対応しています。

ただし日本語で取引所を利用できるといっても、日本語でのお問い合わせ等はありません。何かしらの問題が発生した場合、きちんとした対応は期待できないです。

このようなリスクを許容できるのなら、海外取引所を利用してみましょう。

値動きに影響するニュース3選

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

どんなニュースが価格に影響を与えるのか、3つの視点からニュースに注目すると、資産を増やすチャンスが増えるかもしれません。

■テザーは詐欺通貨もしれない疑惑がある

仮想通貨テザーは、アメリカドルに連動にして価格が変動するデジタル通貨です。テザーを発行するテザー社がテザーとドルを交換することによって、ドルと価格を同じレートに調節しています。

そのテザーの価格を調節するためのドルを実際は持っていないという疑惑があります。世間からは第三者機関からの調査をするように要請されていますが、調査は行って発表までを行っていません。

今後、テザー社に第三者機関が入るとしたら、大きな価格変動があるかもしれません。テザー投資を行うのであれば、注意して動向を見ておきましょう。

■中国がテザーを規制するかも

あとで説明しますが、テザーはその性質上、ドルの価格と連動しています。主要な仮想通貨と違って価格変動が小さいため、中国でテザーを購入してから、ドルに換金する方法が取れられています。

中国では外貨に換金する規制がありますが、テザーを利用すれば、抜け穴となります。

中国が海外送金の抜け穴を封じる規制を行った場合、テザーにも影響が出るかもしれません。


テザーのチャートを確認すると、安定的に価格が推移していますが、一時的に急騰するタイミングがあります。この直前に投資していれば、と後悔した経験がある人がいるかもしれません。

実は、その急騰前の情報を仕入れできる情報配信サービス「日本仮想通貨オンライン」があります。実際に、価格が急騰した通貨情報を次々に配信していました。

直近では、10月28日までに3倍になった「IOTX」にユーザーが投資しています。この他にも日本仮想通貨オンラインには数々の実績が反響を呼び、口コミで3万人以上の会員が集まっています。

彼らが実際にどのように資産を増やしたのか知りたい方は、日本仮想通貨オンラインの口コミをご覧ください。

テザーの詐欺疑惑

テザーは、1テザー=1ドルの価格になるように、価格が調節されています。

ユーザーはテザー社が保有する銀行口座に法定通貨(USD等)を入金すると、その額に応じたテザーが発行されます。逆に、ユーザーがテザー社の銀行口座から法定通貨を引き出すと、その分のテザーはなくなります。

そして、テザーを取り扱う海外取引所ビットフィネックス(Bitfinex)がテザー社にドルを渡さないで仮想通貨テザーを譲渡したかもしれない問題が発生しています。

ビットフィネックス(Bitfinex)がドルを支払っていなければ、テザーの価格安定性が覆される可能性があります。

これは疑惑であり、実際にどうなのか判明していません。残念ながら、テザー社はこの疑惑を解消するための努力を積極的に行っていません。この疑惑が影響され、主要銀行との取引が打ち切られ、アメリカ商品先元取引委員会から調査が入ろうとしています。

2018年1月には監査法人との契約を打ち切り、自ら客観的に疑惑を晴らす方法を諦めました。

テザー(USTD)の基本情報

名称テザー(USTD)
人気度
時価総額12位
取引所 HitBTC クリプトピア
発行元不明

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年07月06日

テザーって本当に為替レートのままでした。

海外取引でしか取引できなかったら使いづらかったし、あんまり売買が決まらなかったら、
もう取引して儲けるのはやめました。でも、多少は儲けられました!

意見を投稿しよう!

お名前:

^