クロスエクスチェンジの勧誘者に訴訟問題!

クロスエクスチェンジ

クロスエクスチェンジの最新情報

  • 2019年09月27日

    勧誘者に訴訟!

    人を騙してクロスエクスチェンジを紹介していた人がいるようです。

    今後、その人は訴訟を起こされるとのこと。

    皆様の悪質な勧誘にはご注意ください。

  • 2019年09月10日

    新しいプランを発表

    クロスエクスチェンジが新しい収益分配プランを発表しました。

    新しいプラン

    上記のプレミアム∞では、XEXの即時バーンされ、配当率85%となっています。

    さらに、申し込んだXEXの40%も配当としてもらえます。

  • 2019年09月03日

    昨日6000万XEXを焼却(バーン)

    日本時間の9月2日17時にクロスエクスチェンジの59,418,837.48 XEXが焼却(バーン)されました。

    ただ、XEXの焼却(バーン)が行われることによって希少性が上がり、価格上昇が見込まれていたのですが、結果的に価格は1日で30%減でした。

    また、仮想通貨で一気に稼ぎたいのであれば、7月に資産を15倍に増やせた口コミで話題になっている「仮想通貨リサーチ」の利用をおススメしています。

  • 2019年08月26日

    XEXが2倍以上に急騰中!

    XEXの価格が2倍以上に急騰し、今も上がり続けています。

    このままずっと上がり続けて欲しいものですね。

  • 2019年08月08日

    XEXがGOXする可能性あり

    先日から開始されたデモトレードでは、少し手順を間違えると自分のXEXがなくなってしまう危険性があります。

    実際にXEXをデモトレードで使うデモコインと交換してしまうと、返金されないようです。

    下手にXEXを使ってしまうと損する可能性があるので注意してください。

  • 2019年06月06日

    クロスエクスチェンジはキャンペーンを実施中

    クロスエクスチェンジでは、2019年6月1日〜2019年7月1日にかけて「サマーギフトボックスキャンペーン」を実施しています。

    クロスエクスチェンジのキャンペーン

    このキャンペーンではクロスエクスチェンジで取引マイニングを行っているユーザーが対象です。

  • 2019年05月17日

    クロスエクスチェンジがアゼルバイジャンのイベントに参加

    クロスエクスチェンジの創業者がアゼルバイジャンのイベントに参加したようです。

    こちらのイベントに参加した企業は「マイクロソフト」や「マスターカード」、「IBM」たちがいたとのことです。

  • 2019年05月09日

    Merci CoinはIEO割れするか?

    クロスエクスチェンジにてIEOが行われ、2019年5月6日(月)に上場したMerci Coin。

    今のところIEO割れは起こしていない模様です。

    今後、Merci CoinはIEO時の価格よりも上がるのか、下がってしまうのか、随時追っていきます。

  • 2019年04月25日

    XEXが3ヵ月に一度バーンされる

    クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)が独自に発行するトークン「XEX」は、3ヵ月に1度バーン(償却)されると公式発表がありました↓↓

    XEXは3ヵ月ごとにバーンされる

    XEXがバーン(償却)されることによって、XEXの発行量が減ることで価値が上がると考えられています。

    つまりXEXの価格が上がる可能性があります。

クロスエクスチェンジとは

クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)は、ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨を取り扱っている取引所です。

ただし普通の取引所とは異なる点として、独自開発したXEXトークンを発行していることが挙げられます。

調べていく内に、クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)に気になる点がいくつも見つかりました。

クロスエクスチェンジのデメリットとは

クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)では普通の取引所の機能の他に、「取引マイニング」と「収益分配プラン」があります。

まず「取引マイニング」では、取引所に2種類以上の仮想通貨を預ける必要があります。そして、預けた仮想通貨に応じてXEXトークンが配られます。

しかし、クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)の「取引マイニング」では、30日から90日の間のロック期間があり、その間は預けた仮想通貨と配当で得たXEXトークンを売却できません。

「取引マイニング」で注意すべき点は、ロック期間中に価格が下落する可能性があることです。ロック期間中は価格が下がらないことを祈って待つしかありません。

このロック期間がクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)のデメリットとなります。

同様に、「収益分配プラン」では、XEXトークンを取引所に30日から90日の間に預けておく(ロック期間)と、取引所の収益の一部をXEXトークンでもらえます。

こちらもXEXトークンがロック期間中に大幅に価格が下落する可能性があり、デメリットと言えます。

クロスエクスチェンジはアゼルバイジャンの取引所ではない?

仮想通貨の取引所であるクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)は、アゼルバイジャンに認可された取引所だと言われています。

しかし、取引所のサイトの翻訳機能に「アゼルバイジャン語」はありませんでした。

翻訳できる言語は「日本語」「英語」「韓国語」しか見つかりません。その他、一部ロシア語に翻訳できる部分も見つかりました。

つまりアゼルバイジャンの取引所だと言われながら、アゼルバイジャン人が普通に売買できる取引所ではないようです。

ただネット上で広まっている「アゼルバイジャンのライセンス第一号の仮想通貨取引所」という情報からも、アゼルバイジャンの取引所だと思った人多いと思います。

本当に「アゼルバイジャンのライセンス第一号の仮想通貨取引所」なのか半信半疑です。もしかしたら、集客の謳い文句として用いているだけかもしれませんね。

クロスエクスチェンジの本拠地はアメリカ?

次にクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)の公式サイトがどこで運営されているのか調べてみました。

調査の為に、クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)のドメインを確認してみると、IPアドレスでは公式サイトが「アメリカ」にあると示しています。

Cross Exchange

なぜアゼルバイジャンとは無関係のアメリカをIPアドレスは示しているのでしょうか。

・・ただしクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)の運営会社「CBASE FINTECH LAB. LLC」の住所を調べてみましたが、きちんとアゼルバイジャンにありました。

クロスエクスチェンジはブラジルで一番使われている

もはやクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)がどこで運営しているか分かりませんよね。

その他に調べて分かる「Webサイトの国ごとのアクセス数」を調べてみました。

その結果、ブラジルが一番多くありました。その次に日本です。その他にもベトナム、ベネズエラ、インドネシアがアクセス数トップ5か国です。

Cross Exchange

なぜブラジルや日本にアクセスが多いのでしょうか・・・。

日本にアクセスが多い理由

日本のアクセスが多い理由は、クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)で日本向けの広告の画像だけが作られており、Twitter上で日本人アフィリエイターが報酬目当てに宣伝しているからでしょう。

crossexchange

日本への広告に力を入れている証拠と言えると思います。

そもそもクロスエクスチェンジ(Cross Exchange)を運営する企業の代表は「宇原徳郎」です。明らかに日本ですよね。

日本人がどうしてアゼルバイジャンで取引所を開設し、日本で広めようとしているのでしょうか。

推測ではありますが、国内で取引所を開設を運営するには、金融庁に仮想通貨交換業者として認められる必要があります。

その手間を回避する為に、アゼルバイジャンで日本人向けに仮想通貨取引所を開設したのでしょう。

取引手数料が公式サイトに明記されていない

クロスエクスチェンジ(Cross Exchange)では、ビットコインを始めとして、沢山のアルトコインを取り扱っています。

取引所が発行している独自トークン「XEXトークン」も売り買いできますが、その取引の手数料がいくらなのか分かりませんでした。

公式サイトの利用規約を確認すると、取引手数料について書かれていましたが、「取引手数料:それぞれのセクションにより、取引手数料は変わります。」とだけ書いてありました。

いくらの手数料が取られるのか明記してくれないのは不親切ですね。

クロスエクスチェンジの基本情報

名称クロスエクスチェンジ
販売形式取引所
運営会社CBACE FINTECH Lab LLC
設立日2018年11月20日
所在地AZ1005, AZERBAIJAN, BAKU CITY, SABAIL PROVINCE, ZARIFA ALIYEVA 22/13
資本金1000万円
サイトURLhttps://www.crossexchange.io/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2019年10月05日

新規が激減している為、毎日の配当も激減している。暴落前水準のおよそ20分の1以上。まさに雀の涙。相当激ヤバの取引所だと忠告しておきます。

2019年10月02日

アフィエイトのバナーは、言語選択を日本語以外を選択すると自動で英語のバナーになりますね!海外からアクセスするとサイトも英語で表示されてました。

2019年10月01日

XEXしかCROSS exchenge の運営もお金には出来ませんから、毎日か一日おきに、XEXをBTCなどに変えてお金にしています、運営費でしょう、だから、価格は1円以下になるでしょう、0.1円も存在しますからです。
運営もお金が無くなりますね、CROSS exchengeは崩壊しますね。
お金は、入金しないようにして下さい、危険です。

2019年09月29日

クロスエクスチェンジのマイニングを行っている取引所が、飛ぶ準備を完了させ、10月中には飛ぶと言う情報が入ってきました

2019年09月24日

ハイプ案件にしてはまともな印象のクロスエクスチェンジだけど、ハイプはハイプ、いつかは飛ぶ、IEO案件でよっぽどもうけが出ないと取引手数料だけだとやってけないでしょ。

2019年09月24日

クロスエクスチェンジの取引所マイニングでぐるぐる回してる人税金計算どうやってるの?あれ取引ごとに損益計算が必要なうえに交換レートは取引日の時価でしょ?毎日計算しとかないと確定申告で死ぬよね。

2019年09月20日

SCAMのHYIPがどんどんつぶれる中クロスエクスチェンジは中々飛ばないと感心してる。どう考えても回るはずがない自転車操業なんだけど、不思議とまわってる。

2019年09月18日

EXEの価格が一時より下がってるというけど、早めに始めてた人にとっては前の価格に戻ってきただけなので気にならない。価格の変化は上場してるんだから当然。もうくだらないクロスエクスチェンジ攻撃はやめようぜ。

2019年09月16日

配当すくなすぎだわぼけ!

2019年09月13日

クロス自体のプロジェクトは取引所は只の序ノ口に過ぎないです。デジタルアセットによる価値交換のプラットフォームとして進めております。

これからRMT KOREAとかプリペイドカードサービスが始まりますので楽しみです。

自社ファンドの仕組みも面白いので是非取引量が増える事を期待しております。

2019年09月09日

暴落お疲れちゃん
無価値まっしぐら

2019年09月02日

まあXEXが暴落しても、ちゃんとプラスにはなるんだから十分じゃないですか!もっと儲けたいなら、もっと急騰するような仮想通貨を買えばいいだけ。

2019年09月02日

最近は好調だなと思っていたら、結局下がってるよ。去年と同じぐらいの価格になっちゃってるし、そろそろクロスエクスチェンジは終わりかなー。

2019年08月28日

やっぱ今の内にXEXは買った方がいいかも。値動きは激しいけど、どんどん登録者は増えてるから上がる可能性は高くなりそう。

2019年08月28日

最初は怪しい怪しいっていう人が多かったけど、凄い長く続いてるよね。あのプラストークンよりも長寿じゃない?肝はXEXが上がるかどうかだけど、今のところは大丈夫そう。今からやっても行けそうな気がするけど、自分は仮想通貨の情報配信サイトで十分稼いでるからどうでもいいや。

2019年08月20日

最近はクロスエクスチェンジが下火になってきましたね。長く続いてるみたいだけど、どこまで体力が保つんでしょうか。それに金融庁がクロスエクスチェンジをどこまで見逃してくれるのか。そのうち標的にされて潰されそうな気がしてならないです。

2019年08月20日

XEXの価格が不自然に暴騰!!!ファンドを使って買ったのかな?このまま上がり続けるのなら嬉しいけど、利確する人が大量に出てくるから下がるんじゃないかな。

2019年08月11日

Binance目指す言うてたけど、後ちょっとで1年です。その現状が5月末から価格も2分の1以下、出来高&配当も激減
ババ抜き開始始まってます。買い上げで売って抜けるのが勝ち。また底に来たら買って買い上げで上で売る。これが一番安全かなー

2019年08月08日

そろそろCROSSの夢から覚める頃じゃないでしょうか。ずっと続くはずがありませんからね。

2019年08月08日

やっと化けの皮が剥がれてきましたね。XEXの価格は下がってきたし、面白みのあるイベントも減ってきた。IEOもパッとしない。ずっと同じようなことを続けるようなら、破綻しても可笑しくなさそうですよ。

意見を投稿しよう!

お名前:

^