VRBウォレットは出金停止!遂に飛んだか?

VRB walletのロゴ

VRBウォレットの最新情報

  • 2019年10月15日

    3か月間のサービス停止を発表

    VRBウォレットでは、2019年10月12日までに登録を行った日本ユーザーに対して、3か月間のサービス停止を発表しました。

    VRBウォレットはサービス停止

    前触れもなくサービス内容を変えて、出金できなくするなんて酷いですね。

    もう復活する可能性が低い配当型ウォレットよりも、2か月で資産が30倍になったと口コミで話題になっている「クリプトカレンシーマスター」なら自分の取引所で仮想通貨を運用して稼ぐことが出来ます。

  • 2019年10月09日

    出金停止の原因はブラックエコトークンの出金停止

    VRBウォレットはアプリに接続できるようになりましたが、出金停止の状況は続いているようです。

    また、今回の出金停止の原因の1つに、ブロックエコの運営が飛んでしまったことで、VRBウォレットから出金しようとした人が急増したからではないかと考えられています。

  • 2019年10月08日

    アプリが開けない模様

    現在、VRBウォレットのアプリが開けない状況に陥っているようです。

    もう運営が飛んでしまったのでしょうか。

  • 2019年10月02日

    大嘘が発覚

    もともとVRBウォレットが米コメリカ銀行と提携していると発表していました。

    しかし、米コメリカ銀行が正式にVRBウォレットとは無関係であると声明を出しました。

    嘘を吐いて集客を行うなんて酷い話ですね。

  • 2019年08月05日

    2種類あるテザーにどちらも対応

    テザー(USDT)は2種類ありますが、VRBウォレットではどちらとも対応しているようです。

    ERC20 でもomnidでも取り扱ってくれると助かりますね。

  • 2019年07月26日

    財経新聞でVRBウォレットが紹介されていた

    2019年6月23日、財経新聞にVRBウォレットのプレスリリースが掲載されていました。

    財経新聞にプレスリリース掲載

    ちなみに、プレスリリースは運営会社のVRB Corporation自らが作った文章であり、申し込めばサイトに簡単に載せてもらえます。

  • 2019年07月22日

    今年7月3日から始めった配当型ウォレット

    VRBウォレットは、2019年7月3日から始めった配当型ウォレットと言われています。

    ちなみに、「VRT」はVRBウォレットの独自トークンです。
    似たような単語で分かりにくいですよね。

    今後、新しい情報が出てきたら、随時更新していきます。

VRBウォレットとは

VRBウォレットとは、仮想通貨を預けることができる財布です。

ただのウォレットではなく、仮想通貨を入金しておくと月利で最大25%もの配当がもらえます。

VRBウォレットの配当はいくらなのか

VRBウォレットでは、仮想通貨を預けておくだけで9%~25%の配当があります。

この配当の金額は、2種類の投資プランに違っています。

1.100ドル~5000ドル
→月利9%~15%

2.5001ドル~
→月利15%~25%

最低でも100ドル(約1万1000円)は投資していないと、配当をもらえないので注意が必要です。

例えば、入金していた仮想通貨が大幅に下落してしまい、100ドル(約1万1000円)になると配当は自動的にストップしてしまいます。

VRBウォレットの手数料

VRBウォレットの出金手数料は、2種類に分かれています。

1.入金後28日以内の場合、手数料は5%
2.入金後29日以降の場合、手数料は1%

この出金手数料は、VRBウォレットの独自トークン「VRT」で支払う必要があります。

VRBウォレットの基本情報

名称 VRBウォレット
サービス内容 仮想通貨ウォレット
サイトURL https://register.vrbcorp.co/
運営会社 VRB Corporation
所在地 不明

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2020年01月29日

もう、ウォレット系のHYIPを紹介すルプロモーターはいないだろう。信頼残高削るだけで1円にもならない。昔のHYIPは良かった、少なくとも元本確保するまでは飛ばなかったからな。欲出すとアウトの時代が懐かしい。

2020年01月28日

これからのHYIPは勝ち逃げを許さないように1か月足らずで飛ぶのが主流になるな。VRBウォレットのスピード夜逃げはこれからのHYIPのお手本になるだろう。HYIPは飛ばれる前に逃げるという原資回収即撤退という早期解約対策だな。

2020年01月17日

もしVRBウォレットが飛んだなら、わざわざ3カ月の出金停止というアナウンスは出さないで静かに消えると思う。可能性は低くても、一応2020年1月中旬をめどに待ってみようと思います。それでだめなら諦めます。

2020年01月08日

最初から3か月ロック契約でVRBウォレットに投資したと思ってあと1ヵ月待つしかない。VRBウォレットの出金停止もBlockECOの出金停止で信用不安が広がったらしく、影響の大きさは測りしれないな。

2019年11月21日

まだVRBウォレットの勧誘やってるアフィカスがいるけど、3か月の停止を知らないのかな?そんなことだからダウンが集まらなくて収益性が上がらないと気づけよ。VRBは有力なプロモーターがいなかったので早めの撤退になったんだろうな。

2019年11月21日

VRBウォレットって日本で3か月停止って言うけど他の国ではどうなってるんだろう?案外日本人相手の詐欺で外国では全然売れてなかったりして。ノアコインとか日本人専門のHYIPって多いからな。。。

2019年11月12日

最近ではHYIP案件がどれをとってもダメで次の案件を何にするのか探しています。VRBウォレットは検討するため調べようと思ってる間に飛びました。いくらなんでも3ヶ月サービス停止ってありえないですよね。

2019年11月11日

3か月も活動停止する意味が分からん、VRBウォレットは飛んだってことだろ?つまらない時間稼ぎで3か月とか言わずに夜逃しますって宣言すればいいんだよ。時間稼ぎして引き延ばす意味が分からん。

2019年10月31日

VRBウォレットの3か月停止って日本だけなのかな?なんかそれっぽい書き方なんだけど、日本だけだったら意味わかんないよね。あと何で3か月?3か月止めたら何が変わるのか?普通に考えたら時間稼ぎで飛ばれちゃうよね。

2019年10月29日

関係ない企業を巻き込んで嘘ついて売名?そういうことしたら確実に化けの皮が剥がれるって思わないのかな?生粋のバカが運営しているんだろうなって思いましたよ。こんなの地雷だなって思いますね。気をつけましょうね。

2019年10月29日

勝手に企業の名前使って売名するって本当にまともな人間がすることではないなって思いましたよ。こんなの手を付けない方が良いかなって思いますね。いつ騙されてしまうか分かりませんからね。信じられないですよ

2019年10月28日

これはいけないなって思いましたけどね。何にも関係ない企業の名前使って売名して結局それが嘘ってとんでもないウォレットだなって思いましたよ。利用者からも他企業からも嫌われて潰れれば良いのにってかなり

2019年10月10日

完全に飛んだね
9月の段階でVRBは詐欺という情報をキャッチしてましたよー

2019年10月09日

そもそもVRBウォレットって投資じゃなくて、詐欺でしょ。ただ詐欺に加担して、他人からお金を搾り取ってるだけ。オレオレ詐欺と何ら変わらないよ。

2019年10月09日

もう飛んじゃったんじゃないのかな。アメリカの銀行と協業してなかったって大嘘が暴かれたんだから、かなりお金が引いてると思う。だから、出金できないようにしたんでしょw

2019年10月07日

投資に対しての考え方によって、VRBウォレット対しての考え方は十人十色だと思います。『誰かが批判してるからやらない』ではなく、それは短期的にみてなのか?長期的みてなのか?自分の資産形成にも分散させる必要性があると感じ、短期的な投資としてVRBで資産運用しています。僕の場合は、実際に日本円にして約100万円ほどUSDTで入金し、1ヶ月で元本を取り戻せましたよ!既に元本はVRB内で両替をし出金しております。ピラミッド型の配当は、参入と撤退のタイミングさえ把握してればプラスな結果になり確率が高いと感じております。

あくまでも個人的な意見なので…。

2019年10月04日

もう嘘が発覚しちゃったし、終わりかな。皆さん、早めに撤退しておくことをおススメしまーす。

2019年09月12日

幾らからのスタートですか?

2019年09月09日

イケハヤも批判してるVRBウォレット、やる人の気がしれん。

2019年09月09日

VRBウォレットはIphoneとかなり相性が悪いんですよね。アカウント登録まで誰も簡単にできると思うのですが、アプリのインストールにはちょっと苦労するかもしれませんね。

意見を投稿しよう!

お名前:

^