仮想通貨BATは将来性が大化け-今後は投資戦略が重要になる

仮想通貨BTA

仮想通貨BATは新プロジェクトが発表され、短期間で5倍に急上昇しました。

新しくDeFi(分散型金融)の分野に進出し、BATの使い道が増えていきます。

その結果、将来性が認められ、仮想通貨の負け組からは脱却できつつあります。

しかもブラウザBraveは月間ユーザーが2021年末に5000万人を超えると予想してます。

今後も競合のGoogleに勝てる勢いで成長しているので、高い将来性があると言えます。

そんなBATをいつ買って売ったら良いのか、判断の材料となる情報を紹介。

>>高騰期待のアルトコイン情報を配信するサイト

仮想通貨BATとは何か解説

仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)とは、イーサリアムのブロックチェーンを使って発行されています。

このBATは専用のWebブラウザ「Brave」で特定の広告を閲覧することでユーザーはBATがもらえます。

そもそもBATを発行している「Brave Software」は、従来のWeb広告における問題を解消しようとBraveを開発しています。

Braveでは皆さんが邪魔だと感じているネット上の広告を排除を目的にしています。

実際に、2020年5月時点で利用者は1540万人を超えている状況です。

さらに、スマホ大手Appleも邪魔な広告をなくす仕組みを取り入れています。

今後も広告をなくそうとする傾向は続いていくので、Braveの成長は続くと考えて良いでしょう。

今のところWebブラウザとしての将来性は高いと言えます。

仮想通貨BATは今後に期待できるか

2020年4月には、Braveが日本国内の無料通信系アプリのランキングで3位にランクインしました。

その後、6月には月間の利用者が1500万人を超えるほどの人気ぶりです。

同年9月には日本でテレビCMが放送され、注目度が高まってきています。

その結果、5か月で価格が4倍に跳ね上がっています。

BATのチャート

ビットコインですら同時期に3倍しか値上がりしていないので、将来に期待している投資家が多いのでしょう。

今すぐ爆上げする仮想通貨とは>>

Braveを利用するメリットとは

ウェブブラウザ・ブレイブを1500万人が使っているということは、それなりのメリットがあるはずですよね。ブレイブの4つの特徴をまとめてみました。

・読み込みスピードの高速化
・Googleなどの広告をブロック
・マルウェア感染やフィッシングを防ぐ
・ブレイブを使うだけで、BATがもらえる

同じような機能を持っている、ライバルとなるグーグルの「クローム(chrome)」があります。ブレイブを使うだけでBATをもらえる機能だけは大きなメリットですが、どこまで世間に受け入れられるのかによって、今後の値動きに影響するでしょう。

ICOが成功したポイント

今回のベーシックアテンショントークンによるICO案件の成功を見極めるポイントは2つあります。

ICO案件の9割は詐欺と言われていますが、その中の1割は本物のICOです。詐欺ICO案件を見抜き、儲かるICO案件を見つけるために、ICO案件の成功事例であるベーシックアテンショントークンを参考にしてみましょう。

■有名ブラウザ「Firefox」の設立者

ベーシックアテンショントークンおよび「ブレイブ」の開発元の創始者のブレイダン・アイヒは、グーグルの「クローム(chrome)」に次いで有名な「ファイアーフォックス(Firefox)」を開発していました。

ファイアーフォックスを開発・運営するモリゾ(Mozilla)のCEOを務めており、経営力もあります。

そんな創業者がいたことにより、26秒で40億円の調達にせいこうしました。

「Chrome」や「Firefox」より優れたブラウザ

ブレイブはスマホやデスクトップどちらも、「Chrome」や「Firefox」などよりもウェブサイトを開くスピードが早くなっています。

閲覧しようとしているウェブページが開くのがちょっとでも遅いとイライラしますよね。

スマホの場合、ブレイブと「Chrome」「Firefox」の使用したテストを比較すると、最大8倍も早くなっています。

ブラウザのスピードが圧倒的に早くなるので、イライラが解消されます。

仮想通貨BATの基本情報

名称 仮想通貨BAT
危険度
カテゴリ テクノロジー
期間 終了
運営会社 Brave Software
サイトURL https://brave.com/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2022年01月19日

BATの価値はこんなものじゃないですよ。最近Braveを使い始めたって人も見ますし、今からが楽しみなコインのひとつだと思いますね。何よりBraveが使いやすいです。まだChrome使ってる人は切り替えた方が良いと思いますよ。

2022年01月14日

Braveって初めて知ったけど、Chromeより三倍高速でプライバシーが守られるのは勿論だけど、Web3.0エコシステムの思想が素晴らしい。Chromeからこっちにすぐさま切り替えた。こんな面白い仕組みのブラウザがあったなんて!
web3.0は今年注目らしいので頑張ってほしいですね!!

2021年10月19日

ベーシックアテンショントークンは力をため込んでる気がします
ビットコインの資金がアルトコインに流れ始めたらBATも飛びそう

2021年10月18日

BAT元気ないなー
国内銘柄の中でもあまり人気ないよねー
どうにかしてくれーーー

2021年10月08日

BATはいまいちお金が集まってなさそう
一旦100円を目指してほしいね

2021年10月03日

BATは次に仮想通貨が暴落したタイミングで、もう少し仕込もうと思っているんです。
Googleが大き過ぎるから、生き残れるかは分からないですが、試み自体はかなり面白いですよね。

2021年09月30日

Blaveで検索して広告を勝手に表示されるだけでベーシックアテンショントークンが貰えるなんて、本当に良い時代になりましたね。どうして未だに知名度が低いのかわかりません。

2021年09月27日

ウェブサーフィンで仮想通貨ベーシックアテンショントークンを稼いで、なおかつ余計な広告表示を無くしてくれるBraveは個人的にかなりオススメです。今後もっと普及するはずです!

2021年09月25日

近い将来、ベーシックアテンショントークンがメジャーな仮想通貨に成り上がり、生活の中で決済手段として使えるようになるほど成長することを、心の底から期待しています。

2021年09月23日

僅かですがベーシックアテンショントークンを今回のライトコイン下げ81円で買い増ししました。
我ながら良い押し目買いだと思いますが、ちょっと自信は持てていないです。

2021年09月23日

実は、実際にBraveで獲得できるベーシックアテンショントークンは、推定収益より多めになっています。ユーザーに損をさせない設計が嬉しいですね。価格の方も上がりますように。

2021年09月19日

Braveっていう使うだけでベーシックアテンショントークンがたまるやつを使ってるんだけど、0.5BAT溜まってた。これ日本円換算で44円です(笑)これじゃ誰もやらないし、価格も上がるわけない。

2021年09月17日

ベーシックアテンショントークンは、予測通りの値動きで$0.74ドルまで下げてきました。近々ベーシックアテンショントークンについて大きく流れが変わると予測しています。

2021年09月17日

なんと!Twitterを通じて、ベーシックアテンショントークンの抽選プレゼントやクリエイターへのチップなどのキャンペーンを随時行う予定だそうですよ!たのしみですね!

2021年09月15日

メインのブラウザをBraveにしてみた。仮想通貨のBATが連携しているビットフライヤーの口座に振り込まれたが、日本円にしてたったの約100円。
毎月振り込まれるみたいだけど、全く得した感が無い。

2021年09月14日

次世代の高速ブラウザ「Brave」を使えばBATがチップとして投げられる。
ただし、まだまだ一般人が仮想通貨を理解していないから、投げる人は少ないだろうね。ツイッターやyoutubeでもこれから投げ銭サービスに仮想通貨が取り入れられると思うよ。そうすればBATも高騰する。

2021年09月13日

今年は税金が大変なことになっているため、ベーシックアテンショントークンは税金支払い用の仮想通貨にする予定です。BAT、NEXO、MONAを全て売っても全然足りない。

2021年09月10日

ベーシックアテンショントークンはもう長い目で見るしかないですね。
次の仮想通貨祭りが待ち遠しいですよ。にしても、Braveの評判が良いわりには全然上がってこないのが不思議です。

2021年09月10日

ブラウザのBraveは本当に便利。Chromeより全然早いし、セキュリティーも高い。
何よりYouTubeのCMが入らないのは最高だね。そして、使ってるだけでBATも増える!いいとこだらけ!

2021年09月09日

ビットコインも反発してくれたし、イーサリアムも良い感じだし、リップルもなんか悪くなさそうだし、明るい相場になってきた。ベーシックアテンショントークンも続いてほしい。

意見を投稿しよう!

お名前: