仮想通貨の情報商材とは? ノウハウを売って儲ける方法

あなたは、情報商材にどんなイメージをお持ちですか?

儲かる? 怪しい? 詐欺まがい? こんなイメージを持った人が多いです。

もともと情報商材とは、人々の悩みを解決するノウハウが詰まった情報です。インターネットを通じて、問題を抱えている人たちにノウハウを売っています。

根が深い悩みを解決できる情報商材であるほど、今すぐに不満を解消したいと思う人が買うので儲かるんです!

そんな情報商材で仮想通貨のノウハウを売ろうとしている人には、必ず知っていた欲しい情報があります。

情報商材業界人によると、「情報商材は、95%以上は利益の上がらない詐欺まがい」なものだといいます。

その実態がどのようなものなのか、どのように情報商材で儲けたらいいのか、わかりやすく紹介します!

秒速で稼げる情報商材とは

「情報商材」と聞いて、何をイメージしますか。ちょっと情報商材の知識がある人には悪徳商法に見えるかもしれません……。

情報商材の定義は、“インターネットで売買される情報”のことです。情報自体が商品となっています。PDFや動画といったコンテンツにまとめた情報の形式になっているのがほとんどです。

情報商材には、お金の稼ぎ方から異性にモテる方法まで、人の深い悩みを解決するノウハウが詰まっています。本気で悩んでいる人をターゲットにして、高額なノウハウやハウツーを売っているんです!

特に仮想通貨は難しそうなものですから、稼ぎ方や始め方がわからない人も多くいます。そんな人たちのための情報商材なら、儲かるかもしれませんね。

昔はこうした情報商材で稼げるのは有名人や企業だけでした。インターネットが普及したことにより、個人でも情報を売れる時代となりました。

情報商材で稼ぐ3ステップ

情報商材で稼ぐ方法はたくさんありますが、どんな方法で儲けたらいいのか分かりにくいですよね。

これから情報商材で稼ぐ3ステップを紹介します。これを読めば、情報商材でどのような手順で稼げばいいのか分かるようになります。

■ステップ1:売る情報商材を決定する

儲かると聞いて情報商材を売ろうと思っても、商品がなければ何も始められません。

主に情報商材では、「自分で情報商材を作る」と「情報商材の販売を代行する」の2種類があります。

初心者が自分で情報商材を作って販売するのはリスクが高いです。何が売れるのかどうかもわからない情報商材を作るのは骨が折れます。

単純に情報商材で稼ぎたいのであれば、高品質の情報商材の販売を代行させてもらうのが効率的ではないですか?

ASPという広告代理店を利用して、情報商材の販売を代行していい権利をもらいましょう。この方法が一番簡単で、早く儲けられる方法です。

■ステップ2:情報商材を売る場所を決める

売る情報商材を決定したら、次はどこで販売するのか決定する必要があります。

例えば、ホームページやブログ、ヤフオクやメルマガ、SNS等があります。この中で使い慣れている媒体はありますか?

新しいものを使うよりは、今でも使っている媒体を利用すると情報商材を売りやすいです。

ブログやSNSからメルマガに登録してもらってから、メルマガで情報商材を売る方法が最も定番となっています。

■ステップ3:改善する

情報商材の売り方まで決定したら、あとは売り方の改善を続けるだけです。

どのような記事から情報商材が売れるのか、どのような言葉がターゲットに刺さるのか、改善していきましょう。

本当に仮想通貨情報商材は儲かるのか

仮想通貨の情報商材に問わず、インターネットで商品を売っている人たちの75%が1万円も稼げていません。

インターネット上では情報商材が儲かると嗅ぎつけて、たくさんの競合が集まっています。

特に仮想通貨は2017年に熱狂的なブームとなり、情報商材に参入するインターネット企業が急増しています。その中で情報商材を販売するには、Web知識とマーケティング知識、それと根気が必要になってきます。

さらに、詐欺まがいの情報商材を売ってしまったら、訴えられる可能性もあるんです!

そこまでして仮想通貨の情報商材で儲けたいと思いますか……?

仮想通貨で儲けたいのであれば、情報商材の販売よりも仮想通貨のトレードが比較的に儲けやすく、始めやすいのではないでしょうか?

トレードであれば、取引所に登録して入金するだけで簡単に始められます。

仮想通貨情報商材の具体例2選

ビットコインマスタークラブ
仮想通貨を始める初心者向けの教材である「ビットコインマスタークラブ」があります。

「テンキーの入力とクリック作業」を繰り返し、平均月収250万円を達成すると謳っていますが、どこまで信ぴょう性があるのか気になりますよね。

価格は18,880円となっており、安くはありません。

この情報商材がどのようなものなのか気になる人は下のURLから見てください。仮想通貨の情報商材の参考になるサイトではあります。

http://bitcoin-banzai.com/bmc/

仮想通貨の情報商材
こちらの「仮想通貨速習プログラム」も仮想通貨初心者向けの教材です。

大手企業のみずほ証券出身者「森田真之」が作ったことが売りの情報商材となっています。価格は、3,980円となっており、先ほどの情報商材よりも格安です。

とはいえ、5か月で30万円が1600万円になったいう見出しは、いささか誇大広告ではないのかと気になってしまいます。

下のURLが情報商材のWebサイトになっています。

http://morita-coin.com/infotop/

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前: