最低213%アップの仮想通貨ベスト8

2018年に入ってから2倍以上に急騰した仮想通貨は数えるほどしかありません。皆さんは、いくつ2倍以上になった仮想通貨をご存知ですか?

当サイトでは213%~729%高騰した仮想通貨を8つ以上も確認しています。

これらの通貨は「日本仮想通貨オンライン」という高騰すると予想される仮想通貨の情報を配信してくれるサービスから提供されました。

その他にも数々の高騰する仮想通貨を的中させてきた日本仮想通貨オンラインの実績はこちらから確認できます。

それでは、2018年に高騰した8つの仮想通貨をご覧ください。

729%爆騰のバイトコイン

仮想通貨バイトコイン

仮想通貨バイトコインは、3月~5月の間に729%も急騰しました! こちらの仮想通貨の特徴は、「高い匿名性」と「ブロック生成の早さ」の2つがあります。

バイトコインの時価総額は20位台とかなり高めの理由は、モネロと始めとした匿名性が高い仮想通貨の多くがバイトコインのシステムを基にしているからです。

今後、匿名性が高い仮想通貨の重要性が増して来たら、さらなる高騰も期待できるでしょう!

500%急騰のバイナンスコイン

バイナンスコイン

3月~6月の間に、500%も値上がりした仮想通貨バイナンスコインは、取引所バイナンスが発行している仮想通貨です。

バイナンスコインは、取引所バイナンスが四半期に1度、利益の20%でバイナンスコインを買い取る仕組みがあります。取引所が儲かるほど、値上がりする可能性が高まります。

取引所バイナンスには、世界中でICOが行われた仮想通貨が上場するため、その上場する仮想通貨を求めて登録するユーザーがたくさんいます。これからのICOは増加していくと予測されているので、まだまだ取引所バイナンスは成長して生きでしょう。

詳細はこちら

500%急騰のフオビトークン

フオビトークン

バイナンスコインと同じく、フオビトークンは取引所フオビが発行している仮想通貨です。こちらも取引所の利益20%を買い取る仕組みがあるため、取引所が儲かるほどフオビトークンが値上がりする確率が跳ね上がるんです。

その結果、3月~6月の間に価格が500%も上がりました!

バイナンスコインと同様に、取引所フオビの評判に価格が左右されます。

取引所フオビは本拠地であるだけではなく、韓国やアメリカに進出する予定です。今のところ世界3位の取引所としてのノウハウを活用できれば、新天地でもユーザーを増やして利益を上げていくと予測できます。

そうなると、さらなる値上がりも期待できるかもしれませんね!

詳細はこちら

300%高騰のヌルズ

仮想通貨ヌルズ

仮想通貨ヌルズは5月の1か月間で300%も値上がりしたアルトコインです。

この急騰した理由は、ちょうどヌルズが当初から予定していたシステムの開発が5月に完成するからでした。そもそもヌルズは柔軟性の高いブロックチェーンを開発しており、これが完成すれば、より簡単にブロックチェーンが利用できるようになります。この期待感からヌルズは急騰したんです。

今後もヌルズが値上がりするかどうか、その詳細は下記のボタンからご覧ください!

詳細はこちら

600%爆謄のサイバーマイルズ

仮想通貨サイバーマイスル

仮想通貨サイバーマイルズは4月~5月の2か月間の間に600%も値上がりしたんです!

こちらの仮想通貨が持つプロジェクトは、中古品販売のプラットフォームを構築しています。例えば、メルカリやラクマのような中古販売のアプリをイメージしておらえれば、分かりやすいです。

サイバーマイルズ開発しているブロックチェーンを活用すると、その中古販売の運営コストが大幅に削減できます。

コンピュータも分散されているので、アクセスが集中したとしても落ちにくいというメリットもあります!

273%高騰のアイエグゼック

アイエグゼック

仮想通貨アイエグゼックは、4月~5月の1か月の間に273%も急騰したんです!

なぜなら、アイエグゼックでは、dropboxやGoogleフォトと同じようにデータを保存できるクラウドを運営しているからです。

このクラウドにはデータを永久保存でき、改ざんができないブロックチェーン技術を利用されています。だから、安心してデータを保存できるシステムになっています。

213%高騰のクアントスタンプ

仮想通貨クアントスタンプ

仮想通貨クアントスタンプでは、4月~5月のいヵ月の間に213%も急騰したんです。

このクアントスタンプでは、契約に必要な作業の全てを自動化してをウェブ上で完結できるようになるスマートコイントラクトの脆弱性を監視するシステムの開発を行っています。

現状、スマートコントラクトが利用されても、その契約が本当に正確に進んでいるのか確認できる手段がありません。だからこそ、クアントスタンプが値上がりしていきました。

247%高騰のエニグマ

仮想通貨エニグマ

仮想通貨エニグマは、名門大学マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究室から生まれたアルトコインです。こちらは、契約を自動化するスマートコントラクトの問題点を改善するために作られました。

その問題とは、匿名性が低い点です。契約が自動化されても、その契約内容が他人にバレてしまったら、個人情報の流出に繋がります。

そのため、仮想通貨エニグマには匿名性を追加した「シークレットスマートコイントラクト」があります。

この他にも人の遺伝子情報を保存させるプラットフォームの開発を行っています。そのデータは遺伝子解析企業に譲渡され、研究開発に役立てられます。

そこでプライバシーの問題が出てきますが、ブロックチェーン技術を活用することで、データを流用されない仕組みになっています。

そのデータの期待感から、3月~5月の間に247%も急騰したんです。

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません