投資詐欺を行うブルーハウスの小野寺悠や笠松智佳からの勧誘に注意

ブルーハウスの被害者をつくるな!

「詐欺被害者and集団訴訟呼びかけ掲示板」というWebサイトに、「株式会社ブルーハウスの被害者をつくるな!」と題するトピックがありました。

ブルーハウス

このトピックへの投稿には、ブルーハウスの関係者への批判や被害者の悲痛な声が載せられています。実際の声を下記にまとめてみました。

「私は、小野寺悠を許しません。」
「詐欺グループから実際にお金を取り戻した方法教えてください。」
「笠松ちかという方の情報提供お願いします 騙されました…」
「見事に騙され50万ほど消えました。」

この他にも沢山の被害報告が記されていました。本当にブルーハウスの被害を受けていなければ、ここまで投稿は増えないでしょう。

ブルーハウスに関しては集団訴訟の動きも確認出来ますが、思うように進んでいないのが実情のようです。

少しでもお金を取り返したい方は、最新AIがハイリターン期待の通貨を抽出する「FXAIパートナーズ」を参考にするといいかもしれません。

ブルーハウスの小野寺悠と笠松智佳を検証

上記の掲示板にも載っていましたが、ブルーハウスには投資を勧誘する複数の人物がいます。例えば、小野寺悠、笠松智佳(笠松千風)たちがいます。

小野寺悠は、仮想通貨アイゼンコインのICOに参加するためのセミナー講師を務めていました。

笠松智佳(笠松千風)は、LINEやfacebookなどのSNSを活用して、ブルーハウスの不動産投資の案件を紹介していました。ネット上では「詐欺師」と呼ばれており、持ち前の美貌を生かして投資を持ち掛けているのでしょう。

彼らはネットワークビジネスを通して、不動産投資や仮想通貨アイゼンコインの販売を行っています。

投資はリスクが付き物のため、実際は儲からない案件だったとしても、「全力でやりましたが損失を出してしまいました」と釈明されたら、誰も裁判所に訴えることができません。

小野寺悠と笠松智佳が紹介するアイゼンコインを検証

仮想通貨アイゼンコイン自体に、ブルーハウスとの関係性はないと思われます。しかし、ブルーハウスの彼らがアイゼンコインを紹介しているので、絶対に無関係とは言えませんよね。

現段階でアイゼンコインのICOは手抜きで運営されています。すでに投資している方がいるにも関わらず、公式サイトには「近日公開」という文言が並び、詳しい情報が載せられていないのです。

アイゼンコインのICOは去年から始まっているため、近日公開中のホワイトペーパーやウォレットを作る時間はいくらでもありました。

ブルーハウスまとめ

・ブルーハウスの会社は架空疑惑あり

・小野寺悠と笠松智佳に騙された被害者が続出

・ブルーハウスとアイゼンコインには間接的な関係あり

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

TOPJOB倒産 社員放置で宮澤蒸発 金返せボケ!

九州のBXグループラインは全く動いていない。ラインを起こした連中は、常に講師のF氏と並んでセミナー会場を開いてました。マイクを持ってまるで運営側の一員にしか見えなかった。オーナーと仲良く写真まで撮っているのに、自分は一会員だと責任逃れ。会員の一部からBEXコインの売買の管理を保有枚数の1割で請け負っていた。遠隔でBexchangeの2重ロックを解除するなどおかしいと思っていた。しかし急暴落後はほったらかし。ろくな説明もないままコインだけ取られた。管理を断ろうとすると、保有枚数の10%分の現金を手数料として要求された会員もいた。BXの九州と東北のグループラインを立ち上げた者同士は共通点はあるか?BEXコインを広めた最初の者を調べる必要がある。

私も東北地方でBEX被害にあいました。
ライングループがだびたび動いていますが、前向きな情報が得られていません。

⇩確かにBEXは市場が閉鎖というより、会員にコインが配布されたと同時に急暴落して、初めから何も出来なかったと思います。携帯から保有枚数を見ただけに過ぎません。会員ページではビットコインと連動していると言って、ドンドン上がっていく数字を見せられながら、買い足しを煽られたと思います。講師のF氏が世界一を目指しているとデカい事を豪語していましたが、世界一の詐欺師を目指していたのでは?こちらは九州地区の被害者ですが、東北地区の被害者の方と連絡取り合いたいです。

私は、東北でBEXコインの被害にあいました。。。
被害にあわれた方、まだ回収をあきらめていないですか?
市場は、閉鎖されてしまい、どうすることもできません。

今エンリケ空間詐欺の件がTwitterで騒がれているが、笠松や投資家ゆきちゃんもアールズカフェ出入りいていてエンリケ元夫の佐野ともかかわりがあったようで、笠松らの悪事も露呈されつつある。
エンリケの件で佐野に取材していた探偵ファイルの代表もBH・BEX、笠松について多少は情報持っているようである。
BH・BEXは結局、被害者の会の代表が全くやる気なく、集団訴訟にもできていないし、刑事告訴までの手はずもできておらず、解決に向かうようなことを何もできていないのが問題。
やはり弁護士は信頼できる詐欺案件に詳しい弁護士を1人立てた方が良さそうである。

BEXでタイトルを取ると無料ハワイ旅行ご招待とかやってたが、集めた金から回しただけのポンジスキーム。講師が旅行会社の代表にもなってたし、BX本社シンガポールでは唯一日本人社員とも言ってたけど、振込先のBX合同会社の登録者でもあるから、レンタルオフィスに登記だけして日本で暮らしてるんだろうね。5スターを獲得したのは日本で2人だけと説明していたが九州はM氏、東北は誰が5スターを獲得したのか?

投資家ゆきちゃんは笠松の仲間なのか?
ガーシーが写真公開してるけど。
BH・BXの主犯格の情報、暴露できる人いないのか?

BEXについて3年間追っています。九州地方の一部では、警察相談・県警被害届・法律事務所・各地相談センター・税務局へ届出ていますが、全員ではないので不十分です。会員の中には後ろ暗い輩もいるので、純粋に騙された人の数が把握出来てません。
BEXはインフルエンサーを集い、ハワイ不動産スペース区画権(急暴落後は突然の白紙に)、次いでM&A・オレンジ由来のCBD・最後にキャピタルバンクのセミナーがありました。このキャピタルバンクの申請書や携帯で見る会員ページが、BEXとほぼ類似しています。
BEXのオーナーや講師と共に行動していたグループが作成した可能性があり、BEXに便乗して金儲けを企てた第2のグループも調べる必要がありますね。被害者同士で情報交換を望んでいます。

東北のライングループ時々動いています。
BXどうにかならんかな。

意見を投稿しよう!

ファイル名:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません