仮想通貨Astar Network(ASTR)の将来性と今後の価格動向が判明

仮想通貨astarのサムネイル画像

Astar Network(ASTR)は日本産でありながら、すでにバイナンスに上場した注目度バツグンの仮想通貨。

日本発の100倍コイン!」という煽り文句も聞かれますが、実際将来性も高く高騰に期待できそうです。

ただ、調べてみると今後の価格を左右する重要なポイント3つが明らかになりました。

Astar Network(ASTR)の将来性、今後の価格動向を丸裸にしていきます。

仮想通貨Astar Network(ASTR)とは

Astar Network(ASTR)はStake Technolosiesが開発するブロックチェーン「Astar Network」が発行する仮想通貨です。

Astar Network(ASTR)が目的にしているのは、異なるブロックチェーンを相互運用可能にし、ポルカドットの利便性を高めること。

スマートコントラクトの機能を持っていないポルカドットにAstar Network(ASTR)を接続することで、ポルカドットでもスマートコントラクトを利用できるようになります。

スマートコントラクトは自動販売機のように、特定の条件を満たすと契約が自動的に実行される仕組みのことです。

自動販売機の場合、お金を入れるという条件を満たすと、契約が実行され飲み物を手に入れることができます。

そんなポルカドットを補助する役目を持ったAstar Network(ASTR)の特徴を掘り下げていきましょう。

仮想通貨Astar Network(ASTR)の特徴

Astar Network(ASTR)の主な特徴は次の3つです。

▼ポルカドットのパラチェーン
パラチェーンとはポルカドット(DOT)のメイン部分に接続しサポートするチェーンのことです。

ポルカドットのパラチェーンは100枠あり、パラチェーンとして接続できるチェーンはオークションによって決定します。

ポルカドットの仕組み

2021年12月に一回目のオークションが開催され、Astar Networkを含む5つのプロジェクトがパラチェーン枠を勝ち取りました。

世界で3番目に選ばれたということからも、Astar Networkへの期待度が伺えますね。

▼日本発のプロジェクト
Astar Networkの開発を行うStake Technolosiesはブロックチェーンの開発やコンサルティングを行う日本の企業です。

代表を務めるのは渡辺創太氏で、日本ブロックチェーン協会の理事も兼任しています。

Astar NetworkのASTRはすでに世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスへ上場済み。

同じく日本発のジャスミーコインと同じように、ASTRはバイナンスに認められた仮想通貨と言えますね。

▼DeFi/WEB3.0関連のプロジェクト
2020年頃から盛り上がりを見せているDeFi分野ですが、DeFiにはスマートコントラクトの機能が必須

そのため、ポルカドットにスマートコントラクトの機能を付与するAstar Networkは、DeFi分野の仮想通貨プロジェクトと言えます。

また、2022年から大注目のWEB3.0分野のプロジェクトでもあります。

WEB3.0とはブロックチェーンを用いて、大企業に支配されない情報社会を目指そうというプロジェクトの総称です。

個人情報の管理の仕方が問われる昨今、企業に依存せずブロックチェーンを利用して個人情報を管理しようという動きに注目が集まっています。

DeFiもWEB3.0もまだまだ伸びしろのある分野のため、Astar Networkにさらなる注目が集まる可能性もありそうです。

将来性に期待される理由

Astar Network(ASTR)は将来性に期待されるアルトコインの1つ。

その理由は次の2つです。

▼多くの企業や個人から出資を受けている
Astar Networkは元サッカー日本代表の本田圭佑やイーサリアム・ポルカドットの創設者ギャビンウッドから出資を受けています。

また、マイクロソフトもAstar Networkと提携し、支援を行うと発表しています。

さらにはアメリカ最大手の仮想通貨取引所コインベースもAstar Networkに出資。

コインベースがastarに出資

そうそうたるメンツが出資していることからも、注目の高さが伺えます。

▼ポルカドット自体が将来有望
そもそもポルカドットは、利便性とスケーラビリティ問題というブロックチェーンが抱える課題を解決可能と言われています。

ポルカドットは異なるブロックチェーン同士を繋ぎ、ユーザーが異なるブロックチェーンでも自由に取引が行えるようにしてくれます。

また、取引が集中しすぎて起きてしまう処理遅延も、パラチェーンを利用すれば並行処理が可能になり処理速度の改善が期待できるのです。

このようにポルカドット自体に将来性があることから、ポルカドットに接続しているAstar Networkも今後より注目される可能性があります。

仮想通貨ASTR 今後の価格を左右する3つ

Astar Network(ASTR)の価格を左右するポイントは「イーサリアムのアップデート」「ポルカドットの開発」「他パラチェーンとの差別化」の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

▼イーサリアムのアップデート
ポルカドットはイーサリアムキラーとも呼ばれ、ライバルは主にイーサリアムです。

今イーサリアムは直面しているスケーラビリティ問題の解決に向け、アップデートをしている真っ最中。

現状イーサリアムに比べポルカドットの方が処理速度が早く能力は優れていますが、イーサリアムのアップデートが進むほどポルカドットの優位性が薄れる可能性もあります。

つまり、イーサリアムの弱点であるスケーラビリティ問題が解決してしまえば、イーサリアムチェーンが今まで以上に利用される可能性が高まるのです。

そのためイーサリアムのアップデート進捗は、Astar Network(ASTR)にも影響する可能性があります。

▼ポルカドットの開発
Astar Network(ASTR)はポルカドットに接続しているため、ポルカドットの価格にも影響されやすいです。

もしポルカドットの開発が思うように進まず停滞するようなことがあれば、ASTRの下落に繋がってしまうかもしれません。

ただポルカドットに関しては、2022年3月現在時価総額ランキング11位と上位に位置しています。

開発も積極的に行われていることから、それほど心配はいらないかもしれませんね。

▼他パラチェーンとの差別化
ポルカドットに接続できるパラチェーンは100枠と決まっています。

そのため、パラチェーンの中でも競争が繰り広げられると予想されます。

現在はまだパラチェーンの数が少ないため問題ありませんが、いずれパラチェーン内でもAstar Network(ASTR)のライバルが誕生するかもしれません。

そうなった時にいかに他のプロジェクトと差別化できるかが重要になりそうですね。

Astar Network(ASTR)はまだ誕生して間もない仮想通貨のため、中長期的な投資目線が必要になりそうです。

仮想通貨ASTR 今後の価格予想

海外サイトの中にはASTRの価格予想を行うサイトもあります。

参考の1つとしていくつか紹介しておきます。

サイト名 2022年 2023年 2024年
priceprediction
0.16ドル 0.23ドル 0.33ドル
coinquora 0.33ドル 0.7ドル 1ドル

予想する価格に違いはあるものの、どちらのサイトも2024年にかけてASTRの価格が高騰すると予測しています。

2022年4月現在、0.25ドルで推移しているため、最大で2年で4倍になる予測です。

ただ、仮想通貨に関しては1か月で5倍に高騰することも珍しくないため、物足りなさを感じる方もいると思います。

そんな方は短期急騰期待のアルトコイン情報を配信する「クリプトマスター」が参考になるかもしれません。

仮想通貨ASTRの買い方

ASTRは日本の取引所では購入できませんが、日本人にも人気のバイナンスで購入可能です。

まだバイナンスの口座をお持ちではない方は、「バイナンスの登録方法」を参考に開設しましょう。

▼国内取引所で仮想通貨を購入
まずバイナンスへ入金するための仮想通貨を国内取引所で購入します。

GMOコインやDMMビットコインはバイナンスへの送金手数料が無料のためお得に送金可能。

それ以外の取引所をご利用の方は送金手数料の安いリップル(XRP)がおすすめです。

ビットコインを送金する場合数千円の送金手数料が必要ですが、リップルならばわずか数十円の送金手数料で送金できます。

▼国内取引所からバイナンスへ入金
まずバイナンスの入金アドレスを取得します。

バイナンスのメニューから「ウォレット[Wallet)」→「フィアットと現物(Fiat and Spot)」を選択。

フィアットと現物の上部から「入金」を選択しましょう。

バイナンスの入金方法

続いて入金したい仮想通貨を選択します。

今回はリップル(XRP)を例に紹介していきます。

仮想通貨を選択すると、QRコードまたは入金アドレスとMEMOが表示されるのでコピーします。

バイナンス入金方法

入金アドレスを間違えると資産を失ってしまう可能性もあるため、手動入力ではなくコピーアンドペーストで入力するようにしてください。

>>バイナンスの入金方法やよくある疑問を徹底解説

▼入金した仮想通貨をコンバート
バイナンスでICPを購入できるのはASTR/BUSD、ASTR/USDTペアです。

BTC以外の仮想通貨で入金した方は、バイナンスのコンバート機能で、トレード可能な仮想通貨へ交換しましょう。

コンバートは0.1%の手数料が必要ですが、手軽に仮想通貨同士を交換できます。

コンバートするには「トレード」から「コンバート」を選択。

次に交換元となる仮想通貨を上に、交換先となる仮想通貨を下に選択しましょう。

後はどちらかの数量を入力すれば、もう一方の数量は自動的に反映されます。

バイナンスのコンバート方法

「コンバージョンプレビュー」を押すと、確認画面で現在の交換レートが表示されます。

問題なければ決定を押すと、コンバートが行われます。

▼バイナンスでASTR購入
チャート画像の通貨ペアをタップし、「検索窓にASTRと入力」-「通貨ペア選択」と進むと注文画面に移ります。

ASTRの購入方法

注文方法を「リミット」「マーケット」から選択し注文を出していきます。

「リミット」は指値注文のことで、自分が指定した価格になったら注文が発注されます。

望んだ価格で購入できるメリットがある一方、指定した価格によっては注文が発注されるまでに時間が必要です。

注文画面に購入したい価格と数量を入力し、注文を出しましょう。

ASTRの購入方法

「マーケット」は成行注文のことで、現在の市場価格で即時注文が出されます。

すぐに注文が出せるメリットはありますが、望んだ価格で注文が出せない可能性もあります。

マーケット注文の場合は購入したいASTRの数量だけを入力すれば問題ありません。

出した注文が約定すれば、ASTRの購入は完了です。

購入したASTRはバイナンスにてステーキング運用が可能

ASTRを預けておくだけで金利を得られるため、すぐに売るつもりのない方はステーキング運用がおすすめです。

>>バイナンスステーキングのやり方、おすすめ銘柄を紹介

仮想通貨ASTRは2022年期待のアルトコイン

ASTARは国産でありながらバイナンスに上場したアルトコイン。

今後の開発次第ではさらに化ける可能性もありそうです。

とはいえ仮想通貨だけに限らず、不安定な相場が続く今は心細さもありますよね。

最近は仮想通貨を含め金融市場が不安定になっている事情もあってか、「FXAIパートナーズ」のような不安定な相場でもハイリターンが狙えるFXサービスに人気が集まっているようです。

中には1か月で400万円以上の利益を得ている方もいるとか。

不安定な時にこそ、最新AIの分析力の高さを頼りたくなってしまうのは、当然と言えば当然なのかもしれません。

Astar Network(ASTR)の基本情報

名称 Astar Network(ASTR)
人気度
時価総額 239位
取引所 Astar Network(ASTR) バイナンス、kucoin

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

プロトタイプがAstarNetwork上にローンチしているPENTAは「Listen to Earn Music Player」。NFTをmint/購入し音楽を再生するだけで再生時間に応じて暗号資産をもらうことができます!

知れば知るほどPENTA「Listen to Earn Music Player」には期待しかない。「音楽を聴く」という日常的な体験を更に高めることができ、音楽業界に流動性をもたらすプロジェクト。買ってて良かった【AstarNetwork/ASTR】

ポルカドットが好きだからAstarNetworkにも期待している。PENTA/Headphone NFTは「Move to Earn」のSTEPNに次ぐ爆上げNFTに化けるんじゃないかな?そうなったら$ASTRの価値も当然上がる。

日本発なのに頑張ってるよねastar
時価総額上位に上り詰めて欲しいね

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません