仮想通貨エイダコインは年始から価格が「12分の1」まで暴落中


仮想通貨カルダノエイダコイン(ADA)を、ツイッターなどのSNSで儲かると聞いて知りましたか?

それとも仮想通貨の取扱量の多さを表す時価総額のランキングから、儲かりそうな仮想通貨として興味を持ちましたか?

カルダノエダコイン(ADA)は、時価総額ランキングTOP10の中でも最も若い仮想通貨(2017年10月に一般公開)で、まだ成長余地が残っています。

一般に取引できるようになってから、2か月で40倍の急騰、時価総額ランキング9位に上り詰めました。今では7位となり、急騰を続けています。

なぜ短期間で7位まで急成長したのか疑問に思いませんか?

そこで今回は、そんなカルダノエイダコイン(ADA)の急成長に裏側にある情報と、どの取引所で取引するのが儲かるのか、といった仮想通貨投資に欠かせない情報を紹介します。

カルダノエイダコインが一番お得な取引所

日本国内にある取引所では金融庁が定めてガイドラインに則った仮想通貨しか取り扱えません。そうしないと、金融庁から仮想通貨の取引所を運営するための免許が正式に与えられないんです。

残念ながら、カルダノエイダコインは日本国内の取引所で取り扱われていないので、海外の取引を利用するしかありません。

カルダノエイダコインを取り扱っている海外の取引所はたくさんありますが、特にバイナンス(BINANCE)がおススメです!

世界最大級の取引所で、海外の中では取引手数料が0.1%と格安になっています。

その他の海外取引所は手数料が高いか、規模が小さいなどの問題がありますので、今のところはバイナンス(BINANCE)一択ではないでしょうか?

■海外取引所を利用する際の2つの注意点

海外の取引所には、国内の取引所と違って不便な問題がいくつもあります。

その中でも海外の取引所を利用するのに最も注意するべき点を2つ紹介します。

1つ目は、もちろん日本語サポートがない取引という点です。日本語のサポートがないと、システムトラブルや仮想通貨の流出問題があったときに、対応してくれたのか分からず、お問い合わせもできないんです!

2つ目は、日本円から入金ができない点です。

海外の取引所では日本円で入金することができない場合が多く、ビットコインなどの仮想通貨を海外の取引所に送金する必要があります。

仮想通貨の初心者にとって、取引所から取引所に仮想通貨を送る作業は面倒かもしれません。

ビットコインで海外の取引所に送金するのであれば、ビットコインの取引手数料が国内最安値のザイフ(Zaif)に登録してみてはいかがですか? ビットコインの送金手数料も安いので、オススメです。

値動きに影響するニュース3選

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

どんなニュースが価格に影響を与えるのか、3つの視点からニュースに注目すると、資産を増やすチャンスが増えるかもしれません。

■新しく取引所で取り扱いを発表

カルダノエイダコインは、2018 年19日に世界で2番目に取引高が多いフオビ(Huobi)という取引所で取引できるようになりました。

その結果、カルダノエイダコインは最大1日で11%の急騰となりました!

カルダノエイダコインは、2017年10月に初めて取引所で取り扱われるようになった仮想通貨なので、まだ他の取引所で新しく取り扱えるようになる可能性もあります。

取引所に新しく取り扱うニュースが発表されるとすぐに急騰します。

仮想通貨は情報が命なので、ニュースはいち早く手に入れることを意識しましょう。

■カルダノエイダコインのアップデート発表

カルダノエイダコインを開発している企業IOHKのホームページには、これからどんな技術を開発し、リリースするのか詳細に載っています。

例えば、カルダノエイダコイン限定のセキュリティが強固なウォレットの開発や仮想通貨デビットカードの開発を行っています。

このような技術が実用化されたら、カルダノエイダコインの価値は瞬く間に急上昇し、値上がりしていくでしょう。

■ビットコインの価格に連動

仮想通貨の王者ビットコインは、仮想通貨のあらゆるニュースに反応して、価格変動してきました。

各国の法規制や取引所の仮想通貨流出事件など、様々な影響をいち早く受けています。全ての仮想通貨のニュースを把握するのは実質的に不可能ですから、ビットコインから価格を予測するのが賢明です。

3か月で仮想通貨ランキング9位に急成長

カルダノエイダコインは、2017年10月に初めて取引所に扱われるようになり、一般に取引できるようになりました。

2か月後の12月には、価格が40倍となって仮想通貨の取扱量が9位になり、来年4月には7位まで取扱量が増えています。

カルダノエイダコインは取引所に取り扱われる前に、ICOによって資金調達が行われていました。ホームページに載っているサービスをリリースされることになれば、値上がりするので、その期待感からICO段階で多額のお金が集まりました。

取引所で取り扱われるようになって、多くの仮想通貨トレーダーがそのサービスや技術力に魅力を感じて、お金が集まりました。その結果、取扱量7位にまで急騰したんです!

カルダノエイダコイン(ADA)の基本情報

名称 カルダノエイダコイン(ADA)
人気度
時価総額 7位
取引所 バイナンス
発行日 2017年10月01日
発行元 カルダノ財団

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前: