仮想通貨COSMOS(ATOM)とは?将来性と今後の価格動向を調査

仮想通貨cosmos(ATOM)

仮想通貨コスモス(ATOM)は2017年に生まれたばかりなのに、すでに時価総額が2000億円を超える仮想通貨です。

しかもトヨタやバイナンスといった世界的な企業がCOSMOSのブロックチェーンを使うほどの技術力も有しています。

そんな将来性が高そうなCOSMOS(ATOM)は今後値上がりが期待できるのかどうかまとめました。

お得な買い方やCOSMOSで効率的に稼ぐ方法にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨COSMOS/コスモスとは?

COSMOS(ATOM)は「インターネット・オブ・ブロックチェーン」という基本的コンセプトを掲げています。

分かりやすく言うと、互換性のないブロックチェーン同士を繋ぎデータのやり取りや開発を容易にしようというプロジェクトです。

コンセプトの実現に向け、COSMOS(ATOM)は「複数のブロックチェーンを繋げるハブ」の役割を担っているのです。

実際にトヨタではイーサリアム(ETH)とCOSMOS(ATOM)を組み合わせ、自社サービスの幅を広げる実証実験を行いました。

1つの仮想通貨では複雑なシステムを開発できなくもCOSMOS(ATOM)を活用すると幅広いサービスが作れるようになります。

今後、ブロックチェーンが普及していくと共にハブとしての役割は広まっていきます。

次に他の仮想通貨と比べ、具体的にどこが優れているのかに触れていきます。

COSMOS(ATOM)の将来性が高い理由

すでにCOSMOS(ATOM)はトヨタやフェイスブック、バイナンスなどで技術採用されています。

世界的な大企業が使うブロックチェーンに選ばれているのは将来性が期待されているからでしょう。

また、COSMOSはイーサリアムを超えるポテンシャルを秘めているとも言われています。

その理由が次の3点です。

将来性①スケーラビリティ問題の解決
Tendermint Core

冒頭でも触れたようにCOSMOSは互換性のないブロックチェーン同士を接続できます。

また、Tendermint Coreという技術を使い、効率的な処理能力を実現しています。

例えば、Tendermint Coreを使ったEthermint(イーサミント)というツールはイーサリアムのブロックチェーンと比べ最大20倍の処理能力があります。

互換性のないブロックチェーンを繋ぎ、Tendermintでブロックチェーンの負荷を分散させることで、スケーラビリティ問題を解決することも可能です。

スケーラビリティ問題を簡単に言えば、ブロックチェーンに負荷がかかりすぎてしまい、手数料が高騰したり処理に遅延が生まれてしまうこと。

2020年からイーサリアム上で様々なサービスが展開され、手数料の高騰が顕著になっています。

そんな背景もあり、COSMOSの技術に注目が集まっています。

将来性②ハードフォークが必要ない
cosmosはハードフォークなし

多くの仮想通貨はブロックチェーンの技術をアップデートする際に、ハードフォークが行われます。

ハードフォークでは元々あったブロックチェーンとは別に新しいブロックチェーン作り、分岐させる方法です。

過去には、ビットコインがビットコインキャッシュやビットコインSVなどと分裂した事例があります。

このようなハードフォークには多くの手間がかかるだけではなく、ブロックチェーンの信頼性を損なうリスクがあります。

一方COSMOSはハードフォークの必要がないので、信頼を損なう可能性は低いです。

将来性③開発を容易にするツールを公開
COSMOSではCOSMOS SDKという開発ツールを一般公開しています。

COSMOS SDKを用いることで誰でも簡単にブロックチェーン開発をすることができます。

作成したブロックチェーンはCOSMOSとの互換性があり、COSMOS上で運用することもできます。

COSMOS(ATOM)のチャート分析&価格予想

COSMOSの最新チャート画像

仮想通貨コスモスはまだまだ高騰の可能性を秘めています

最終的には5,000円を超えてくる可能性もあるかもしれません。

コスモスの日足チャートを見てみると、2021年に入ってから急騰しているのが見て取れます。

年始から2か月半で約5倍に高騰です。

高騰の要因として考えられるのが、DeFi(分散型金融)の盛り上がりです。

COSMOSもDeFi系アルトコインの1つなので、注目が集まり高騰したと考えられますね。

今はビットコイン(BTC)の影響で下落していますが、COSMOSのプロジェクトは着実に進んでいます

インターネットオブブロックチェーンの実現に近づくほど、COSMOSの価格が高騰する可能性も高まるでしょう。

もちろんCOSMOS以外にも高騰の可能性を秘めたアルトコインはあります。

短期的に稼ぎたい方はアルトコインの急騰予測サービスを検討してみてもいいかもしれません。

COSMOS(ATOM)のライバルと比較

COSMOS(ATOM)にはPolkadot(DOT)という類似プロジェクトがあります。

今後Polkadot(DOT)といかに差別化していけるかが重要です。

Polkadot(DOT)は時価総額ランキングでCOSMOS(ATOM)を大きく上回り、10位以内。

しかも2020年9月に初上場したばかりの仮想通貨が時価総額1兆円を超えていました。

おおよそCOSMOS(ATOM)の5倍の規模です。

また、技術面においてもPolkadot(DOT)の方が優れている面があります。

Polkadot(DOT)のホワイトペーパーによれば、COSMOS(ATOM)ではサイドチェーンを利用した資産のやり取りは可能である一方でデータのやり取りが難しいとしており、資産だけでなくデータのやり取りも可能にするというのがPolkadotになります。

簡単に言ってしまうと、COSMOS(ATOM)のブロックチェーン上ではトークン(資産)の交換はできても、データ(個人情報など)は他に移動できません。

エンジニアではない私たちが見ると、どうしてもPolkadot(DOT)の方が優秀だと感じますよね。

ただ、COSMOS(ATOM)には過去の実績があるので、明確にどちらが優れているか断定できる状況ではありません。

少なくても手ごわいライバルであるのは間違いないでしょう。

COSMOS(ATOM)を購入できる取引所

COSMOS(ATOM)は2021年7月にGMOコインに国内初上場しました。

今は日本でもCOSMOS(ATOM)を購入できます

ただ、国内の取引所では販売所形式のため、スプレッドが広く割高感があります。

国内と海外それぞれメリット・デメリットがあるので、ご自身の許容できる範囲を確認しましょう。

国内取引所のメリット・デメリット
メリット:海外取引所へ送金する手間がいらない、レンディングで稼げる

デメリット:スプレッドが広く割高(販売所)

海外取引所のメリット・デメリット
メリット:手数料を抑えて購入できる、ステーキングで稼げる

デメリット:送金の手間がかかる

おすすめ取引所はバイナンス

海外取引所の中でおススメはバイナンスです。

GMOコインでレンディングするよりも、バイナンスでステーキングした方が利回りが良く稼げます。

また、CCNというMLM案件でCOSMOSを増やせると勧誘が行われているようですが、無駄に手数料を取られる可能性があるのでバイナンスでステーキングした方が良いでしょう。

バイナンスの取引手数料は0.1%と安く、200種類以上のアルトコインを取り扱っています。

仮想通貨で稼ぎたいのならバイナンスの口座を開いておいて損はないでしょう。

送金手数料が無料のGMOコイン、DMMビットコイン以外をお使いの方は、送金手数料の安いリップル(XRP)を国内取引所で購入後、バイナンスへ送金し購入する方法がおススメです。

COSMOS(ATOM)のステーキング方法

COSMOS(ATOM)をバイナンスでステーキングするためには、口座開設が必須です。

バイナンスのトップメニュー「ファイナンス」から「バイナンスアーニング」を選択。

コスモスのステーキング方法

次に「バイナンスアーニング」の中から「定期ステーキング」を選択します。

コスモスのステーキング方法

検索窓に「atom」と入力すると、COSMOS(ATOM)を絞り出して表示できます。

コスモスのステーキング方法

年間利回りは2021年7月現在、9.4%~12.7%です。※変動あり

最小ステーキング量は1ATOMなので、約1200円前後からステーキングできます。

ステーキング期間は「30日、60日、90日」から選択可能です。

期間を選択後、「今すぐステーク」をクリックすると、次の画面でステーキングしたい数量を入力します。

確認後購入を決定するとステーキング完了です。

ステーキングは翌日の9時から利息が計算され、毎日9時以降にバイナンスのウォレット内に報酬が配布されます。

仮想通貨COSMOS(ATOM)まとめ

仮想通貨COSMOSは2021年7月に日本の取引所に初上場し、国内でも取引可能になりました。

コスモス自体将来性があり高騰に期待できる仮想通貨ですが、ポルカドットというライバルもいます。

今後はプロジェクトの進展とライバルとの差別化が求められるでしょう。

また、コスモスで稼ぎたいのであれば、バイナンスでステーキングすると効率的に枚数を増やすことができるのでおススメです。

COSMOS(ATOM)の基本情報

名称 COSMOS(ATOM)
人気度
時価総額 28位
発行日 2017年04月06日
発行元 Tendermint Inc

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2021年10月06日

CCNのおかげで貧乏初老の私も希望や夢が得られました。感謝しかありません。

2021年02月09日

CCNのおかげで、暗号資産なんて、知らなかった私も勉強できてよかったです

2021年01月21日

CCNはアトムコインの評判を落とすから邪魔なんだけど!!!

意見を投稿しよう!

お名前: