GCAKE(Pancake Games)の高騰条件とは?今後の価格と将来性に迫る

GCAKEのサムネイル画像

GCAKE(Pancake Games)はNFTゲームの総合プラットフォームを目指すプロジェクトです。

一部の日本人には熱狂的なファンもおり、今後爆上げ間違いなしとの声も聞かれます。

果たしてGCAKE(Pancake Games)は本当に爆上げのチャンスがあるのか?

調べてみると、実はGCAKE(Pancake Games)の爆上げにはある条件を満たす必要があると判明しました。

GCAKE(Pancake Games)とは?

仮想通貨GCAKE(Pancake Games)はブロックチェーンゲーム専用のプラットフォーム「Pancake Games」で利用される仮想通貨です。

具体的にはプラットフォームでのトークンセール参加費用、ゲーム内アイテムの購入費などにGCAKEが利用されます。

また、ゲームプラットフォームとしては、次のようなサービス展開を予定しているとのこと。

・NFTゲームのIDO(Initial DEX Offerring)実施
・NFTゲームに関する攻略サイト
・NFTゲーム内の新アイテム先行販売
・NFTゲームの大会やイベントの開催

Pancake Gamesはゲームの攻略情報から大会イベントまで1つのプラットフォームだけで完結することを目指しています。

さらに中長期的にはプロゲーマーの育成、プロチームの結成、eスポーツとの提携も予定しているようです。

次にそんなPancake Gamesの特徴について触れていきます。

GCAKE(Pancake Games)の特徴

Pancake Gamesの主な特徴は次の3つです。

日本のゲーム会社と提携
Pancake Gamesは、日本のゲーム開発企業BIGBANGと提携が発表されています。

名前だけは聞いたことがあるという方もいるかもしれませんが、BIGBANGは「戦国クロニクル」や「モンクエ」などのゲームを提供している企業です。

代表取締役社長の北川氏はコナミやDNAなどの大手企業に勤めていた経歴があり、モバゲーのゲームプランナーだったという肩書も持っています。

日本のアニメスタジオと提携
Pancake Gamesの公式アカウントによると、日本の巨大アニメスタジオと提携し、アニメーションと作画を手掛けているゲームもあるとのこと。

gcake

具体的な企業名は明かされていませんが、開発途中のゲーム動画を見る限り、たしかにクオリティの高いゲームになりそうな予感がします。

日本のゲーム会社とアニメスタジオというように、Pancake Gamesは日本との関わりが深いプロジェクトになっています。

ただ、逆にこれが“日本人はめ込み案件”と言われる理由にもなってしまっています。

韓国のブロックチェーン協会会長が参入
2021年10月、Pancake Gamesは韓国ブロックチェーン協会会長、韓国モバイルゲーム協会会長であるSungick Hwang氏がアドバイザーとして参加することを発表しています。

gcake

協会の会長自らを仲間に引き入れているため、今後人脈を使ったサービス展開も可能になりそうですね。

次にGCAKE(Pancake Games)がSNSで将来有望!と絶賛されている理由を掘り下げていきます。

GCAKE(Pancake Games)の将来性に期待される理由

GCAKE(Pancake Games)が将来性に期待されている理由は主に次の3つです。

価格が上がりやすい仕組み
GCAKEは定期的に運営によるバーン(焼却)が予定されています

バーンは実質仮想通貨を消滅させることになるため、供給量が減り希少性が高まります。

例えば、〇〇本限定の品物ほど希少価値が高く、高額で転売される可能性が高いのと同じイメージ。

GCAKEもバーンによって希少性が増すことで、価格高騰に繋がりやすくなる仕組みです。

2021年10月の時点でGCAKE総発行枚10兆枚のうち、半分の5兆枚がバーンされています。

gcake

NFTゲームが仮想通貨トレンド
Pancake GamesはNFTゲーム専門のプラットフォームですが、そもそも今NFTゲーム自体が仮想通貨トレンドの1つ。

2021年夏に世界的大ヒットとなったAxie Infinity(AXS)を皮切りにNFTゲームが次々と誕生し、2022年現在もNFTゲームの勢いはとどまることを知りません

NFTゲームがすでに注目を集めている状況のため、GCAKE(Pancake Games)もきっかけさえあれば世界的にヒットする可能性がありそうですよね。

GCAKEのエコシステムが拡大中
GCAKEの役割は基本的にPancake Games内の決済手段ですが、今後他プロジェクトと共同でGCAKEの利用用途が拡大していく予定です。

例えば、Pancake Gamesが出資する世界銀行を目指す「SHANTI」は、GCAKEを担保にした借入が可能になる予定。

また、Pancake Gamesが提携している「TTX.FINANCE」ではGCAKEのステーキングやイールドファーミングが可能になります。

このようにGCAKEはプラットフォーム上で利用されるにとどまらず、今後GCAKEを持っていることへのメリットが増えていく予定です。

次にGCAKE(Pancake Games)の今後の価格動向を占う上で見逃せないポイントに触れていきます。

GCAKE(Pancake Games)今後の価格を左右するポイント

GCAKE(Pancake Games)の価格動向を左右する今後のポイントは次の4つです。

ポイントを全てクリアできれば、GCAKEが爆上げを見せる可能性もあると考えられます。

海外での認知度拡大
GCAKE(Pancake Games)は日本のゲーム会社、アニメスタジオと提携しており、日本人からの知名度は着実に高まっています。

ただ、価格上昇を狙う上では海外投資家からの資金流入も無視できません。

現状はTwitterで「GCAKE」と検索しても、日本人によるツイートが8割以上です。

GCAKE(Pancake Games)が今後中長期的に高騰するためには、海外をいかにして巻き込んでいけるかもカギとなるでしょう。

▼大手取引所の上場
GCAKEは今後バイナンスのような大手取引所へ上場する可能性もあります

というのも、同じくゲーム関連のプロジェクトBinaryX(BNX)は当時無名プロジェクトだったものの、突然のバイナンス上場によって知名度を上げました。

BNXはバイナンス上場から2倍に急騰しています。

BNXのチャート画像

BSC(バイナンススマートチェーン)に多くのゲームプロジェクトが存在していることもあり、バイナンスはゲーム関連プロジェクトを多く上場させる傾向にあります。

ゲームの正式リリースによって日本人だけではなく海外からの知名度も上がれば、バイナンスに上場する可能性もゼロではなさそうですね。

出資元企業の情報解禁
ホワイトペーパーによると、GCAKE(Pancake Games)は14社から出資を受けているようですが、その企業情報は現時点で不明。

gcakeの出資元

出資元の企業を隠すメリットはないように思いますが、大人の事情でもあるのでしょうか。

もし今後出資元の情報解禁され信頼性が高まれば海外投資家からの注目を集めるきっかけにもなるかもしれません。

出資元企業が大企業あった場合は、なおさら話題になりそうですね。

提供ゲームの人気
Pancake Gamesは一段目のプロジェクトとして「SKYFRONTIER(スカイフロンティア)」を近日リリース予定です。

第一弾のゲームがヒットするかどうかで、GCAKE(Pancake Games)の未来が大きく左右されそうですね。

SKYFRONTIERは「Play to Earn」を採用した稼げるゲーム。

ゲーム内のアイテムなどは全てNFTとして管理され、手に入れたNFTは仮想通貨に換金可能です。

gcakeのゲームスカイフロンティア

SKYFRONTIERはすでにファミ通などの大手ゲームメディアに載っているため、実際のリリースが楽しみですね。

2022年4月にはスカイフロンティアとAU webポータルのコラボも発表され、話題となりました。

ただ、「TAP FANTASY」などライバルゲームもあるので、競争に勝つことが重要です。

それにスカイフロンティアの正式リリースは来年度になるとの情報もあるため、その頃まで話題を集めていけるかは未知数。

上記3つのポイントはいずれも長い目で見ていく必用があるため、短期での高騰は起きにくい可能性が高いです。

正直仮想通貨に投資するならば、短期で稼ぎたいと思うのは当然。

そういった方は、短期急騰期待のアルトコイン情報を配信する「クリプトマスター」のようなサービスが参考になると思います。

直近では1か月で20倍を達成したSTEPN(GMT)を事前に配信していたと利用者の間で話題です。

今後のロードマップ

ゲームのリリース予定など、GCAKEの今後の開発計画はロードマップとして公開されています。

2022年5月の時点で公表されているGCAKE(Pancake Games)のロードマップは以下の通りです。

gcakeのロードマップ

2021年9月:トークンセール、ユニスワップ上場
2021年11月:スシスワップ上場
2022年1月:MEXC上場
2022年第二四半期以降:ゲームリリース

現在公開されているロードマップの内、ゲームリリース以外は全て達成済み。

ゲームリリースは当初2021年を予定していたようですが、クオリティを追い求めるがゆえに2022年第二四半期以降のリリースに延期されています。

中には2023年度になるという話もあるため、いずれにしてもまだまだゲームリリースには時間がかかりそうですね。

あまり延期を繰り返すと投資家からの信頼を失うことにもなりかねないので、今度こそスムーズなリリースを願うばかりです。

GCAKEの価格予想

海外のサイトではGCAKEの価格予想を行っているサイトもあります。

どちらのサイトもGCAKEが2025年にかけて現在価格の2倍から4倍に高騰すると予測

サイト名 2022年 2023年 2024年 2025年
priceprediction 0.00000079ドル 0.00000118ドル 0.00000169ドル 0.00000247ドル
digitalcoinprice 0.000000612ドル 0.000000708ドル 0.000000758ドル 0.000000952ドル

個人的にはGCAKEの高騰には、ゲームの盛り上がりが必須だと感じているので、まずはゲームの正式リリースされるのが待たれます。

また、仮想通貨においては1週間足らずで5倍に高騰するものもあるため、中には「3年にかけて現在価格の2倍から4倍」に物足りなさを感じる方もいるでしょう。

短期の利益を狙う方は最新AIがハイリターンが狙える通貨を抽出してくれる「FXAIパートナーズ」が参考になるかもしれません。

利用者の中には1か月で500万円の利益を得ている方もいるようです。

GCAKE BSCでの買い方

GCAKEはBSCとイーサリアムチェーンの2つに対応していますが、手数料が安いBSCでの購入をおすすめします。

BSCのGCAKEを購入する流れは、大きく分けて次の通りです。

・バイナンスでBNB購入
・メタマスクにBNB送金
・パンケーキスワップでGCAKE購入

GCAKEを購入するにはメタマスクのような外部ウォレットが必須になるため、まだ持っていない方は「スマホ版メタマスクの使い方」を参考に作成しましょう。

メタマスクはあるけど、BSCネットワークを追加してないという方も、BSCネットワークの追加を行ってください。

バイナンスでBNB購入
BNBは国内取引所では購入できないため、国内取引所で仮想通貨を購入しバイナンスへ送金、バイナンスでBNBを購入する方法がメジャーです。

国内取引所からバイナンスへ仮想通貨を送金する際には、送金手数料の安いリップル(XRP)やステラルーメン(XLM)がおすすめ

国内取引所からバイナンスへ仮想通貨を入金したら、「トレード」-「アドバンス(クラシックでも可)」からBNBの通貨ペアを選択しましょう。

バイナンスのBNB購入方法

後は注文方法を「指値」「成行」から選び、注文を出します。

メタマスクにBNB入金
バイナンスからBNBを出金しメタマスクに入金するには、入金時同様「ウォレット」→「現物とフィアット」を選択します。

出金したい仮想通貨を選択し、出金をクリック。

バイナンスの出金方法

次に出金先アドレス、ネットワークを選択します。

この時BSCネットワークに切り替えたメタマスクの入金アドレスと、必ずネットワークにBEP20(BSC)を選択しましょう。

異なるネットワークに送金すると、最悪資金を失ってしまう可能性もあります。

後は出金したいBNBの数量を入力し、「出金」ボタンをクリック。

出金申請を出すと、バイナンスからの確認メールが登録したアドレスに送られてくるので承認します。

パンケーキスワップでGCAKE購入
メタマスクをパンケーキスワップに接続し、GCAKEを購入します。

メタマスクのブラウザ機能からパンケーキスワップの公式サイトにアクセス。

「conect wallet(ウォレットを接続)」よりメタマスクを選択し、接続を承認すれば接続完了です。

「Trade」から「Exchange」を選びましょう。

「BNB」→「GCAKE」となるように通貨を選択するのですが、より安全にトレードするためにGCAKEのコントラクトアドレスで通貨を選択します。

※BSC版GCAKEのコントラクトアドレス↓
0x61d5822dd7b3ed495108733e6550d4529480c8f6

コントラクトアドレスを入力すると、GCAKEが表示されるのでインポートを行いましょう。

後はGCAKEに交換したいBNBの数量を入力、「swap」を選択し取引の実施を承認、手数料の支払いをすればGCAKEの購入は完了です。

もいエラーで交換できない場合は、手数料のBNBが足りないか、スリッページが狭すぎることが原因である場合が多いです。

スリッページは急な価格変動によってユーザーが損をしないようにするストッパー機能ですが、値動きの激しい草コインの場合はエラーの原因となります。

スワップ画面の歯車からスリッページの数値を少しずつ上げ、エラーが発生しない場所を見つけましょう。

草コインの場合はスリッページ10%から20%くらいに上げると、無事に交換できることが多いです。

パンケーキスワップの使い方について、不明な点があれば下記の記事をご覧ください。

>>パンケーキスワップの使い方・やり方を基本から応用まで徹底解説

GCAKE ETHでの買い方

イーサリアムチェーンならばsushiswapでGCAKEを購入できます。

基本的な流れはパンケーキスワップと変わりません。

・イーサリアムを購入
・メタマスクに入金
・sushiswapでGCAKE購入

1つ注意が必要なのはBSCに比べるとトランザクション手数料が高く、1度の取引に2000円から3000円ほどかかってしまいます

sushiswapの公式サイトにアクセス後、メタマスクを接続し「Trade」よりGCAKEを購入します。

GCAKEを表示させる時にはイーサリアムチェーンでのコントラクトアドレスを入力します。

※ERC版GCAKEのコントラクトアドレス↓
0x5f944b0c4315cb7c3a846b025ab4045da44abf6c

後は交換したい数量を入力し、スワップすればGCAKEの購入は完了です。

購入後の運用方法

もしGCAKEを中長期的に保有する予定なのであれば、ステーキングやイールドファーミングによる運用がおすすめです。

ざっくり言うとGCAKEを保有し、預け入れておくことでさらに効率的に稼げる仕組みです。

GCAKEのステーキング自体はまだ実装されていませんが、TTX.FINANCEで近々実装が予定されています。

その他GCAKEの使い道は広がっていくと予想されるので、公式アカウントをフォローし最新情報をチェックしておくといいでしょう。

GCAKEは2022年化ける可能性あり

GCAKE(Pancake Games)はNFTゲーム専門のプラットフォーム。

NFTゲームを提供するだけではなく、攻略サイトや大会、プロチームの結成までも予定されています。

日本の企業と提携していることもあり、日本人からの知名度はありますが海外ではまだまだ無名

今後プロジェクトの進展と共に海外の注目を集められれば、爆上げの可能性もあると思われます。

そのためGCAKEは長い目で見ていく必要があるでしょう。

GCAKEに限らず仮想通貨市場が不安定になっている今、「FXAIパートナーズ」のような下落相場でもハイリターンが狙えるサービスに人気が集まっています。

中には「現物保有よりも稼げる」という意見もあるため、興味があればご覧になってみてもいいかもしれません。

GCAKE(Pancake Games)の基本情報

名称 GCAKE(Pancake Games)
人気度
時価総額 3197
取引所 GCAKE(Pancake Games) パンケーキスワップ

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

今日は下げてるけど2021年組は全く売れる価格帯じゃないからまだまだ上げると思うよ。今でも$gcake安すぎでしょ。

Pancake Gamesは資金力と実績、そしてスカフロなどへの期待感がある以上、$gcakeはまだまだ上がるとみて間違いないでしょう。利確どころか買い増しすべき銘柄だと思う。

4日の$gcake爆上げはパンプアンドダンプだったのだろうか?とりあえず安い時に買った分は売って利確してしまった。

26日のAMAで「GCAKEを厚めに…」という発表があったらしいね。スカフロでGCAKEガチャがあるのではという予想をする人もいるようで、目が離せません。

3月のGCAKEは下落トレンドが続いたものの突然の出来高増加と価格の急上昇が複数回見られ、大口さんが集めている気配を感じますね。

今日もGCAKEが10%以上上げてるな。特に材料もないと思うけど、これ来月爆発するかもしれないな。

スカイフロンティアが盛り上がってるのにGCAKEがいまいち盛り上がらないけど、ゲームが正式にローンチされて課金組が動き始めないと判断できないよね。

今年に入ってからとにかく下がりっぱなしのGCAKEだけど今が大底でもう下がらないと思う。期待の銘柄であることにはまったく変わりが無い。

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません