仮想通貨IOTAアイオータの価格が大暴落! 原因は開発の停滞

どの仮想通貨が値上がりするのか調べていると、仮想通貨の開発元と大企業が提携するニュースによって、急騰したことを多くあります。

仮想通貨アイオータの場合、2017年に家電メーカー富士通など20社の大企業と提携が発表され1か月で36倍も急騰しました!

なぜ世界を代表とする大企業が仮想通貨アイオータと提携するのか気になりませんか?

アイオータは、“IoT”と呼ばれる冷蔵かなどの家電とインターネットを繋げるコンピュータの根幹技術があります。その技術を利用すると、億単位ある世界中のコンピュータの計算が圧倒的に短縮され、コスト削減になるんです!

しかもアイオータのネットワークに繋がったコンピュータが増えるほど、計算速度は向上し、コストが下がります。

これから“IoT”の機能を持つコンピュータが2020年までに300億個まで増加すると総務省によって予測されており、アイオータを利用した“IoT”はどんどん低コストになっていくんです!

そんなアイオータの実用化を目指したイベントが2018年2月に行われ、1日で9%も急騰しました。これは、よりアイオータの実用化が進んだために、期待が集まった結果です。

そんなアイオータとはどんな仮想通貨で、なぜ期待が膨れ上がっているのか、わかりやすく紹介します。

アイオータが一番お得な取引所

アイオータを取引したいけど、どの取引所が一番お得なのか判断するのが難しいですよね。国内の取引所では取り扱っていないので、海外取引所を利用するしかありません。

海外の取引所と言えば、中国を本拠地置くバイナンス(BINANCE)があります。この取引所であれば、アイオータの取引手数料が0.1%となっています。

海外の取引所ではありますが、日本人会員が43万人いるとバイナンス(BINANCE)は発表しています。取引所のWebサイトは、Google翻訳を使って日本語で利用できるので日本人の利用者が増えているのでしょう。

■海外取引所を利用の際はリスクを覚悟する

バイナンス(BINANCE)に限りませんが、海外取引所を利用するときには、きちんとした日本語サービスを受けられないと覚悟してください。

例えば、サービスで不明な点があったとしても、英語対応が基本なので、日本語でお問い合わせすることができません。突然のシステムトラブルや仕様変更があっても、日本語で発表されないので、私たちにはリスクが付きまといます。

値動きに影響するニュース3選

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

どんなニュースが価格に影響を与えるのか、3つの視点からニュースに注目すると、資産を増やすチャンスが増えるかもしれません。

IT大手の企業と提携し、急騰

そもそもIOTAは、最新テクノロジーであるIoT(Internet of Things)のプラットフォームのために作られたブロックチェーン技術をもとに揮発された仮想通貨です。

その技術力を目当てに、富士通がIOTAを運営する財団と提携を発表しました。このニュースでIOTAの価格は1日で9%も急騰したんです!

今後も間違いなくIoT(Internet of Things)は世界中から求められる技術ですので、これからもっと多くの企業と提携することになります。

このような発表があるごとに急騰するチャンスがあるので、注意深くニュースを見守っていきましょう。

■取引所関連のニュースに影響を受ける

国内の取引所は、コインチェック(coincheck)の仮想通貨流出事件が起きてから、金融庁から厳しい行政処分を受けています。

取引所によっては運営停止となり、取引所の運営を辞める企業もあります。金融庁の鋭い目が光っている間は、今後も取引所の運営に影響を与えるのは間違いありません。

■ビットコインの価格に連動

アイオータとビットコインの仮想通貨の価格変動を比較してみると、同じような価格変動になっていることが分かります。

ビットコインの価格を追ってアイオータの価格も変動しているので、ビットコインのニュースをいち早く手に入れる状態を作っておきましょう。ビットコインからある程度の価格を予測できるはずです!

取引所に上場初日で時価総額6

アイオータは2016年にICOが行われ、資金調達が実施されました。2017年7月には、初めて取引所への上場が決定して、初日だけで500の爆騰がありました。

なぜアイオータが上場初日で爆謄したのか、気になりますよね。爆謄の秘密は、今後、将来性があるIoT(Internet of Things)を使いやすくする技術が備わっています。

AI(人工知能)並み期待されている技術だったので、一気に投資が集中しました。

その結果、取引所で取り扱いが始まってから、初日で7位までの有名なアルトコインを置き去りにしてランキング上位に食い込みました。

アイオータ(IOTA)の基本情報

名称 アイオータ(IOTA)
人気度
時価総額 9位
取引所 バイナンス
発行日 2017年06月09日
発行元 アイオータ財団

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年07月10日

アイオータのICOにはリスクがない程度に、1000円だけ突っ込んでいたんです。

これが500倍になったときは驚きました。

仕事が忙しくなってICOを探す暇がなくなっちゃたけど、
やっと落ち着いてきたからICOを探してます。

アイオータはIoT業界を変えるICOだったから投資できたらけど、
今のICOはどれも同じでどれが儲かりそうなんですかね。

2018年06月25日

取引所の上場した、その日の内に、時価総額6位だなんて、どんだけ期待されてる仮想通貨なんですかね。

今は、もうかなり下がっちゃってるけど、期待はできそう。
日本の富士通には、アイオータを使って、値上がりするようなサービスを早く作ってほしい。

意見を投稿しよう!

お名前: