「NEMネム」の価格が下落中‥もはや復活は不可能か?今後を検証


仮想通貨取引所のコインチェック(coinchek)は2018年1月の仮想通貨ネム(NEM)の流出事件を起こしています。

そして、事件発覚後に、ネムは1週間で価格が半分になりました!

そんな仮想通貨ネムには、もう将来性がないのか思うかもしれません。底値からは抜け出しているので、まったく値上がりが期待できない訳ではないです。

コインチェックの事件による影響から抜け出すことができれば、急騰する可能性があります!

なぜなら、2017年は最大550倍まで急騰していたのですから、2018年もまったく値上がりしないとは限りません。今のところ、徐々に負の影響から抜け出し、値上がりしようとしています。

現状、ネムに投資するどうか判断に迷いますよね。そんな人のために、ネムで「儲ける方法」や「儲けに直結するニュースの見方」を紹介します。

ネムが一番お得な取引所

ネムを国内で取り扱っている取引所は、ネムの流出事件を起こしたコインチェック(coincheck)を除くと、ザイフ(Zaif)とDMMビットコイン(DMM bitcoin)があります。

国内でネムを売買したいのなら、ザイフがオススメです。取引手数料が0.1%かかりますが、日本円でネムを売買できます。

DMMビットコインの場合ですと、手数料は無料ですが、ネムを取引するにはビットコインとイーサリアムで取引する必要があるんです。さらに、販売所形式での取引なので、ネムの仕入れ費用が価格に追加されており、価格が割高になっています。

ネムを取引するのなら、ザイフがオススメです。

値動きに影響するニュース3

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

どんなニュースが価格に影響を与えるのか、3つの視点からニュースに注目すると、資産を増やすチャンスが増えるかもしれません。

■コインチェックの動向が価格の行方を左右

2018年1月のコインチェックによるネム流出事件からネムが暴落しました。一時的に、ネムの出金や売買が停止となり、取引所からお金を取り出せない状況が続きました。

3月にはネムの出金や売買が可能となりましたが、色濃く価格に影響を見せています。

今後、コインチェックが新規のユーザー登録を開始して、ユーザーが戻るようになったら、ネムにも資金が集まっていくでしょう。

■金融大手のマネックスの提携関連ニュース

コインチェックはネムの流出事件を起こして、自力で経営を立てなすことが不可能と判断し、金融大手のマネックスグループに買収されることになりました。

マネックスグループは仮想通貨取引所のシステムに似たFXの運営経験が豊富な会社です。

コインチェックの再建が整えば、今まで以上に投資家が使いやすい取引所になっていくのは間違いないです。

マネックスグループ関連のニュースも要注目する必要があります。

■ビットコインの価格に連動

ネムは、仮想通貨の王者ビットコインと似た価格変動をしています。ビットコインが急騰しても暴落しても、ネムはビットコインの価格の後を追っています。

このネムの習性を掴んでいれば、ビットコインの値動きからもチャートを予測できるんです。

2017年で最大550


ネムの価格は2017年~2018年にかけて、激しい値動きをしています。2017年は、最安値から最高値の差が550倍となっており、投資のタイミングによっては大きな利益をもたらしていた可能性があります。

仮想通貨トレーダーにとって、この激しい値動きは上手に活用することで儲けることができます。このハイリスクな投資を行うためには、いち早く正しいニュースを手に入れる必要があります。

この激しい値動きは、仮想通貨トレーダーにとってチャンスでもあります。この値動きを利用して、価格差で儲けることができるからです。ハイリスクな投資手法なので、仮想通貨トレードに慣れてきたら挑戦してみてはいかがですか?

ネム(NEM)の基本情報

名称 ネム(NEM)
人気度
時価総額 15位
取引所 ザイフ
発行日 2016年12月08日
発行元 NEM.io財団

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年07月05日

あのコインチェックの流出事件があってから、価格が低くなってるけど、
コインチェック事件が忘れられたときには、また値上がりしてくれそう!

値上がりそうになったら、購入してみるわ。

意見を投稿しよう!

お名前:

^