Tezosは今後どうなる?将来性が期待され値上がり中!

tezos

仮想通貨全体が値下がりしてても、Tezos(テゾス)だけ高騰していたと話題になっていました。

今では時価総額ランキング10位まで駆け上がり、頻繁にニュースで取り上げられるようになっています。

実際のところ、今後に期待されている仮想通貨なのかどうか気になると思います。

そこで今回の記事では、Tezos(テゾス)が今後どうなるのか分かる情報をまとめました。

Tezos(テゾス)とは

Tezos(テゾス)とは、ビットコインの弱点を克服したブロックチェーンを持つ仮想通貨です。

元々ビットコインは問題が起こると、ハードフォーク(分裂)を行って別のトークンを作り、問題を解決しようとします。

問題が解決された新しいブロックチェーンには、今までのブロックチェーンとの互換性がなく、ゼロからシステム開発をしないといけないというリスクがありました。

そこでTezos(テゾス)では、システムの修正にハードフォークを必要としない次世代型ブロックチェーンを開発しました。

要するに、既存のブロックチェーンよりも使いやすい仮想通貨だということです。

Tezos(テゾス)の今後の将来性まとめ

そもそもTezos(テゾス)はビジネスで利用しやすいブロックチェーンを目的に開発が進んでいます。

まずは、今後に必要とされる機能を持っているのか確認していきましょう。

▼ビジネスで活用される4つ理由

①契約の自動化
②不具合やバグが生じにくい
③開発者への報酬システム
④匿名性が高い

①契約の自動化

今まではビジネスなどの契約は紙面で行われていましたが、スマートコントラクトという機能を使うことでネット上で自動的に契約を行えます。

しかも自動で契約内容を確認してくれるので、人が契約の詳細を確認する手間がなくなるのです。

さらに契約内容はブロックチェーン上に記録されているので、改ざんされる心配もありません。

このTezos(テゾス)のスマートコントラクトは、すでに不動産や保険、金融機関で活用されています。

今後もビジネスで活用される場面が増えていくと思います。

②不具合やバグが生じにくい

Tezos(テゾス)はブロックチェーンを開発する際に、Ocaml(オーキャメル)というプログラム言語を利用しています。

このOcaml(オーキャメル)でブロックチェーンを作ると、不具合やバグが生じにくなります。

また、開発者が入力したコードをわかりやすく、読みやすくしてくれるという機能もあります。

そのお蔭で会社がブロックチェーンを開発しやすく、ビジネスで活用しやすくなっているのです。

③開発者への報酬システム

個人の開発者でもTezos(テゾス)のシステムを改良する提案ができます。

もし提案した改善案が採用された場合、開発者報酬を受け取れます。

日々、Tezos(テゾス)のブロックチェーンは進化していくので、どんどん将来性が増していくのです。

④匿名性が高い

これから実装予定の機能「リング署名」と「ゼロ知識証明」があります。

どちらも匿名性を高めてくれて、利用者のプライバシーを保護してくれる機能です。

「リング署名」とは、送受信を行うアドレスを取引ごとに変える仕組みです。

「ゼロ知識証明」とは、データを送受信した人にしか情報が分からなくなる仕組みです。

ビットコインやイーサリアムはネット上で仮想通貨の移動を確認できますが、ゼロ知識証明が利用された仮想通貨では取引した者同士にしか情報が伝わりません。

上記2つの機能が実装されると、匿名性が高くなり、情報を第三者に漏らしたくない人たちがTezos(テゾス)を利用するようになるのでしょう。

Tezos(テゾス)は今後ビジネス展開が加速

現時点でもTezos(テゾス)のブロックチェーンは世界中で活用されています。

・フランスのサイバー犯罪対策室に導入
・南米の大手投資銀行が活用
・不動産開発プロジェクトで利用

この他にもTezos(テゾス)は世界中で活用されています。

今後Tezos(テゾス)が日本で上場する可能性

将来的にはTezos(テゾス)の仮想通貨取引所で上場する可能性があります。

2020年2月には、前触れもなくクアンタムがコインチェックに上場することを発表しました。

このクアンタムは日本での拠点を持ち、営業活動を行っています。

同じようにTezos(テゾス)もTezos Japanという非営利団体が日本に設立されています。

秘密裏に取引所と上場について交渉していても可笑しくありません。

もしTezos(テゾス)が日本で上場することになったら、一時的にも急騰する確率が高いでしょう。

Tezos(テゾス)の口コミや評判

Tezos(テゾス)に対して投資家たちが将来性を感じているのか、どう思っているのか、口コミ評判をまとめてみました。

確かに、多くの仮想通貨がビットコインとほぼ同じ値動きをしている中で、Tezos(テゾス)は市場の影響を受けずに高騰していることがありますね。

Tezos(テゾス)をべた褒めですね。

Tezos(テゾス)が買える取引所とは

国内取引所では取り扱いがなく、海外取引所でしか売買することができません。

これからTezos(テゾス)を購入するとしたら、下記の海外取引所がおススメです。

・Binance
・OKEx
・Kraken
・KuCoin
・HitBTC
・Coinbase

他にも沢山の取引所で取引可能ですが、Tezos(テゾス)の取り扱い量が多くて注文が通りやい取引所だけを厳選しました。

特に、世界最大級の海外取引所Binanceなら日本人の利用者が多く、使い勝手が良いかもしれません。

Binanceの詳細はこちら

Tezos(テゾス)のステーキング

tezosのステーキング

そもそもステーキングとは、簡単に言うと仮想通貨を保有しているだけで配当がもらえる仕組みです。

正確に言うと、Tezos(テゾス)ではPoW(Proof of Work)というマイニング方式を採用しており、保有者に自動的にマイニング報酬が与えられます。

専門的な知識や技術は必要なく、ただ購入するだけで良いのです。

ただ、ステーキングのサービスを実施している取引所でないと、マイニング報酬はもらえません。

現在、Tezos(テゾス)のステーキングサービスを受けられるのは、「Binance」と「Coinbase」です。

▼ステーキングのやり方

Binanceでステーキングサービスを利用する際には、Tezos(テゾス)を保有するだけで大丈夫です。

最低でも1XTZ(約300円)は持っていれば、自動的にマイニング報酬が手に入ります。

ちなみに、毎月20日から1か月間のこのマイニング報酬は、来月の20日までに受け取れます。

もちろん無料でステーキングサービスはできます。

もう1か所のステーキングができる海外取引所Coinbaseでは25%の手数料がかかるので、明らかにBinanceの方がお得ですね。

また、取引所以外でもTrust Walletという仮想通貨ウォレットなら、ステーキングサービスを受けることができます。

Tezos(テゾス)が使えるウォレット

Tezos(テゾス)の公式ウォレットは通称・ガレオンと呼ばれています。

ガレオンはアメリカのCryptonomicという企業が開発しました。

この他にもTrust Walletというモバイルウォレットもあります。

GooglePlayとAppStore、どちらでもTrust Walletをインストールすることができます。

Trust Walletではビットコインを始めとした主要な仮想通貨も管理できるので、使い勝手はガレオンより良いかもしれませんね。

Tezos(テゾス)まとめ

・時価総額ランキング10位に成長
・世界中で普及し始めている
・日本で上場する可能性あり
・今後の将来性は期待できる

Tezos(テゾス)の基本情報

名称 Tezos(テゾス)
人気度
時価総額 10位
取引所 クラーケン バイナンス
発行日 2018年12月01日
発行元 テゾス財団

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前:

^