ジーキャッシュの価格が「20分の1」に。大暴落の原因を検証!


仮想通貨ジーキャッシュは、国内で取引所コインチェック(coincheck)だけが取り扱っていましたが、2018年3月いきなり取引停止を発表しました。

その後に、1日で10%の暴落したんです!

コインチェック(coincheck)がジーキャッシュの取引を辞めた理由は、ジーキャッシュが犯罪の資金源に利用されかねないからです。

ジーキャッシュを誰かに送金したとしても、誰が発送元なのか分からない仕組みになっています。ジーキャッシュで犯罪が行われても、送金経路を辿ることができず、犯人を特定できません。

ジーキャッシュの犯罪にも悪用される、非常に高い匿名性を求めて、2017年にアメリカ金融大手のJPモルガンが提携しました。

この発表後、2か月間で4倍まで急騰しました。実際にJPモルガンがジーキャッシュを利用したサービスを始めたら、今年も急騰するでしょう!

今のところ、「犯罪に使われる仮想通貨」と「匿名性が高い画期的な仮想通貨」で判断が分かれており、激しい値動きを続けています。

そこで今回は、そんなジーキャッシュで儲けるために欠かせない「儲け方や投資タイミング」などを紹介します。

ジーキャッシュが一番お得な取引所


国内の取引所では唯一コインチェック(coincheck)がジーキャッシュを取り扱っていましたが、匿名性が高い仮想通貨ということで取り扱いを辞めることになりました。

今のところ、ジーキャッシュは海外取引所でしか取引できないです。

海外の取引所を利用するのなら、バイナンス(BINANCE)がオススメです。バイナンス(BINANCE)は日本人も利用しており、10万人以上のユーザーが日本人だと発表しています。

ジーキャッシュの取引手数料は0.1%で海外の取引所の中でも格安です。せっかく儲けた利益を減らさないためにも、手数料が低い取引所を選ぶと良いでしょう。

またアメリカの取引所HitBTCもジーキャッシュの取引手数料が0.1%でしが、Google翻訳に対応していないため、取引所を日本語で利用できません。

やはり海外取引所を利用するのなら、バイナンス(BINANCE)がオススメです。

■海外取引所を利用する際の注意点

バイナンス(BINANCE)に日本人ユーザーが多いからといっても、日本語サポートがあるワケではありません。Google翻訳を利用することで、取引所を日本語で読めるようになり、仮想通貨の取引が可能になります。

海外の取引所ではありますが、日本語でもトラブル対応などは一切ありませんのでご注意ください。

値動きに影響するニュース3選

全ての仮想通貨に言えることですが、仮想通貨関連のニュースがあるごとに価格が変動します。

どんなニュースが価格に影響を与えるのか、3つの視点からニュースに注目すると、資産を増やすチャンスが増えるかもしれません。

2025年までに200倍になると予測

アメリカで仮想通貨投資やビットコイン投資信託を運営しているグレイスケース社が2025年までにジーキャッシュが200倍になる可能性があると発表しました。

グレイスケース社は仮想通貨の投資に特化している会社として実績があります。そんな会社の予測ですから、信用できる予測ではないでしょうか?

■取引所関連のニュースに影響を受ける

国内の取引所は、コインチェック(coincheck)の仮想通貨流出事件が起きてから、金融庁から厳しい行政処分を受けています。

取引所によっては運営停止となり、取引所の運営を辞める企業もあります。金融庁の鋭い目が光っている間は、今後も取引所の運営に影響を与えるのは間違いありません。

また、コインチェック(coincheck)はジーキャッシュの取り扱いを辞めると発表しています。コインチェックの運営が開始してから、実際にどうなるのか判断が待たれます。コインチェック(coincheck)の動向には要注意でね!

■ビットコインの価格に連動

イーサリアムは、仮想通貨の王者ビットコインと似た価格変動をしています。ビットコインが急騰しても暴落しても、イーサリアムはビットコインの価格の後を追っています。

このイーサリアムの習性を掴んでいれば、ビットコインの値動きからもチャートを予測できるんです。

犯罪に利用されかねない危険な仮想通貨

ジーキャッシュは、非常に高い匿名性を持っており、犯罪に利用されたとしても犯人を追跡することができないで特定もできません。

JPモルガンのような金融機関がジーキャッシュのシステムを導入したサービスを開発しており、金融機関等にニースがある仮想通貨です。

ただし犯罪だけではなく、テロなどにも利用されかねないという理由から国から法規制の対象になる可能性があります。

ジーキャッシュ( ZEC)の基本情報

名称 ジーキャッシュ( ZEC)
人気度
時価総額 23位
取引所 クラーケン バイナンス
発行日 2016年10月28日
発行元 Zcash Company

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年07月06日

コインチェックはジーキャッシュの取り扱いを辞めちゃうのかな……

マネックスが買収しちゃったから
どうなるのかわからないしね。

匿名性がある仮想通貨として期待してたから、
取り扱いをやめるのを止めて欲しいな……

意見を投稿しよう!

お名前:

^