GameFiとは?おすすめ銘柄と探し方まで紹介

2021年仮想通貨のトレンドとなっているGameFi。

ゲームをしながら現実世界で稼ぐ、夢や理想ではなく身近になりつつあります。

今回はGameFiとは?という基本から、GameFiの関連銘柄や今後の将来性に迫っていきます。

GameFiとは?

GameFiはゲームとDeFi(分散型金融)からきている造語です。

簡単にいうと、ユーザーはゲームをすることで現実の利益を得られます

GameFiは別名「play-to-earn(P2E)」とも呼ばれます。

DeFiとGameFiの違いは、ゲームを介して稼ぐのかどうかという点です。

GameFi自体は以前から存在していましたが、2021年現在ゲームで稼ぐことのハードルが下がり、大注目のジャンルです。

特にフィリピン、ベトナム、インドネシアなどの東南アジアで大人気となっており、生活費をGameFiで稼ぐ人も多いのが現状。

GameFiは稼げる可能性が高い

GameFiで生活費を稼ぐ人がいるように、GameFiは稼げる可能性の高い分野です。

GameFiの中でも絶大な人気を誇っているのが「Axie Infinity」というベトナム発のゲーム。

Axie Infinityはゲーム内で仮想通貨を入手したり、NFTのモンスターやアイテムなどを売買することで稼げる仕組みです。

NFT(非代替性トークン)のことで、アイテムの所有権を表したり、それぞれのアイテムに独自の価値を与えられます。

Axie Infinityはもともとイーサリアムチェーン上に構築されたゲームでしたが、スケーラビリティ問題の影響で現在は独自のイーサリアムサイドチェーンRoninで稼働しています。

Axie Infinityの独自通貨(AXS)は7月に入ってからの一か月半で15倍以上に高騰。

シンジケート」のような高騰期待のアルトコイン情報を配信するサイトは、早い段階でAXSの高騰に確信を持っていたようです。

AXSの日足チャート画像

GameFiは初期費用が必要な場合が多く、Axie Infinityの場合約6万円が必要ですが、ゲームプレイによって月2万円~3万円の利益が得られるようです。

レアなNFTは高値で売買できるので、運が良ければより多くの利益が得られます。

・ゲームプレイによって仮想通貨を得て稼ぐ
・ゲームで得たNFTを売買して稼ぐ
・独自通貨に投資して稼ぐ

上記のように、利益を得る方法が多岐に渡っている点もGameFiに人気が集まっている理由でしょう。

GameFiの関連銘柄

Axie Infinity(AXS)以外のGameFi関連銘柄には次のようなものがあります。

▼CryptoZoon(ZOON)
CryptoZoonはAxie Infinityと似たようなGameFiです。

cryptozoon

モンスターを孵化させ、対戦させることで報酬を得ていきます。

CryptoZoonでもモンスターを売買することで利益を得られます。

独自通貨のZOONは2021年8月の1か月間で5倍以上に高騰し、注目を集めました。

CryptoZoonはBSC(バイナンススマートチェーン)上で稼働しているので、イーサリアムのAxie Infinityに比べると手数料を安く抑えてプレイできます。

▼CryptoBlades(SKILL)
CryptoBladesは自分で作成したキャラクターで戦闘を行い、その報酬で稼ぐGameFiです。

cryptoblades

キャラクターのレベルを上げることで、得られる報酬も増えていきます。

CryptoZoon同様BSC上で稼働するゲームで、一時はAxie Infinityのユーザー数を抜くほどの人気を誇りました。

独自通貨のSKILLは2021年7月の一ヶ月間で約150倍に高騰しています。

▼The Sandbox(SAND)
The Sandboxは仮想空間内にLAND(土地)を所有し、LAND上にゲームやジオラマを作成するゲームです。

クリエイター目線で言えば、LAND上に作成したゲームや施設を有料で他のプレイヤーに提供できます。

また、不動産収入のように、LAND上の施設を貸したりLANDを売ったりして利益を得られます。

プレイヤーは、The Sandbox内で手に入れたアイテムをNFTマーケットプレイスで高値で転売できるのです。

The SandboxのLANDは世界的なゲームメーカーATARIがLANDを所有していたり、スクウェアエニックス多額の出資を行っているなど、注目度の高いGameFiです。

また、国内取引所のコインチェックとも提携しており、今後コインチェックに上場するとも噂されています。

独自通貨SANDは2021年1月から9月現在まで25倍以上に高騰しています。

GameFiの始め方

プレイするゲームによってGameFiの始め方は大きく異なりますが、下記3つはどのゲームでも共通して必要になることが多いです。

▼メタマスク
多くのGameFiがメタマスクのような外部ウォレットを接続することでゲームが行えます

外部ウォレットの中でもメタマスクが特に人気があり、シンプルで使いやすいです。

DeFiやGameFiに投資するならば今や必需品といえるツールなので、まだ持っていない方は「スマホ版メタマスクの使い方」の記事を参考に用意しておくといいでしょう。

▼初期費用
GameFiではゲームを始める上でモンスターやキャラクターを購入する必要があります

独自通貨の価格が安いゲームを選べば、初期費用を抑えることもできます。

GameFiは公開初期にゲームを始めるほど初期費用を安く抑えられ、稼げる可能性にも恵まれます

▼手数料
GameFiはBSCの場合、1度のトランザクションに数十円の手数料がかかります。

しかし、イーサリアム系のGameFiの場合、数百円から数千円の手数料がかかることもあります。

GameFi今後の行方

>Gameで稼ぐ流れは今後さらに活発になっていくすでに大手取引所がGameFiに注目しているからです。

バイナンスが選出した最も価値のあるBSC上のプロジェクトトップ20の中には、GameFiのプロジェクトが多数選出されています。

上述のCryptoBladesもトップ20にランクインしており、GameFi分野の注目度の高さが伺えます。

また、直近では海外取引所のOKExが、GameFiプロジェクトの開発支援をするべく、1000万ドル(約11億円)のファンドを立ち上げています。

現在仮想通貨トレンドになっているNFTとゲームの相性は非常に良く、今後はGameFiが仮想通貨トレンドをけん引していくかもしれませんね。

現在のGameFiはイーサリアムチェーンやBSCが主流となっていますが、今後SolanaやPolygonチェーンなど他の主力チェーンにも波及していく可能性もあるでしょう。

次に盛り上がりを見せるGameFi関連銘柄の探し方にも触れていきます。

GameFi関連銘柄の探し方

GameFi関連銘柄の探し方は大きく分けて3つです。

▼コインマーケットキャップから探す
仮想通貨のチャートや時価総額ランキングなどを確認できるコインマーケットキャップには、「Play to earn」というアルトコインカテゴリーがあります。

「Play to earn」のカテゴリーにはGameFi関連のアルトコインが表示され、今どのGameFi銘柄に注目が集まっているのか確認可能。

>>コインマーケットキャップのGameFiカテゴリー

▼GameFi関連のアカウントをフォロー
仮想通貨投資をする上でTwitterは利用必須のツールです。

Twitterを駆使して情報収集を行うことで、より最新の有益な情報を手に入れられます。

GameFiについても同様で、中にはGameFiについて専門で情報発信をしているアカウントもあるのです。

そういったアカウントをフォローすることで、将来有望なGameFi銘柄を見つけるきっかけになるでしょう。

>>GameFiの情報発信をしているSNSアカウント

▼テレグラムやディスコードに参加
テレグラムやディスコードなどのSNSアプリも、Twitter同様役に立つことが多いです。

テレグラムやディスコードのグループの中で、日夜GameFiに関する情報交換が行われています。

ただ、日本人グループによるグループばかりではないので、必ずしも日本語が通用するわけではありません。

もっと簡単に将来性のあるGameFi銘柄を知りたい方は、短期急騰期待のアルトコイン情報を配信する「クリプトマスター」を参考になると思います。

GameFiのまとめ

GameFiはゲームをしながら稼ぐ新しい稼ぎ方。

「遊びながら稼ぐ」ことはすでに現実になっています。

実際にゲームをプレイして稼ぐだけではなく、Axie Infinity(AXS)を筆頭にゲームごとの独自通貨も目覚ましい高騰を見せています

GameFiは大手取引所からの注目度も高く、今後さらに普及していく可能性が高いでしょう。

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

元素騎士のMVトークン価格は少し元気がありませんが、4月もイベント盛りだくさんです。現在は底固めをして爆上げへのエネルギー充電期間だと思っていますよ。ゲームローンチまで期間は長いですが、信じてホールドしましょう。

GameFiはまだまだこれからだけど、NFTのように流行ってくるとうじゃうじゃわくのが詐欺案件。既に見えるところに湧いてるけど、これからもっと湧いてくるんだろうな。慎重に見分けていかないと。

今年はGameFi元年になるとの事。何を始めようか悩んでましたが、喧嘩道メタバースに参戦してみようかと思います。正直海外のゲームの方が需要が有るのはわかってますが、英語が得意じゃないんですよね。

AXSは世界No.1のGamefiですよ。市場規模は馬鹿でかく安定感があるのに、バイナンスでのステーキングAPRは100%超え。キャピタル×インカムはやばいです。
ハッキングされたってニュースになってましたが。w

これからいろいろ立ち上がると思いますが、ほとんどが話題先行。実際に遊べるのは先の話で、何が流行るのか全く予想できません。その中、STEPN はすでに稼働し、仕組みも面白い。実際に稼いでいる人も多数。第二のSTEPNは何でしょうね。。

Tap FantasyってiPhoneのメタマスクだとエラーになるけど、アカウント通してiPhoneのSafariで普通にゲームできることに気付きました。どこでも縦持ちスマホゲーム感覚でBCGができて快適。

完全にgamefiが2017年のICOバブルみたいになっているように感じますよ。
多分ゲームが全然出来てないのに出来の良さそうなムービーだけ公開してNFTいきなり高値で売ってるようなプロジェクトのほとんどがリリースせずに消えると思います。
先行者利益という甘い言葉…やっぱり同じですよね。

同じようなゲームが多すぎて面倒くさい
どこもやってみたら稼げるんだろうか?
わからん

GameFiのNFT関連ラグ案件が増えてきた。プレセだけやって失踪とかローンチ後に畝井が資金抜いてトンズラとか結構シャレにならない。ゲーム関連、特にNFTはボタン一つで売れるものでもないからやりやすいんだろうな。

MVを買い増ししたいが、資金がないのが問題。上場にタイアップ、TVCMからのリリースで楽しみが多いのはいいことなんですが。ちなみに、日本でgameFiのTVCMが流れるのはお初ですよね??それだけ期待されてるってことですね。

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません