マイニングシティの現在は?飛んだ?出金に関する最新情報を更新中

マイニングシティ

マイニングシティの最新情報

  • 2021年06月28日

    バイナンスプールがBTCVのマイニングを開始か

    ビットコインボルト(BTCV)の公式アカウントより、バイナンスプールがビットコインボルトのマイニングを開始したと発表されました。

    マイニングシティのビットコインボルトより公式発表

    ※引用ツイートはこちら

    Bitcoin Vault Explorerで確認してみると、たしかにBinance Poolの文字を確認できました。

    マイニングシティのBitcoin Vault Explorer

    しかしながらバイナンスの公式からBTCVのマイニングを開始したという発表はされておらず、真偽は不明のままです。

    なおこの発表を受けてビットコインボルト(BTCV)の価格は一時的に高騰しましたが、現在は再び下落しています。

    もし短期で稼ぎたいのであれば、ハイリターンが狙える通貨をAIが抽出する「FXAIパートナーズ」が参考になるかもしれません。

  • 2021年01月27日

    エレクトリックキャッシュは2月14日マイニング開始

    マイニングシティはエレクトリックキャッシュのマイニングを2月14日から始める予定です。

    まだエレクトリックキャッシュは取引所で取り扱いされていないので、2月に予定される取引所への上場が初めてとなります。

    初上場後は価格が40倍以上に跳ね上がると言われています。

  • 2020年10月26日

    配当が5分の1以下に激減

    マイニングシティは配当が8月から2か月間で5分の1以下に減りました。

    原因は配当として支払われるビットコインボルトが暴落しているからです。

    ビットコインボルトのチャート

    今まで配当として受け取ってきたビットコインボルトが売られ続けているので、まだまだ配当が減る可能性があります。

    もともとビットコインやイーサリアムのように利用価値がある仮想通貨ではないので、保有する必要性がなく価格が上がる要素が見当たりません。

    このままではマイニングシティの損益分岐点を下回り、やればやるほど損する状態になる危険性があります。

  • 2020年09月24日

    フィリピン証券取引委員会から警告

    マイニングシティはフィリピン証券取引委員会から警告を受けました。

    フィリピンの法律を無視して運営が行われており、ポンジスキームという詐欺かもしれないとも言われています。

  • 2020年08月26日

    数日で報酬が半減した

    マイニングシティがマイニングを行っているビットコインボルトは、価格が半分に暴落しました。

    要するに、マイニングシティの報酬が半分になったことを意味します。

    ビットコインボルトのチャート

    8月に入ってから価格は値下がり傾向なので、報酬は減り続けています。

  • 2020年07月02日

    詐欺かどうか利用者の評判から判明

    マイニングシティの評判をまとめてみました。

    利用者の中には詐欺だと分かっていながらも利用している投資家もいます。

    マイニングシティのビットコインボルトは異常に値上がりしているので、意図的に価格を操作していると思われても仕方ない状況になっています。

    なぜ詐欺の可能性が高いのか理由をいくつも提示されていました。

    確かに、詐欺の投資案件にありがちな特徴を持っていますね。

    もし詐欺案件だったらCoinealのような大手取引所と提携なんてしないという意見もありました。

  • 2020年06月04日

    配当が減少傾向に突入!

    最近、マイニングシティの配当が徐々に現状傾向になっていると話題になっています。

    どこで配当が下げ止まるのか気になりますね。

    今後もマイニングシティの動向を追っていき、最新情報を更新していきます。

  • 2020年01月15日

    投資すべきか分かる評判一覧

    マイニングシティに投資すべきかどうなのか分かる評判を一覧にしてまとめてみました。

    世の中には沢山のマイニング系の案件がありますが、マイニングシティが一番よく考えられているという意見もあります。

    マイニングシティの運営会社の住所が分からないみたいです。

    確かに、住所が分からない会社に資産運用を任せるのには抵抗がありますね。

    マイニングシティは自分たちの勧誘方法に違法性があることを認識しながら、勧誘活動を行っているという意見があります。

    今まで逮捕者が出ていないから違法行為を続けて良い理由にはなりませんよね。

  • 2019年12月19日

    Coinealに独自トークンが上場決定

    2019年12月21日に、マイニングシティの独自トークン「BTCV(Bitcoin Vault)」が仮想通貨取引所Coinealに上場することが決定しました。

    このBTCV(Bitcoin Vault)という仮想通貨は、公式サイトを見る限りで「セキュリティが強化されたビットコイン」という内容でした。

  • 2019年11月01日

    仮想通貨投資家の評判まとめ

    マイニングシティに対して賛否両論ありますが、元本すら回収できないからやらない方が良いという意見もあります。

    また、マイニングシティの利用者の中には、後もう少しで億り人になれそうだという方もいました。

    果たして、マイニングシティは本当に稼げるのかどうか見極めていきます。

  • 2019年10月01日

    配当が3分の1まで大幅下落

    マイニングシティの配当が3分の1まで大幅に下がったようです。

    この状況が続けば、慢性的に元本割れになりそうです。

  • 2019年07月23日

    条件付きで4万円分のBTCプレゼント企画

    仮想通貨情報サイト「コインテレグラフ」で、マイニングシティが条件付きで4万円分のビットコイン(BTC)プレゼント企画を行っていることを紹介している記事がありました。

    コインテレグラフもしくは、「マイニングシティー チーム サイニューLINEアカウント」からマイニングシティに登録し、3500ドルのGoldプランを購入した方限定で、4万円分のビットコイン(BTC)を進呈するキャンペーンを実施中しているとのことです。

    さらに、記事ではマイニングシティがマイニングプールシェアNo.1の「BTC.com」と提携していると紹介しています。

    mining-city

    今後もマイニングシティに関する最新情報を随時更新していきます。

  • 2019年07月17日

    今後はマイニング報酬が半分になる予定

    マイニングシティが運用するマイニングのハッシュレートが半分になったようです。

    つまり報酬が半分になるということです。

    以前に紹介した方が月利25%だったので、現状は月利12.5%だと想定されます。

    すでに先行者利益を得られない状況になっていますね。

    さらに2020年に半減期を迎えるので、マイニングの難易度が上がって報酬が下がるかもしれません。

  • 2019年07月11日

    Twitterで実績が公開されていました

    マイニングシティの実績がTwitterに公開されていました。

    現状、画面上は月利25%のマイニング報酬は支払われているようです。

    ただTwitterでは、マイニングシティから仮想通貨を出金できたという確認はできていません。

  • 2019年07月10日

    マイニングシティの売上は本当なのか?

    マイニングシティのスタッフブログに、売上比率は韓国が80%、日本が10%、その他の国が10%とありました。

    しかし、韓国と日本のアクセスが最低でも4%以下だということが判明しました。

    mining-city

    果たして、マイニングシティの売上比率は本当なのでしょうか。

    謎が深まるばかりです。

マイニングシティとは

マイニングシティ(Mining City)とは、キプロスに本拠地を置くマイニングサービスです。

マイニングの対象は今のところ3種類の仮想通貨に対応しています。

・ビットコイン
・ビットコインボルト
・エレクトリックキャッシュ

ビットコイン以外の仮想通貨は、2種類ともマイニングシティが発行しています。

どちらの仮想通貨もマイニングシティがマイニングを独占しています。

▼マイニングシティの仕組み

マイニングシティは、マイニングシティがマイニングして得た利益を利用者に分配する仕組みです。

利用者はマイニングシティのマイニングプールを購入することで、間接的にビットコインやビットコインボルトのマイニングに参加できます。

このようなサービスをクラウドマイニングと言い、個人でマイニングするのに必要なマイニング機器代や膨大な電気代を省けるメリットがあります。

>>マイニングは個人でやっても儲からないワケ

マイニングシティは利用者から集められた資金の一部をマイニング環境を整える費用にし、安定したマイニング収益を確保できるとのことです。

▼MINEBESTと提携

マイニングシティはポーランドの企業MINEBEST社と提携していると言われています。

マイニングシティはMineBest社のマイニング施設を利用し、マイニングシティのCEOGregory氏は過去にMINEBEST社にも勤めていた経歴があるようです。

しかしながら、MineBestの公式サイトを見てもマイニングシティに関する記載は見られず、本当に提携しているのかどうかは定かではありません。

提携先のBTC.comでマイニングはできていない

マイニングシティは世界最大級のマイニングプールBTC.comと提携しています。

そのBTC.comでは、どのぐらいビットコインをマイニングできたのか確認できます。

ビットコインのマイニング量

BTC.comによると、マイニングシティは2020年11月以降はマイニングできていません。

この事実よって、客観的にマイニングをやっている証拠となるデータがなくなりました。

キプロスに法人登記した理由

キプロスに法人登記した理由は、日本などの法律に左右されずマイニングサービスを展開する為でしょう。

しかもキプロスは実態のないペーパーカンパニーを置くのに適している国です。

その結果、本物の運営者が誰だか分からず、いつでも夜逃げが可能となります。

その証拠に運営会社の責任者は他のペーパーカンパニーで使いまわされていました。

マイニングシティの責任者

明らかに同じ名前の人が83件ヒットするのは可笑しいですよね。

わざと本物の運営者が誰なのか分からないように偽装しているのでしょう。

ビットコインボルトは暴落が止まらない

ビットコインボルト(BTCV)は最高値から90%も暴落しています。

ビットコインボルトのチャート

まだチャートは右肩下がりのままなので、長期的に下落が止まらない状況です。

さらに下落が続くようなら、ビットコインボルトのマイニングは利益にならないかもしれません。

さらに詳しくビットコインボルトについて知りたい方はこちらから。

マイニングシティの投資プラン

マイニングシティの投資プランは6つあります。

どれもマイニング期間は1100日で統一されています。

上位のプランになるほどマイニング機器のパワーが上がり、より効率的にマイニングできるようです。

①プライマリー:300ドル :3TH/s
②スタンダード:600ドル :6TH/s
③ブロンズ  :1200ドル :12TH/s
④シルバー  :2400ドル :24TH/s
⑤ゴールド  :4200ドル :42TH/s
⑥プレミアム :12600ドル:126+12TH/s

上記の投資プランを購入すると、マイニング機器を1100日間レンタルできます。

マイニング期間1100日を超えると、強制的にマイニングは終了します。

投資プランは購入完了してから10日後にマイニングがスタートします。

▼スタンダードの実績
2021年1月のマイニング報酬は、スタンダード(600ドル)のプランで日1ドル前後です。

2021年1月のマイニング報酬

ちょうどビットコインの価格が350万円前後の時のマイニング報酬になっています。

このままの状態が続くと、スタンダードで600ドル前後が稼げる計算です。

スタンダードよりも上位のプランを購入すると、利益率はもっと高くなりそうです。

マイニングシティに解約や返金の制度はない

マイニングシティで購入した投資プランを途中解約はできません。

ただし、間違えて同じプランを2度購入した場合は、返金サポートがあるみたいです。

これは例外的な処置なので、基本的に返金されないと思っていた方が良いでしょう。

マイニングシティの松岡とは誰なのか

Googleでマイニングシティと検索すると、「松岡」という関連ワードがヒットします。

この松岡なる人物が誰なのか調査してみると、どうやらマイニングシティの勧誘活動を積極的に行っている人物のようです。

TEAM松岡という組織を作り、新規投資家を募っています。

マイニングシティの松岡

また、マイニングシティへの登録代行やオンラインサロン、仮想通貨に関する研修なども行っているようです。

TEAM松岡からマイニングシティの投資を始めると、キャッシュバックなどが得られる力の入れよう。

仮にマイニングシティの運営に近い人物だとすると、マイニング報酬とは比べものにならないような紹介報酬を得ているでしょう。

マイニングシティまとめ

・マイニングシティの運営会社は怪しい
・途中解約はできない
・稼げるかどうかはタイミング次第

マイニングシティの基本情報

名称 マイニングシティ
サービス内容 マイニングサービス
サイトURL https://me.miningcity.com/
運営会社 Prophetek Limited
所在地 Σουλίου, 18, Στρόβολος 2018, Λευκωσία, Κύπρος Cyprus

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

まだまだこんなレベルの低いマルチ商法に乗せられる者がいることが残念でならない
自分も誘われて話だけ聞いてみたらマルチ商法のお家芸 バイナリーツリーを見せられた
コレ見た時点で一気に胡散臭さ倍増
そもそもマイニングシティも海外に本社があるとか、よくそんなの信用して金出すなと思った
海外が相手だと詐欺訴えても裁判なんてあってない様なもの
全く買わずにビットコインボルトとマイニングシティの行く末を見るためにグループラインで見てたけど、ほぼ活動も止まってるっぽい
自分に紹介した時は7000円前後だったけど今は…ねぇ?w

マイニングシティの他の掲示板も、いろいろ検索して見てみてください。4月に入ってからかなり面白いことになってます。

債務超過って言われても知らんがなって感じ。
いくら突っ込んだと思ってんねん。

マイニングシティ代表のGreg Rogowski氏と、実質的な社長であるマインベスト社のEyal Avramovich氏が3月3日の投資家向けZoomミーティングで、マイニングシティが債務超過に陥っていることを公式に認めました。これをもって、マイニングシティについてあれこれ推測することも無意味となります。代表自らが、現状ではお金を返せる方法がないと認めています。ビデオは全編Youtubeで公開されています。

なにが悲しいって、英語圏ではマイニングシティは2019年の時点で、その前年に配当が停止したBitclubの完全なクローンだと暴露されてるんだよね。でも当時の加入者は日本人が50%、韓国26%、ベトナム13%って感じだったから、その頃の英語掲示板には「英語ができない日本人になんとか注意喚起できないのか?」って書き込みが今でも残ってんの。悲しすぎるよ。

去年の頭くらいからマイニングシティやってるけど、アルトコインの方が10倍稼げた2021年。
SOLあたりのDeFi系アルトコインがめっちゃ強かったもんなー。
マイニングシティを否定するわけではないが、やっぱり稼げる所に投資するべきだと痛感したわ。

関わった人には悪いけど、マイニングシティはもうだめでしょう。
カザフスタンのマイニングがどうのってニュースになってたよ。

ビットコインボルトはこれからも下がる一方だろ
運営ももう力入れてないんじゃない?

マイニングシティの公式ツイッター、CEOグレッグ氏が動画で「今年はどうもありがとう」の挨拶。それに対してのコメントが「scam!」「fake!」「you are professional at fraud(さっすが詐欺のプロ!)」などなど。意思表示は大事ですね。
皆さまも良いお年を!

ビットコインボルト700円かぁ
50000円くらいあったのになぁ
悲しいなぁ・・・

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません