IMO Exchangeで行われる新しい資金調達法「IMO」とは何か解説

IMO

仮想通貨で資金調達ができる新しい手法「IMO」をご存じでしょうか。

「IMO」は「IEO」と同じように取引所で行われますが、上場後に値下がりしにくいらしいのです。

たた現在、「IMO」はIMO Exchangeという取引所でしか取り扱われていません。

実際にどのような資金調達法なのか、参加したら稼げるのか解説していきます。

IMOは具体的に何なのか

IMO(Initial Model Offering)とは、プロジェクト運営側の手元に多くの資金を残し、投資家が大きなリターンを得られる資金調達をする方法です。

取引所でトークンセールが複数回やり、上場後も継続して行っています。

例えば、IMOトークンでは365回のトークンセールが実施される予定になっています。

IMOが複数回のトークンセールを行う理由

IMOに似た資金調達であるIEOでは1回しかトークンセールを行わないのに、IMOが少量のトークンセールを複数回にわたって行う理由は大きく分けて2つあります。

1つ目の理由は、トークンセールが複数回あるので買い逃すことが減るからです。

例えば、バイナンスのIEOは人気度が高く、まったく参加できなかったユーザーが沢山います。

この機会損失を減らす為にも、IMOでは複数のトークンセールが行われています。

2つ目の理由は、トークンセールの回数を重ねることによって、資金調達の金額が増えるからです。

長期間トークンセールが行われるので、IEOなどよりもユーザーの目に留まる数が増え、参加者が増えやすくなります。

IMO Exchangeはどんな取引所なのか

香港に拠点を置いているIMO Exchangeは、あまり有名ではない海外取引所です。

最大の特徴は、IMOを取りか使っていること。IMOに特化した取引所と言えるかもしれません。

また、IMO Exchangeでは独自通貨のIMOトークンを発行しており、2020年1月時点ではプレセールが行われています。

IMO Exchangeの取引手数料について

仮想通貨の売買通量は、0.2%

IMO Exchangeの出金手数料について

▼USDT
最低出金額:100USDT
出金手数料:10USDT

▼BTC
最低出金額:0.001BTC
出金手数料:0.001BTC

▼ETH
最低出金額:0.01ETH
出金手数料:0.01ETH

▼EOS
最低出金額:0.5EOS
出金手数料:1EOS

▼BCH
最低出金額:0.01BCH
出金手数料:0.005BCH

▼XRP
最低出金額:50XRP
出金手数料:8XRP

▼ETC
最低出金額:0.5ETC
出金手数料:0.5ETC

▼IPWT
最低出金額:30IPWT
出金手数料:3IPWT

▼LTC
最低出金額:0.1LTC
出金手数料:0.1LTC

▼TRX
最低出金額:20TRX
出金手数料:1TRX

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前:

^