【仮想通貨ICOの真実】本当に儲かるのか紹介

2017年、ビットコインやリップルの価値が何十倍に異常に上下しました。仮想通貨バブルに熱狂して、夢を見た人も多いかもしれません。

それに乗じて、詐欺まがいのICO案件が多く生まれたのも2017年のホットトピックスでした。

今でも多くの人が去年の仮想通貨バブルの夢を追いかけて、仮想通貨関連の商材に投資しています。

その中の1つがICO案件です!

実はある調査によると、2017年のICOでは5割超が詐欺だったと言われています。2018年になってICO詐欺の広がりは、さらに加速しています。

ほぼ詐欺商材の温床となっているICO案件ですが、本物と偽物をどう見極めたらいいのか、わからない人も多いと思います。それだけICO案件の詐欺性を見極めるのは難しいのです!

調べる時間のない人や調べがわからない人に代わって、私が調べてまとめようと思います。

秒速で億万長者になれるICOとは

ICO(イニシャル・コイン・オフォリング)とは、企業がプロジェクトや新規事業を始めるために、仮想通貨を利用して資金調達を行う手法です。

英語3字で分かりにくい言葉なので、もっと噛み砕いた表現をしてみます。

・Initial(イニシャル)・・・最初の、初期の
・Coin(コイン)・・・通貨、コイン
・Offering(オファリング)・・・募集、売り出し

それぞれの頭文字をとって、ICOとなります。直訳すると日本語で「新規仮想通貨公開」や「最初のコインの募集」と表現されます。

もっとわかりやすく訳すと、「事業を立ち上げる際に、仮想通貨でお金を集める仕組み」です。別名で「クラウドセール」「トークンセール」「トークンオークション」とも呼ばれています。

ここで「トークン」という新しい言葉が出てきました。ICOにとってトークンは欠かせない存在なので、これからわかりやすく紹介します。

ICOに必須のトークンとは何者なのか

トークンとは、事業への出資者が仮想通貨を出資した証としてもらえる証明書のようなものです。ICOの主催者が発行するオリジナルの仮想通貨で、サービスやプロダクトが完成したら先に使用できる特権もついてくることもあります。

また、その仮想通貨が取引所に上場したら、売却できるようになります。そして、購入時よりも価格が上昇していれば、その差額が利益にとなるんです!

ICOに投資する3つのメリット

すでに取引所で取り扱われている仮想通貨に投資するのではなく、あなたがICOに投資したい理由は何ですか?

一番の理由は、ニュースやインターネットでICOによって億万長者になった人が実在しており、私も同じように儲けたいからICOに投資したいからではないでしょうか。

まずは端的にICOに投資するメリットを3つにまとめました。

・将来有望な企業や事業に投資できる
・少ない資金から投資することができる
・国境に関係なく投資をすることができる

今までは数年で数十倍まで増える可能性がある投資先があっても、限られた存在――ベンチャーキャピタル(VC)や銀行などしか投資ができませんでした。

もし投資ができたら儲けることができたのに、投資ができないのは問題でした。

仮想通貨の登場によって、誰でも簡単に事業に投資ができる環境が整ったのです。

ICOをする側5つのメリット

ICOは小規模なベンチャー企業から個人までが簡単に資金調達できる手段として、2017年から急激にICOの実施した数を増やしてきました。

仮想通貨に興味があるあなたなら、ICOを聞かない日はないんではないですか?

なぜ毎日のようにICOが行われるまで成長したのか。ICOをする側のメリットを5つ紹介します。

・投資家から直接、信金調達ができる
・ インターネットから世界中の人が誰でもICOに投資ができる
・ 利子や返済は不要
・ 小額からの投資を受けられるので、幅広い層から資金を調達できる
・ 資家に対して事業価値を提示する必要がない

株式などの主要な投資方法は、この5つのメリットが法規制によって阻まれています。けれども、まだ全面的に法規制の対象となっていないICOは、5つのメリットを最大限に発揮できるのです!

ICOに投資するときの3つある注意点

ICOが仮想通貨と合わせて法規制の対象になろうとしています。そこには、投資家にとって重大なリスクが潜んでいるからなんです!

場合によっては、詐欺のようなICOが行われています。

例えば、投資をしたICOのプロダクトが開発されておらず、サービスがリリースされそうにもないことは普通です。投資家がICOに投資をした後にもらえるトークンが発行されないこともザラにあります。

最悪の場合、ICOの主催者が資金調達したお金をもって、夜逃げすることもあります。

こうした犯罪や詐欺が多発しているために、各国は法規制に乗り出しています

下にまとめた3つの視点からICOを調査すると、詐欺や犯罪の被害に遭わないかもしれません。

・ICOを実施する企業の身元を確認する
・CEOや代表の評判を調べる
・プロダクトや事業の現実性を分析する

ICOに投資をする際に最も注意するべき点は、COを実施する企業が社会的に信頼性があるかどうかです。

社会的に認められている企業であれば、その信頼性を失墜させないためにも詐欺や犯罪に手を染める確率はかなり下がります。

またICOをやる企業のCEOや代表を調べるのも有効な方法です。なぜなら、過去に実績を残している人物であれば、プロダクトや事業を進める能力もあると考えられます。

プロダクトや事業の実現性を分析するには専門的な知識も必要になるので、調査して分析するのは時間がかかります。

ICOはハイリスク・ハイリターンだ

ICOは株式のように法律で守られた投資ではないので、詐欺や犯罪などの見えないリスクが非常に高いです。

もしICOに投資をしたいのであれば、ハイリスクを許容しなければなりません。投資先を失敗したとしても、大丈夫なような額で投資をしましょう。

しっかりと情報収取を行い、企業や事業を分析すれば、きっと一番儲かるICOが見つかるはずです!

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2020年03月21日

香川県さぬき市長尾 ルーちゃん餃子のフジフーヅは入ったばかりのバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業.中卒社員岸下守(現在 鏡急配勤務)の犯行.

意見を投稿しよう!

お名前: