「Ginco」は仮想通貨を無料ゲットできる一番お得なウォレット

ギンコ

日本初の国産モバイルウォレットGinco(ギンコ)。取引所にもモバイルウォレットはありますが、これは取引所のための口座でしかありません。

しかし、Ginco(ギンコ)は純粋に仮想通貨を安全に保管することに特化したモバイルウォレットです。しかも取引所で仮想通貨を保管するよりも、圧倒的にお得な理由が2つもあります。

ただし、まだ発表されたばかりで、サービスはスタートしていません(2018年7月調べ)。もし発表された通りのサービス(お得な2つの理由)が本当に提供されるのであれば、Gincoは一番お得なウォレットになるかもしれませんね!

1.無料で仮想通貨がもらえる
2.取引所よりも高セキュリティ

1つ目:Gincoは持っているだけで、仮想通貨やトークンが無料で手に入ります。この仕組みは、Gincoと提携した企業(団体)がGincoのユーザーに対して、自社の仮想通貨を認知してもらうためにあります。

※2018年7月現在、こちらもまだこの仕組みは始まっておらず、開発中です。

2つ目:取引所ですと常にインターネットに繋がっていて常にハッキングの危険に晒されていますが、Gincoではスマホが盗まれるか、遠隔操作されない限り、仮想通貨が盗まれる可能性がかなり低いです。

したがって、取引所よりも高いセキュリティを持っているんです!

今回の記事では、この2つの理由の詳細をもっと詳しく解説するとともに、モバイルウォレットGincoを利用する際に必要な情報をまとめました。

Gincoは保有するだけで無料でトークンを受け取れる

Ginco

Gincoウォレットでは持っているだけで、誰でも簡単に、様々なアルトコインやトークンを受け取れます。しかも無料で手に入るんです。もし無料で手にしたアルトコインが値上がりしたら、非常にお得ですよね!

この仕組みは「Ginco Airdrop Program」と呼ばれ、ERC20規格に則ったトークンのみ配布されます。ERC20とは、イーサリアムのトークン発行機能を用いて作られたトークンを指します。かつてトロン(時価総額トップ10以内)もERC20を用いてICOを行っていました。

◆知らないトークンとの出会いを提供

世の中にはたくさんのICOが行われ、大量のトークンが発行されています。けれども、私たちが知り得る情報はごく一部しかありません。そこでGincoでは、優良なサービスを展開する企業や団体が発行するトークンを紹介しています。

なぜ無料でトークンを取得できるのかというと、発行したトークンの認知度を上げるためのプロモーションとして無料配布を利用しているからです。そもそもこれは「エアドロップ(Airdrop)」と呼ばれる仮想通貨業界特有のプロモーション手法です。

Ginco-airdrop

これまでエアドロップ(Airdrop)は、ITリテラシーが高い人だけができる無料でアルトコインを手に入れられる方法でした。しかし、Gincoではより簡単にエアドロップ(Airdrop)にアルトコインをゲットできるようになったんです!

◆トークン保有のメリット

仮想通貨やトークンを保有していても、売却して現金を手に入れる以外にもメリットがあります。トークンの中にはサービスと一体化しているものがあり、保有しているだけで「クーポンや無料サービス」があるトークンがあります。

その他には、トークンを投票権として利用d系る、選挙型のキャンペーンやアンケートがあります。これより、コミュニティやイベントに参加できるメリットもあります。

Gincoのセキュリティは取引所より上!

セキュリティ

2018年1月のコインチェックが起こしたネム(XEM)の流出事件を皮切りに、取引所のハッキング事件は連続しています。もはや取引所に預けていると、自分の仮想通貨を守れないかもしれません。

Gincoのモバイルウォレットは、ユーザー自身のスマホのみで管理。この仕組みを採用したウォレットは「クライアント型ウォレット」と呼ばれています。このウォレットから仮想通貨を取り出すためには、必ず自分のスマホを使わなければなりません。

あなたのスマホがハッキングされて情報が抜き出され、遠隔操作が行われないと、Gincoのモバイルウォレットから仮想通貨が盗まれる可能性がありません。

14種類のアルトコインに対応

アルトコイン

Gincoのモバイルウォレットには現在、合計で14種類の仮想通貨を保管できます。リップル以外の主要な仮想通貨は網羅しているため、対応数は他のウォレットと比較しても悪くありません。

他のウォレットの場合、レジャーナノSが27種類と多いですが、それ以外のウォレットが1種類のものが多いなかで、非常に優秀です。

さらに、2018年内には、リップル(XRP)やネオ(NEO)、リスク(LISK)などの主要なアルトコインをGincoで保管できるようになります。

Gincoは1.5億円を調達

モバイルウォレットGincoを開発する株式会社Gincoは、2018年1月31日、グローバル・ブレインが運営するファンドから、総額約1.5億円の資金調達を実施しました。

◆株式会社Gincoとは何者か?

同社は代表取締の森川夢佑斗氏によって、2017年12月に設立。「ブロックチェーン時代の新しい価値取引を実現する銀行を目指す」として、Gincoを開発しています。

モバイルウォレットの開発の他に、仮想通貨のマイニング事業やコンサルティング事業、イベント・メディアの運営を行っています。この中でもマイニング事業では、モンゴルで子会社を設立しています。

さらに、2019年には「法定通貨と仮想通貨を交換」できる仕組みの開発を行っています。まだ詳しい内容は分かりませんが、ほぼ取引所と同じ機能を持っていると考えてもいいかもしれませんね。Gincoの今後の展開に期待できそうです!

Gincoの使い方

ギンコ

Gincoはモバイルウォレットなので、「Google play」「app store」から自身のスマホにインストールできます。簡単な情報を書き込み、1分で口座を開設できます。

※8月24日現在、android版のアプリはリリースされていません。

仮想通貨のウォレットをイメージすると、とっつきにくいと感じますが、シンプルで分かりやすく作りになっています。説明書がなくても、ストレスなく仮想通貨の管理が行えます。

Ginco(ギンコ)の基本情報

名称 Ginco(ギンコ)
種類 モバイルウォレット
対応通貨 ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) トロン(TRX)
日本語対応
運営会社 株式会社Ginco
サイトURL https://ginco.io/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年10月22日

ギンコ使って良かった事とかあったら書き込んで欲しいですね、少し興味ある内容ではあるので確かなユーザーの声が聴きたいです、サクラサイトは信じられません、ですので期待しています、書き込んでください。

2018年10月11日

ギンコを安心できるから使えって言われてもまずコイン自体安心して使えない世の中だからそんなの無理だわ。コインの管理まで任せるなんて絶対ちょろまかされるだろ。マジで怖すぎてこんなの使えないんだけど。使ってみた人の感想を聞かせて欲しいわ。

2018年08月18日

今月6日にリップルも対応しました。まだiPhoneでしか使えないアプリだから、早くGoogleでもリリースして欲しいです。

2018年07月26日

gincoのウォレットをインストールしようと探しても出てきませんでした。どこを探したら、gincoを使えますか?

意見を投稿しよう!

お名前:

^