ゴールド(XAUUSD)のトレード手法をスキャルピング・デイトレ厳選紹介

ゴールドのトレード手法サムネイル画像

ゴールド(XAUUSD)はドル円など人気の通貨ペアに比べ圧倒的に値動きが激しく、短期間でがっつり稼げることもあり人気を集めています。

レバレッジ次第では人生を大きく変えることも十分可能

とはいえ値動きが大きいことから、いかに根拠のあるトレードを行えるかが命運を分けます。

今回は実践で使えるゴールド(XAUUSD)のトレード手法と、トレードする際の注意点について紹介していきます。

ゴールドトレード(XAUUSD)の魅力

ゴールドをトレードする最大の魅力は値動きの大きさです。

1時間で100pips動くこともザラにあり、特に値動きが激しいような時は1時間で300pips動くようなこともあります。

ゴールドの1時間足チャート

仮に1lot10万通貨でトレードしていたとすれば、1時間で30万円の利益が出たことになります。

ゴールド(XAUUSD)の爆発力は他の通貨ペアではなかなか味わえないでしょう。

スキャルピングでサクッと稼ぐこともできますし、デイトレで値幅を広く狙ったトレードも可能です。

次にゴールド(XAUUSD)におすすめのトレード手法を、スキャルピング・デイトレに分けて紹介していきます。

ゴールドのスキャルピング手法

ゴールドのスキャルピング手法のおすすめは次の3つです。

▼1分足トレード
1分足のトレンド転換サインを狙ったスキャルピング手法です。

ゴールドは数分で数十pips動くことも多いため、1分足でのスキャルピングでも十分利益を狙えます。

例えば、下のように1分足チャートで転換サインと言われる逆三尊が確認できた場合、逆三尊の右肩部分(緑丸)でエントリーします。

ゴールドの1分足トレード手法

教科書的にはネックライン(点線)を抜けてからのエントリーがセオリーですが、右肩で反発を確認してすぐにエントリーするのも悪くはありません。

逆三尊が否定されたタイミングで損切りをすれば、リスクは限定できます。

仮に緑丸でエントリーし、直近高値で決済した場合、約30pips獲得。

1万通貨ならばものの数十分で3000円の利益です。

トレンド転換のサインは逆三尊以外にも複数あるため、頭に入れておきましょう。

トレンド転換のチャートパターン
外為どっとコムより引用

▼水平線での反発を狙ったトレード
日足、4時間足などの上位足で意識されている水平線を引くことができれば、それだけでスキャルピングを有利に立ち回ることができます。

下のチャートは4時間足で意識されている箇所に水平線を引いたものです。

ゴールドのチャート画像

この水平線を根拠に戻り売り、押し目買いをするだけで20~30pipsをコンスタントに稼ぐことができます。

水平線の勢いよく抜けてしまった所に損切りを設定しておけば、損失リスクを抑えられます。

水平線トレードは損切り位置が明確で分かりやすいため、初心者にもおすすめのトレード手法です。

漁師トレーダー翔」や「nobu塾」など、第一線で活躍するFXトレーダーの多くも水平線トレードを取り入れています。

▼短期パーフェクトオーダーに乗る
パーフェクトオーダーとは短期、中期、長期の移動平均線が全て同じ方向に向いていることを指します。

全て上に向けば買い勢力が強く、逆に全て下に向けば売り勢力が強くなっていることを意味しています。

ゴールド(XAUUSD)は値動きが激しいため、短期のパーフェクトオーダーを狙ったトレードでも十分利益を狙うことが可能。

例えば、下チャートのように5分足パーフェクトオーダーに順張りするだけで、200pips以上の利益にも期待できます。

ゴールドのパーフェクトオーダー手法

ただ、パーフェクトオーダーだけを頼りにトレードするのはやや心細いため、水平線を組み合わせたトレードがおすすめです。

パーフェクトオーダー完成と直近で意識されている水平線をブレイクしたタイミングでエントリーを行います。

ゴールドのパーフェクトオーダー手法

値動きが激しいゴールドではできる限り複数のトレード根拠を持ってエントリーすることが、勝率を高めるカギです。

少しでも手間を省いて利益を狙いたいと考えている方は、「TYL(ティル)」のような月利40%も狙える自動売買ツールが参考になるかもしれません。

利用者の中には1か月で200万円の利益を得ている方もいるようです。

ゴールドのデイトレ手法

ゴールドのデイトレでは上位足に対して順張りのトレードがおすすめです。

エントリー前には日足、4時間足で現在のトレンド方向をあらかじめ確認しておきましょう。

フィボナッチリトレースメント」を利用すれば、押し目、戻りの目安を確認できます。

フィボナッチリトレースメントは、人間が無意識のうちに美しいと感じる黄金比を落とし込んだテクニカル分析。

黄金比から押し目、戻りとして止まりやすい位置を予測してくれます。

ただ、フィボナッチリトレースメントはどこのラインで反発するかまではわかりません。

一般的に意識されやすいと言われているのが、61.8%と38.2%のライン。

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントだけでエントリー判断をするのは心細いので、水平線など他のテクニカル分析と組み合わせた上で利用するようにしましょう。

4時間足や日足の押し目、戻りを捉えることができれば、ゴールドならば500pips前後狙うことも十分可能です。

チェックしておきたいファンダメンタルズ分析

ゴールドはXAU/USDと記載されることからわかるように対米ドルで取引されます。

つまり、米ドルの価格に影響を与えるような経済指標は、ゴールドの価格変動に与える影響も大きいのです。

中でも特に抑えておきたいアメリカの経済指標は次の3つ。

▼雇用統計
雇用統計は景気状況を把握する上でも重要な指標の1つです。

毎月第一金曜日に失業率や時間あたり賃金など、アメリカの雇用状況が発表されます。

雇用統計が予想よりも良ければドル買い→ゴールド売り、悪ければドル売り→ゴールド買いとなる傾向です。

直近の雇用統計では結果が予想を下回ったことにより、ゴールドは3時間の間に300pips以上も高騰しました。

アメリカ雇用統計

雇用統計直後は価格が大きく動くため、流れに乗れば短時間で大きな利益が見込めます。

ただ、同時に損失リスクもあるので注意が必要です。

▼消費者物価指数(CPI)
消費者物価指数(CPI)は雇用統計同様、アメリカの景気状況を把握する重要な指標になっています。

そのため、ゴールドの価格変動にも大きな影響を与えます。

直近の消費者物価指数(CPI)では結果が予想を下回ったことで、ドル売りゴールド買いの結果になりました。

CPI

CPI発表から3時間で400pips以上高騰

結果論ではありますが、後乗りでエントリーしても100pips以上は十分期待できたことになりますね。

羊飼い」も語るように、経済指標は大きく稼ぐには打って付けのチャンスです。

経済指標発表からポジションを持つようなあからさまなギャンブルトレードをしなければ、稼げる期待値は高いと言えそうです。

▼FOMC(連邦公開市場委員会)
FOMC(連邦公開市場委員会)はアメリカの金融政策を決定する機関のことです。

主に金利変更や現在の経済状況、経済見通しなどが示されます。

直近のFOMCでは一度大きく上に振った後、150pips以上の下落を見せました。

FOMC

日本時間午前3時頃の発表となるため、リアルタイムでトレードするのは難しいかと思いますが、影響力のある経済指標なので頭に入れておくと良いでしょう。

ゴールドをトレードする際の注意事項

ゴールドをトレードする際には次の3点に注意が必要です。

▼他の通貨ペアよりもゼロカットリスクが高い
ゴールド(XAU/USD)はドル円などの通貨ペアに比べると、必要証拠金の額も大きくなります

さらに値動きも激しいので、あっという間に証拠金を溶かしてしまう可能性もあるのです。

そうならないためにも、ドル円などの通貨ペアをトレードする時よりもロット数を抑えるなど適切な資金管理が求められます。

あまりハイレバにならないよう証拠金維持率に余裕を持たせておくのが吉です。

▼マイナススワップが大きめ
ゴールドはどこのFX業者を使っても、他の通貨ペアと比較するとマイナススワップが大きく設定されています。

XMを例に挙げると、ゴールドを1ロット買いポジションを持って日をまたいだ場合、約3,000円のスワップポイントが加算されます。

一方ドル円のマイナススワップは1900円なので、1000円以上多くマイナススワップがかかってしまうのです。

よっぽどトレンドがでている時以外は、中長期で保有し続けるのは避けた方が無難かもしれません。

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

ゴールド正直ここまで上がるとはなぁ
最高値更新あり得るんじゃない?

ゴールドは数分で100pips動くこともあるし、他の通貨ペアよりもlot抑えてトレードしています。
まさにハイリスクハイリターンですよね。

ゴールドは仮想通貨並みのボラがあるから生半可な気持ちでやるとみるみる溶けるw
でもドル円と逆相関だから考えやすさはあるよね

意見を投稿しよう!

ファイル名:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません