FXトレーダーリオンの手法とマシンガンハントFXで勝てるか検証

リオンFXのサムネイル画像

リオンは及川圭哉率いるFXismがプロデュースしたVtuber。

専業トレーダーではなく、声優を本業としているようです。

リオンは1つの通貨ペアをショートのみで狙うという独自のトレード手法を採用しています。

これまでにわずか7000円を数百万まで増やしたとも言われています。

しかしながら、調べてみるとリオントレード手法は個人の力量に左右される部分が大きく、あまり再現性がなさそうだということが判明。

FXトレーダーリオンの正体とは

FXトレーダーリオンはトレーダー集団「FXism」がプロデュースを手掛けるVtuberです。

リオンは本業で声優をやっているという事情があるらしく顔出しNG

そのためVtuberという形をとっているとのこと。

ちなみに声優の誰なのか?も調べてみましたが、情報は一切公開されておらず不明のようです。

声色を自由に変えられることを踏まえると、意外と有名な声優さんだったりするかもしれませんね。

リオンがFXで勝てるようになった理由

リオンは過去に7000円の元手資金を数百万円まで増やしたことがあるようです。

また、2020年5月には1か月の利益が300万円を超えています。

リオンのFXトレード利益

しかしリオンは最初から順風満帆なトレーダー人生を歩んでいたわけではなく、苦しみもがき拒食症になった経験もあるとのこと。

そんな彼女がFXで勝てるようになったきっかけは主に次のこと。

▼余計なことをしないようにした
リオンは思うように勝てない日々の中で、あれこれと付け足すのではなくシンプルに考えようという気持ちに変わったようです。

そして行き着いたのは、「勝てた理由が自分で説明できるもの」を探す。

それが「この数値のMAがこの形になったら高確率でこう動く」ということだったようです。

自分が心地よくエントリーでき、なおかつ勝てていた手法だけを取り入れれば良いんじゃないかという気持ちに至ったとのこと。

たしかにFXを勉強するほどあれこれ取り入れたくなり、結果的にチャートが線だらけになってしまうのはありがち。

逆にシンプルに考えてこそ、気づかされることも少なくないのでしょう。

▼ショート一本にした
リオンはそれまでロングに比べショートの勝率が良かったこともあり、ショートだけに絞ろうという意識に変わったとのこと。

ロングを捨てる判断をしたことで、結果的に無駄なエントリーが減り資金を減らすことも少なくなったと語っています。

上がっている時にはしっかり静観しチャンスを伺うことで、待つことの大切さも学んだそう。

漁師トレーダー翔」など「FXの有名トレーダー」の多くは、チャンスを待つこともトレードの内だと語っています。

やみくもにエントリーをしない、たったこれだけでもFXで稼ぐ大きな一歩なのでしょう。

次に試行錯誤の果てにたどり着いたリオンのトレード手法を明らかにしていきたいと思います。

リオンのトレード手法

リオンが確立したトレード手法は主に次の3つです。

▼トレードはGBP/AUDのみ
リオンは値動きの激しさや自分の手法が機能しやすいことから、GBP/AUDをメインでトレードを行っています。

GBP(英ポンド)は値動きの激しさから、敬遠されることも少なくありませんが、上手くハマれば短期でがっつり稼ぐことも可能。

GBP/AUDの中でもリオンが狙うのはショートのみ

トレードする通貨ペアとエントリー方向を絞るのがリオンのこだわりのようです。

最近話題の「FXAIパートナーズ」は、AIが大きく動く前の通貨ペアや売買シグナルを導き出してくれるサービス。

AIであれば複数通貨ペアでも迅速な分析が可能ですが、人力であれば監視通貨を絞るのも一つの選択肢ですね。

▼日本時間午前中の1度のみ
リオンがトレードをするのは日本時間の8時~12時のみ。

特にこれといった理由は語られていませんでしたが、本業は声優とのことなので仕事の都合もあるのかもしれません。

また、リオンは1日1回のトレードしか行わないとルールを決めているようです。

チャートを見ているとトレードしたくなってしまうため、8時~12時以外はチャートも見ないようにしているとのこと。

“寝ても覚めてもFX!”では心の余裕がなくなってしまう可能性もあります。

リオンのようにトレードの時間を決め、その他はプライベートを楽しむくらいの気持ちでいた方が冷静な判断ができるようになるのかもしれませんね。

▼3~10ポジションを分散してエントリー
リオンはトレードする際、3~10にポジションを分けるのですが、俗に言うナンピン売りをしているようです。

ナンピンとは逆方向に動いた時にポジションを追加して平均取得単価を下げる方法。

ナンピンは一般的にハイリスクハイリターンと言われていますが、リオンの場合はあらかじめ損切りポイントを決めているとのことなので、ある意味計画的なナンピンとも言えます。

リオンがナンピンする理由は、自分が想定するエントリーポイントに届かないまま下がる可能性があるため。

機会損失を避けるために“少し早めにエントリー”することを意識しているようです。

リオン式マシンガンハントFX

リオンは自身のトレード手法を詰め込んだ「マシンガンハントFX」なる商材を販売しています。

リオンのマシンガンハントFX

商品内容はリオン式トレード手法のマニュアル教材とMT4ツール。

具体的なMT4ツール「ゾーンハンター」と「リオンボイスアラーム」となっています。

▼ゾーンハンター
ゾーンハンターは資金管理と分割エントリーのためのツールです。

損切りの最大許容金額を設定できます。

また、分割エントリーするゾーンの下限と上限を決め、分割エントリーするポジション数を設定。

すると自動的に分割エントリーが指値セットされ、同時に損切りラインも設定されるようです。

設定した損失許容範囲内で自動的に損切りを設定してくれるため、自分で損切りできないという方には合っているかもしれません。

▼リオンボイスアラート
リオンのトレード手法で使用する20SMAにタッチしたタイミングでリオンの声でお知らせしてくれるサービスです。

わざわざチャートを見ずとも、音だけでサインを把握できるメリットがあります。

マシンガンハントFXの評判

「為替マーケットから利益を根こそぎ奪い取れ!」と過激な言葉が並んでいますが、実はマシンガンハントFXの評判はあまり良くないのが現実です。

▼口コミ①

最初にばらまきで指値入れてるように見えるがそのあと足していくのか。
それでもそういう手法は裁量が強いから、なかなか難しいだろう。
再現性は低そう。
暴露板より引用

▼口コミ②

毎日安定の‐100PIPS、売っている本人さえ使わずプロコン使用。気分悪いです
暴露板より引用

売っているリオン本人もマシンガンハントFXを使っていないとの意見。

真実かどうかはわかりませんが、自信を持って販売しているのではないのでしょうか。

FXトレーダーリオンのまとめ

リオンのトレード手法はGBP/AUDのショート狙い。

重要な価格帯の手前からエントリーし、ナンピンでポジションを分割するのが特徴です。

そんなリオンのトレード手法が詰まったマシンガンハントFXは再現性がないと評判。

使いこなせるかどうかは個人の力量に左右される部分が大きいように感じます。

再現性を求めるのであれば、「FXAIパートナーズ」のようにAIがエントリーポイントを分析してくれるサービスが参考になるかもしれません。

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

たしかにリオンの手法見るとあまり再現性がないように思う
少なくとも自分は真似したくないかな

Vtuberまで使って及川氏は金もうけが好きだねww

ピラミッティングというよりほぼナンピンだよね。
マネしたら怪我しそうな手法

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません