ビットクラブのホームページが閉鎖し運営が飛んだか【1/27更新】

ビットクラブ

ビットクラブの最新情報

  • 2020年01月27日

    遂にホームページが閉鎖

    ビットクラブのホームページを確認したところ、アクセスできない状況になっていました。

    ビットクラブのホームページ

    以前に運営者がアメリカで逮捕されてしまったので、まだ逃げている運営者がホームページを閉鎖して証拠隠滅を始めたのでしょう。

    これでビットクラブの運営が完全に飛んでしまい、投資したお金を取り返すことはできなくなりました。

    次に投資をするのなら、もう二度と騙されずに堅実的に稼げる案件をやりたいですよね。

  • 2020年01月08日

    ホームページへのログインができない状況

    現在、ビットクラブのホームページへログインできない状況が続いています。

    そもそもビットクラブの運営者はアメリカで捕まっているので、誰もログイン機能を復活させることができないでしょう。

    このまま資金を出金することすらできないかもしれません。

    今後のビットクラブの動向をチェックし、最新の情報を更新していきます。

  • 2019年12月12日

    ビットクラブの運営者3人が逮捕

    遂にビットクラブの運営者3人が逮捕され、約785億円を搾取したポンジスキームだったことが判明しました。

    ビットクラブは米国に詐欺認定されてしまい、もはや運営が続くのかどうか怪しくなりました。

    元々ポンジスキームだったみたいなので、初めから運営が飛んでしまう可能性は非常に高かったと言えるでしょう。

    もうこんな詐欺案件なんて辞めて、堅実的に稼げる投資術を使うと良いかもしれませんね。

  • 2019年11月12日

    今後どうなるか大胆予想まとめ

    今後ビットクラブの運営は飛んでしまうのではないかと予想されています。

    確かに、過去に高配当をうたう投資商材は出金停止になった後に、運営が飛んでしまい、返金されない状況になった事例があります。

    次に、ビットクラブは利回りがどのぐらいになるのか計算してみると、1000日かかって元本の100分の1しか回収できないことが判明しました。

    今から始めても確実に損することは間違いなさそうですね。

  • 2019年10月28日

    年内にKYCしないと残高が消失

    ビットクラブは現在、年内にKYC(本人確認)をしないと残高が消えてしまう状況に陥っているようです。

    しかもKYC(本人確認)を20回も申請しても通らないとのこと。

    ちなみに、KYC(本人確認)は日本時間で午前10時〜12時にやると通りやすくなるという報告もありました。

    もはやビットクラブはまともに運営をする気がないようですね。

    このまま仮想通貨を預けておくことすら危険かもしれません。

  • 2019年09月03日

    サーバーがダウンし、サイトにアクセス不可!

    ビットクラブのサーバーに障害が発生し、サイトにアクセスできない状況になっています。

    1週間ぐらいで復旧すると公式発表はありますが、少しでも早くサイトが復活して欲しいですね。

  • 2019年09月02日

    マイニングを辞めていた可能性が発覚

    ビットクラブネットワークがビットコインのマイニングシェアが分かるサイトから姿を消しました。

    ただ、上記の画像はハッシュレート分布を表示しているだけでマイニングしているかどうか正確に教えてくれません。

    そこで、MiningPoolStatsというサイトで確認すると、マイニングプールごとにハッシュレートを確認することできます。

    ビットクラブネットワークのマイニングプール

    上記の画像の一番下にビットクラブのマイニングプールを確認することができました。

  • 2019年06月11日

    ビットクラブは違うTwitterアカウントなのに、一言一句同じツイートが並んでいて不自然

    Twitterでビットクラブについて調べてみると、違うアカウントなのに一言一句まったく同じツイートがいくつも並んでいました。

    ビットクラブのツイッター

    明らかに同一人物が複数のアカウントを作成して、コピペでツイートしているようにしか見えませんね。

  • 2019年02月20日

    ビットクラブ創業者セミナーin福岡まとめ

    本日、福岡でビットクラブの創業者セミナーが行われていたようです。

    その一部始終を参加者の1人がYouTubeでまとめてくれていました。

    ビットクラブのセミナー

    要点をまとめると、

    ・500$プランは1日6.45円しか稼げない
    ・根拠なくビットクラブは大丈夫だと明言

    という状況になっているようです。

  • 2019年02月14日

    ビットクラブの報酬を公開

    ビットクラブの利用者がTwitterにて自身のマイニング報酬を公開していました。

    こちらの方は、ツイートを見るとビットクラブの「3500$」に投資しているようです。

    ツイートに載せられている画像にある報酬を一日平均で計算すると、20円でした。

    18500日(50年)続けると、やっとビットクラブに投資した金額3500$(約37万円)分を稼ぐことができます。

  • 2019年01月15日

    ビットクラブは本当に人生が変わる研修を開催

    ビットクラブのMLMで稼げている「メガモンスター」の方々が一堂に集い、彼らのノウハウを全て紹介してくれる研修のようです。

    2日間でなんと、料金は35,000円。

  • 2018年12月12日

    ビットクラブの販売会社に集団訴訟

    集団訴訟プラットフォーム「matoma」にて、ビットクラブをMLM方式で販売していた株式会社アドバンの被害者が集まっています

    ビットクラブ集団訴訟

    仮想通貨の知識のない投資の素人に対して、マイニングでの報酬を誇張してビットクラブの投資に誘っていました。

  • 2018年10月09日

    ビットクラブ配当停止

    ビットクラブは毎日配当があると言われていましたが、イーサリアムのマイニングは9月に停止し、ビットクラブは配当停止になっています。

    なぜ配当停止になったのか、その理由はイーサリアムのマイニングをやると日々の利益に対してコスト(電気料金など)が上回り赤字になるからです。

    しかもイーサリアムの価格は9月に比べて12月は半値まで下落しており、もしマイニングを行っていたら、さらに赤字が拡大すると予想されます。

    この先、イーサリアムの配当が支払われる可能性は限りなく低いでしょうね。

    それに対して、ビットコインのマイニングの配当は出ていますが、元本を回収するには程遠いです。実際に、100万円を投資したと仮定して、1日に支払われる配当は1円以下(0.00001%の配当)になっています。

    つまり元本を回収できるのは、今から2739年後です。毎日報酬をもらえたとしても、この程度の配当では購入するメリットがないですね。

ビットクラブとは

ビットクラブがマイニングを行うと、全く稼げない状況ですが、ビットコインの価格が上昇すれば配当が跳ね上がる可能性はあります。

ただしビットコインの価格が100万円以上になればの話ですが。下記の画像は平均的なマイニングの報酬です。

ビットクラブネットワーク

2018年12月時点では、ビットコインの価格は40万円台となっています。

一時は30万円台に割り込んだこともあり、これから数か月でビットコインが100万円を超える可能性は考え難いですよね。

しかもマイニングで誰もが稼げる状況になったら、新たな競合他社が生まれるので、報酬が少なくなるのは目に見えています。

こんな状況でほぼもらえない状況なのに、ビットクラブの勧誘を続けている人たちがいました。

損失必至のビットクラブをマルチ業者が勧誘する深いワケ

ビットクラブは前述の通りに元本を生きている間に回収できない投資になっていますが、マルチ商法(ねずみ講)で勧誘が行われています。

どうして明らかに儲からないと分かっている投資商材の勧誘を行っているのか、その理由は非常に高い紹介料を得られるからです。

Pool 1 500ドル 50%の報酬
Pool 2 1,000ドル 60%の報酬
Pool 3 2,000ドル 70%の報酬
Founder Pool 3,500ドル 上記3つ全て

もし1,000ドルの契約でビットクラブを勧誘できれば、600ドル(6万円)の報酬となります。

たった1人に紹介するだけで6万円前後の報酬を得られるのですから、報酬目当てで勧誘を続ける人がいる可能性が高いです。実際にTwitterで勧誘を続けているアカウントが多数ありました。

損失必至のビットクラブに勧誘するマルチ業者たちの実態

ビットクラブはマルチ商法(ねずみ講)で勧誘が行われており、被害者が続出しています。

ちなみに、ビットクラブの勧誘を行っている「泉忠司氏」は、以前に仮想通貨「ノアコイン」の勧誘を行っていました。

ビットクラブ

フィリピン政府公認や必ず儲かるといった断定的な言葉を使っていましたが、嘘でした。同じようにビットクラブで嘘を吐き続け、言葉巧みに勧誘し続けているのでしょう。

次に、ビットクラブでは事業説明の為にセミナーが開催され、そのセミナーで玉井暁氏がビットクラブの解説が行われています。

この人物は信用できるのか確かめてみると、玉井暁氏は2013年に脱税を行っていました。このような人物を信用できますか?

ビットクラブ

元々アサイジュースなどをネットワークビジネスで販売しており、財をなした人物です。所得税を約1億円の脱税を行った容疑で、所得税法違反容疑で東京国税局から東京地検に告発されていたようです。その後、所得税は納付されました。

なぜ多額の利益を上げながらも脱税を行ったのでしょうか?

お金を稼ぐ為なら嘘を吐く人たちと一緒にいるのですから、稼いだお金を減らさない為にも脱税していても可笑しくないかもしれません。

ビットクラブの創業者に有罪判決!

ビットクラブの創業者と言われている「ロス」という男性を確認してみると、驚くことにアメリカで数々の犯罪で有罪判決を受けていたと判明しました。

ビットクラブ

普通の会社のトップが罪を犯したら、HPなどで謝罪や釈明の文書がありますが、どこを探しても何もありませんでした。

過去に犯罪を起こした人物が創業者では、いささか信用度が下がってしまいますね。その点についてビットクラブ側にも聞いてみたいですが、どのように思っているのでしょうか?

ビットクラブは法人の所在地や詳細が皆無で怪しい

ビットクラブ(BitClub)は、マイニング事業には2014年から参入している団体です。ホームページ上には、専門家で構成されたチーム(団体)とありました。そのせいなのか、ビットクラブ(BitClub)の所在地は不明です。

ちなみに、マイニングを行っているコンピューターを集積している土地は、北欧のアイスランドにあるそうです。マイニングをする際に、コンピューターの熱を冷やすために電力ではなく、外部の冷気を利用するために寒い土地にデーターセンターを置いているのでしょう。

ここまでの情報だけでも、ビットクラブ(BitClub)を信用できる情報が何1つもありませんでしたね。

まあ、仮想通貨の業界には、このように企業ではなく、所在地も分からない団体が数多あります。隠す必要がない情報を隠している団体には、何かしら問題があります。少しでも怪しい部分がある投資案件には近づかないことが賢明です。

ビットクラブまとめ

2018年12月現在、ビットクラブは損失必至です。しかも契約期間は600日となっており、約2年経たないと資金を回収できません。

もはや配当は風前の灯となっており、実際にイーサリアムは配当停止中。ビットコインのマイニングもいつ停止するのか分からないです。

ビットクラブの基本情報

名称 ビットクラブ
サービス内容 クラウドマイニング
サイトURL https://bitclubnetwork.com/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2020年01月31日

今回ばかりは仮想通貨の上がり下がりの問題じゃなくて、運営がマズ過ぎ。あんな住所も載ってないような、今どき小学生でも分かるくらいのいい加減な作りのサイトでお金のやり取りとか、ましてや写真付きの個人情報なんて絶対送ってはダメ!
これからはまず誰から来た話しなのかよく考えて、その人物のバックグラウンドまでわかって初めて検討する事、日本の会社ならちゃんと取引に関する免許を持ってる会社か調べること。反社の人間がちょっとでも噛んでたらアウト。海外ものは特にリスキーなのを承知で取引をする事。海のものとも山のものともわからない人間から来た話しには乗らないこと。我々一般国民に来る話には何か裏があるという事を理解する事。投資の世界は魑魅魍魎がウヨウヨいるところ。またどんなに尊敬できるトップでも投資家を守りきれない事が起こりうるところ。それでもその人物を尊敬し続けられるなら、勉強代と思って次に生かす事。

と、自分に言い聞かせているのであります。。

2020年01月31日

下で誰かが投稿してくれた、ビットクラブの内部情報を見てて「エンジニアが拘束されていて再開に時間がかかる」という件があってふと思ったのだが、通常アメリカでは保釈金が設定されて、保釈金を払えば裁判が始まるまでは動ける。調べてみたところ、このケースの判事の判断で、保釈金を設定しても被告人が必ず裁判の当日に現れる保証が無いこと、また海外に逃亡するかもしれないリスクを考えて、裁判まで拘束する事にした模様。これは自分が知る限りあまり無い事。https://www.crowdfundinsider.com/2019/12/155738-bitclub-network-cryptomining-promoter-detained-in-florida-until-trial/

2020年01月30日

だから投資は自己責任だ
ちゅーの!
勧誘する時に言っただろ
ちゅーの!
損失補てん
するかーちゅーの!

2020年01月30日

KYCで提出した情報がダークウェブで売買されてないと良いのだが。パスポートの写真は20ドルくらい、住所まで特定できる払込証明なんかだと50ドルくらいで取引されてるらしいぞ。

2020年01月30日

司法省のサイトにしっかりビットクラブの名前が出てるのに、ビットクラブ創業者のロスは逮捕された3人はビットクラブとは無関係とか言ってるのか?んな訳ねーだろ!早くロスも刑務所に返れ変態!

2020年01月30日

ハッキング対策でホームページをシャットダウンしてるって言ってますけど、実質、捕まった人達以外にシステムを運用できる人材がいない感じですね。システムさえできてれば普通の仕事は技術的には2〜3人でできてしまいますからね。資金が何百億円とかでも数人で業務を回せる、って事です。逆にいえば権限がその人達にありすぎて監視の目が届かないからこういう事が起こるんですけど。日本国内ではそんな事金融庁が絶対許さないから、これをモデルにして自分で起業して悪い事しようとは思わない方が良いですよ。すぐ捕まりますから。

2020年01月30日

みんな、「パイプ」じゃない、
「ハイプ」(HYIP)だぞ!

2020年01月30日

う〜ん、下のリンクを見る限り、
どうもそのドイツ人が
曲者っぽいですね。

2015年2月のやりとり 〉〉

ドイツ人–今日から1日の
マイニング報酬60%って事に
しようぜ!

4人目の逮捕者バラチ–ちょ、
それ持続不可能だし、
完全にポンジ(ポンジスキーム、
集めたお金を実際は運用しないで
そのまま配当する自転車操業)
になっちゃうじゃん・・でも御意!

2017年9月のメール履歴 〉〉

ドイツ人–オレ様がリッチに
リタイア‼︎できるよう、今から
マイニング報酬爆上げね♪

・・根源はこいつっぽいですね。

ジョー・アベルって人は
逮捕されちゃったけど
巻き込まれた感漂ってますね。

2020年01月29日

1ヶ月前のフォックスビジネスの記事で古いけど↓

Three men charged with $722M cryptocurrency Ponzi scheme | Fox Business

https://www.foxbusiness.com/markets/three-men-charged-with-722m-cryptocurrency-ponzi-scheme

“Goettsche discussed with his conspirators that their target audience would be ‘dumb’ investors, referred to them as ‘sheep,’ and said he was ‘building this whole model on the backs of idiots,’” a statement from the U.S. attorney’s office said.

アメリカの弁護士事務所の発表によると、「過去にガッシェ(逮捕されたドイツ人)が共謀者と話し合った際、ターゲットは『口の効けない人々』で『羊』と呼び、『このビジネスモデルはバカどもの上に成り立つ』と言っていました。」

口の効けない人々って、最初から英語圏以外の人間がターゲットのスキームって事だろ。英語喋れない奴は訴訟起こしたり、歯向かって来れないから。ビットクラブはアメリカ人が登録してたら即刻会員から抹消するってHPにも書いてたしな。まぁ、日本人が舐められてるのは確かだな。

2020年01月29日

先程、アンディさんより

今回悪いニュースが重なって起きてしまった。
サイトが止まってるのは例の裁判沙汰のことで、ハッキングが多くなり、サイトを一旦守るためにオフラインにしている。

例の裁判沙汰とは要するにビットクラブを使って何らかの悪事を考えたものがディストリビューターにおり、数名が拘束されている。

システムエンジニアだったマット氏も拘束されているのと、ドイツの最高エンジニアも拘束されているためサイト再開に時間が掛かっている。

2020.1.15日に裁判所でマット氏は容疑全てに無罪を訴えそれに対しての裁判所の手続きが2020.3.15と決定で裁判の関係上サイトを元に戻すのに3月までは見たほうがいいだろうと。。

それに対して創業者ラスも
ビットクラブ の無罪を晴らすべく優秀な弁護士と真っ向から戦いに出ている。ビットクラブ は決してscamではないことを主張する。

なお、現在モンタナの工場でのマイニングはももちろん進行しているその上で現在はBTC.comにプールを繋いでマイニングしている状況。サイトはまだ復旧しないが、マイニング機械は稼働している。
サイトのオープンも別の優秀なエンジニアとのやり取りをしているが、ここをきちんと見極めなければリスクもデカいので慎重に進めているところです。

いずれにしても回復に時間がかかり申し訳ありませんが、必ずサイトも戻しますのでお時間下さいとのことです。それから今現在のサイトダウンの為に掛かっている日数は元に戻った際に加算する様になります、1000日の契約が切れてしまった方には契約切れの期間日数を新たに入れてサイトがダウンした日にちから計算し加算するそうです。 

※なお、裁判の進捗状況
http://www.courtcasedocs.com/Case%20Files/19-CR-00877-CCC/index.html

BCNからのオフィシャルは弁護士を通じて発表する事になりますが裁判所からの許可待ちです。

言い訳ばかり⬆

2020年01月29日

ふざけんなぼけビット!
沢山の人の夢をぶっ壊しやがって!
次はてめーらがぶっ壊れろや
ペラペラと語ってた糞モンスター達
死ねや。

2020年01月28日

HPにアクセスできない?
>そのうちアクセスできるでしょう!

配当がない
>そのうち再開しますよ!

そう言いながら逃げまくってる
勧誘者。

2020年01月28日

ビットクラブを投資と呼ぶ方がおかしい
あれは「無限連鎖講」と言います
要は「ねずみ講」です
なので「投資は自己責任」って言葉は通用しない!!!
完全な犯罪なので返金をしてもらいましょう
民事訴訟をしましょう
勧誘時にマイニンの報酬を伝えていないはずなので
「不実告知」です
ビットクラブのネズミ達を逃がすな!!!

2020年01月28日

ビットクラブの日本のトップリーダーで、セミナー商法で活躍していたグローバルのチャーリータカこと田塩享寛がクロスエクスチェンジのセミナーを開催!ビットクラブが飛んだからクロスユーザーが次のターゲットかよ。まあ、クロスは金融庁から警告を受けたからセミナー自体やれるかどうかしらんけど。

2020年01月27日

世の中、小さい詐欺から大きい詐欺まで詐欺ばかりだねー
投資家としては勉強にはなったと思う。金儲けに王道は無いね。

2020年01月26日

投資は自己責任
損害も自己責任
株式投資と同じ

2020年01月25日

「投資は自己責任」
この言葉は無責任ですね
金銭に関係することなので勧誘する側にも
覚悟は必要だと思います。
トラブルになることも想定できまし、他人の出資額に
応じて報酬を受け取っているのですから。
いざって時は全額返金もやむを得ないでしょう
その覚悟が無いのならば、勧誘などしてはいけません。
結局は小遣い稼ぎに他人を嵌めたのでしょう。
軽い気持ちで勧誘してる人ほど『投資は自己責任』って
言葉を平気で使いますね。

2020年01月23日

マシュー、ジョバディア、ジョセフ、そしてまだ逮捕されてないロスともう一人。こいつら終身刑でいいだろ。それにしてもビットクラブって2016年8月からやってたのか、ずいぶん長持ちしたポンジスキームだな。

2020年01月23日

話題のビットクラブは3年以上続いたポンジスキームで、7億2千2百万ドルも集めた大型詐欺。ポンジスキームは運用なんてしないで一方的に被害者から金を搾り取るスキームだけど、それにしても凄い額集めたものだ。

2020年01月21日

米で逮捕者が出たのでもうしばらくすると日本も逮捕者が出るでしょう。
逃げ切れると思うなよ!

意見を投稿しよう!

お名前:

^