1inch.Exchangeとは?将来性と使い方を徹底解説

1inch.Exchangeのサムネイル画像

1inch.Exchangeは数あるDEXの中でも取引量4位を誇っています。

他のDEXとは差別化されたサービスを提供しており、今後も成長に期待できるDEXでしょう。

今回は1inch.Exchangeに期待されている理由から実際の使い方まで解説。

1inch.Exchangeを使いこなすための豆知識にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

1inch.Exchangeとは

1inch.ExchangeはユニスワップやパンケーキスワップのようなただのDEX(分散型取引所)ではなく、DEXアグリゲーターというジャンルです。

簡単にいえば、ユニスワップなどのDEXの中から最良レートのDEXを見つけ出し、ユーザーにとって最も有利な価格レートを提示してくれます

これによってユーザーはDEXの中で価格レートを比較する必要がなくなり、手間をかけずにお得なトレードが可能になります。

トレードする数量によってはDEX間で数千円のレート差が出ることもあるので、1inch.Exchangeを利用すればレート差で損をするようなことはありません。

また、1inch.Exchangeは独自通貨である1inch(1INCH)を発行しています。

1inch(1INCH)はガバナンストークンとしての役割を持ち、運営方針に対する投票権として利用できます。

つまり、1inch(1INCH)を多く保有するほど、運営に対して強い発言権を得ることができるのです。

1inch.Exchangeの使い道

1inch.Exchangeは大きく分けて2つの使い道があります。

▼仮想通貨を交換(スワップ)
上述のように1inch.Exchangeは、DEXの中から最良レートを見つけ出してくれます。

ユーザー側は提示された価格レートでの仮想通貨の交換が可能です。

▼イールドファーミング
ユニスワップパンケーキスワップなどのように、流動性を提供することで金利を得るイールドファーミングが可能。

DEX(分散型取引所)の場合ユーザーとDEX間で直接トレードが行われるので、流動性を確保するために提供してくれる人に報酬を支払う仕組みです。

イールドファーミングのルールは、仮想通貨ペアを1:1の割合で預け入れて流動性を提供します。

1inch.Exchangeの場合、イールドファーミングを行うと独自通貨である1inch(1INCH)を受け取れます。

1inch.Exchangeの将来性

独自通貨1inch(1INCH)は将来性があり、今後さらなる高騰に期待できます。

1inch(1INCH)は2021年に入ってから最大で7倍に高騰し、注目度の高さが伺えます。

1inch(1INCH)のチャート画像

5月に下落が確認できますが、これはビットコインを含め仮想通貨市場全体の停滞が要因だと考えられます。

また、1inch(1INCH)の将来性は、1inch.ExchangeのDEXとしての将来性に影響されると言えます。

そして、1inch.Exchangeが将来性に期待できる理由は次の3点です。

▼独自サービスを展開
1inch.ExchangeはDEXアグリゲーターという他のDEXと差別化したサービスを提供しています。

実際にユーザーからのニーズも獲得できており、2021年9月現在DEXの中でも4位の取引量を誇っています。

差別化できているサービスなだけに、今後知名度が高まるほどユーザーの獲得にも期待はできるでしょう。

▼フロントランニング防止機能
1inch.Exchangeはフロントランニングを防止する機能があり、全てのユーザーが公平にトレードできる環境です。

フロントランニングとは、他のユーザーが取引する前に自分の取引を成立させること。

他人を利用して利益を得ることもできるため問題になっていますが、1inch.Exchangeはフロントランニングが起きることはありません。

▼複数のチェーンに対応済み
1inch.Exchangeは主要のイーサリアムチェーンだけではなく、BSC(バイナンススマートチェーン)を含め5つのチェーンに対応しています。

今後さらに対応チェーンが増える可能性もあり、伴って利用者の増加にも繋がりそうですね。

もし短期的な利益を狙うのであれば、トレンド化しそうなアルトコインを狙うのが一番でしょう。

>>トレンド化するであろうアルトコインを予測するサービス

1inch.Exchangeの使い方

1inch.Exchangeの2つの使い方をそれぞれ画像付きで解説していきます。

手数料としてそれぞれチェーン別の仮想通貨が必要なのであらかじめ用意しておきましょう。

また、1inch.Exchangeを利用するにはメタマスクのような外部ウォレットが必要です。

まだお持ちでない方は下記の記事を参考に作成しておきましょう。

>>スマホ版メタマスクの使い方を徹底解説

▼仮想通貨の交換方法
まず1inch.Exchangeの公式サイトにアクセスします。

アクセスしたら「Connect Wallet」より接続するネットワークとウォレットを選択しましょう。

無事にウォレットを接続できたら「Trade」より「Simple mode」を選択します。

後はFromに「交換元の仮想通貨」、Toに「交換先の仮想通貨」を入力し、交換したい数量を入力するだけです。

1inch.Exchangeが最良のレートを提示してくれているので、このまま手数料を確認して交換しましょう。

▼イールドファーミング方法
イールドファーミングを行う基本的な流れは下記の通りです。

①イールドファーミング可能な通貨ペアを確認
②通貨ペアを1:1の割合で用意
③流動性を提供し証拠としてLPトークンをもらう
④LPトークンをファーミング

まず「DAO」の「Faming」からイールドファーミング可能な通貨ペアを確認しましょう。

「ACTIVE」になっている通貨ペアがイールドファーミング可能になっています。

今回はDAI/stETHの通貨ペアでのイールドファーミング方法を紹介します。

1inchのイールドファーミング方法

通貨ペアを確認したらイールドファーミング可能な通貨ペアを1:1の割合になるよう交換します。

例えば、5万円分のDAIと5万円分のetETHを準備します。

イーサリアムチェーンを利用している場合はガス代(手数料)が高いので、多めにイーサリアムを残しておきましょう。

1:1の割合に交換したら「DAO」の「Pool」から流動性を提供する通貨ペアを選択します。

今回の場合は検索窓にstETHと入力し、DAI/stETHを見つけます。

後は流動性を提供したい数量を選択し確定すれば、流動性を提供した証拠にLPトークンが受け取れます

再び「DAO」の「Farming」から通貨ペアを選択し、保有しているLPトークンを預け入れればイールドファーミング完了です。

定期的に報酬が入ってくるので、ある程度まとまってから回収しましょう。

1inch.Exchangeを使いこなす方法

1inch.Exchangeを使いこなすための2つの方法を紹介します。

知っておくとよりお得に仮想通貨取引できるようになるでしょう。

▼ブリッジ機能
仮想通貨は通常違うチェーン同士の仮想通貨を直接取引することはできません

ただ、ブリッジ機能を使えば違うチェーン同士だとしても簡単に仮想通貨を交換できます

厳密にいえば外部サービスではありますが、1inch.Exchangeにはブリッジ機能が搭載されています。

例えば「BSC Bridge」を選択すると、「Binance Bridge」というサービスに移ります。

Binance BridgeではBSC→イーサリアム、イーサリアム→BSCのブリッジ取引が可能です。

交換には手数料が必要ですが、わざわざ取引所に送金する手間を省けるのでメリットは大きいでしょう。

▼指値機能
通常DEXのスワップ機能はその時の市場価格で自動的に交換される場合が多いですが、1inch.Exchangeでは指値による交換が可能です。

指値注文をすれば、より有利な価格でお得にトレードできます。

「Trade」から「Classic mode」を選択すると、指値による仮想通貨交換が可能になります。

注文方法を「Limit」に切り替え、交換したい仮想通貨と数量、価格を入力しましょう。

また、指値注文の有効期限も設定可能です。

設定した期間内に約定しなかった場合、自動的に注文はキャンセルされます。

1INCHの買い方

独自通貨の1INCHは1inch.Exchangeで購入可能ですが、すでに大手の取引所にも上場しており取引できます。

今回は最も取引量の多いバイナンスでの購入方法を紹介します。

バイナンスの登録・入金方法などの使い方は下記の記事を参考にしてください。

>>バイナンスの使い方を登録・入金・取引方法から応用まで解説

▼バイナンスでの買い方
バイナンスのメニューからマーケットを選択。

検索窓に「1INCH」と入力すると取引ペアが表示されます。

バイナンスではBTC/USDT/BUSD建てでトレードできます。

「FIAT市場」などからペアを決めたら、トレード開始をクリック。

チャート、オーダーブック、発注画面が表示されるので、発注画面から注文を行います。

マーケットが成行注文、リミットが指値注文にあたるので、お好きな方を選択しましょう。

成行注文の場合は現在の市場価格で注文が行われ、指値注文の場合は購入したい価格を設定します。

後は購入したい1INCHの数量を入力し、購入を押せば注文完了です。

無事注文が通れば購入できます。

1INCHのステーキング方法

バイナンスでは1INCHのステーキングが可能なので、効率的に稼ぐことができます

ステーキングは仮想通貨を預け入れることで金利を得る仕組みです。

長期保有をするのであれば、ステーキングすることをおすすめします。

バイナンスでステーキングするにはメニューの「ファイナンス」から「バイナンスアーニング」を選択。

「バイナンスアーニング」から「定期ステーキング」を選択し、1INCHを検索します。

ステーキングする期間は15日、30日、60日から選択可能

2021年9月現在、年間利回りは4%から7%です。

1inch.Exchangeのまとめ

1inch.ExchangeはDEXアグリゲーターというサービスを提供しています。

数あるDEXの中から最良レートを選択してくれるので、よりお得にトレードできます。

他のDEXとは差別化されたサービスのため、将来性は高く中長期的に成長する可能性は高いでしょう。

1inch.Exchangeの基本情報

名称 1inch.Exchange
販売形式 分散型取引所
サイトURL https://1inch.io/ja/

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前: