Gate.io(ゲート)の使い方を登録・入出金・取引方法までわかりやすく解説

gate.ioのサムネイル画像

Gate.ioは仮想通貨の上場スピードが早く、大手取引所上場前のアルトコインを事前に仕込むことができます。

上手く利用すれば早い段階で有望アルトコインに投資でき、爆益を狙うことも可能でしょう。

そんなGate.ioを完璧に使いこなすため、口座開設方法、入出金方法、取引方法を紹介します。

最後までご覧いただければ、草コイン投資で稼ぐためのワンランク上の活用方法も理解できるでしょう。

gate.ioの口座開設方法

gate.ioの口座を開設するにはまず公式サイトにアクセスします。

公式サイトにアクセス後、「登録」ボタンから口座開設ページへ移行します。

登録に利用するメールアドレスを入力し、パスワードを設定。

パスワードは最低8文字、アルファベットと数字を組み合わせる必要があります。

gate.ioの口座開設方法

紹介IDの入力は任意です。

メールアドレス、パスワードを入力したら利用規約を確認し、チェックを入れます。

チェックを入れたら「次へ」を選択。

出金時に必要になる資産パスワードを設定します。

資産パスワード

セキュリティ強化のため、登録時に設定したパスワードとは違うパスワードを設定した方がいいでしょう。

資産パスワードを設定し「Create account」を選択すると、入力したメールアドレス宛に認証メールが届きます。

メール内に記載の「Please click the following link」の下部URLをクリックすると、口座開設は完了です。

無事に口座を開設できたらセキュリティ強化のため、二段階認証も行っておきましょう。

gate.ioの二段階認証

二段階認証設定を行っておくと、ログインや出金時に二段階認証が必要になるため、不正利用に対する安全性は格段に上がります

二段階認証の設定方法は主に2つあり、電話番号の「SMS」または「Google Authenticator」というアプリを用いた認証方法です。

「Google Authenticator」の方がセキュリティ強度が高くおすすめです。

二段階認証を行うにはまずgate.ioへログインします。

ログイン後のメニューから「アカウント」→「セキュリティ検証」を選択。

「二段階認証」の欄から「即時紐付け」を選択します。

gate.ioの二段階認証設定方法

遷移後の画面で「こちらをクリック」を押すと、設定画面に移ります。

表示されるステップごとに手順を踏んでいきます。

まだ「Google Authenticator」をインストールしていない方は、OSに合わせてアプリをインストールしましょう。

アプリをインストールしたら、Google Authenticatorを起動し「+」を押し、QRコードをスキャンします。

Google Authenticator上に表示される6桁のワンタイムパスワード、資金パスワード、メールに送られてくる認証コードを入力し、「二段階認証を有効化」を選択すれば完了です。

gate.ioの入金方法

gate,ioへの入金自体は仮想通貨入金に限られますが、クレジットカードで仮想通貨を購入することも可能

仮想通貨による入金方法は、まずアカウント画面から「入金」を選択します。

入金可能な仮想通貨一覧が表示されるため、入金したい仮想通貨を検索窓から検索しましょう。

入金したい仮想通貨が見つかったら、入金(deposit)を選択します。

gate.ioの入金方法

入金(deposit)を選択すると、入金アドレスとQRコードが表示されるので、アドレスをコピーするかQRコードを読み取りましょう。

入金元の送金先アドレスの欄にコピーしたアドレスを貼り付け、送金処理をすればgate.ioに入金できます。

gate.ioの出金方法

gate.ioからの出金はアカウントより「出金(Withdraw)」を選択。

出金したい仮想通貨を選択し、使用するチェーンを選択します。

チェーンを間違えて送金すると最悪資産を失う可能性もあるので気を付けましょう。

次に出金先のアドレス、金額、資金パスワード、メールで送られてくる認証コードを入力します。

・出金先のアドレス
・出金金額
・資金パスワード
・認証コード

の4点を確認し、問題なければ「リクエストを送信」を押しましょう。

以上でgate.ioからの出金は終了です。

次にgate.ioの取引画面の見方や取引方法について紹介していきます。

gate.ioの取引方法

gate.ioは日本人の利用を一部制限しています。

具体的には証拠金取引やレバレッジトークンはできず、現物取引のみ利用可能です。

また、gate.ioは他の取引所にはない機能や特徴があるので注意しましょう。

▼取引画面の見方
gate.io 画面の見方

gate.ioの取引画面は他の取引所と大差はありません。

チャートが中央にあり、左側には取引通貨ペアの選択画面。

チャートの下には注文画面がり、取引履歴はその下に表示されます。

チャートの右側には取引板(オーダーブック)が表示され、現在出されている注文を確認可能です。

gate.io

注文板では注文が出されている価格帯と数量を確認できます。

▼指値注文方法
gate.ioの注文方法は「指値注文」「グリッド取引」「時間条件」の3種類です。

gate.ioには成行注文がなく指値注文が基本になっています。

指値注文は購入したい価格と数量をあらかじめ指定する注文方法です。

ビットコインがいくらの時に、どのくらい買いたい(売りたい)のかを入力しましょう。

gate.ioの指値注文

▼グリッド取引方法
gate.ioには他の取引所にはないグリッド取引というサービスがあります。

グリッド取引は簡単に言うとAIによる自動売買システムのようなもの。

gate.ioのグリッド取引

AIグリッド取引を利用すれば、特に設定をすることもなく自動売買を始められます。

また、自分でルールを手動設定して自動売買を始めることも可能。

gate.ioスマホアプリの使い方

gate,ioは公式スマホアプリも提供しています。

スマホアプリをインストールしておけば、取引状況の確認や発注までスマホ一つで完結可能です。

>>スマホアプリのインストール画面はこちら

スマホアプリもweb版と使い勝手はほぼ同じです。

下部メニューの「trade」を選択すれば、取引画面に移ります。

通貨ペア名をタップすれば、通貨ペアを変更でき、ロウソク足をタップすればチャートを表示してくれます。

gate.ioスマホアプリの使い方

ただ、日本人に関してはスマホアプリでも現物取引のみ利用可能なので注意しましょう。

gate.ioで有望アルトコインを見つける方法

gate.ioはアルトコイン、草コインを上場させるスピード感に定評があります。

つまり大手取引所にはまだ上場していないダイヤの原石を見つけ出すことができれば、爆益を得ることも可能でしょう。

そんな有望アルトコインを見つけ出すポイントは主に次の2点です。

▼Market TRacker
Gate.ioにはMarket TRackerという分析ツールが存在しています。

「マーケット」→「Market Tracker」→「現物」を選択すれば、Gate.ioで取り扱っている現物の上昇率と取引量を視覚的に確認できます

一つの例としては、ハイリターンを狙うのであれば取引量が多くない、かつ上昇しているアルトコイン(下図赤丸)に飛び乗るという方法です。

取引量が少ない仮想通貨ほどボラティリティ(価格変動幅)が大きく、一気に急騰する可能性を秘めています。

gate.ioはこのように視覚的な情報を元に投資先を選ぶことも可能です。

▼トレンドジャンルで絞り込み
Gate.ioは仮想通貨のジャンルごとに絞り込みが行える機能があります。

「マーケット」→「Market Price」→「現物」からジャンルの絞り込みが可能。

2022年1月現在特に注目されている分野は「DeFi」「NFT」「Metaverse」です。

その中からバイナンスなどの大手取引所にはまだ上場していない将来有望なアルトコインにあらかじめ投資しておくと大きな利益になる可能性もあります。

とはいっても、何百ものアルトコインの中から投資先を決めるのは、そう簡単ではありませんよね。

稼ぎたい気持ちはありながらも、失敗したくない気持ちもあると思います。

最近では「クリプトマスター」のような短期高騰期待のアルトコイン情報を配信してくれるサービスもあります。

そのため、アルトコイン投資で稼ぐハードルは以前よりもグッと下がっていると言えるかもしれません。

次にGate.ioのメリット・デメリットに触れていきます。

gate.ioのメリット

Gate.ioのメリットは主に次の3つです。

▼取り扱い通貨数が豊富
Gate.ioの取り扱い銘柄数は700種類以上と言われています。

これは世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの取り扱い銘柄数を超えるほど。

ただし、日本人に対して利用制限をかけているため、全てのアルトコインに投資できるわけではありません。

▼上場スピードが早い
Gate.ioは話題になったアルトコインをいち早く上場させる傾向にあります。

バイナンスなどの大手取引所に上場する前の有望アルトコインに投資できる可能性が高いため、大きな利益を狙うこともできます。

アルトコインはバイナンスなどの大手取引所に上場したタイミングで高騰しやすいので、Gate.ioなら前もって安く仕込んでおくことができるわけです。

▼入出金手数料が無料
Gate,ioは仮想通貨による入出金手数料が無料になっています。

気軽に入金、出金が行える点は非常に使い勝手がいい取引所でしょう。

次にGate.ioのデメリットにも触れていきます。

gate.ioのデメリット

Gate.ioのデメリットは次の3点です。

▼日本居住者は利用制限がある
すでに軽く触れていますが、Gate.ioは日本居住者に対して一部サービスの利用制限を行っています。

具体的にはレバレッジをかけた証拠金取引はできず、日本居住者は現物取引に限られています

そのため、有望な現物をいかに見つけられるかがカギとなるでしょう。

▼所々日本語に対応していない
Gate.ioは日本語表記に対応していますが、完全に日本語のまま利用できるわけではありません。

日本語表記に切り替えても所々英語表記のままになっているので、使いにくいと感じる方もいるかと思います。

また、Gate.ioでは問い合わせやチャットは日本語に対応していません

基本的には英語でやり取りすることになるため、こちらの意図が思うように伝わらないということもあるかもしれません。

▼取引手数料が高い
Gate.ioは入出金手数料が無料というメリットがありますが、取引手数料が他の取引所に比べると割高になっています。

具体的にはメイカー注文、テイカー注文共に手数料は0.2%です。

バイナンスは一律0.1%、bybitはメイカー注文が-0.025%、テイカー注文が0.075%とGate.ioと比べると割安になっています。

ただ、Gate.ioは独自通貨のGT保有量や月次の取引高に応じて手数料割引を受けられます。

gate.ioは草コイン投資向き

Gate,ioは手数料がやや割高というデメリットはあるものの、バイナンスなどの大手取引所上場前の草コインを購入できるメリットがあります。

Gate.ioで購入した草コインが後にバイナンスに上場するようなことがあれば、大きな利益を狙うことも可能。

日本人は現物取引しかできないため、あくまでもGate,ioはバイナンスなどで購入できない草コインを購入する目的で利用するといいかもしれません。

gate.ioの基本情報

名称 gate.io
販売形式 取引所
運営会社 Gate Technology.inc
所在地 ケイマン諸島
サイトURL https://www.gate.io/ja/

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません