仮想通貨ファントムのFDP 実はただのネットワークビジネス説

FDP(Fantom Diffusion Project)のサムネイル画像

FDP(Fantom Diffusion Project)は仮想通貨ファントム(FTM)を利用したネットワークビジネス(マルチ商法)

FDPに投資することで、将来爆上げ間違いなしのファントムを、より多く獲得できると言われています。

たしかにファントムといえば、3か月で10倍に高騰し人々を熱狂させたアルトコインの1つ。

ただ、FDPを調べてみると、あまり利用するうまみはなさそうだな?と感じてしまいました。

そう感じた理由やFDPの裏側にも迫っていきます。

仮想通貨ファントムのFDPとは

FDP(Fantom Diffusion Project)とは、仮想通貨ファントム(FTM)を利用したネットワークビジネス(マルチ商法)です。

厳密に言うと、仮想通貨ファントムの運用を行ってくれるのがFDP(Fantom Diffusion Project)

ファントムの運用を行ってくれる団体をバリデータと呼び、FDPは60以上あるバリデータの1つです。

仮想通貨ファントムは通貨の保有量に応じて、報酬が得られる仕組みがあります。

ただ、通貨の保有量によって報酬額が大きく左右され、保有量が多いほど多くの報酬が得られます。

そこでFDPが多くの投資家から資金を集め、投資家の代わりに報酬を受け取り、分配してくれる仕組み。

ここまで聞くと壮大なプロジェクトのように聞こえますが、FDPの中身はネットワークビジネスのようなもの。

紹介者を増やすことでより多くの報酬が得られる仕組みになっています。

FDP(Fantom Diffusion Project)を利用する意味は特になし

FDPは紹介報酬目当てでなければ、特にうまみがない投資商品と言えます。

FDPでは自分が紹介した人がFDPプランを購入してくれた場合、購入額の5%が自分にキャッシュバックされます。

FDPの紹介報酬

例えば、1万ドル(約130万円)のプランを購入してくれたとすると、約65,000円が自分の懐へ。

紹介者を出す度に同じ金額がもらえるため、紹介報酬目当てでガンガン勧誘したいという方は稼げる可能性はあると思われます。

しかし、「勧誘するのはちょっと…」という方は、無駄に手数料を支払い結局あまり稼げないということにもなりかねません。

それに最近は無料でありながら月利40%を狙えるような自動売買ツール「TYL」もあります。

無料で利用できるものは積極的に活用していきたいものですね。

仮想通貨ファントムは自分で運用可能

そもそもの話ですが、FDPのようなネットワークビジネスを介さずとも、個人で仮想通貨ファントムを運用することは可能です。

仮想通貨を全くやったことがない方にとってはややハードルは高いですが、FDPのように1年間売れないということはありません。

ファントムを個人で運用する簡単な方法は、仮想通貨取引所でステーキング運用すること。

ステーキングとは仮想通貨の保有量に応じて報酬がもらえる仕組みです。

例えば、「Bybit」や「バイナンス」などの海外取引所であれば、ファントム(FTM)のステーキングが可能。

当サイトには「バイナンスのステーキング方法」をまとめた記事もあるので、もし興味があればご覧ください。

また、自分で直接バリデータを選択し運用してもらうこともできます。

もちろん全て任せたいという方は、FDPのようなサービスを利用し、自分の代わりに面倒なことをやってもらうのもアリかもしれません。

ただ、FDPに関してはあまり評判のよろしくない人物が関わっているとの噂も。

FDPは湯田陽太絡みの案件らしい

FDPはネットワークビジネスで財を築いたと言われる湯田陽太が絡んでいるようです。

FDP 湯田陽太

湯田陽太は2021年7月に特商法違反の疑いで逮捕された過去もある人物。

これまでに「D9クラブ」や「レブキャピタルファンド」などのネットワークビジネスに関与していたと言われています。

湯田陽太が絡んでいる=怪しいというわけではありませんが、どうしても裏があるんじゃないかと勘ぐってしまうものです。

もしかしたら時間が経つにつれ、ほころびも見えてくるのかもしれません。

FDP(Fantom Diffusion Project)のまとめ

FDPは仮想通貨ファントムを増やせるとして、勧誘が行われている投資商品。

仮想通貨は全くわからないが、投資してみたいと思っている方には利用価値はありそうです。

ただ、ファントムはたしかに将来性のあるアルトコインの1つですが、わざわざFDPを利用しなくとも自分でファントムの購入・運用することも可能です。

FDPはあくまでもネットワークビジネス(マルチ商法)で、勧誘を積極的にやりたい人・運用全てを任せたい人向けのプロジェクトだと思われます。

過去に仮想通貨COSMOS(ATOM)でFDPと似たようなプロジェクト「CCN(コスモスクラブネットワーク)」がありました。

CCN(コスモスクラブネットワーク)においては、「勧誘しないとそれほど稼げない」という声が多々見られたのも事実。

勧誘メインでなければ、あまり利益に期待はできなさそうですね。

少しでも手間を省いて稼ぎたいと考えている方は、「TYL(ティル)」のような月利40%も狙える無料の自動売買ツールが参考になるかもしれません。

FDP(Fantom Diffusion Project)の基本情報

名称 FDP(Fantom Diffusion Project)
サービス内容 仮想通貨ファントムを利用したMLM
サイトURL https://fdp.news/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

日本人の暗号資産保有率は7%。7%の暗号資産の可能性を知ってる人、ステーキングのやり方が分かる人はこの事業やらなくていいんよ。残り93%の市場の人たちが可能性に気づくことができて、やり方教えてもらえて、教えた人は広告費がもらえるってWin-Winな仕組みじゃね?

逆に無料で情報与える人っているのかな⁇

そんなことよりファントムなんぼまで上がるん?

湯田陽太絡みってだけで
ギャグ案件ですよ。

事業として行われてるからこそ多くの人にファントムの存在が知られているのをみんな理解した方が良い。

街中でファントム、ステーキングって言って通じる人がどれくらいいると思いますか?
このビジネスとはそういう知らない人、やり方も分からない人が分かる人の力を借りてクリプト業界に足を踏み入れるためのビジネスだと思いますよ。
実際に人に聞くまでファントムなんてもの知らなかった人がほとんどでしょう。
ビジネスとして成り立ってるからこそ人から伝えてもらって初めて存在をしれているのに、そこで手数料を引かれるだの言ってる人の感性はどうなってるのかと。全ての事業において利益を出さなければ事業は続きません。エルメスのバッグは全て原価なんですか?そんなはずないでしょう。そこに必ず経費が乗っています。
FDPも事業として良いものを多くの人に広げているわけですから、当たり前のように広告費は引かれます。それによって多くの人にファントムとステーキングという存在が知れ渡るのですから私は素晴らしい事業だと思いますよ。

湯田陽太が関わっているのは間違いないみたいです
FDPに関わってる皆さん、ご注意くださいね…

フレキシブルセービングできるやんw

そもそもバイナンスでFTMのステーキングができないのでFDPの良し悪しの前に記事を書いてる方が知識がないのが明らかですね。

仮想通貨全然わからないような初心者はFDPやるのもアリかもね
稼げるかどうかは知らんがw

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません