仮想通貨トレードで儲ける3つの秘訣を紹介

2017年にビットコインは17倍、イーサリアムは84倍に爆騰しましたよね。今までは仮想通貨を持ち続けるだけで十分に儲かりました。

2018年からは値動きが激しくなり、仮想通貨を持ち続けるだけでは不安になりませんか?

今では仮想通貨を持ち続けるよりも、仮想通貨のトレードはリスクが低く、儲けやすくなりました!

でも仮想通貨のトレードは、価格の値動きを予測しながらの取引なので、難しいそうですよね。

苦手意識があって始めの一歩を踏み出しにくいですが、ちょっとしたコツを掴むだけで誰でも簡単に儲かるのが仮想通貨トレードなんです!

仮想通貨の初心者が陥りやすい間違いを避けて、儲かる仮想通貨トレードをしていきませんか?

今回は、仮想通貨トレードで儲けるために必要不可欠な3つの秘訣をわかりやすくご紹介します。

仮想通貨トレードの始め方

仮想通貨の取引を始めようと思ったら、まずは取引所の登録から始まります。今のところ取引所の登録には、本人確認などの書類の提出など、面倒な手続きが待っています。

取引所に登録してからウォレット(口座)を開設してから仮想通貨を取引できるようになるまでに、1週間~2週間の時間がかかります。

誰でも取引所の登録はできますが、仮想通貨の取引ができるようになるまでに時間がかかるため、取引所選びに失敗すると大きな時間を損失となります。

どんな取引所を選ぶべきなのか判断基準をするために、仮想通貨トレードで儲ける3つの手法を紹介します。

仮想通貨トレードで儲ける3つの手法

仮想通貨トレードといっても、儲ける手法は大きく分けて3つあります。億り人と呼ばれる仮想通貨トレーダーも、いずれかの手法を用いることにより、大儲けるすることが可能となりました。

下に仮想通貨トレードで儲ける3つの手法をまとめました。仮想通貨初心者は、トレードに慣れてきたら、上から1つ1つ試してみると良いかもしれません。

・低リスクの仮想通貨トレード
・大化けする仮想通貨銘柄を狙う
・一攫千金を狙えるレッジ取引

■低リスクの仮想通貨トレード

仮想通貨をトレードしたくて取引所に登録したら、まずは手始めにビットコインなどの主要な仮想通貨の取引から始めましょう。

仮想通貨トレードでは、仮想通貨の価格が安い時に購入して、価格が高くなったら売却する方法です。

仮想通貨が値上がりするまで、ずっと待っているのもいいですが、値上がりしたタイミングですぐに売却して利益を作る手法がトレードです。

仮想通貨の価格は激しく値動きしていますが、常に値上がりしていません。その間に仮想通貨をトレードすることにより、安定的に儲けることができるんです!

この場合、何度も取引を繰り返すので、取引手数料が取られる取引所だと無駄な手数料で利益が減ってしまいます。

取引手数料が無料の取引所には、ザイフ(Zaif)やビットポイント(BITPoint)などがあります。

■大化けする仮想通貨銘柄を狙う

2017年にビットコインは17倍、イーサリアムは84倍となりました。主要な仮想通貨で同じ値上げを期待できませんが、マイナーな仮想通貨であったら、まだ爆騰を期待できるんです!

海外の取引所であれば、100種類以上の仮想通貨を取引できます。残念ながら、日本語対応のサービスがなく、セキュリティに難があります。

国内の取引所ですと、ザイフ(Zaif)が16種類、コインチェック(coincheck)が13種類の仮想通貨を取り扱っています。

国内の取引所でまだ爆騰する仮想通貨を探したいのであれば、これらの取引所を利用するといいかもしれません。

■一攫千金を狙えるレッジ取引

レバレッジ取引とは、自分の取引所にあるウォレット(口座)に預けた資金を担保にして、自己資金以上のお金を借りて、仮想通貨を取引できる手法です。

ウォレット(口座)にある資金に対して、最大で25倍まで資金を増やして、仮想通貨を取引できます。4万円をウォレット(口座)に入れておけば、25倍で100万円まで仮想通貨を取引できるんです!

レバレッジ取引は、大金がなくても大儲けできるチャンスなんです!

レバレッジが25倍の取引所は、みんなのビットコインやビットポイント(BITPoint)があります。

ただレバレッジ取引には、大きなリスクがあります。取引所からお金を借りているので、損失を出してしまった場合、損失分を返さなければなりません。

とはいえ、仮想通貨トレードのコツを掴んで損失を出さないようになれば、レバレッジ取引は大きく儲けるために大切な手法になっています!

取引所のセキュリティに要注意

仮想通貨トレードを行うために必須な取引所を選ぶ際に、セキュリティ対策が行われているのか確認が必要となります。

取引所のセキュリティがしっかりと強化されていないと、あなたの資産がハッキングされて奪われる可能性があります。

実際にコインチェック(coincheck)がネムを流出された事件があり、セキュリティの重要度が増しています。

コインチェック(coincheck)の事件後、金融庁が取引所のセキュリティ対策の検査を行いましたので、国内の取引所はある程度の安心はできます。

海外の取引所の場合、法規制等が整っておらず、十分なセキュリティ対策を行わないで運営しているところもあるんです。

海外の取引所を利用したい人は、セキュリティ対策等に注意をしましょう。

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2018年08月28日

ICOより仮想通貨は取引した方が儲かりますよ!
ニュース見ながら予測していれば、きちんと月10%は儲かってますね!
コインチェック並みの事件が起きたら、かなりチャンスです!
そうやって暴落したときにかって、儲けを増やしていきました!
おかげで、今では投資金が3倍まで増えました!

意見を投稿しよう!

お名前: