ウォレット「トレザー」を非正規ルートで購入する危険性と注意点


ハードウェアウォレットを買おうと探していると、高いものが多いと思いませんか?

レジャーナノS(LedgerNanoS)は仮想通貨の対応数が27種類ですが、15,800円と高額になっています。

トレザー(TREXOR)は最安で7,000円ですが、11種類の仮想通貨しか対応してません……。

ただどちらもビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨には対応しています。主要な仮想通貨をハードウェウォレットで安全に保管したい人には、格安のトレザー(TREXOR)がおススメです!

ニッチな仮想通貨もウォレットに保管したいなら、レジャーナノS(LedgerNanoS)を利用しましょう。

そこで今回は、主要な仮想通貨を取り扱う人のために、“安いトレザー(TREXOR)”を買うときに欠かせない「失敗しない購入方法」や「保管できる仮想通貨の種類」などを紹介します!

トレザーのセキュリティ

仮想通貨を保管するウォレットを選ぶ中で、セキュリティは最も大事ですよね。せっかく取引所内で仮想通貨を保管するのではないのなら、強固なセキュリティを持つウォレットを使ってみてはいかがですか?

ハードウォレットのトレザーは、インターネットに繋がっていない状態で仮想通貨を保管できるので、ハッキングされて仮想通貨が流出する心配がないんです!

PCを通じて仮想通貨の出し入れをする際に、パスワードなどを盗まれる危険性はあります。ウィルス感染などしていないかPCを確認してから、仮想通貨を移動すれば安全に保管できます。

トレザーのセキュリティが他のハードウェアウォレットと比較してみても、セキュリティの強固さに差はありません。

トレザー以外のハードウォレットと比較したいのなら、「仮想通貨の対応数」や「値段」、「購入を方法」と比較してみてはいかがですか? 下にそれらの比較項目を説明してあります。

仮想通貨11種類に対応

ウォレットで保管できる仮想通貨の種類が決まっており、全ての仮想通貨を保管できないんです。

トレザーでは、11種類の仮想通貨を保管できます。ビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨は網羅しています。

同じハードウォレットの「レジャーナノS(LedgerNanoS)」が27種類の仮想通貨を取り扱っています。色んなアルトコインを保管できるハードウォレットを使いたいのなら、レジャーナノS(LedgerNanoS)がオススメです!

トレザーは安く購入可能

ハードウェアウォレットの相場は、1万円前後となっています。そんな中で、トレザーは7,000円~8.000円の間で購入可能で、かなり安いですよね。

日本の業者でトレザーを購入するとしたら、複数の販売代理店がり、それぞれ価格に差があります。

元々はヨーロッパのチェコで製造販売されており、そこから各国の販売代理店を通して売られています。ユーロと日本円の為替レートを何円を基準にするかによって、金額が変わってきます。

その結果、業者ごとに料金設定が違ってくるんです!

トレザーの購入方法と注意点

トレザーは、公式サイトとアマゾンなどの通販サイトから購入できます。

可能ならトレザーの公式サイトから購入したいですが、金額がユーロ表示になっており、ヨーロッパからの郵送となっています。

さすがにどの程度の時間で届くのか予測もできないので、アマゾンなどの通販サイトを利用しましょう。ただし、出品者の確認をきちんとする必要があります。

身元が分からない業者や中古品を購入すると、ウィルスや悪意のあるソフトウェアが入っていたために、仮想通貨が盗まれる可能性があります。

トレザーが正規の代理店として認めている業者がアマゾンから出品しています。

こちらからアマゾンで購入できます!

トレザーの基本情報

名称 トレザー
種類 ハードウォレット
対応通貨 イーサリアムクラシック イーサリアム(ETH) ジーキャッシュ( ZEC) ダッシュ(DASH) ビットコイン(BTC) ライトコイン(LTC) ネム(NEM)
日本語対応
運営会社 トレザー社
サイトURL http://hardwallet.store/

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2019年07月22日

ハードウェア財布に仮想通貨を保管したいなら,カードタイプのkaiser walletを利用してみてください。 kaiser wallet はすべての仮想通話に対応します。 カードタイプも煩わしければ,app type ハードウェア財布paybancをおすすめします。 https://bizblocks.io
https://kisc.io

意見を投稿しよう!

お名前:

^