仮想通貨XANA「爆上げ期待」って本当?今後の価格予想と将来性

XANAのサムネイル画像

XANAは2022年注目のメタバースプロジェクト。

まだ正式リリース前にもかかわらず、大手プロジェクトと提携し話題になっています。

また、XANAについて調べてみると、今までのメタバースプロジェクトとは明らかに違う魅力があることがわかってきました。

今回はそんなXANAの将来性、上場後の値動き予想も丸裸にしてみたいと思います。

XANA(ザナ)とは

XANA(ザナ)はNOBORDERZという多国籍企業が開発するメタバースプロジェクトです。

3月現在まだテスト段階ですが、すでに大手プロジェクトとも提携しており期待が集まっています。

XANAは他のメタバースプロジェクトと同じく、インターネット上に構築された仮想空間の中でアバターを自由に作成し他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、ゲームやイベントに参加できます。

XANAのメタバース

また、XANA(ザナ)はビジネスシーンでの活用も見込まれ、メタバース内で現実のように経済活動も可能。

さらに「Play to earn」を採用し、XANAで遊びながら得たアイテムが現実での利益になります

次にそんなXANAの特徴について詳しく掘り下げていきましょう。

XANA(ザナ)の特徴

メタバースプロジェクトXANA(ザナ)には、主に次の5つのような特徴があります。

▼利益は日本円に換金可能
XANAで提供されるゲームやイベントで手に入れるアイテム、土地などはNFTとして管理されます。

NFTは唯一無二の価値を持つデジタルデータのこと。

NFTは自由に売買でき、仮想通貨へ交換できます

仮想通貨を日本円に交換すれば、現実の利益に変えることが可能です。

▼NFTDUEL
XANAはNFTDUELという仕組みを採用し、NFTを利用してカードバトルを行うことができます。

詳細はまだわかっていませんが、カードバトルに勝利すると報酬が得られ稼げる仕組みになると思われます。

公式サイトのロードマップによれば、カードバトルは2022年の4月から6月頃に実装される予定とのこと。

XANAのNFTDUEL
公式youtubeより引用

イメージ動画を見る限り、子供時代に夢中になった遊戯王カードのバーチャルシステムを再現しているかのようなクオリティです。

子供だけではなく、カードゲームに触れてきた大人世代にも人気が出そうですね。

▼有名プロジェクトとコラボ済み
XANAはnetflixにてフル3DCGアニメとして世界同時配信された「ULTRAMAN」と提携しています。

XANAのNFT

NFT化されたULTRAMANはわずか1日で約15倍に急騰し、話題となりました。

また、ULTRAMANだけではなくあおの手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」のNFT販売も決定しています。

鉄腕アトムのNFTといえば、2021年に手塚プロダクションが公式に販売された際には、わずか1時間で完売するほどの人気でした。

ULTRAMAN同様数倍以上の値上がりに期待できるかもしれませんね。

▼独自のNFTマーケットプレイス
XANAはXANALIAという独自のNFTマーケットプレイスを展開しています。

XANAのNFTマーケットプレイス

XANALIAではユーザー同士が自由にNFTを売買できます。

また、自分で作成したNFTを出品することもできます。

自分が出品したNFTに買い手がつけば仮想通貨に換金可能です。

▼2種類の独自通貨を発行
XANA(ザナ)が発行する仮想通貨は「XETA」と「ALIA」の2種類です。

ALIAはNFTマーケットプレイスXANALIA内で利用できる仮想通貨となっており、すでに取引所にも上場済みの仮想通貨。

一方XETAの詳細はまだ不明ですが、XANA内でのアイテム購入など基軸通貨として利用されることになると思われます。

XETAはまだ取引所には上場しておらず、取引は不可能です。

次に肝心の将来性はどうなのか?について詳しく掘り下げていきたいと思います。

XANA(ザナ)の将来性

XANAは将来性に期待できる仮想通貨プロジェクトだと思われます。

そう言える理由は次の3点です。

▼メタバースは仮想通貨トレンド
XANAは今仮想通貨トレンドになっているメタバース関連の仮想通貨プロジェクトです。

メタバースは2021年から急激に注目を集め始めた分野。

大手IT企業のFacebookが「meta」に社名を変更し、今後メタバース事業に注力していくと発表し話題となりました。

Facebook以外にもアディダスやナイキなどの大手企業が相次いでメタバース事業への参加・参加検討を発表しています。

軒並みメタバース関連のアルトコインが高騰したことを踏まえると、「仮想通貨の情報源」と言われる人たちが関わっているような気もしてしまいますね。

まだまだ発展途上の分野ですが、メタバース事業が盛り上がるほどXANAにスポットライトが当たる可能性も高くなるでしょう。

▼複数のデバイスに対応
XANAのメタバースはパソコンのみならずモバイル、VR、ARにも対応しています。

代表的なメタバースプロジェクト「The Sandbox」はパソコンにしか対応していないため、XANAの方が気軽にメタバースに触れやすくなります

複数のデバイスからアクセスできることで、より多くのユーザーを取り込むことにも繋がるでしょう。

▼マルチチェーンに対応
XANAはイーサリアム、BSC、polygon、terraなど複数のチェーンに対応しています。

XANAと他プロジェクトの比較

SANDやAxie infinityは多くて2つのチェーンに対応しているだけなので、XANAの方が参入ハードルが低く設定されています。

手数料の安いチェーンを選んだり、普段使っているチェーンをそのまま利用できるなど、ユーザーのニーズに合わせたチェーン選びが可能です。

XETA 上場後の価格予想

XANAは同じくメタバースプロジェクトの「Everdome(dome)」を絡めて、「第二のEverdomeになる」と言われています。

XANAの独自通貨XETAはまだ取引所には上場していないため、dome上場後の動きを参考に価格予想を行っていきます。

Everdomeは2022年2月に取引所へ初上場しました。

仮想通貨取引所の中でも比較的大手のOKX(旧OKEx)に一発目で上場したこともあり、上場後にはみるみる高騰。

上場前に購入できるプレセールで購入した人は、価格が最大で約90倍になったことになります。

everdomeのチャート画像

XETAも上場後は高騰が続く可能性もありそうですね。

ただ、XETAもDOMEと同じく上場前に購入している層がいるため、ある程度上がった所で売り圧が強まると予想されます。

そういった局面では、空売り(ショート)を仕掛けた方が稼げる可能性は高いです。

最近は仮想通貨市場が不安定になっている事情もあってか、「FXAIパートナーズ」のような下落時でもハイリターンが狙えるサービスが人気のようです。

不安定な相場こそ、稼ぎ時になることを踏まえると当然の流れかもしれません。

XANA(ザナ)のロードマップ

XANAの公式サイトにはプロジェクトの今後の開発予定がロードマップとして記載されています。

独自通貨XETAの高騰を狙うのであれば、プロジェクトの進展はもはや必須条件です。

xanaのロードマップ

2022年第一四半期には、モバイル版メタバースアルファローンチも控えXANAの本格的な始動が期待されます。

ウルトラマンや鉄腕アトムだけではなく、今後多くのプロジェクトとのコラボレーションを進めていくとも記載。

より多くのプロジェクトと提携するほど、XANAの認知度向上にも期待でき、結果的にXETAの高騰に繋がる可能性も高くなるでしょう。

XETAのホワイトリスト・買い方

XETAは2022年3月7日現在、取引所には上場しておらず取引所で購入することはできません。

ただ、ホワイトリストと言われる上場前にXETAを購入できるチャンスはあります。

また、XANALIA(ALIA)の方はすでに取引所で購入可能です。

それぞれの仮想通貨のホワイトリスト参加方法、購入方法を紹介します。

▼XETAのホワイトリスト参加方法
ホワイトリストに参加するためには、SNSコミュニティへの参加、公式SNSのフォロワーなどいくつかのタスクをこなす必要があります

Twitterで「xeta ホワイトリスト」と検索すれば、URLを載せている人がすぐに見つかるので興味があれば参加してみてください。

無事にホワイトリストに当選すると、XETAを100ドル分購入できる権利が与えられるようです。

▼XANALIA(ALIA)の購入方法
XANALIA(ALIA)はDEX(分散型取引所)のパンケーキスワップで購入できます

パンケーキスワップを利用するにはメタマスクといわれる外部ウォレットが必要です。

まだお持ちではない方は、「スマホ版メタマスクの使い方」を参考にして作成しましょう。

メタマスクをパンケーキスワップに接続したら、「Trade」からALIAを購入できます。

交換先にALIAを指定するため、仮想通貨の識別番号であるコントラクトアドレスを入力しALIAのインポートを行います。

※ALIAのコントラクトアドレス
0x13861c017735d3b2f0678a546948d67ad51ac07b

後は購入したいALIAの数量を指定し、交換すれば購入完了です。

パンケーキスワップの詳しい使い方は「パンケーキスワップの使い方」を参考にしてください。

XANAは2022年期待のメタバース

XANA(ザナ)は今までのメタバースプロジェクトとは違い、スマホやVRなどパソコン以外のデバイスからもアクセスできます

「ULTRAMAN」や「鉄腕アトム」など大手プロジェクトと提携していることもあり、正式リリース前から話題になっています。

独自通貨のXETAはまだ取引所には上場していませんが、上場後は高騰する可能性もありそうです。

2022年注目必至のメタバースプロジェクト「XANA」を引き続き迫っていきたいと思います。

「何か月も待てない」という方は、最新AIが今ハイリターンが狙える通貨を抽出する「FXAIパートナーズ」が参考になるかもしれません。

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

File name:

ファイルサイズ:

ファイルが選択されていません