仮想通貨SANDの将来性と今後コインチェックに上場するのか調査

仮想通貨sandのサムネイル画像

仮想通貨SANDはNFT・メタバース関連の代表的な仮想通貨として注目を集め、2021年に入ってから20倍以上に高騰

スクウェアエニックスが出資し、国内取引所コインチェックと提携していることもあり今後に期待されています。

今もっとも気になるのは“今後もSANDは高騰するのか否か”ですよね。

今回は仮想通貨SANDがどんな仮想通貨なのか、高騰の可能性や国内上場の可能性までSANDのポテンシャルに迫ります。

仮想通貨SANDとは

仮想通貨SANDは2021年トレンドになっているNFT関連のアルトコインです。

NFTは非代替性トークン。

例えば、同じブランドの同じスニーカーでも、使用感が違えば売る時の価格は変わってきます。

NFTはこのように同じアイテムであっても、それぞれに代替できない固有の価値を与えるのです。

仮想通貨SANDの場合、The Sandboxというゲーム内のアイテムに異なる価値を与えます。

▼The Sandbox内で利用できる仮想通貨
仮想通貨SANDはThe Sandbox内のアイテムに価値を与えると同時に、基軸通貨として機能します。

つまりThe Sandbox内でアイテムの売買を行う時、SANDを利用して支払いや受け取りが行われるのです。

また、The Sandboxはゲームの中にLAND(土地)という仮想空間を所有し、LAND上にゲームやジオラマを作成できます。

The Sandboxは2012年のリリースから世界4000万ダウンロードを達成。

月間アクティブユーザーは100万人以上、世界的な有名タイトル「マインクラフト」もSandbox内にあります。

▼SANDで稼ぐこともできる
ブロックチェーンゲーム最大の特徴ですが、The Sandboxはゲームをしながら稼ぐことも可能です。

クリエイター目線で言えば、LAND上に作成したゲームや施設を有料で他のプレイヤーに提供できます。

また、不動産収入のように、LAND上の施設を貸したりLANDを売ったりして利益を得られます。

プレイヤー目線では、The Sandbox内で手に入れたアイテムをNFTマーケットプレイスで高値で転売できるのです。

▼イーサリアムベースのトークン
仮想通貨SANDはERC20という規格で、イーサリアムをベースにしてつくられています。

LANDやアイテムもERC721/ERC1155と、それぞれイーサリアムが土台です。

ERC1155はイーサリアムネットワークを利用する手数料(ガス代)を安く抑えられます。

イーサリアムを利用することで開発が容易になるメリットがあると同時に、手数料が高いデメリットも抑えられるのです。

仮想通貨SANDに将来性がある理由

仮想通貨SANDは将来性が高く、今後も高騰の可能性があります

その理由は次の2つです。

▼NFTの注目度が高い
NFT(非代替性トークン)はゲーム業界だけではなく、アートなど様々な分野で利用されてきています。

アートはコピーした偽物が出回ることが多く、アーティストにとっては死活問題です。

そこでブロックチェーンの技術を利用することでブロックチェーン上に所有者を刻め、偽造が不可能になります。

このようにクリエイター、アーティストとNFTの相性は非常によく、今後も注目が集まると考えられます。

NFT自体の知名度が上がれば、自然とゲーム業界にもさらなる注目が集まるでしょう。

そうなれば、The Sandboxが提供する仮想空間に新たな可能性を見出す人も増えてくると思います。

▼すでに大手企業が参入済み
The SandboxのLANDはすでに売り出しが始まり、国内仮想通貨取引所のコインチェックもLANDを所有しています。

また、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスもLANDを所有。

sandboxのland

仮想通貨業界以外でも、世界的なゲームメーカーATARIも所有するなど、名だたる企業がSANDに注目していると分かりますね。

ちなみにThe Sandboxは、日本の代表的ゲームメーカースクウェア・エニックス(スクエニ)などから200億円以上の出資を受けています。

SANDはコインチェック上場の可能性もある

仮想通貨SANDはコインチェックに上場する可能性が高いと考えられます。

国内上場が実現すれば、SANDの爆上げは必至でしょう。

そして、SANDがコインチェックに上場すると考えられる理由は2つです。

▼コインチェックがNFT事業を進めている
コインチェックは2020年9月にThe Sandboxとの連携を発表しました。

sandがコインチェックと連携開始

また、2021年3月には日本初のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供開始

すでにThe Sandbox内のNFT取り扱いを始めています。

The Sandboxと連携、NFTマーケットプレイスの開始、NFT取り扱い開始を考えても、仮想通貨SANDがコインチェックに上場する日は遠くなさそうですね。

▼すでに前例がある
SANDと同じくNFT関連アルトコインのエンジンコインも2020年9月にコインチェックと連携を開始していました。

そして2021年1月にコインチェックに上場しています。

すでに前例があるだけにSANDもコインチェックに上場する可能性が高いと言えるでしょう。

SANDのチャート分析から今後を予想

仮想通貨SANDは9月現在90円付近を推移しています。

2021年3月の最高値を更新し、上昇チャネルを推移しています。

sandのチャート画像

直近で仮想通貨全体が下落することがありましたが、SANDもビットコインの下落に影響されたと考えて良さそうですね。

日足で見ると上昇トレンドは崩れていないので、まだ高騰する余力は残されていると思われます。

SAND自体将来性もあり、中長期的に見てもまだまだ高騰する可能性が高いでしょう。

もしコインチェックに上場するようなことになれば、短期的な急騰への起爆剤となりそうですね。

SANDこれまでの価格動向

SANDの今後の価格を占う意味でも、これまでどんなきっかけで高騰してきたのかも理解しておきましょう。

先に申し上げておくと、NFT関連が盛り上がり資金流入が増加したタイミングでSANDの高騰に期待できます。

下記のチャート画像を見てわかるように、SANDはこれまでに大きく分けて2度高騰しています。

SANDのチャート画像

それぞれ高騰の理由として次のようなことが考えられます。

▼1月~3月
SANDは1月から3月末までに最大20倍以上に高騰しています。

主な要因として考えられるのが、NFT関連銘柄への資金流入とコインチェックのLAND保有です。

1月から3月にかけ、SAND以外にもエンジンコイン(NFT)などのNFT関連銘柄が軒並み高騰しました。

スポーツのNFTがブームになった背景もあると考えられます。

また、2月には日本の仮想通貨取引所コインチェックがThe sandbox内のLAND(土地)を保有したことで話題になりました。

▼7月~8月
SANDは7月から8月末にかけて6倍以上に高騰しています。

高騰の背景として考えられるのは、1月から3月に引き続き、NFT関連銘柄への資金流入です。

また、The sandbox内でウォーキングデッドの世界観が展開されることも発表され、話題になりました。

以上のように過去の傾向を見ても、NFT関連に大きな資金流入が行ったタイミングでSANDの高騰にも期待ができます。

また、アルトコインはビットコインの価格変動に影響される性質があるので、ビットコインが高騰すればSANDも高騰する可能性大。

>>仮想通貨トレンドに先乗りする方法

仮想通貨SANDが買える取引所

2021年現在仮想通貨SANDは日本に上場しておらず、国内取引所では購入不可です。

必然的に海外の取引所を利用することになりますので注意しましょう。

日本人も利用可能な海外取引所は次の通りです。

・Binance(バイナンス)
・ユニスワップ
・Kucoin
・FTX
・Gate.io
・OKEx

上記の取引所の中でもユニスワップは分散型取引所(DEX)といわれるもので、アカウント作成不要で仮想通貨取引が行えます。

手数料としてイーサリアムが必要かつ手数料が高いデメリットはありますが、使いやすいです。

仮想通貨SANDの購入方法

SANDを購入できる海外取引所はいくつもありますが、最も取引高が多いのはバイナンスです。

取引高が多く注文が通りやすいので、迷ったらバイナンスで買えば間違いないでしょう。

>>バイナンスの使い方を登録・入金から取引方法まで徹底解説

▼Binance(バイナンス)の取引所開設
まずバイナンスの公式サイトへアクセスします。

アクセスしたら右上から「新規登録」を選択。

次にメールアドレスか電話番号どちらで登録するかを選択します。

バイナンスの登録方法

選択したら任意のパスワードを入力しましょう。

最低8文字、1つ以上の数字と大文字を含む必要があります。

パスワードの入力ができたら、利用規約に同意し「新規登録」を選択します。

すると、登録したメールアドレスか電話番号宛に6桁の認証コードが送信されるので、確認し入力しましょう。

認証が完了すると、取引所開設は完了です。

▼二段階認証設定
開設できたらアカウント画面のセキュリティから二段階認証設定を行い、セキュリティを強化することをおすすめします。

※あらかじめGoogle Authenticationアプリのダウンロードが必要。

セキュリティから「Google Authentication」を選択。

表示されたQRコードを読み取るか、コードを直接Google Authenticationアプリへ入力していきます。

二段階認証設定

次にメールアドレスを入力し、「click to get code」をクリックすると認証コードが送信されるので入力します。

最後にGoogle Authenticationアプリのバイナンスコードを入力すれば、二段階認証設定完了です。

▼Binance(バイナンス)でSAND購入
Binanceのメニューからマーケットを選択。

sandの購入方法

検索窓に「sand」と入力すると取引ペアが表示されます。

バイナンスではBNB/BTC/USDT/BUSD建てでトレードできます。

「FIAT市場」「BNB市場」などからペアを決めたら、トレード開始をクリック。

チャート、オーダーブック、発注画面が表示されるので、発注から注文を行います。

マーケットが成行注文、リミットが指値注文にあたるので、お好きな方を選択しましょう。

成行注文の場合は現在の市場価格で注文が行われ、指値注文の場合は購入したい価格を設定します。

後は購入したいSANDの数量を入力し、購入を押せば注文完了です。

無事注文が通れば購入できます。

SAND今後のロードマップ

The sandboxは2023年までの開発スケジュールを公開しています。

SANDのロードマップ

The sandboxは2021年9月現在正式リリースはされておらず、ゲームで遊ぶことはできません。

ロードマップを見る限り、2021年中に正式リリースが予定されています。

また、2021年中にはパソコンだけではなく、スマホからでもゲームができるようになる可能性も記載されていました。

2023年には5000以上のゲームが利用可能になる予定とのことなので、予定通りに進めば多くのユーザーを獲得できそうですね。

NFT関連の注目アルトコイン

NFT関連銘柄で期待が集まっているのは仮想通貨SANDに限ったことではありません。

ここではSAND以外のNFT関連銘柄も抑えておきましょう。

また、トレンドを先読みし高騰の可能性が高いアルトコインを予測するサービスもあるので、参考にしてもいいかもしれません。

▼エンジンコイン(ENJ)
エンジンコインはゲームプラットフォーム「enjin」の中で利用できる基軸通貨です。

enjinではブロックを使って自由に建築できる「マインクラフトが人気で、月間のアクティブユーザーは1億3千万人を超えるほど。

マイクロソフトがエンジンコインの技術を採用したこともあり、今後も大注目のNFT関連銘柄です。

▼チリーズ(CHZ)
チリーズ(CHZ)はスポーツクラブとファンを繋げる目的を持った仮想通貨プロジェクト。

FCバルセロナやユベントスFCといった有名クラブチームがファントークンを発行しており、チリーズはファントークンを取引する基軸通貨です。

ファンはファントークンを保有することで、クラブチームから様々な恩恵を受けられるメリットがあります。

現在はヨーロッパのクラブチームがメインですが、今後アメリカオフィスの開設が予定され、アメリカのクラブとも提携が進む可能性も高いです。

仮想通貨SANDのまとめ

仮想通貨sandはコインチェック上場も期待できるNFT関連銘柄です。

いざコインチェックに上場すれば、高騰の起爆剤となるでしょう。

しかし、現在は日本の取引所では購入できないので、海外取引所を利用する必要があります。

また、最近はNFT関連の中でもThe Sandboxのようなゲームをしながら稼げるGameFiという分野のアルトコインにも注目が集まっています。

The Sandbox(SAND)の基本情報

名称 The Sandbox(SAND)
人気度
時価総額 166位
取引所 クーコイン バイナンス ユニスワップ(Uniswap)

 アクセスランキングTOP3

 利用者の声(口コミ)

2021年10月09日

SANDはようやく一目均衡表の雲をした抜けすると期待してみてましたが、思いのほか早く頭打ちが。このままいくと早めにMAがDCしてしまいそうです。

意見を投稿しよう!

お名前: