ビットコインFXとは?儲かるやり方や勝ち方を紹介

ビットコインFXのやり方まとめ

ビットコインFXは1万円からスマホで手軽に始められる資産運用方法です。

その手軽さからビットコインFXで1万円から1億円まで増やした「じゃが芋(ハンドルネーム)」という大学生も現れ話題になりました。

なぜビットコインFXには少額から資産を増やすチャンスがあるのか気になると思います。

今回の記事では、ビットコインFXで儲かる仕組みや資産を増やし続ける方法について解説していきます。

ビットコインFXとは

ビットコインFXとは、取引所の口座に預け入れた資金以上のビットコインを運用できる取引方法です。

自己資金よりも大きな金額で取引できるので、リターンが大きくなりやすいです。

実際には口座の資金を担保にして、取引所からビットコインを借りて運用するレバレッジ取引を行えることが特徴です。

例えば、投資金が10万円に2倍のレバレッジをかけると、投資金は20万円に増えます。

20万円分のビットコインを買い、価格が10%上がった場合2万円の利益が出ます。

ビットコインFXの取引例

取引終了後には、取引所から借りた10万円は自動的に返却されます。

▼ビットコインFXは現物取引より短時間で儲かる
ビットコインFXは現物取引よりも利益が出るスピードが早いです。

現物取引とはビットコインを購入し、ビットコインの価格が上がってから売却すると利益が出る取引です。

ビットコインの価格が上昇してくれないと利益は出ず、価格が下落している時は待つしかありません。

その反対に、ビットコインFXでは価格が上昇した時以外にも、価格が下落した時も儲かる仕組みがあります。

1日のトレードをビットコインFXと現物取引で比較してみると、どちらが早く儲かるか良く分かります。

下記の画像では、投資金10万円から投資を始め、午前と午後の2回のトレードを比較しました。

レバレッジ取引の倍率は10倍で設定しています。

現物取引とレバレッジ取引を比較

投資金は同じ10万円なのに、1日のトレードだけで損益に20万円の差が出ました。

利益が投資金に追加されると、利益が増えるスピードはさらに加速していきます。

ビットコインFXのメリット3選

ビットコインFXには他の資産運用よりも優れている部分が3つあります。

メリット①少額から始められる
レバレッジ取引により自己資金よりも大きな金額を運用できるので、初期費用を1万円程度に抑えることも出来ます。

メリット②ハイリターンが狙える
最大で数十倍の資金を借りることができるので、少額でも稼げる可能性の高い取引方法です。

レバレッジ取引をすることで短期間で資金を10倍20倍に増やせる可能性はいくらでもあります。

メリット③下落相場でも儲かる
ビットコインFXは価格が下がっていても儲かる仕組みがあります。

一般的に「ショート(空売り)」と呼ばれる取引方法です。

ショート(空売り)とは、取引所から仮想通貨を先に借りておき、価格が下がった時に買い戻した時の差額を利益として得る方法です。

ショート(空売り)の仕組み

ショート(空売り)を使いこなせると、どんな相場でも儲けられるトレードが可能となります。

少額でも資金を増やしやすい点や下落相場でも稼げる可能性があるので、日本人の多くがビットコインFXを始めています。

ビットコインFXのデメリット3選

ビットコインFXでには3つのデメリットがあります。

ただ、知っておけば対処可能なデメリットだけです。

デメリット①大きな損失を負う可能性
レバレッジの倍率に応じて抱えるリスクも大きくなります。

無理して無謀なレバレッジ取引を行わなければ、損失は最小限に抑えられます。

デメリット②長期保有は手数料が高くなる
レバレッジ取引は取引所から資金を借りるので、1日経過すると手数料がかかります。

手数料は1日で概ね建玉ごとに0.04%程度ですが、数時間でレバレッジ取引を終わらせると、手数料(建玉)はかからない場合がほとんどです。

デメリット③強制ロスカットがある
ビットコインFXは取引所が定めた証拠金維持率を下回ると、取引所のシステムによって自動的にロスカットされます。

ロスカットによって損失が確定しますが、本来利用者の資産を守るシステムです。

負債が無尽蔵に膨れ上がることや、自己破産することを防いでくれます。

ビットコインFXの取引のやり方

これからビットコインFXを始める時は、最低でも5つの取引ポイントを覚えておきましょう。

①ロングの注文の出し方
②ショートの注文の出し方
③指値と成行の注文方法
④レバレッジ取引の倍率を設定
⑤証拠金維持率の見方

上記5つのポイントを押さえておけば、スムーズにビットコインFXを始められます。

ビットコインFXの取引画面
※上記の画像はLightning FXの取引画面

①ロングの注文の出し方
ロングの注文は上記画像の①の「買い」のボタンから出せます。

ポジションの決済は「買い」の左側にある「売り」から注文できます。

②ショートの注文の出し方
ショートの注文は上記画像の②の「売り」のボタンから出せます。

ポジションの決済は「売り」の右側にある「買い」から注文できます。

③指値と成行の注文方法
指値とは、売買を行う時に価格を指定して、その価格で売買する注文方法です。

取引画面の「指値」の項目をクリックすると、売買したい価格と金額を設定できる記入欄が出てきます。

成行とは、売買を行う時に価格を指定しない注文方法です。

取引画面の「成行」の項目をクリックすると、売買したい金額を設定できる記入欄が出てきます。

④レバレッジ取引の倍率を設定
レバレッジ取引の倍率は「証拠金維持率」の隣にある「(-倍)」の項目で確認できます。

「(-倍)」をクリックすると、レバレッジ取引の倍率を設定できる項目が出てきます。

⑤証拠金維持率の見方
証拠金維持率は、どれくらい資金に余裕があるのかを示す指標のようなものです。

Lightning FXの場合は「80%以下」になった場合にロスカットされます。

ビットコインFXの勝ち方10選

ビットコインFXを始めてから最短ルートで儲ける為には、適切な勝ち方を覚えておく必要があります。

勝ち方①まずは小額から始める
最初からビットコインFXに大金をつぎ込むと、正常な判断ができなくなる可能性もあります。

まずは少額でトレード練習をしましょう。

ビットコインFXで資産を増やせる感覚を掴めたら、投資金を増やしていきましょう。

勝ち方②マイルールを作る
ビットコインFXを始める前に、マイルールを決めておくと資産を増やしやすくなります。

下記の2つは最低でも決めておきましょう。

マイルール①利益確定ラインをあらかじめ決める
マイルール②投資戦略ごとに取引所の口座を分ける

特に利益確定ラインを前もって決めておくことは大切です。

利益確定ラインがないと、利益が増え続けるのではないかと淡い期待を抱き、ベストな売り時を逃します。

また、投資戦略ごとに使う取引所を分けておくと、ビットコインFXのやり方を改善しやすくなります。

例えば、ロングとショートで違う取引所を使えば、今の相場だと自分がロングとショートどちらが得意か一目瞭然です。

この他にもマイルールを定めることで、自分にあったビットコインFXの勝ち方を見つけられます。

勝ち方③損切り上手になる
ビットコインFXの基本は、利益を最大化して損失を最小限に留めることです。

ビットコインの価格が少しでも予想とは違う方向に進んだら、すぐに損切りしましょう。

傷口を最小限に抑えられると、次のトレードの為に投資金を残しやすくなります。

プロトレーダーですら勝率55%前後なので、損切り上手となって利益を積み上げていきましょう。

勝ち方④コスト管理を徹底する
ビットコインFXには細かなコストがかかるので、コスト管理しないと利益が減っていきます。

実際にビットコインFXをやるなら確認しておきたい手数料・コストは全部で7種類あります。

①口座の入出金の手数料
②取引手数料
③スプレッド
④建玉手数料
⑤ロスカット手数料
⑥追証
⑦仮想通貨の送金手数料

手数料・コストが安い取引所を選ぶことによって、ビットコインFXの儲けやすさが変わってきます。

勝ち方⑤トレード記録を付ける
全てのトレードを記録しておくと自分の癖が分かり、自分に合ったトレード方針が見えてきます。

自分の勝ちパターンを見つけて改善していけると、勝率がみるみるうちに上がります。

まずは、過去のトレード記録を見返しながら同じ失敗を繰り返さない習慣を作りましょう。

人の性格によって儲かるトレード方法は違うので、自分なりの勝ち方を作りあげてください。

勝ち方⑥勝率を55%以上で維持する
レバレッジ取引で儲けた人の勝率は56.4%だったと国内取引所TAOTAOが公表しています。

つまり無理して勝率100%を目指さなくても勝率50%を超えているだけで儲かります。

仮に1度のトレードの損益が同じなら、勝率が50%以上だと利益が積み上がっていきます。

勝ち方⑦根拠のないトレードをしない
ビットコインFXでは1度のトレードごとに、売買タイミングの根拠を明確にしておきましょう。

根拠のない取引をやると、どうして儲かったのか損したのか分からなくなります。

儲かった理由が分かっていたら同じトレードを繰り返し、損した理由が分かっていたら同じ失敗を繰り返さない対策を講じられます。

全てのトレードに根拠があると、経験を積んでいくごとに勝利の方程式が見えてくるはずです。

勝ち方⑧テクニカル分析をマスターする
テクニカル分析とは、過去のデータから将来の値動きを予想できる方法です。

色んな種類のテクニカル分析を組み合わせると、ビットコインの価格を予想できるようになります。

テクニカル分析を適切に使えたら、勝率50%を超えるのも簡単になるでしょう。

勝ち方⑨botや自動売買ツールを利用する
ビットコインFXでは自分の手で売買の注文を出さなくても自動でトレードしてくれるシステムがあります。

一般的には「bot」や「自動売買ツール」と呼ばれ、プロトレーダーの戦略があらかじめシステムに設定されているので、プロトレーダーと同じ取引ができます。

ただし、突然の暴落に対応できず、大きな損失が出る場合もあります。

勝ち方⑩ミラートレード
ミラートレードとは、勝率の高いプロトレーダーの取引を完全に真似る手法です。

自分でトレードするよりもリターンが大きくなりやすいです。

プロトレーダーのTwitterやLINEオープンチャットを参考にしたミラートレードもできますが、システムを使ってタイムラグなくトレードした方が儲けやすいでしょう。

自動売買ツールと違い、生身の人間がトレードしているので、突然の暴落が起きても即対応してくれます。

ビットコインFXのリスクを下げるやり方

せっかくビットコインFXで儲けるのなら、リスクを抑えてストレスなく儲けたいですよね。

適切なリスク対策を行えると、ビットコインFXはリスクの低い資産運用に様変わりします。

下記で紹介する2つのリスク対策をやると、リスクが最小限に抑えられ、儲けやすくなります。

リスク対策①追証のない取引所を複数使う
追証とは、ロスカット時に損失が口座の金額より大きくなると、自分で損失を全て返済しないといけない制度です。

追証がないと、損失がいくら大きくなっても口座に入金しておいた金額以上に支払う必要がありません。

口座に入れた金額以上の損失は負わなくなるので、損失を自分でコントロール可能となります。

その結果、追証のない取引所を複数使うと、損失を最小限に抑えられます。

リスク対策②指値で損切り設定する
トレードを始めた時にあらかじめ指値で損切りラインを設定しておくと、いざという時に迷わず損切りできます。

指値で損切りラインを決めておかないと、ずるずると損失が増え、本来は不要だった強制ロスカットが発生します。

しかも損切りラインがあると損失が出た時に損失額を予想できるので、自分の許容以上の損失が出ません。

レバレッジ取引は追証なしの取引所を使おう

追証のない取引所は海外取引所のみで、国内取引所は全て追証があります。

日本の法律では追証のないレバレッジ取引はできないので、海外取引所を選ぶしかありません。

追証のないレベレッジ取引が行える海外取引所は下記の通りです。

・Bybit → 詳細はこちら
・Binance → 詳細はこちら
・FTX

上記の海外取引所が追証のないビットコインFXをやるのにはおススメです。

どれも多くの日本人が利用している有名な海外取引所です。

ビットコインFXで失敗しない取引所選び

これからビットコインFXを始めるのなら、取引所選びを間違えると損するかもしれません。

ビットコインFXをやる取引所を選ぶ際には、取引所ごとに確認する必要のある基準が5つあります。

それぞれの基準はビットコインFXの損益に影響を与える要素なので、確認必須の項目です。

基準①追証の有無
ビットコインFXでは強制ロスカットされた時、追証があると自分の口座にある資金よりも損失が大きい場合、追加の資金を入れて損失を返済しなければなりません。

下手をすると強制ロスカットの追証によって自己破産するケースもあります。

しかし、追証のない取引所を使うと、自分の口座にある資金以上の損失を出しても、口座の中身が空っぽになるだけで済みます。

レバレッジ取引するなら追証のない取引所を選んだ方が最悪の事態を避けられます。

基準②レバレッジ倍率の高さ
国内取引所では法律によってレバレッジ取引の倍率は2倍で制限されています。

海外では国内の法律が及ばないので、最大500倍のレバレッジ取引が可能な取引所すらあります。

倍率の高いレバレッジの取引を選ぶと一攫千金を狙えますが、同時に大損する可能性があります。

海外取引所を使うにしてもレバレッジ取引の倍率は10倍~20倍に抑えておきましょう。

基準③建玉手数料
ビットコインFXで1日以上のポジションを維持する人は、建玉手数料を注意しましょう。

取引所によって手数料の金額は違うので、トレード回数が多い人は建玉手数料の安い取引所を選ぶと利益を残しやすくなります。

特に毎日のようにトレードを行う人は、1年後には万単位の利益が減るかもしれません。

実際に下記のように取引所ごとに建玉手数料は大きく違います。

・GMOコイン → 0.04%/日
・TAOTAO → 0.019%~0.025%/日
・Liquid by Quoine → 0.025%/日
・Bybit → -0.05%~0.05%/8時間

あなたの投資戦略に合わせて取引所を選べると、少しでも手数料を節約できます。

基準④スプレットの広さ
ビットコインFXをやる際には、スプレット(価格差)の幅を気にしましょう。

取引所ごとにスプレットは大きく違うので、ビットコインFXの損益に関わってきます。

レバレッジ取引のスプレット

スプレットは激しく価格変動していると広がりやすく、価格が安定していると狭まる傾向があります。

基準⑤取引量の多さ
取引量の少ない取引所を使ってしまうと、注文が通らない可能性があります。

ちゃんと注文が通ったら儲かるはずだったのに、取引量の少ない取引所だった為に注文が通らなかったら勿体ないですよね。

その為、取引所の取引量は確認必須の項目です。

ビットコイン以外の仮想通貨FXも狙い目

ビットコインFXと同じ仕組みで仮想通貨FXもできるので、価格変動の大きい仮想通貨を選んでFXをやると儲けやすくなります。

例えば、リップルやネムは数週間で価格が2倍に跳ね上がりました。

このタイミングでリップルなどで仮想通貨FXができると、資産が一気に増えていたでしょう。

相場の状況によって価格が急上昇する仮想通貨は違うので、急激に値上がりしやすい仮想通貨を情報配信しているサイトを使うと、より儲けやすくなるかもしれません。

 アクセスランキングTOP3

意見を投稿しよう!

お名前: